2020年04月30日

岡村隆史さんの一件で感じたこと

岡村隆史さんの発言が話題となっています。

「コロナ不況で貧困化した女性が、コロナが沈静化したら風俗をやるから、僕らはそれを楽しみにしましょう」といった主旨の発言を、自身がパーソナリティーを務めるオールナイトニッポンで行い、大顰蹙を買った一件です。

 

この騒動を見た時に連想したのが、週刊SPAの「ヤレる女子大ランキング」でした。

SPAに関しては、2018年、「どの大学の女子大生がヤレる確率が高いか」という記事を掲載し、女性軽視や差別ではないかと世間から批判を浴びました。

 

両方とも、批判されてしかるべきの醜悪な発言や内容であることは間違いないんですが、僕の率直な感想としては、「表に引っ張り出されちゃったなぁ」というところです。

 

僕も長年、色んな雑誌で書きまくってきましたが、雑誌には、その読者層に合ったテイストの記事が求められます。

お堅い経済誌とか情報誌などで執筆する場合と、コンビニのエロ本手前にあるようなお宝系の雑誌(いわゆるEX系やらBX系やら)、実話ナックルズのような実話系の雑誌とでは、もちろん読者層も大きく異なりますし、求められる情報やテイストも異なります。

SPAに関しては、お宝系やら実話系よりはまだ格式があるものの、基本的には中高年の下世話な男性に向けての雑誌です。

 

後者では、いわゆる「ヤレる女子大ランキング」的な下世話な記事の需要が高いことから、それこそフェミニズム団体が見たら、激怒するような記事が満載となっています。

執筆のライター陣も、そこはゲスな欲望を全開にして書いていきます。

確か、僕はその号のSPAだと、女子高生ビジネスの特集記事でコメントをしていたような気がします。

 

ですが、こうした記事が、バッシングを浴びることはまずありません。

というのも、これらの記事は、あくまでもそういった情報を読みたい読者に向け、閉じられた世界の中で載せているからです。

 

ですが、そんな一部の読者を想定した記事を、たまたま、「良心的な価値観を持つと思われる誰か」が「一般的な人が多く見える場所(ツイッター等のSNS)」で問題視したことで、世間の人々から断罪され、炎上してしまったのがSPAの一件でした。

 

岡村さんの一件も似たような構図かとは思われます。

僕はあまりそのラジオを聞いたことがないんですが、「オールナイトニッポン」という深夜のラジオ放送で、岡村さんは、普段から下ネタを全開にして、際どいことを話されていたようです。

リスナーの大半は男性ばかりで、番組内では、リスナーの要望に沿ったトークというのが求められるのは容易に想像できます。

ですが、今回、そういう閉鎖的な世界で語っていたはずのことが、誰もが見えるSNSで問題視され、一般的な価値観で断罪され、彼の人格まで攻撃されるに至りました。

 

そこに、現代の恐ろしさがあると感じました。

 

自分に置き換えてみてみると、限りなくエロ本に近い雑誌で、「ヤレる女子大ランキング」という記事特集を井川楊枝のペンネームでやったとしましょう。

そうしたら、いつの間にか、SNSで炎上していて、「このライターは女性蔑視の思想の持ち主である」と大バッシングを受けているようなものです。

「いやいや、そういう媒体で、そういう読者の需要があるからやったんですよ。自分はどこの女子大だと聞いてヤレるとか思わないですよ」等と言い訳しても、世間の人たちは聞く耳を持ってくれなさそうです。

 

実際に岡村さんがどういう思想の持主かというのは、分かりません。

 

ただ、YOUTUBEでそのラジオトークを聞いてみたのですが、まずリスナーから「自粛期間中で風俗に行けないから寂しい」といった相談があり、それに対するアドバイスとして答えていることが分かりました。

その答えというものは、前出の通りの下衆極まりないもので、いわゆる女性差別的な発言であることは疑いようがありません。

ただ、その番組の成り行きを見る限りだと、岡村さんは、「オールナイトニッポンを聴いているリスナー」を想定した上で、「では、彼らに向けてはこう答えるのがいいだろう」と考えた上で、答えを導き出したように思えました。

 

ネット上だと、「富裕層の男性が、不幸な貧困女子を金で買う」といった論調でバッシングを受けていたんですが、岡村さんのそのトークでの立ち位置は、あくまでも売れっ子芸人である自分ではなく、「風俗に行かなければ、女性と触れ合うこともできない非モテ」であるリスナーと同化しているように聞こえます。

 

つまり、これは、彼の思想云々というよりも、

僕が、エロまがいの雑誌で、読者層を想定しながら書いていたことと全く同じことを、彼は、トークのプロとしてその閉じられた世界で、リスナーのためにやっていただけではないのか…という印象を抱いたのです。

 

そのトークの場がどういうところであったかを抜きにした上で、岡村さんはそういう下劣な人間だと叩いてしまうのはフェアではない気がします。

 

ただ、こうして今やSNSの流行する中にあって、特定の読者層、リスナー像に向けて、非常に極端なことや、差別的なことを語ることは非常に危険なのだろうと感じました。

今後は、たとえ閉じられた世界であっても、なるべくバランス感覚を保つように心がける必要があるのかもしれません。



youji_igawa at 20:52|PermalinkComments(0)

改めて、ブログ始めます

2005年ぐらいから、アウトロー系の編集プロダクションに入り、裏社会系のネタを実話系の雑誌やら週刊誌、単行本などで執筆してきました。

Amazon等で購入できる本ですと、「封印されたアダルトビデオ」(彩図社)、「実録暴走族抗争」シリーズの漫画原作(竹書房)、「女子高生ビジネスの内幕」(宝島社)、「モザイクの向こう側」(双葉社)、「日本人妻はなぜ不倫をするのか」(鹿砦社)等があります。
あと、小説「ベースメント」(TOブックス)等は、自分が裏社会ライターをやっていた頃の体験を基にした、自叙伝的な小説です。

以前のブログではそんな取材のネタを書いてきたのですが、2014年に会社を設立して以来、だいぶ活動内容が変わってきました。

今、メインでやっているのは、
・ライトノベルや漫画の編集業務
・漫画の原作
・2.5次元舞台のプロデュースや制作、脚本
・芸能タレントのマネジメント
・映画制作
等になります。

以前の僕のブログを訪れてくれていたのは、アンダーグランドなネタに興味のある読者の方々ばかりでした。
ただ、活動内容がだいぶ変わってしまったこともあり、なかなかその要望に沿えなくなってきました。

そういうこともあって、改めて、1からブログを始めていきたいと思います。

今は、コロナウイルスが猛威を振るっていますが、舞台や映画の企画を数本、進めています。
連日、舞台の脚本を書き、スタッフと連絡を取り合い、キャスティングを進めています。

直近で進めているのは
・7月に、イケメンばかりが登場する2.5次元舞台の協力。新宿村LIVE。
・8月中旬から下旬にかけて、裏社会系舞台の脚本や企画を担当。新宿コフレリオ。
・8月下旬に、2.5次元舞台の「三学演義」の脚本とプロデュース。中野ザポケット。
・9月に、2.5次元舞台「ティアムーン帝国」の企画協力。新宿村LIVE。
・10月に、2.5次元舞台の企画協力。中野ザポケット。

それ以外に、自身が監督するサスペンス系の映画の企画も進めています。

7~10月に集中しているんですが、やっぱり気がかりなのは、この時期にコロナは収まっているのかどうか、というところです。

・仮にここまで自粛が続いていたら、日本経済は本当に終わり。どこかでリスクを背負ったうえでの再開に舵を切るだろう。
・コロナは暑さに弱いらしいので、夏にはだいぶ収まっているだろう。

等、なるべく楽観的に考えるようにしているんですが、実際はもちろん、どうなるか分かりません。
「100人以上が集まる催し物は禁止」とか、東京都から言われたら終わりです。

映画も撮ったのはいいものの、上映できないという事態も十分に想定されます。イベントができなければ制作費の回収も厳しいです。

先が見えない状況の中、準備を進めるのはストレスがかかります。

そこで最近は少し方針転換することにして、
コロナに左右されるようなビジネスばかりじゃなくて、他のことをやろうと考え始めました。

具体的なところで言うと、
・漫画の電子書籍のレーベルの設立
・動画配信サイトの模索
等です。

漫画に関して言うと、今は、僕が原作を担当している『余命一年のAV女優』(小学館)、『狂った母性』(双葉社)、『PiNKな彼女』(まんが王国)等は、全て電子のみで販売されています。
ですが、しっかりと紙の漫画本と同じか、それ以上の原稿料や印税が支払われています。
紙よりも電子の方が売れるようになってきている、電子だけでも十分に原稿料の回収が可能になっているのです。

こうした収入レポートを見ていくうちに、
自社でも、電子漫画のレーベルに参入しないと!…と思い始め、今は知り合いの漫画家に作画を依頼しています。

また、動画配信サイトに関しては、YOUTUBEやSHOWROOM等を試してみたのですが、今後、やってみたいのは、自社での動画サイトの構築です。

SHOWROOMをやってみた際、タレントがあまり稼げない構造になっていて、もう少しタレントたちが副業にできるようなシステムにできないだろうかと思いました。
SHOWROOMの場合、投げ銭システムなどがあるんですが、なかなかその投げ銭までが誘導しにくいのと(そこは、イチナナやポコチャも同様で)、分配割合が非常に低いのがネックです。

動画サイト構築の見積もり次第ですが、こちらも走らせられるようなら、うまく走らせたいです。

コロナ後の社会がどうなっていくか分からないですし、
仮に、コロナの影響を受けて色々と立ち行かなくなっても、それ以外のところでうまく稼げる仕組みを作って挽回しよう。
でないと、たぶん来年は会社がつぶれるだろうなあと、結構危機感は持っています。


youji_igawa at 04:28|PermalinkComments(4)