湯田川温泉 九兵衛(くへえ)旅館 ~宿泊編
DSC09473DSC09475
山形県湯田川温泉の温泉街から 甚内旅館の細い脇道に入ると、共同浴場「田の湯」があります。それに隣接するように、本日宿泊する『九兵衛旅館』がありました。こちらも創業300年余という老舗とのこと。
DSC09500DSC09499
広々としたロビーの大窓からは庭を眺めることができ、天井が吹抜けになっていてゴージャスな雰囲気です。全13室の旅館と聞いていましたが、佇まいや接客から もっと大規模な旅館に感じます。
DSC09700DSC09702
訪問時は2月中旬だったため、ロビーには酒田地方の吊るし雛「傘福」が飾られていました。この地方では「おくるみ」と呼ばれる手芸で作られた飾りは、どれもこれも個性的。特にちりめん絞り生地を使った大蛸がキュート。
DSC09478DSC09479
ロビーにてウェルカムドリンクをいただきながら説明を聞きます。お茶,コーヒー,おしるこ、どれが良いですが?とスタッフの方に訊かれたので、相方A氏と2人そろって「おしるこ!」と言った(笑)。餅は入っていない おしるこドリンクで、五臓六腑に染みわたる甘さが 甘党にはたまりません。
DSC09497DSC09498
廊下の中央には琉球畳のような正方形の畳が埋め込まれており、スリッパは不要です。歩く感触が柔らかく,音も静かです。
DSC09496DSC09495
部屋は「桂」。扉を開けると その奥には更に襖があり、そこを開けると…
DSC09480
落ち着いた和室となっていました。8畳の和室の奥には2.5畳くらいの広縁があります。
DSC09484
押入れの下の空間に荷物を収納できるので、お部屋を広々と使うことができます。
DSC09615DSC09485

壁は漆喰で、広縁を仕切る障子には下半分にガラスが入っていて障子部分を上下に動かすことができる”雪見障子”になっています。
広縁の奥にある扉を開けると…
DSC09488DSC09487
洗面所とトイレがありました。トイレは広く,綺麗でびっくり!設備も新しいです。洗面のシンクも陶器製でシャレオツです。
DSC09577DSC09494
浴衣,貸バスタオル,手拭いタオル,歯ブラシの他に足袋ソックスも用意されています。
前室には、お茶セット,湯沸かしポット,冷蔵庫が備えてあり、冷蔵庫の中には冷水が用意されていました。
DSC09571DSC09579
その他,エアコン,TV(パナソニック),DVDプレーヤー,空気清浄機,加湿器,姿見鏡等が設置してあり、至れり尽くせり感があります。
おしぼりといっしょに置かれていたお茶菓子は「とちの実きんとん」でした。
DSC09491DSC09489
お部屋の鍵が2人分用意されているのも嬉しいですね。相方が上がる時間を気にせずにお風呂に入ることができます。
床の間には『作家 藤沢周平氏が 帰郷の折にお泊り頂いたお部屋です』と書かれた立て札が置いてありました。
DSC09551DSC09552
階段も ちょっとずらして設置することで、吹抜けのような高さのある空間を演出しています。
館内をちょっと探検すると藤沢周平氏原作の映画ポスターが飾られた休憩所があったり…
DSC09553DSC09555
原作本が置いてある本棚もあります。各部屋にはフロントで無料貸出している映画DVDのリストも置いてあります。
同じ鶴岡市内にオープンした”庄内映画村”を盛り上げるためでしょうか?
WiFi使えますのステッカーが貼られた装置も設置されていました。

 
DSC09703DSC09705
食事処での食事を終えて部屋に戻ると、ふかふかの布団が敷かれ、ロール簾が下ろされていました。
落ち着いた雰囲気,さりげないサービスが嬉しく、心地良く過ごすことができました。

つづく