フルーツタルト@フルーツカフェ青森屋
DSC09770
山形県の鶴岡駅前にある果物屋さん『青森屋』に美味しいフルーツタルトがあると訊いたので、早速行ってみました。
DSC09802DSC09801
『青森屋』はその名前の通り、初代が青森県からこの地へ,りんごを持ってきて始めたお店とのこと。
お店に入ると贈答品等を扱っている普通の果物屋さんですが、向かって右手壁際の階段を上っていくと…
DSC09800
シャレオツな雰囲気のカフェがありましたΣ(・ω・ノ)ノ。
DSC09773
カフェの入口にメニューが書かれた黒板と、旬のフルーツを使用したタルトが入ったショーケースが置いてあります。
DSC09771
わーい.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 美味しそうである!! 生地やクリームにもバリエーションがあり、例えばイチゴのタルトは『あまおうのベリーレア』:ココアクッキー生地にレアチーズクリーム。『あまおうのイチゴミルク』:アーモンドクッキー生地にカスタードクリーム。となっています。ヤバイ!全種類食べたくなってしまふ。
こちらでタルトとドリンクを注文してから、店内奥のテーブル席へ。
DSC09775
ダークブラウンの床材に生活感を残したアンティーク風のテーブル席が並ぶ、落ち着いた雰囲気のカフェです。
DSC09780DSC09777
店内は三角形なので、床板が斜め方向になっている箇所があり面白いです。
テーブルの1つは足踏みミシンをリフォームしているのもオシャレ。
DSC09776
窓際にはソファーを配置したカウンター席があったので、こちらに陣取ってみました。
DSC09779DSC09781
水はレモン入りで、ポットに入ってワゴンに置いてあります。使い捨ておしぼりもあり、セルフサービスになっているようです。
 

DSC09784DSC09786
ややあって注文した紅茶(アールグレイ)が、ティーポットに入って運ばれてきました。
グラスに入ったブラウンシュガーの角砂糖とコーヒーフレッシュ、そして砂時計も添えられます。
DSC09788
砂時計の砂が全部落ちる頃には、茶葉がしっかりと開いて良い香り,色が抽出されています。
開いた茶葉が大きい!オレンジペコー(先端の茶葉)を砕かずに使用しているようです。
ポットの口には”魔女のほうき”と呼ばれている金属製の茶漉しが突っ込まれており、ガラスのポットの中で舞うリーフを目でも楽しめます。
DSC09795
私が注文したのは『フルーツミックスタルト』。サクっとしたパイ生地にカスタードクリームを使用し、美味しいフルーツが山盛りになっています。注文時に店員さんが「作りたてで まだ柔らかいので、カットするのが難しいのですが…」と仰っていましたが、何とか切り分けてくれたようです。
フルーツはオレンジ,グレープフルーツ,キウイ,イチゴ,ブルーベリー,皮ごと食べられるマスカット,金柑,ブルーベリー,バナナ,洋ナシ,パイン と思い出せるだけでも11種類。柑橘など酸味があるフルーツを多く使用しているので、マイルドな甘さのカスタードクリームがよく合います。
DSC09791
相方A氏が注文したのは『シルバーベルとザクロ』のタルト。しっかりとしたアーモンドクッキー生地に、ほんのり酸味のあるサワーカスタードクリーム。その上にココアスポンジ生地を敷き、フレッシュなシルバーベルがたっぷり乗ります。中心付近にルビー色のザクロの実があしらわれて綺麗です。
DSC09793
後ろ姿も美しい。シルバーベルとは山形県生まれの洋梨で、ラ・フランスの自然交雑種の選抜から育成させた品種です。みずみずしくて甘い洋梨がたっぷり味わえるタルトです。
ザクロは私,初めて食べましたが、種が大きくてすっぱいのね。
DSC09798DSC09799
トイレも白壁でヨーロッパの田舎風。小洒落た雰囲気に仕上がっており、オーナーのこだわりを感じます。
美味しい紅茶とフレッシュなタルトを楽しむことができる居心地の良いカフェでした。

店の外に出ると、フルーツショップ入口の傍らにテイクアウトのタルトを販売するスペースがあり、お客さんが次から次へと車で乗り付け、タルトを購入していました。確かに手土産などに使用したら喜ばれそうですね。


フルーツカフェ青森屋
住所:山形県鶴岡市末広町7-24
電話番号:0235-22-0341
営業時間:10:30~19:00 (フルーツショップは 8:30~ 無休)
シルバーベルとザクロのタルト¥420,フルーツミックスタルト¥420,(イートインの場合は1ドリンク制)
紅茶・アールグレイ¥450(タルトセット¥780),コーヒー・コロンビア HOT¥450(タルトセット¥780)