気がつけば春目前。はやくblogをかけという圧力にも屈せず、気がつけば春目前。暖かくなり、私の仕事も一段落。やる気も土筆のようににょきにょきと、ということで久々のblogです。

はるか彼方に去る、1月21日。
我が家のお転婆娘が一歳を迎えました。

image


メレンゲが我が家に来てからあっという間でしたが、むくむくと大きくなっております。

image


あたらしいおもちゃを与えて3分で破壊したり、寝てる人の顔の上にのし掛かってきたりしますけど、とても健やかに成長しているのは何よりの喜びです。

image


いつもお世話になっている皆様。
山口のお父さんとお母さん。
皆様のお陰で何よりも我々が楽しい毎日を送らせて頂いています。

メレンゲが楽しく生活できるように今年も過ごしていけたらと思います。

image


まともな写真がほとんどないという…(笑)

image


明けましておめでとうございます。
寒い日が続きますね。我が家は飼い主達が風邪を引いたりしていますが、メレンゲは元気です。

1月生まれのメレンゲは二回目の冬ですが、初めてのクリスマス!
ということで、桃ちゃん太郎ちゃんのお家のパーティーに参加させて頂きました!メレンゲ以上に飼い主が楽しむのはもはや慣例。

ですが、今回は桃ちゃんの快気祝いが一番でした!

image


顔のコートも短くなってパピーちゃんのような雰囲気であらためて美人顔がわかります。

image


太郎ちゃんは持ってきて遊びをたくさんしてくれました。たくさん撫でさせてくれるのが嬉しい(笑


ご一緒させて頂いたのは、

image


ぽんちゃん。メレンゲの父はぽんちゃんをもふるのがとても好きです。たくさんロープで引っ張りっこしましたが、力が強いのでやり甲斐あります。

image


もこちゃんは何気に初接触!なでなでさせてもらいました(笑)


image


メレンゲはサンタの洋服で参加です。



今回も桃太郎パパさんの素晴らしいおもてなし!

image


image


image


素敵なオードブルや葉山牛!
ご馳走です。サーロインもとても美味しかったです。たくさん食べてしまいました汗

image


そして桃太郎ママさんのお誕生日!
ふわふわで美味しいケーキでした!



image

本日の主役!誕生日と快気、本当におめでとうございます!

image

ペロッ。美味しそうだ。



image

相変わらず集合写真は苦手なメレンゲ。
要特訓ですね。


メレンゲだけ違うところを見てるのは

image


ご褒美を凝視しているからです。
食欲お化けメレンゲ(おやつに限る)。

本当に楽しいクリスマス会でした!
メレンゲを迎え、素晴らし皆様と出会えた一年でした。
本年も楽しく過ごしていきたいと思います。

なかなか更新に手がつけられず、ご無沙汰過ぎる当ブログですが、メレンゲ 飼い主ともども本年も何卒よろしくお願いいたします。

オフ会の記事の途中ではありますが、本日メレンゲがトリミングをしてきました。

我が家に来てからはとりあえず行けるところまでフルコート!ということで顔まわりだけカットして試行錯誤を繰り返してきました。



4月。初めてのトリミング。とにかく目の周り以外は切らないでと念入りに伝えた記憶が。笑
耳のシャンパンゴールドは触らんで!!って多分5回くらい言いました。


5月末。2回目。毛が伸びてきてセンターで別れ始める。父はポヤ毛とよく呼んでいた時期ですね。



3回目だったかな。ちょいと切られすぎちゃったね。今見ると落ち武者に見えなくもない…



7月。トリマーさんを変えた時期。我が家のボロニーズのイメージは桃ちゃんと太郎ちゃんなので、写真を見せてこんな感じで!と伝え始めた時期ですね。丸っこいフォルムを目指す方向性が見えます。



8月。なかなかシャンパンゴールドが切れない我が家。耳がどんどん伸びてきてますが、これはこれで良くない?と思い始めた時期。


なかなかばっさり切れず、徐々にモコモコと肥大化し始めるメレンゲ。チョンマゲスタイルも良くない??と思い始める。
しかし、だんだん前髪が前に垂れ始め、時勢も相まって五右衛門スタイルと父の実家で命名される。

(写真は拾い物をお借りしております)



11月。何回かトリミングするも、さらに五右衛門化。というかもはや毬藻に近い。さすがにこれは伸ばしすぎた、と気がつき(遅い)、目にも毛がバシバシ入っていたのでバッサリ切ることを決意。



そして、本日


スゴイ!丸いぞ!丸に耳がくっついたスタイル。これ可愛いんじゃない??この路線いいよ!空飛びそうだけど!ダンボスタイルだね!と会社から帰ってきた父のテンションが爆上がったのでした。

ちなみに、父はダンボに出てくるピンクの象が怖いです。









↑このページのトップヘ