湯田川温泉 理太夫(りだゆう)旅館
DSC09380
山形県の湯田川温泉にある温泉旅館です。3階建てで比較的新しい建物ですが、こちらも創業300年以上という老舗です。
DSC09381
玄関に入ると、土間が長い!落ち着きのある和風旅館の風情があります。
DSC09382DSC09423
帳場の前には可愛らしい柄の浴衣が並べられています。女性の宿泊客には色浴衣を選べるサービスをしているようです。ロビーには冷たい水が用意されているので、入浴前後の水分補給をお忘れなく。
DSC09383DSC09422
こちらにも「おくるみ」で作られた吊るし雛,傘福が飾られていました。雛とは無関係なゴボウやサツマイモが吊るしてあるのも珍しいです。
DSC09396DSC09420
受付を済ませて早速浴室へ向かいます。湯の暖簾をくぐった長い廊下の先が、何気に格天井だったりするのも素敵。
DSC09391DSC09412
廊下正面の壁に埋め込まれているガラスブロックに、バラ模様があしらわれているのも素敵。
でもね、脱衣所は狭くて鄙びているので、もう少し手を入れた方が良いと思うわよ。
DSC09414
浴室の扉を開けると、あまり広くない浴室に円形の浴槽が1つ設置してあります。
そして正面には、もう1つ扉があります。
DSC09410
脱衣場の貼り紙に説明書きがありました。『二軒で一つの湯』ということで、古くから温泉の湯を二軒の旅館で利用しているそうです。
向かいの扉は、隣の大黒屋さんの入口です。
脱衣場に衣類が無くても 入浴されている方がいるかもしれません。驚きませんようにお願いします。とのこと。
DSC09397
4人程が入れる40℃の浴槽で、ほぼ無色澄明,微かに硫酸塩系の風味を感じます。先程入浴した隼人旅館の方が鮮度が良い感じはありますが、弱つるすべ+弱キシした浴感があって心地良いお湯です。
DSC09402DSC09401
湯口からはお湯がトポっと注がれています。女湯ではほとんどお湯が溢れていなかったのですが、男湯では結構溢れていたらしい。構造に秘密があるのかしら?
多分女湯も かけ流しになっていたと思われます。
 
DSC09390DSC09394
男女別浴室の他に貸切風呂もありますが、冬期は使用できないそうです。ちょっくら見学させて頂きました。
脱衣場は小奇麗なカントリー風(?)でカワイイです。
DSC09393DSC09395
長方形の浴槽で2~3人程が入れそうな大きさです。
ロビーのソファーも民家のリビングのように家庭的な雰囲気でした。
宿泊客は24時間入浴可能らしいので、こういう隠れ家的な宿でまったりと過ごすのも良いかも。

DSC09467DSC09472
理太夫旅館は、隣(裏手)に建つ大国屋旅館さんと浴室を共同使用しているということなので、ちょっと外観を確認してみました。確かに 理太夫さんと大国屋さん両方に接触している建物があり、こちらが浴室だと思われます。


****  個人的評価 *************

雰囲気:
お湯  :
コストパフォーマンス:
総括:老舗小規模温泉旅館型 円形かけ流し系温泉
ようござんす度:B (「二軒で一つの湯」のシステムが面白い。)

****  施設データ *************
湯田川温泉 理太夫旅館
住所:山形県鶴岡市湯田川乙51番地
源泉名:湯田川1号源泉
泉質:Na・Ca-硫酸塩温泉 42.6℃,pH8.4,成分総計:1.287g/kg
(加水,加温,循環ろ過なし。深夜4時間次亜塩素使用)
電話番号:0235-35-2888
営業時間:11:00~15:00
入浴料:¥500