かみさんの闘病中、俺が心の中で、常に考えていたことがある。
それは、「かみさんに、俺の命を半分あげよう」ということだった。

命を半分あげる?
そんなことを考えても、決して実現することはない。
冷静に考えれば、「命を半分あげる」なんてできるはずがない。

だが、かみさんが闘病中の俺は、内心、冷静ではなかったのだろう。
かみさんを不安にさせないため、かみさんを死の恐怖から守るため、冷静さを装っていたものの、心の底では狂気が渦巻いていたのだろう。

俺の命を半分あげよう。
俺の命を半分あげれば、俺の寿命は縮まるだろう、そして、かみさんもきっと長命ではないだろう。
二人とも短命かもしれない。

だが、それでいい。
短命でもいいから二人で一緒に生きて行こう。
短命でもいいから、二人で一緒に死ねたら最高に幸せじゃないか。
俺はそう思った。

そのために、俺は自分の命を半分、かみさんにあげようと思っていた。

これは「思考」というものではない。
むしろ「祈り」と呼ぶべきものだろう。

結局、その「祈り」は届かなかった。
俺の心の中を虚しく駆け巡り、そして消えていった。

�����祉�������㏍�井�� 絎倶�������㏍�� 罩糸�ャ��
←いつもありがとうございます。ポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村