大地の芸術祭2012
スノーワーカーズ・バレエ2012 ~雪上舞踏会~
DSC07730_400DSC07746_400
次に我々が目指すは「雪上舞踏会」。9月なのでもちろん雪などはありませんが、『スノーワーカーズ・バレエ』。除雪車たちが踊るバレエを見に行きます。
相方A氏が前売りチケットをイープ〇スにて購入してくれてました。全席自由で¥1500也。 
 
DSC07741_400DSC07731_400
 会場では当日券も販売されていて、既に結構な人々が集まっていました。
DSC07733_400
本日出演予定の役者さん達がズラリと並んでいます。開演前には色んな種類の除雪車を間近で見たり、乗せてもらえたりするので、小さなお子さんたちも大喜びでした。 
DSC07740_400DSC07739_400
大迫力のロータリー除雪車。実際に除雪しているところを見たことはありますが、動いている時に近づくと危険過ぎます!なのでこんなに近くで見ることができるのは、そう滅多にない機会です。
DSC07737_400DSC07744_400
除雪ドーザも、近くで見るとこんなに複雑な配線で駆動・制御されていることがわかります。一番前にあった小さなロータリー除雪車は歩道用かな?
DSC07745_400
ステージは河川敷に設けられ、少し離れた客席にはゴザが敷かれていました。お客さんの多くは地元の人みたい?小さい子どもさんを連れた家族や 老夫婦が多かったような気がする。
DSC07752_400DSC07759_400
開演は入場行進から始まります。こんな巨大な車体にも拘らず等間隔で、複雑な動きができます。
小さなロータリー除雪車が先頭で、巨きな除雪車達を引率しているのがラブリーです。
しかもそれを見ている観客たちも熱いです。巨っきな除雪車を巧みに制御するドライバーのテクニックに歓声が上がります。豪雪地帯の人々にとって、除雪車は尊敬される存在のようです。
DSC07769_400
主役の登場です。多分紫色の除雪ドーザがロミオ,ピンク色のドーザがジュリエットだと思われます。
DSC07771_400DSC07773_400
それを3台の除雪ドーザが盗み見て、誰かに密告したようで…
DSC07775_400DSC07776_400
ロミオとジュリエットがイチャイチャしていると… 
DSC07780_400DSC07781_400
猛スピードで「プップー」と大きなクラクションを鳴らしながら、緑色車体の除雪グレーダが走り寄ってきます。そして2人を引き離すように間を通過します(この「プップー」が今回の劇中での唯一の台詞でしたw)。
観劇中に周囲のお客さん(特に奥様達)が、「あ、今ラブシーンね。」とか「2人を引き離す悪い大人がやって来たわ。」等と解説を入れてくれるので、何とな~く芝居を見ているような錯覚を楽しみました。
DSC07785_400DSC07787_400
カーテンコールでは除雪車の種類毎にお客さんの前へ出てきて挨拶をします。特にロータリー除雪車は動きが面白く,雪を飛ばすアームの部分を細かく操作しておじぎをしていました。まるで人間のような(シンクロナイズドスイミングのような)動きでした。運転手さんたちの技と努力の結晶ですな。
DSC07791_400
そう言えば『ロミオとジュリエット』って ストーリーをよく知らないんだよな~。私が知っている限りでは、①イタリア人の17歳少年と13歳少女の情熱的な恋物語 ②お互いの実家は敵同士 ③有名な台詞「どうして貴方はロミオなの?」 ④最後は2人とも死んじゃう。  今回の劇中では①~④の要素を、全くと言っていいほど感知できなかったが(爆)。
 
BGMがあるわけでも,台詞があるわけではなく、ガガガガ,ゴゴゴゴ,ブオーンという低周波な駆動音が鳴り響くガテン系の力強いバレー(?)でした。