岡村隆史さんの一件で感じたこと

2020年04月30日

改めて、ブログ始めます

2005年ぐらいから、アウトロー系の編集プロダクションに入り、裏社会系のネタを実話系の雑誌やら週刊誌、単行本などで執筆してきました。

Amazon等で購入できる本ですと、「封印されたアダルトビデオ」(彩図社)、「実録暴走族抗争」シリーズの漫画原作(竹書房)、「女子高生ビジネスの内幕」(宝島社)、「モザイクの向こう側」(双葉社)、「日本人妻はなぜ不倫をするのか」(鹿砦社)等があります。
あと、小説「ベースメント」(TOブックス)等は、自分が裏社会ライターをやっていた頃の体験を基にした、自叙伝的な小説です。

以前のブログではそんな取材のネタを書いてきたのですが、2014年に会社を設立して以来、だいぶ活動内容が変わってきました。

今、メインでやっているのは、
・ライトノベルや漫画の編集業務
・漫画の原作
・2.5次元舞台のプロデュースや制作、脚本
・芸能タレントのマネジメント
・映画制作
等になります。

以前の僕のブログを訪れてくれていたのは、アンダーグランドなネタに興味のある読者の方々ばかりでした。
ただ、活動内容がだいぶ変わってしまったこともあり、なかなかその要望に沿えなくなってきました。

そういうこともあって、改めて、1からブログを始めていきたいと思います。

今は、コロナウイルスが猛威を振るっていますが、舞台や映画の企画を数本、進めています。
連日、舞台の脚本を書き、スタッフと連絡を取り合い、キャスティングを進めています。

直近で進めているのは
・7月に、イケメンばかりが登場する2.5次元舞台の協力。新宿村LIVE。
・8月中旬から下旬にかけて、裏社会系舞台の脚本や企画を担当。新宿コフレリオ。
・8月下旬に、2.5次元舞台の「三学演義」の脚本とプロデュース。中野ザポケット。
・9月に、2.5次元舞台「ティアムーン帝国」の企画協力。新宿村LIVE。
・10月に、2.5次元舞台の企画協力。中野ザポケット。

それ以外に、自身が監督するサスペンス系の映画の企画も進めています。

7~10月に集中しているんですが、やっぱり気がかりなのは、この時期にコロナは収まっているのかどうか、というところです。

・仮にここまで自粛が続いていたら、日本経済は本当に終わり。どこかでリスクを背負ったうえでの再開に舵を切るだろう。
・コロナは暑さに弱いらしいので、夏にはだいぶ収まっているだろう。

等、なるべく楽観的に考えるようにしているんですが、実際はもちろん、どうなるか分かりません。
「100人以上が集まる催し物は禁止」とか、東京都から言われたら終わりです。

映画も撮ったのはいいものの、上映できないという事態も十分に想定されます。イベントができなければ制作費の回収も厳しいです。

先が見えない状況の中、準備を進めるのはストレスがかかります。

そこで最近は少し方針転換することにして、
コロナに左右されるようなビジネスばかりじゃなくて、他のことをやろうと考え始めました。

具体的なところで言うと、
・漫画の電子書籍のレーベルの設立
・動画配信サイトの模索
等です。

漫画に関して言うと、今は、僕が原作を担当している『余命一年のAV女優』(小学館)、『狂った母性』(双葉社)、『PiNKな彼女』(まんが王国)等は、全て電子のみで販売されています。
ですが、しっかりと紙の漫画本と同じか、それ以上の原稿料や印税が支払われています。
紙よりも電子の方が売れるようになってきている、電子だけでも十分に原稿料の回収が可能になっているのです。

こうした収入レポートを見ていくうちに、
自社でも、電子漫画のレーベルに参入しないと!…と思い始め、今は知り合いの漫画家に作画を依頼しています。

また、動画配信サイトに関しては、YOUTUBEやSHOWROOM等を試してみたのですが、今後、やってみたいのは、自社での動画サイトの構築です。

SHOWROOMをやってみた際、タレントがあまり稼げない構造になっていて、もう少しタレントたちが副業にできるようなシステムにできないだろうかと思いました。
SHOWROOMの場合、投げ銭システムなどがあるんですが、なかなかその投げ銭までが誘導しにくいのと(そこは、イチナナやポコチャも同様で)、分配割合が非常に低いのがネックです。

動画サイト構築の見積もり次第ですが、こちらも走らせられるようなら、うまく走らせたいです。

コロナ後の社会がどうなっていくか分からないですし、
仮に、コロナの影響を受けて色々と立ち行かなくなっても、それ以外のところでうまく稼げる仕組みを作って挽回しよう。
でないと、たぶん来年は会社がつぶれるだろうなあと、結構危機感は持っています。


youji_igawa at 04:28│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by k   2020年04月30日 07:29
アウトローブログを読んでた者です。
いやー興味深い話ばかりで楽しく読んでました 笑
井川さんの会社、このままだと倒産っていうことですか?
編プロはコロナの影響ないと思ってました。
2. Posted by 井川楊枝   2020年04月30日 08:30
>Kさん
前のブログをご覧いただき、ありがとうございました! チーマーや暴走族、風俗ネタはあんまり書かなくなるかもしれないのですが、今後ともよろしくお願いします。笑

編プロは確かに下請けの仕事なので、あんまりリスクはないでしょうか。大儲けはできないですが、そこだけやっていれば、社員の給料は払えるかなあという感じです。
ここ数年、映画や舞台、芸能系などにも手を広げちゃってるのですが、こちらは物凄くコロナの影響を受けいます。苦笑
3. Posted by k   2020年04月30日 11:06
YouTube漫画動画を見たことありますか?
フェルミ研究所といったチャンネルサイトがあるのですが結構面白いですよ 笑
YouTube漫画動画から書籍が出た事例がありますよ。
フェルミ研究所がそうです。他にもいろんな漫画動画ありますよ😀
一度、見てください! 実際に私もYouTubeで漫画、アニメのシナリオを書いています。
4. Posted by 井川楊枝   2020年04月30日 19:43
>Kさん
フェルミ研究所、見ました!
これは、確かに面白いですね~! 物凄くアクセスもあって、YOUTUBEだけでもかなり収益をあげていることが想像できます。
こういうのも、可能性があるのかなあと思いました。
ありがとうございます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
岡村隆史さんの一件で感じたこと