湯田川温泉 九兵衛旅館 ~お風呂編

湯田川温泉の老舗、九兵衛旅館に宿泊しました(立寄り入浴は不可)。
大浴場は2つあり、時間により男女入替制になっています。

【川の湯】
DSC09504DSC09506
チェックインから20:00までは『川の湯』が女湯になっています。
雑誌で紹介されたのを見て、一度入ってみたいと思っていた浴室だったので楽しみにしていました。
階段を下りた半地下にその浴室はあります。
DSC09507DSC09508
脱衣場はそれ程広くはありませんが、落ち着いた雰囲気。脱衣籠も田舎風でカワイイ。
”湯田川の美味しい水のアルカリイオン水”が置いてありますので、入浴前後の水分補給はお忘れなく。
DSC09514
浴室の中央には白いタイル製の長小判型浴槽が1つあります。
DSC09538
そして壁の一面には大きな水槽が埋め込まれています。
DSC09531
その中を結構大きな流金がふよふよと泳いでいます。近寄っても逃げない人慣れした金魚達です。
DSC09546DSC09545
大きな片口鉢のような湯口からはお湯がドバドバと注がれています。
DSC09534DSC09518
浴槽縁は丸みのあるミニタイル製で私好み。
10人程入れる42℃の浴槽で、無色澄明,浴槽内のお湯からは微かに塩素臭が香ります。
湯尻からはお湯が溢れてかけ流しになっており、お湯の鮮度はまずまずです。
大きな特徴があるお湯ではありませんが、微かに硫酸塩系の後味があり、弱い さらすべキシの浴感があります。
静かにゆらゆら泳ぐ金魚を愛でつつ,ゆらゆらとお湯に浸かっていると、それだけで癒されるような気がします。

【山の湯】
DSC09709DSC09712
20:00からは もう1つの大浴場、『山の湯』が女湯になります。脱衣場は川の湯と だいたい同じ造りです。
 

DSC09717
浴室には 大きな窓に面した10人くらい入れる内湯浴槽があります。
DSC09723DSC09725
露天風呂を含めた浴槽の四隅にはウサギの石像がポーズをとっています。
DSC09722DSC09724
舟型の湯口からはお湯がドボーっと注がれています。
浴槽内で一部お湯を循環しており、『川の湯』よりも塩素の香りを強く感じます。
DSC09729DSC09730
大窓越しに5人程が入れそうな露天風呂があります。
囲いがあり景観は望めませんが、外にあるお風呂が好きな方にはよろしいかと。
DSC09718
洗い場の手前にあるかけ湯蛇口には「触らないで下さい」と書かれた札が下げられています。
DSC09720DSC09719
このかけ湯は源泉かけ流しだと思うんだけど? 尻尾をひねるタイプの魚型蛇口がキュートです。大間崎のマグロオブジェの脇にあった水飲み場の蛇口ととてもよく似ています。
DSC09710DSC09711
浴室の手前には小上がり風の休憩所があり、水と無料のマッサージ機が設置してあります。
文句も言わずに無償の愛でモミモミしてくれる椅子に癒されました。

【貸切風呂】
DSC09554DSC09556
大浴場の他に、空いていれば自由に入れる貸切風呂があります。
脱衣場は比較的新しく、家族で使用するのに充分な広さがあります。
DSC09762DSC09559
浴室には3人程が入れる42℃の檜浴槽が1つあります。
掘らずに置いているため段差が大きく、小さいお子さんやお年寄りにはちょっと入りにくいかも知れません。

DSC09562DSC09566
湯口からはお湯がドボドボと注がれ、かけ流しになっています。無色澄明で微かに芒硝臭味が感知できます。おそらくこの宿の中で、ここの浴槽が一番新鮮なお湯でしょう。柔らかくて,さらきゅっとした浴感があり気持ち良いです。
窓が大きいので、開けると露天風呂気分も味わえます。ここの浴室は大変気に入って、夜中に目が覚めるたびに入りにいっていました。

本当は姉妹館の『珠玉や』にある3つの貸切風呂も利用できるとのことでしたが、チェックイン前に湯田川温泉の別の旅館4軒を湯巡りし満足してしまったため、今回は割愛することにしました。
安宿ばかり利用している我々にとっては、利用可能限度ギリギリの料金ですが、料理,設備,サービスの満足度が高く、是非また利用したいお宿です。『珠玉や』での入浴はその時までの宿題として取っておくことにします。


****  個人的評価 *************

雰囲気:
お湯  :
コストパフォーマンス:
総括:老舗温泉旅館型 金魚湯系温泉
ようござんす度:A (絶対また泊りたい。)

****  施設データ *************
湯田川温泉 九兵衛旅館
住所:山形県鶴岡市湯田川乙19番地
源泉名:湯田川1号源泉
泉質:Na・Ca-硫酸塩温泉 42.6℃,pH8.4,成分総計:1.287g/kg
(加水なし。川の湯:循環ろ過なし,山の湯:循環あり。加温有。深夜4時間次亜塩素使用)
電話番号:0235-35-3211
立寄り入浴不可
1泊2食付き,2名1室 ¥14500~