舞台

2005年05月01日

CITY BOYS LIVE

 毎年この時期恒例のライブ。
GW定例になる前から見続けているので、
全盛期に比べるとパワーダウンなのは否めないが、
彼等がライブをやり続ける限り、見に行き続けるに違いない。

 去年はチケットが取れなかったので、2年ぶりのアートスフィア。
DVDもあるけど、やっぱりライブの方が断然面白い。
今回はあんまりトチリも無かったし、安心して笑えた。
のろま会は別にいなくても良かった感じでしたが。
幕間の映像は今ひとつ。ちょっと手抜きっぽい。
警官コントは映像と舞台が上手く融合していて面白かった。
やっぱりいとうせいこうに戻ってきて欲しいなあ。

 でも毎回思うのは、ネタより最後のトークの方が面白い気が……。
最後の秘密のお楽しみ、最高でした。
斉木さん、いつまでもお元気でいて下さい。

youkoff at 23:27コメント(0)トラックバック(0) 

2005年04月16日

スワンレイク

 木曜日にマシュー・ボーンのスワンレイクを見てきた。
さやかえるちゃんの日記を見て、行ってみたいなあと思っていたら、
タイミングよくe+から半額でチケットが買えるというメールが来ていたので、
迷わず申し込んだのです。
 会場に着いたら前から10列目、右ブロックの中央付近という、かなり良い席。
オペラグラス無しでもキャストの表情までしっかり見えます。
突然見ようと決めたので、全然知識がなく、
途中までモダンバレエだということにすら気付いていませんでした。
男性が白鳥を踊るというのは分かっていたのですが、
キャストが全部男だという勘違いもしていました。
白鳥が男性なだけで、女性の役は女性が演じてました。

 そんな失礼な観客だったのですが、すっかり魅了されました。
人間の肉体、それも男性の肉体が、あんなに美しいとは知りませんでした。
白鳥の群舞はまさに圧巻。
月明かりに照らされたザ・スワンの姿は夢でも見ているかのような美しさ。
ストーリーも風刺あり、パロディありで、コミカルですらあるにも関わらず、
しっかり感動しました。
(曲が白鳥の湖だというだけで、ほとんど別の話になっていました。
オデット姫もオディール姫も出てきません)
衣装もセットの使い方も素晴らしかった。

 最後のカーテンコールは、まるでゲストとキャストの戦いのようでした。
手をつないで3列に並んだキャスト達が舞台後方に下がり、
照明が消えたと思ったらすぐに点灯。
再び手をつないだまま舞台の端まで戻ってきてお辞儀をするキャスト達、
鳴り止まない拍手。
そのままキャストが下がって行き、幕が下りたと思ったらすぐ上がり、
再び戻ってくるキャスト達。
それを何度か繰り返すので、まるで波の満ち引きみたいでした。
 本当に素晴らしかった。オーケストラ公演はもっと素晴らしいんだろうなあ。
また行きたいなあ。

youkoff at 21:28コメント(0)トラックバック(0) 

2005年04月10日

コミュニケーションズ

 新国立劇場に演劇を見に行ってきました。
『シリーズ笑い・2 コミュニケーションズ』という演目で、コント集です。
ケラリーノ・サンドロビッチやいとうせいこうが脚本で参加、
出演者に東京乾電池の綾田さん、元夢の遊民社の円城寺さん、
元惑星ピスタチオの腹筋さん(笑)などがいたので、頑張ってチケットを取りました。
演出は渡辺えり子さん。

 会場に入ると、両サイドに看板がずらりと作ってあり、
昭和初期にタイムスリップしたような空間が広がっていました。
でもよく見ると、「世界初、バーチャル喫煙 たぱこ」とか、
「異文化コミュニケーション 野葉宇宙語学院」とか、
「火星旅行」とか「液晶テレビ」とか「百万円均一」とか、
現代を通り越して近未来の広告のようです。
 普通は舞台の向こう側にセットがあるんですが、
この演目、舞台の外までセットになっているというちょっと変わった趣向。
開演のアナウンスをちょっと聞き流してしまったのですが、
今日は楽日じゃないのに「最終日」って言ってて、あれ?って思ったら、
突然客席の女の子が舞台の袖にいるおじさんと喋り出し、
劇場の係のような格好をした円城寺さんが登場。
どうやら架空の劇団の解散公演という設定のようです。
女の子が円城寺さんに連れられて舞台に消えて行くと、
突然会場の後ろから二人の役者さんが登場して、芝居がスタート。
なかなか面白い演出です。
中盤では会場の真ん中に作られたスペースで芝居が展開したりして、
ビックリさせられました。

 コント集なので色々な話がオムニバスに展開するわけですが、
同じようなアイテムが繰り返し登場することで、
全体的にはひとつの芝居として上手くまとまっています。
時々舞台の裏側から客席を見ているような演出があって、面白かったです。
やっぱり生の舞台っていいなあ。
でも、腹筋善之介のトランペットはいただけなかったなあ(笑)


youkoff at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
Recent Comments
Recent TrackBacks