たぶん生きることに意味なんて無い。
俺に限ったことではなく、
人間なんて、みんながそうなんだ。

産まれてきてしまった以上、
生きるしかないだけのことだ。
死への恐怖が本能に組み込まれている以上、自ら命を断つことが難しいだけのことだ。
この世に「生」
を受けてしまった以上、どんなに死にたくても簡単には死ねないんだ。

たとえ人生が無意味であろうとも、どうせ死ねないのなら、
幸せに生きたいと願うのが普通だろう。
いつかは必ず死ぬけれど、
死ぬまでの間くらい、幸せに暮らしたいと思うのが当然だろう。

そうやって、誰もが幸せの源泉を探すんだ。
俺にだって、
幸せの源泉があったんだ。

だが、ようやく手に入れたのに、
幸せの源を失ってしまうことだってある。
世界で一番大切なモノを失ってしまうことだってある。

自分にとって、最も大切なモノを無くしたら、
幸せになるための努力はおろか、ただ生きていることにさえ絶望してしまうことだってある。

そんな人、自分の身近にはいないよ…と思う人も多いだろう。
以前は俺の身近にも、そんな人はいなかった。

だが、ある日突然、
俺自身が「そんな人」になってしまった。

・・・

今の俺は惰性で生きている。
本当
は死にたいけれど、死ぬ勇気が無いから生きている。

そんな俺にとって、毎日は苦しみの連続だ。
そんな俺にとって、
人生は拷問のようだ。
今すぐ逃げ出したいのに、
逃げ道なんてありはしない。

いつだって哀しいんだ。
いつだって寂しいんだ。

いつだって苦しいんだ。
いつだって痛いんだ。

それでも俺は、
死ぬことなんてできないだろう。
本能が俺を拘束し、
俺を生かし続けるんだ。

だけど…
俺は本当に哀しいんだ。
俺は本当に痛いんだ。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村←いつもありがとうございます。ポチッとクリックお願いします。