大内宿 三澤屋 高遠そば
DSC04061
(2013年7月中旬訪問)
会津地方に来ると、ついつい立寄ってしまう「大内宿」。
江戸時代の宿場町の街並みを残し、通りの両側に建ち並ぶ茅葺屋根の古民家は お土産屋や食事処になっています。結構人気の観光地なので、休日は早い時間に訪問した方が、落着いた風情を味わうことができると思います。
DSC04116DSC04114
こちらの”三澤屋”さんにはかれこれ4回目の訪問かしら。大内宿の集落入口に程近い,大きな茅葺屋根のお店です。
玄関から入ると土間があり、右手は待合い場? 階段があるので2階にも席があるのかしら?行ったことがないので、今度覗いてみよう。
DSC04112
左手には板の間があり、中央に囲炉裏が切ってあります。その奥にある畳敷きの広間の席に座ります。
DSC04063
各テーブルには囲炉裏が切ってあり、大きな古民家の素敵な風情を楽しめます。
窓側の席が縁側風になっており、大内宿の町並みと そよ風を楽しむことができそうです。
DSC04067DSC04066
店内の 蕎麦猪口コレクションや、和箪笥等のオブジェは、以前はなかったような?
DSC04072
メニュー表は、以前は扇に筆で書かれおり風流でしたが、今は写真入りで大きなクリアファイルになっていました。写真と説明文があるので、わかりやすい。機能性重視になったのね。
DSC04070
席に座って注文すると、お茶と 突き出しが供されます。
DSC04064
突き出しは、大根炊いたヤツと お漬物。そして ほうじ茶を飲みながら待つ事しばし。
DSC04083
運ばれてきました.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 「高遠そば」です。削り節が載った 冷たいぶっかけタイプの蕎麦ですが、辛味大根のしぼり汁がたっぷり入っているので、かなり辛いです。長野県の高遠地方のお殿様が会津地方に転勤になった際に蕎麦職人を連れて来たところから名付けられたと思われる。
長野県の一部地域では辛味大根(ねずみ大根)のしぼり汁に味噌を溶かしたつゆで食べる「おしぼりうどん」「おしぼりそば」があり、それに近い食べ物だと思います。
DSC04087
長ネギが1本添えられており、薬味 兼 お箸代りになっています。辛味大根で十分に辛いのに,生の長ネギ丸かじりで、更に辛いです。大人味ですなあ(お子様には無理だと思う)。
挽きぐるみで細めの田舎蕎麦。茹で加減も丁度良く,丁寧に水洗いされており、蕎麦自体も美味しい。
DSC04092DSC04096
最後に蕎麦湯もでてきます。温めることにより辛さが抑えられて美味しく頂けます。
今回も相方A氏がネギの青い部分をストロー代りにして蕎麦湯を飲んでいました。微笑ましいですね。
是非この方法を流行らせたいのですが・・・。


大内宿 三澤屋
住所:福島県南会津郡下郷町大内字山本26-1
電話番号:0241-68-2927
営業時間:10:00~16:30 1/4~1/7休
高遠そば¥1080, 岩魚サンド¥540