冬が近づいている。
早朝5時すぎに目覚めると、窓の外は真っ暗だ。

家の中も真っ暗だ。
なんの音もしない。
人の気配もない。
空気さえ動いていないかのようだ。

初めに感じるのは「淋しさ」だ。
寒くもないのに凍えてしまいそうだ。

泣きたくなったりするけれど、涙が出てくることはない。
泣いてしまえば楽になれるだろうに…と思う。

かみさんの仏前に座る。
線香をあげて、お供えをする。

俺はタメ息をつく。
かみさんの遺影と目を合わせ、どうか迎えに来てほしい…と願う。

バルコニーに出てタバコを吸う。
同じマンションの住人たちは、まだ眠っているらしい。

静かで真っ暗だ。
まるで世界に自分しかいないみたいだ。

真っ暗なバルコニーでタバコを吸っていると、「淋しさ」は遠のいていく。
代わりに襲ってくるのは「不安感」だ。

原因は分からない。
恐怖であれば、原因も分かるだろう。
だが、不安では理由なんて分かるはずがない(そもそも不安に理由はない)。

それでも俺は、自分を鼓舞し、日常へと踏み出していこうとする。
どんなに虚しい日常であろうとも、やっぱり日常を過ごせないようでは”人間”として認めてもらえないからだ。

だが、「不安感」を抑圧しようしていると、俺の中で、突然「何か」が切れてしまった。
日常に踏み出すためには、ある程度の緊張感が必要なのだろうが、その糸が切れてしまったのだ。

すると、すべては終わりだ。
とうとう俺は「無気力感」に襲われた。
奈落の底の、そのまた底に堕ちてしまったのだ。

身体が動かない。
心も動かない。
何もやる気が無くなってしまう。
身動きができなくなって、俺は放心してしまったのだ。

ここまで来たらオシマイだ。
もう何にもできやしない。
早朝からウィスキーを飲み、どうにかこうにか一日をやり過ごすしかないだろう。

しかし…
そんな時に手を差し伸べてくれる”人”がいた…ような気がした。

アンタは生きていいんだよ。
私はアンタを受け入れているんだよ。
そう言って手を差し伸べてくれる”人”がいた…ような気がした。

今年が終わるまで、あと1か月半。
せめて今年が終わるまでは堪えよう。

そこですべてが終わるわけではないけれど…
せめてそこまで耐えてみよう…と思ったのだ。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村←いつもありがとうございます。ポチッとクリックお願いします。