September 15, 2005

琵琶湖を自転車でぐるり一周

琵琶湖の夜空琵琶湖の明ける前琵琶湖の朝日






日本一の湖ってゆうたら琵琶湖ですが、
火水と友達三人で自転車でぐるり1周してきました。
さらりと書いてますけど、ほんまつらい長旅でした。

ひとりはリカンベント(大阪府)で。
ひとりはママチャリ(滋賀県)で。
そして僕はマウンテンバイク(奈良県)。

大阪府の友達と京都の百万遍を出発したのが9時。
そこから三条通まで行き、蹴上を越えて浜大津を経由して滋賀県の友達と唐橋で合流し11時に時計回りに琵琶湖1周スタート。
そして徹夜で琵琶湖1周し、無事(?)唐橋に戻ってきたのが、5時前。
そしてそこから再度京都を目指し山を越え、無事家にたどり着いたのが7時半。
総走行距離は247.57辧
ハードです。

まず京都から滋賀に向かう道中。
蹴上から浜大津を目指し、そこから唐橋まで行ったんですが、要するに山越えです。
僕は前にも一度このコースで浜大津まで行ったことがあるんやけど、そのときとはまた違い、
「琵琶湖1周した後にまた山を登って京都に帰るのか」と不安いっぱいでこいでたわけです。
唐橋から琵琶湖1周を開始して、マキノぐらいまではかなり快調にこげてました。
琵琶湖には琵琶湖大橋ぐらいを境にして北湖と南湖っていうのがあって、南湖は汚くては入れないのですが(実際汚いしくさかった)、
北湖はきれいで入れるので途中、白髭神社を越えたあたりで、軽く足をつけたりして「水着持って来ればよかった」などと自転車の旅を楽しんでました。
ほんとにきれいやったです。
でも奥琵琶湖から夕食をとるポイントと考えていた長浜までがほんまつらかった。
奥琵琶湖らへんは暗くなると明かりが全然ないので真っ暗になり危ないっていうことで、
とりあえず奥琵琶湖を暗くなるまでに越えるって事で頑張ったんですが、実際は暗い中こいでました。
ほんま真っ暗。
とりあえず電気はついてないし、民家もほとんどない。
当然コンビニもない。
車もまばら。
その中、自転車の明かりと月明かりを頼りにこいでたわけです。
そしてこの辺からじわじわきだしたお尻の痛み。
マウンテンバイクに乗ったことある人は分かると思うんですけど、マウンテンバイクのサドルってかたいんですね。
あれって座るように作られてない。
やからそれに座って延々とこぎ続けると自然とお尻も痛くなるという仕組みです。
当然のようにおそってくる空腹とも戦いながら、街の明かりと夕ご飯を目標にひたすらこいでました。
やから、やっとこさ長浜について久しぶりにコンビニを見たときや、
ガストで夕ご飯を食べ、食べ物ってこんなにもおいしかったのかとあらためて思わされたときには感動でした。
パセリさえめっちゃおいしく感じられたもんです。
結局夕ご飯を食べれたのは9時前頃でした。
そこで糖分をとるためデザートも食べ、11時前ぐらいまでゆっくり休憩し、
またさっきよりは明るいものの暗い中を(長浜の市街は明るいが湖岸沿いは暗い)淡々とこいでました。
そこからはコンビニ何件かごとに休憩しつつこいでたわけですが、湖岸沿いにはコンビニが少ない。
おまけに、お尻の痛さはピークをむかえていたので、「次のコンビニはまだかー?」と叫んでました。
お尻の痛さをやわらげるために、たまに立ちこぎなどをしつつ頑張ってました。
長浜を出発してからは、暗い中をほんま淡々とこいでたので、なにかトレーニングでもしているかのように感じました。
コンビニや道の駅で止まるたびに、椅子や地べたに座れることや文明に感謝したものです。
そして琵琶湖大橋が見えたあたりから、終わりが見え始め、目標をコンビニから橋にかえ、
近江大橋、そしてゴール地点の唐橋を目指してこぎました。
そして5時前に無事ゴールをしたのです。
ゴールをしたときはあっけない感じでした。
達成感を感じるというよりも、これから京都に山を越えて帰らなければならないということで憂鬱だったような感じでした。
ゴールをしたのに、なんのために1周したのだろうという感じでした。
唐橋で30分ほどぼーっとした後、明るくなり始めたので滋賀の友達とはそこで別れ、僕はまた大阪へ帰る友達と京都を目指してこぎ始めました。
そして浜大津を目指し湖岸沿いをこでる時、朝日が昇る直前の空や朝日がすごくきれいだったのです。
それを見たとき、またそれを見てゴールした時に見た美しい星空を思い出し、このために頑張ってきたのかなと思いました。
普通に早起きしたり夜更かしすれば見れるものやけど、
琵琶湖を1周して見る星空や朝日は明らかにそういったものとは違うように見えたのです。
どこか自分達だけのもののような。。。
それを見て勇気付けられた僕達は、京都に向かう途中に雨に降られながらも頑張って家にたどり着いたのでした。
帰ってすぐシャワーを浴びて、バタンキューです。

琵琶湖一周を終えて2日たちましたが、日頃の運動不足がたたって足の筋肉痛に悩まされてます。
お尻は一日寝たらすっきりしたし、恐れていた痔にならなかったのが不幸中の幸いです。
あとずっとハンドルを握っていたせいか、手の小指がしびれて(マヒして)ます。
キーボード打つ時に小指が使えない。
今は親指と小指を除く3本で打ってます。
いつ治るのだろうか。

今回残念だったことがあります。
それは自転車にこぐのに必死すぎて、そして半分以上が暗い中をこいでたので、
あまり景色や建築といったものを見たり楽しんだりできなかったことです。
そもそも目標が琵琶湖1周ということなのだから、当然と言えばそうなのだけど。
今度は自転車はもう嫌だけど、車やバイクでまわりを楽しみながら1周したいと思う。
奥琵琶湖のほうは景色もきれいだし。
そういえば奥琵琶湖で野生の猿を見た。

滋賀県の友達に聞いたとこによると、滋賀県民は車やらバイクやら自転車やらで琵琶湖を1周するらしく、
今回一緒に行った滋賀県民の友達はまだしたことがないってこと、
そして8月の終わりに大学のみんなで滋賀に遊びに行った時に、「自転車で琵琶湖1周したいね」っていう言葉から始まったこの旅。
なんでこんなことをやってるんだろうと思いながらこいでたこともあった。
ひとりでやっていたら絶対途中で諦めていただろう。
琵琶湖1周できたのは一緒にこいでくれた2人の友達がいたからだ。
誘ってくれた友達、一緒に1周した友達に感謝したいと思う。
この経験、思い出はこの先きっと何かにつながっていくだろうと思う。

よかったら自転車で琵琶湖一周、是非やってみてください。
僕らは昼出発やったけど、早朝や明るくなり始めるか始めないかぐらいから出発するのがおすすめです。
深夜からでもいいかもしれない。
そのほうが景色がきれいな場所を明るいうちに訪れることができるから。

長い下手な文章を最後まで読んでくださってありがとうございます。
良かったらコメントなんぞ書いてやってください。




Click Me!←Please Click!

youki515 at 13:20|PermalinkComments(9)TrackBack(1) Diary 

August 29, 2005

都市の照明

ニチコン本社ビル











烏丸御池の角地に建つ「都市の照明」のような建築。
ニチコン本社ビル。
なんでも、「あんどん」のような建物をイメージして作ったとのこと。
夜、通っていると角地に建っているせいもあるが、
その明るさが否応にも目に入ってくる。
「あんどん」というと、メゾンエルメスを思い出すけど、
そういう柔らかい光ではないので、
あまり「あんどん」というイメージは感じられないように思う。
なにか現代の照明のような。。。
写真で見てみると、ほんま照明にしか見えない。
昼間は建物で、夜は照明と化す。
まぁ都市に対しての照明の必要性ってなんなんやろかって考えてしまったりもするわけですが。
これ一晩中ずっと明るいんやろか?
っていうかどこが設計したのか知ってる人いたら教えてください。
なんか中に入ったら色々あるみたいですね。
社史や商品を展示したギャラリーやら、
パソコンによる京都の観光ガイドやら。
今度行ってみよ。

話は変わりますが、
彼女の病状なんですが今日病院に行ったら、
思ったよりも早く退院できるとのこと。
明日血液検査してみて、
白血球の値が正常になっていたら明後日には退院みたいです。
白血球の値が高いのは、体のどこかが炎症を起こしてるサインなのだそう。
まだ食事はとれないみたいですが、
元気そうなのでなによりでした。

Click Me!←Please Click!

youki515 at 02:54|PermalinkComments(7)TrackBack(0) Architecture 

August 28, 2005

初体験=救急車+入院

入院











彼女が入院してしまいました。
急性胃腸炎と軽い虫垂炎で、来週末ぐらいまで入院が必要とのこと。

お昼に学校を早退して、
そこからとめどなく繰り返すお腹の痛みと嘔吐。
吐くものがなくなっても吐いておりました。
最初は、胃もたれからくるもんやと、
素人目に判断していましたが、
夕方にはとうとう立てなくなってしまい、
意を決して救急車を呼んだしだいです。
なんせ今まで、救急車のお世話になったことも、
お世話をしたこともなかったもんですから、
かなりあせってしまっていました。
あせりすぎて、用意していた保険証も忘れる始末です。
なんとか無事病院に着き、
種々の検査や点滴、痛み止めや吐き気止めにより治まったしだいです。
最初は虫垂炎に関して手術が必要かもしれないということでしたが、
軽いものらしく、入院しながら薬で治療すればなんとかなるだろうとのことです。
一日たって、だいぶ落ち着いたみたいですが、
まだお腹は痛むとのこと。
なにはともあれ、大きい病気じゃなくて安心しました。

お見舞いに行ってあげると喜ぶと思うので、
良かったら行ってあげてください。
今はつらいみたいなので、
来週ぐらい、体調が落ち着いた頃が良いと思います。
僕はほぼ毎日顔を出してるので、
連絡してくれれば、病院にいれば迎えに行きますし、
いない時は場所を教えますので。

これを期に、お互い規則正しい生活をしなければと思いつつ、
今日も夜更かしするのでした。。。

Click Me!←Please Click!

youki515 at 01:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0) Diary 

August 23, 2005

A WOMB

A WOMB











数日前。。。

胎内回帰してまいりました。

京都造形大の近くにあるカフェ「A WOMB」
ランチ&お話をするために友達に連れて行ってもらいました。
「WOMB」は「子宮」という意味。
生まれる前の空間をイメージして、
包み込むように天井高は非常に高く作られています。
基本的にコンクリートの空間。
室内は最小限の照明だけで、
横長に切られた開口部から心地よい光がとどく。
どこか日本建築の作り出すような空間の中で、
和食に舌鼓。
そして「WOMB」に包まれて、
深く話し込むのでした。。。

写真を見ると光が極端に上のほうまで入ってるのにあらためて気付いたのですが、
窓の外に光を反射させるような素材が敷き詰めてあったんでしょうか。
話に夢中でそこまで見ていなかった。
今度行ったらちゃんと見てみよう。
でも気軽には行ける値段ではなかったりするので、
外からのぞいてみたり。。。

A WOMB

「A WOMB」のオーナーさんのブログ→和食処 a womb

Click Me!←Please Click!

youki515 at 02:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Cafe 

August 22, 2005

Flash Earth

今ハマっている事。

世界旅行。

というのはうそですが、
今巷で話題のGoogle Mapなどがお手軽に楽しめるFlashが、
ニテンイチリュウさんで紹介されてたのでこっちでも紹介。
はっきりいってけっこう楽しいです。
アメリカのスパイ映画に出てきそうな感じのここちよさ。
とりあえずいじってみてください↓

Flash Earth

ピラミッドを発見した時は感動しました。
大都市とか主要な都市は他より細かく拡大できるみたいです。
これいじっていると、
世界の国々が身近に感じれて、
海外旅行に行ってみたくなります。
それでは有名建築を探す旅に行ってきます。

Click Me!←Please Click!

youki515 at 00:56|PermalinkComments(5)TrackBack(0) Website 

August 21, 2005

本屋に行くと本を買ってしまう病

本屋に行くのが好きなのですが、
本屋に行くとかなりの確率で本を買ってしまいます。
今日も四条の本屋を転々として色々買ってしまいました。

まずは丸善に行って、
人類と建築の歴史
天下無双の建築学入門
キーワードで読む現代建築ガイド
現代建築の冒険―「形」で考える 日本1930~2000
の以上4点を購入。

続いてブックファーストに行って、
「TITLe」を購入。

最後に大垣書店によって、
美学への招待
月館の殺人 上
の2点を購入。

病気です。。。
たぶん誰かが100万円を僕にくれて、
「好きなものを買っていい」と言ったら、
本とCDを買いあさりますね。

でも買ってもまだ読んでない本が結構あるわけで。。。
誰かさんに「読め読め」ゆわれてるしだいです。
本棚に本があると安心するし、
見ていて落ち着くという困った性格だったりします。
でも斉藤先生も「本棚に本がならんでいるだけでもいい」
みたいなことを「読書力」でゆうてはった気がします。
まあやっぱり読まないと意味がないわけで、
明日は雨みたいやし、部屋にこもって読書に励みます。
まずは今日買った本の唯一の衝動買いの、
月館の殺人 上から!
マンガやしねぇ〜♪

Click Me!←Please Click!

youki515 at 01:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Diary 

August 09, 2005

たびんし

たびんし










旅に出ようかと
思うのです

youki515 at 17:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Diary 

July 28, 2005

moco+car

moco+car











車に乗ってたら(助手席)偶然発見し、
思わず撮ってしまった。
日産からmocoっていう車出てたんですね。
ここ↓のページでmoco見れるけど、なんかナレーションがシュールです(僕的に)。

http://www.nissan.co.jp/MOCO/

でもまぁこの車は乗りません。
僕は死ぬまでMINI一筋です!
MINIゆうても旧型のほうでお願いします!
っていうか久しぶりの投稿がこんなんで申し訳ないです。。。

http://www.mini.jp/

Click Me!←Please Click!

youki515 at 01:06|PermalinkComments(5)TrackBack(0) Diary 

June 21, 2005

過去に撮った写真について振り返ってみる。。。<5>

月島らへん












久方ぶりの投稿です。
最近楽しいことばっかりが続いて、
何を書いていいのか分からず(書きたいことが多すぎる)、
筆が止まっていたわけです。

んで困った時のLOMO頼みっていうことで、
また過去に撮った写真について振り返ってみました。
楽しかったことを振り返りたい気もしますが、
それはまた今度。

この写真は東京に行ったときに月島らへんの橋から撮った写真です。
背中にIBMのビルがあった気がします。
そのIBMには紀伊国屋書店が入っていた。
おそるべし、大企業。
んで写真なんですけど、なんかフィルムがずれたかして、
上の部分に黒い線が。。。
それで光が入ったのか、
はたまたなかなか現像に出さなかったのが悪いのか、
ちょいと色あせた写真になってしまってます。
でもまたそれが良い味になって、
気に入ってしまったわけです。
月島で思い出したけど、
東京行ったときにもんじゃ焼きが食べれなかった。
行くのが遅すぎて閉まってました。
でも京都に帰ってから食べました。
「うっきー」とかゆうお店で。
おいしかったです。
でもやっぱり月島で食べたほうがおいしいんやろね。

Click Me!←Please Click!


youki515 at 01:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0) Photo 

June 09, 2005

過去に撮った写真について振り返ってみる。。。<4>

猫とテナント












久しぶりに振り返ってみた。
でも振り返ってみようにも、
この写真、どこで撮ったか記憶にない。
なんとなく大阪にゆら帝の坂本慎太郎原画展みたいなんに行った時に、
入り口にいた猫を撮った時の写真の気もする。
でもフィルムの前後を見てみると、東京と京都の写真。。。
大阪の猫か。
東京の猫か。。
京都の猫か。。。
謎は深まるばかり。
でもそんなことはどうでもよく、
単純にこの写真が良いと、自画自賛。

Click Me!←Please Click!


youki515 at 17:01|PermalinkComments(12)TrackBack(0) Photo 
Affiliate
Recent Comments
Profile
ゆうき
京都で建築を勉強してます!

メールはこちら