2010年01月

2010年01月24日

THIS IS IT 6回目

もう絶対見ないと思ってたのに、誘惑に負けて見てしまいました。
23日のシネマシティのスタンディング上映。

twitterで22日の感想を見ていたら、やっぱり行きたくなっちゃったんですよねー。
ネタバレになるので最終日まで書かない様にしていたのですが、もう最後の上映も始まったので書いちゃいます。

大晦日は特別興行だったのでドリンク付きで2300円だったのですが、今回は劇場主催ということで通常料金。
しかも22日はレイトショー扱いでした。

22日の情報によると、会場にはミラーボールが設置され、MJバーがあるらしい。
そして終映後には素敵サプライズがあるっていうじゃないですか。
19:30のweb分は売り切れだったので22:00の回にしようかと思っていたら、当日の朝になったら買える様になっていたので19:30の回を予約し、仕事が終わってから速攻で立川へ車を走らせました。

会場に着いてみると、MJバーは20時スタートとのことで、ロビーは閑散としていました。
なんだ、今日はミラーボール無いのかな?

ご飯を食べてハンカチを忘れたことに気付いたのでハンドタオルを購入。
これで素敵サプライズで泣く準備はOKだ!
そして何故か15分くらい前になったら妙に緊張してしまい、ドキドキしながら会場へ。

大晦日はガラガラだったけど、今日は満席に近い状態。
どんだけ盛り上がるのかしらーと期待に胸を膨らませます。
シネマシティの方の挨拶が始まり、「1,2,3 マイコー!」のかけ声で上映スタート!

今回はインビンシブルではなく爆音仕様とのことでしたが、爆音って程でもないかな?と思ったけど、アースソングの最中に座ってゆっくり聴いていたら、みぞおちが痛くなる程の低音でした。
前日の終業後にさらに調整を行ったそうで、劇場の愛をひしひしと感じますね。
でも音の美しさはインビンシブルの圧勝。
水曜日にちゃんと聴いておいて良かった!

残念ながら会場全員が熱狂的ファンというわけでもなかったようで、私の前2列の方々は終始座っておられました。
前から5列目くらいだったので後ろの方の盛り上がり具合が分からなかったのですが、すぐ後ろの列の方達は相当ファンだったみたいで、声援を聞いていて微笑ましかったです。
大晦日の方が全体のファン度は高かったな。みんなマイケルのフリ真似とかしてたもの。

通常のエンディングまでは無事に泣かずに終了。
そしていよいよ……

ビーーーンというちょっと耳障りな音とともに会場が再び暗くなり、スクリーンにはsmaileの文字。
そしてマイケルのsmileが流れ、スクリーンには英詞と訳詞が映し出されます。
この歌はマイケルが大好きだった歌だそうで、追悼式ではジャーメインが歌ってましたね。
歌詞の意味を噛み締めて、マイケルは辛い時もこの歌に励まされてたのかなと思うと、smileなのに涙が止まりません。

こんなに粋な計らいの出来る映画館、他に無いですよね。
スタッフもMJが大好きなんだろうなあ。
誰かが「シネマシティありがとう!」って叫んで、周りの人たちもありがとう!って叫んで、とっても幸せな気分になりました。
シネマシティの中の人々、本当にありがとうございました。

ホールに出たらMJバーも始まっていて、ミラーボールも光ってました。
入る前には無かったテレビも設置され、ライブ映像が流れていました。
MJのおかげで、心が温かくなる経験がたくさん出来たような気がします。
ありがとう、MJ!!

youkoff at 21:04コメント(0)トラックバック(0) | MJ | 映画 

2010年01月22日

THIS IS IT 5回目

来週DVD発売だし、もう見ないと思ってたんだけど、やっぱり見てしまいました。
なんでしょうか、この麻薬のような映画は。
未だかつて同じ映画を見るために5回も映画館に通ったことなどありませんよ。

大晦日に見た時はスタンディングだったので、せっかくのインヴィンシブルサウンドをちゃんと聴いてなかったなあと思って、今回は音をしっかり聴くことを目的に立川シネマシティ再訪。
レディースデーだから安いし〜

あー、やっぱり前回は興奮してて全然ちゃんと音を聴いてなかったなあと実感。
低音はズンと体に響き、高音はやさしく包み込まれるような心地よい音でした。
何度も見ている人が圧倒的に多いのって、やっぱり家のテレビじゃこの臨場感は味わえないだろうと思ってるからでしょうね。
ライブを見ることが一生かなわなくなってしまった今となっては、映画館が一番良い環境でMJに会える場所なんでしょう。

今回はあまり感情移入しない様に冷静に見ていたので、5回目にして初めて泣かずに見ることが出来ました。拍手もしなかったけど。
でもMJが生きていたらこんなに好きにならなかったんだろうと思うと、やっぱりとっても複雑な気分になるのでした。
今のうちにプリンスとかマドンナもちゃんと聴いておこう。

早くブルーレイ届かないかな〜

youkoff at 20:16コメント(0)トラックバック(0) | MJ | 映画 

2010年01月15日

世界を癒そう

マイケルファンって凄いなあと思ったのが、「マイケルの意志を継いで世界の子どもたちに寄付をしよう」という活動をしている方々いること。
それ程の影響力のあるメッセージを発信し続けていたマイケルはもっと凄いんだけど。

ユニセフには3月までの期間限定でMJ募金のページがあります。
MJユニセフ

寄付した人のメッセージを見ると、"Heal the world MJ charity"と”Michael Jackson's Chinese Fan Club" というのがたくさん見つかりますが、前者はmixiのコミュなんです。

ヒール・ザ・ワールドMJ寄金

このコミュでお金を集める訳ではないので「基金」ではなく「寄金」という言葉を使っているそうです。
みんなでクリスマスに寄付したり、TIIの発売日にあわせて寄付しようなんて盛り上がりを見せています。

昨日からはハイチのために寄付しようというトピが盛り上がっています。
そこで紹介されていた募金先を転載します。

ユニセフ

Yahoo ボランティア

Yahoo ボランティアはポイントで寄付ができます。
貯めたけどあんまり使い道のないポイントがあったので、私も早速寄付してみました。
Yahoo にボランティアのページがあったことさえ知りませんでした。


マイケルと一緒に地球を守るというコミュもあって、地球にいいことをしたら1マイコーと数えて皆で楽しくエコ活動をしてます。

こちらでは赤十字が紹介されてました。
ハイチ地震被害の救援金を受付けます

クリスマスにはMJ没半年を記念して、こちらに書き込みもしました。
ecotonoha

MJ が遺してくれた物、私にもちょっとだけ伝わってます。

youkoff at 15:12コメント(0)トラックバック(0) | 寄付、募金 | MJ 

2010年01月12日

twitter でスパムボム

昨日はtwitter でスパムボムを踏んでしまいました。
フォローしている音楽評論家の吉岡正晴さんからのDMで、MJ のゲームへの招待だったのですっかり騙されました。

140 King of Pop というタイトルで、アクセスすると自分のフォロワーさんに招待メールをバンバンDMしてしまう仕組みだった模様。

開いたのが4時半くらいで、吉岡さんからスパム報告があったのが7時くらいだったでしょうか。
その間に開いてしまった私のフォロワーさんもいたりして、ちょっとした騒ぎになってしまいました。

全然知らない人からのDMだったら無視するんですけど、フォロワーさんからだと騙されちゃいますよね。
特にMacユーザーってウィルスに鈍感だから、気をつけないといけないなー。

でもそんなどさくさで、吉岡さんのフォロワーさんらしき方が何名か、私のこともフォローしてくださいました。
いいんだか悪いんだかw

大したことはつぶやいてませんが、覗いてみたい方はフォローミー!
http://twitter.com/c428

youkoff at 12:43コメント(0)トラックバック(0) | twitter  

2010年01月11日

TII 関連商品

ソニーがこんなの出すそうです。
PlayStation 3(120GB) マイケルジャクソン「THIS IS IT」スペシャルパック(CEJH-10009)
B00332G056


えー、この前PS3買ったばっかりなのに〜って一瞬思ったんですが、箱がTIIなだけで中身は普通だし、別々に買った方が安いね。
FFバージョンみたいなオリジナル仕様だったら考えちゃうけどねー。

ハギワラシスコムからはこんなのも出ます。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (ポストカード/ブックレット付) [USBメモリ]
B0032BH0DE


マイケル・ジャクソン THIS IS IT (ポストカード/ブックレット付) [microSDメモリーカード]
B0032BH0CU


マイケル・ジャクソン THIS IS IT (ポストカード/ブックレット付) [microSD+USBメモリセット]
B0032BH0D4


携帯ユーザーとネットブックユーザーがターゲットなんだろうけど、本編のみでこの値段だったら、安いプレイヤーとDVDを買った方がいいと思うなー。

吉岡正晴さんが特典映像の視聴レポートをされてます。
『ディス・イズ・イット』特典映像は、映画本編と表裏一体(パート1)

これ見たら絶対BD買うしかないでしょ。
吉岡さんがソニーの人にPS3を薦められちゃってるのがちょっとおかしい。
早くパート2がアップされないかな〜

ディスクからネットに繋いで視聴する「BDライブ」っていうのもあるみたいなので、PS3だとそのままネットにつなげて便利かも。
27日が待ち遠しいなー!!!


youkoff at 18:11コメント(0)トラックバック(0) | MJ | 映画 

2010年01月05日

年末年始はゲーム三昧

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年はダンナの休みが短かったので帰省せずに寝正月でした。
TIIブルーレイに備えてPS3を買ったので、ダラダラとゲームして過ごしました。




説明書も読まずにセッティングしたので、今度のコントローラーはUSB接続なのかと思って一週間くらいコードを挿したまま使ってましたが、実はコードは充電用で、コントローラーはワイヤレスだったのでした。
PS2のコードより短いから不便だなあって思ってましたw

ウチのテレビにはHDMIの入力が1つしか無かったので、セレクタも購入。




ケーブルも激安540円、メール便で送料160円!




これでバッチリなはずだったのですが、セレクターに2台の機器を繋ぐには3本のケーブルが必要だという事に気付かず、2本しか買わなかったので結局いちいち繋ぎ変えてますw
正月終わったのでもう1本買わなきゃ。

注文した日がクリスマスだったので届くまで時間がかかるかと思ったのですが、セレクターとケーブルは2日後、PS3は3日後に届きました。早ーい!

最近はあんまりゲームもやらないので、ブルーレイデッキとしての使用がほとんどかなと思いつつ、せっかくなので塊魂トリビュートを購入。




PS2と比べると格段に画質が良くてビックリしますね。
PS2もブラウン管時代はキレイだと思ってたけど、プラズマに繋ぐとかなりボンヤリしちゃいます。
さすがデジタル。
でもPS2とPS3は互換性が無いので、PS3を買ったらPS2が不要になるわけじゃないんですね。
色々増えすぎてセレクトがカオスだ……

ゲームの内容は、王様モード(過去問)とロボモード(新ステージ)の2本立てで、交互に新しいステージが増えて行く感じ。
ステージ数が多いので長時間楽しめます。結構難しいです。
点数が発表されるんですが、クリア条件ギリギリだと1桁の点数なんてことも。
クリアすると「エターナル」と「いつもの塊魂」が選べるようになるんですが、ある程度の点数(多分90点)を取らないと出て来ないので、私には全部のステージでは出せないかも……

ひたすら転がしてたら親指の皮が厚くなった様な気がします。
力は必要ないって分かってるんですけど、上手く転がらないとついつい力が入っちゃうんですよね……
しかもハンドルのように曲がりたい方に曲げちゃったりするんですが、今度のコントローラーは傾き認識みたいなのがあって、振るとジャンプするようになっていて、関係ない時にジャンプしちゃう事が度々あります。
R2ボタンでもジャンプはできるので、ボタンだけでいいんだけどなー。

安いBDデッキより、PS3の方が画質が良いらしいです。
コンパクトなので場所もあまり取らないし、買って正解かな。
ヘタレな私にも楽しめるお勧めゲームがあったら教えてください。
ボタンいっぱい使うのとか、バイオハザードみたいに自分がキャラになったつもりで向きを合わせないと操作できないラジコン系は無理です。

TIIが届くのが楽しみだ〜

youkoff at 20:48コメント(0)トラックバック(0) | 買い物  

2010年01月02日

THIS IS IT は本当に面白いのか?

そんなにいいならDVDが出たら観てみるわと思っていらっしゃる方への注意書きです。

yahooの映画レビューでも☆5つと☆1つにぱっくり割れていまして、1つの人の意見を読むと「レビューの評価がいいから観てみたけど、大したこと無かった」というのが多いんです。

確かに、映画としてはストーリーなんて無いですし、ドキュメントという程素顔に迫っているわけでもないですし、リハなのでライブに比べれば完成度も低いわけで、普通に観たら多分面白くなくて当然だと思います。
実際に私もダンナも一度目は途中でちょっと飽きました。

じゃあなんでマイケル信者になってしまったのかといえば、「面白いと思って観に行かなかったから」だと思うんです。
別にマイケルファンじゃないけど、取りあえず観とくかっていう軽い気持ちで観たら、思いっきり裏切られたんです。
マスコミのゴシップを鵜呑みにして、「最近は音楽活動もしてない過去の偉人、今は変人」みたいな色眼鏡で観に行ったから、もの凄く申し訳ない気持ちになったんです。

私の周りでもスリラーの頃に思春期だった人は2回見ている人が多いんですが、話のネタ程度の軽い気持ちで観に行ったら予想以上に凄かったのでもう一度ちゃんと見直したっていうパターンの様です。

私の場合は2回目以降はマイケルのことを色々調べてマイケルが大好きな状態で観てますから、無精髭が生えてたりチュッパチャップス舐めてたりするのに気付いて喜んだりしてますが、そんなのファンじゃない人が見ても面白くも何ともないわけです。

そんな訳なので、凄く面白いと期待してDVDで観たら、多分全然面白くないと思います。ただのリハーサル映像です。リハ自体が飛び抜けて凄い訳でもないです。
映画館に行く程じゃないけど、DVDなら観てもいいかなくらいの気持ちだったら、むしろ観ない方がいいと思います。
普通のライブDVDとかPV集とか観てください。
全盛期のライブ映像の方がよっぽど凄いです

私のように、スリラーの頃は知ってるけど、BADくらいから彼のことを追うのをやめてしまい、30代の彼の勇姿を知らない人ならリハだけでもビックリすると思います。そして、リハでこんなに凄かったら、本番はどれほど凄かったんだろうと思うでしょう。
でも家のテレビで見たらあんまりビックリしないかもしれません。

マイケル自身は完璧主義者なので、彼が生存していたら未完成のリハーサル風景を公開することなんてなかったと思います。
この映画を「亡くなった人を食い物にする金儲け主義」と批判する方もいらっしゃいます。
でも私はこの映画を観られて良かったと思うし、監督のオルテガの狙いもそこにあったと思うのです。

マイケルが何も言わないのをいいことに、マスコミがどんどんおもしろおかしく彼の虚像を膨らませてしまった訳で、彼のことを知り、尊敬しているスタッフはとても悔しい思いをしていたと思うのです。
だからオルテガは余計な演出を加えずに、ひたすらリハーサル風景を繋いだんじゃないでしょうか?
「どうだ、この姿を見てもまだお前たちはマイケルを犯罪者だと思うのか?」って、偏見の目で彼を見ている人たちに挑戦しているのではないかという気すらします。

一回目の感想にも書きましたが、私はこの映画を観て、こんなに真面目で優しい人が犯罪者な訳が無いと思いましたし、ダンナは「あんなに真剣にリハをやってた人が自殺するわけないな」って言ってました。
今までのマスコミの報道はただのいじめだと思いました。
そしてそれを鵜呑みにしていた私自身も知らず知らずのうちにいじめに加担していたのだと思いました。
レビューを見ても「ごめんなさい」って書いてらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますね。

この映画はマイケルの汚名を晴らすのには十分に役立っていると思います。
そういう意味では最高の追悼映画ではないでしょうか。

youkoff at 20:02コメント(0)トラックバック(0) | MJ  

2010年01月01日

あけましておめでとうございます THIS IS IT 4回目!

2009年を振り返ると、開店準備……吉井和哉……開店……マイケル、マイケル、マイケル、塊魂、マイケルって感じでしたw

夕べは2009年の締めにTII スタンディング上映に参加。
念願かなって踊ったり叫んだりしながら鑑賞して参りました。
すっごい楽しかった〜〜
もう普通に観たら物足りないです。

会場は立川シネマシティ
ここはノーチェックだったんですけど、音響に凄く力を入れている映画館なんですね。
しかもTII 再上映に備えてセッティングをし直す力の入れ具合。
その名もインヴィンシブルサウンド!

BDも予約したし、さすがにもう行かないつもりだったんだけど、この会場でスタンディングなんて言われたら、もう行くしか無いでしょ。

会場の入口ではサイリュウムのサプライズプレゼント。
Heal the World の時、凄いきれいだった〜

もう4回目だから泣かないと思ってたのに、やっぱりダンサーたちがオーディションに受かった喜びを表現しているシーンではウルウル。

Wanna be startin' something から皆もうノリノリ。
1曲終わるごとに大歓声と拍手で会場は熱狂。
定員の1/3も入ってないのに、満員かと思う程の盛り上がり。
これ満員だったらどうなっちゃうんだろう…… 
(私は行かれないのですが、同じ会場でmixiコミュの貸し切りスタンディングがあって、そちらは350席が満席なのです)

インヴィンシブルサウンドはどうだったかというと、私はオーディオマニアじゃないし色んな映画館で観たわけでもないので専門的なことは分かりませんが、やたら大きくてビリビリしちゃうような音ではなく、凄くクリアで聴きやすい音でした。
ライブなので横とか後ろからの音は控えめだったのですが、スリラーの時だけは全体に包み込まれるような臨場感で、凄く気持ちよかったです。
あと、Earth song のハープの音がとってもきれいでウットリしました。

凄く楽しくってハッピーだったんだけど、Man in the Mirror が終わってマイケルがストップモーションになったら、やっぱり泣けてしまって、This is it の間中涙がポロポロ。
最後はみんなでHeal the world で手を振って、拍手大喝采で幕を閉じました。
Heal はマイケルの歌の中でも凄くメッセージが強くて、ライブでは必ずフィナーレに歌う重要な曲なのですが、残念なことにリハーサル前に亡くなってしまったので、この映画ではエンドロールに流れるのみなんです。
Heal もマイケルと一緒に歌いたかったなあ。

マイケルが亡くならなかったらこんな形でマイケルと一緒に歌うことも無かっただろうと思うと凄く複雑ですが、マイケルが最後に遺してくれたプレゼントで、素晴らしい年越しが迎えられたことに感謝です。

youkoff at 13:12コメント(0)トラックバック(0) | MJ  
Recent Comments
Recent TrackBacks