ブログネタ
デジタルカメラ に参加中!
 富士フイルムが予定通り、Xマウントの新型カメラX-A5を発表しました。
 発売日はレンズキットは2月15日。ボディのみは2月22日に発売する。

 価格はオープン価格ですが、店頭予想価格はXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZが付属する、
 レンズキットが税別7万5,000円前後、ボディのみが6万円前後になる見込みとの事です。

 主なスペックとしては、
 ・有効約2,420万のベイヤータイプのCMOSセンサーを搭載

 ・センサーは新開発で像面位相差AFに対応する位相差画素をX-Aシリーズで初搭載し、
  合焦速度は従来比2倍となっている。

 ・オート撮影時のシーン認識精度と色再現性が進化し、特に肌色の再現性が向上。

 ・常用最高感度は前モデルのISO6400⇒ISO12800に向上。拡張設定時の最高感度
  はISO51200。

 ・連写速度は6コマ/秒。4K解像度で15コマ/秒の4K連写機能を搭載

 ・エフェクト機能のアドバンストフィルターに新たに霞除去HDRアートが加わり、
  全17種類に

 ・露出補正ダイヤルは、従来の±3EV⇒±5EVに拡張された。

 ・液晶モニターは約104万ドットの3型で、チルト対応のタッチパネル式。自分撮り用に
  180度の回転も可能。

 ・通信機能では、Bluetooth low energy技術を新採用し、スマートフォンに画像や動画
  を即時転送が可能に。

 ・動画はX-Aシリーズ初の4K記録(15p)に対応。最大4倍速のHDハイスピード動画
  機能
を搭載。

  さらに、4K解像度でピント位置を変えながら連続撮影した画像を自動合成する事で、
  被写界深度の深い写真が撮れる、マルチフォーカスモードも利用可能。

 ・カラーバリエーションとしては、シルバー、ブラウン、ピンクの3色展開
 となっています。

 事前のスペック情報がBluetooth搭載で2000万画素のセンサーを搭載位しか有りませんでしたが、
 正式発表されてみると、センサーが像面位相差搭載で画像処理エンジンも最新に変更。

 4K動画対応でAFも驚きの従来比2倍高速化とエントリーモデルながら、かなり侮れない
 スペックになっており、また、価格もかなり安いので、これはかなり魅力的ですし、
 隙の無い機種に仕上がっています。

 しかも、この価格差で新型のXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZが付属しますので、
 買うなら、断然、レンズキットですね。

 正直、X-A5がまさかのダークホースになるとは、思っていませんでした。
 これは、X-E3を買うか、X-A5を買うか、非常に迷いますね。

 ソース
 https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1103982.html