四万温泉 積善館 ~お風呂【山荘の湯】編
DSC00171_512DSC00172_512
積善館は山の斜面に沿って増築が重ねられており、「山荘」は本館の裏山中腹に昭和11年に建てられたとのことです。桃山様式の建物で、国指定の有形文化財に登録されている凝った意匠の客室もあるようです。
昔の建物なので廊下の幅は狭く,赤絨毯は褪せて鄙びた雰囲気。エレベータから降りてちょっと歩くとすぐに『山荘の湯』の看板が見えました。積善館の宿泊者であれば「本館」や「佳松亭」のお客さんでも利用できるのが嬉しいです。
DSC00175_512DSC00174_512
入り口には札が掛けられており、「使用出来ます」の札が下っていれば自由に貸切入浴できます。札を反して「使用中」にしてから中へ入ります。

【山荘の湯・手前側】
DSC00168_512
『山荘の湯』は2部屋あるので、まずは手前側の浴室からお邪魔することにしました。
脱衣場は小ぢんまりとしていますが、家族湯として利用するには充分な大きさです。
DSC00180_512DSC00184_512
貸切利用なので扉の施錠はお忘れなく。
設備は全体的に古びていますが、湯治場的雰囲気で私は好きです。
(ロマンチックな貸切風呂をお求めの方は、『佳松亭』の方に予約制・有料の貸切風呂があるようですよ。)
DSC00183_512DSC00182_512
ベビーベットはオシャレな籐製。脱衣棚の下段には替え用の足拭きマットが置いてあり、セルフで取り替えることができます。湯上がりに綺麗で乾いた状態のものが常に使えるようになっているのが よござんす。
DSC00352_512DSC00194_512
DSC00195_512
縦長の浴室には2~3人程が入れる42℃の円形浴槽と、3~4人程が入れる43℃のかまぼこ型浴槽がありました。
浴室も全体的に古びており、湯気がこもっていて湯治場的な雰囲気があります。シャワー付洗い場は1箇所しかないのに、シャンプー・ソープ類は2種類用意されているのが素敵です。
ちなみに山荘の湯の2部屋は天井でつながっているので音声が筒抜けです。従って隣の浴室でフリーダム系子供達が奇声を上げながら水遊び大会を始めると落ち着いて入浴ができません。完全密室の貸切風呂ではないので、周囲への配慮が必要だと考えます。
DSC00355_512
かまぼこ型浴槽には湯口が2つあり、底の穴からお湯が注がれている他,蛇口からもお湯を投入する事ができます。
DSC00356_512DSC00201_512
『元禄の湯』同様,お湯の屈折率の為か 浴槽内が歪んで見えます。掛け流しのお湯は静々と浴槽縁から溢れて排水口へ流れ去っていきます。
DSC00192_512DSC00203_512
円形浴槽の方は蛇口湯口は使用できず、浴槽底にある穴からのみ お湯が注がれています。
DSC00193_512
気泡を含んだお湯が定期的にボコボコと派手に出てきます。間欠泉のようで面白いですね。

【山荘の湯・奥側】
DSC00177_512DSC00178_512
もう1つの『山荘の湯』は、更に10歩程進んだ角を曲がるとあります。
DSC00207_512DSC00208_512
脱衣場は多少配置は違いますが、もう1つとほぼ同じつくりです。
2つの浴室の脱衣場は仕切り壁の上方でつながっており、照明は共用で使われています。痴話喧嘩などは控えた方が良さそうです(会話が筒抜けですよ)。
DSC00214_512DSC00215_512
DSC00211_512
浴室は縦長でもう1つの浴室とは左右対称の配置になっています。
DSC00216_512DSC00217_512
こちらの浴室は円形,かまぼこ型ともに浴槽底湯口の他に 蛇口湯口も使えます。
ただしこちらの円形浴槽底の湯口は、ボコボコと派手には出てこず,静々と注がれかけ流しになっています。
浴槽が小さいので お湯の交換効率が良く、ややボロい設備も湯治場風情を醸し出していて、私的には結構好みな浴室でした。
(2014年2月中旬訪問)