部屋とYシャツと私。
ふとしたことがきっかけで、この曲を思い出し、聴いてみた。



この曲の中に、次のようなフレーズがある。

「あなた浮気したら うちでの食事に気をつけて 
     私は知恵をしぼって 毒入りスープで一緒に逝こう」

念のため言っておくが、
俺はかみさんと付き合い始めた平成2年以降、一度も浮気はしていない。

かみさんと付き合う前は、あれほど女性関係が乱れていたにも関わらず、
かみさんと出会ってからは、一度も浮気をしていない。

だが何度か、かみさんに聞いたことがある。
「もし俺が浮気したら、どうする?」

そんな時、かみさんはいつも、即座に答えた。
「チンポ、切ってやる」

・・・

この曲には、こんな歌詞もある。

「もし私が先立てば 俺も死ぬと言ってね 
     私はその言葉を胸に 天国へと旅立つわ」

本当は俺も、かみさんに言ってあげたかった。
「容ちゃんが死んだら、俺も一緒に逝く」

だが、「闘病記」に書いている通り、俺はかみさんが末期癌であることを隠し通した。
最期の最期まで、「必ず治るよ。大丈夫だよ」と言い続けてきた。

だから言えなかった。
「容ちゃんが死んだら…」とは言えなかった。
当然、「一緒に逝く」とも言えなかった。

でも今にして想うのだ。
「俺も容ちゃんと一緒に逝くよ」って言ってあげれば良かったと。 

・・・

いずれにしても…
この曲を聴いた時、なんだか、かみさんの声を聞いたような気がしたのだ。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村←いつもありがとうございます。ポチッとクリックお願いします。