2006年05月06日

地方競馬の名馬の思い出  荒尾、中津編

荒尾といえば、スイングバイが荒尾デビューで南関へ転入後重賞2勝する等の活躍をしたのは記憶に新しいと思う。賞金が九州の中では佐賀に劣る荒尾だが稀に強い馬が出て全国級の活躍をする事がある。
やはり荒尾デビューといえば「荒尾の魔女」ことオサイチテユーダだろう、連勝中の3歳初めに南関へ移籍し、見れば400Kを切る小さな馬体で荒尾出身という事もあって正直半信半疑で見ていたが快速馬と呼ぶに相応しいスピードの馬で相手強化した大井桃花特別でも韋駄天振りを発揮し快勝、その後不安が出た為浦和桜花未出走関東オークスでは距離不向きで黒星となったが東京盃では再び女韋駄天振りを見せ快勝した馬だった。
中央の重賞の脇役として活躍したスカイジャイアントもデビューは荒尾の地、何回か馬券でおいしい思いをさせてくれた渋い名優だった。

荒尾デビューのアラブで南関で活躍したのは佐賀経由で転入したシルバーブリツトだろう。白い馬体が大井のナイターのカクテル光線に映えちょっと首の高い独特の走り方が印象に残る快速タイプ、南関では準重賞の勝島賞勝ちが有るが重賞勝ちはない、しかしその後兵庫へ転出し重賞ウィナーになるなどの活躍をした名牝。

今大井の大賞典の記録を確認したが荒尾所属で出走した馬は一頭のみ、昭和59年の大賞典でスタートから果敢にハナを主張したダイジユフレーム、キンカイチフジ、ローゼンガバナーがいるこのレースではさすがに厳しく途中で交わされ大差のシンガリもレースを盛り上げるのに役に立ったご愛嬌と言うべきだろう。
しかし楠賞では荒尾所属の馬が2頭勝っている。一頭はコウザンハヤヒデで無敗のまま楠制覇で飾った馬、故障の為早く引退のは残念だ。
もう一頭の荒尾初の楠賞馬はダイメイゴッツだ、人気は道営の怪物牝馬マルシンヴィラーゴが絶対と言われた中あれよあれよの逃げ切り勝ち、確かに楠まで10戦8勝2着2回のオール連対成績とはいえ荒尾所属の為まったくのノーマーク、勝って回りの客も驚いたがダイメイゴッツ騎乗の牧野騎手もビックリという話も有った程だ。
面白いのはこの後で荒尾で出走予定のダイメイゴッツが楠の賞金の為恐ろしい程の斤量を背負わされる事になる為ダイメイゴッツ救済の為特例が作られたという事、確かに前例が無くまさか荒尾所属で3000万超の賞金をくわえて来る馬がいるはずが無いと思われていた証明だった。

中津出身の名馬というのは中々に思いつかないが、デビューこそ道営だったが中津で花開き連勝街道を走り東海へ移籍し活躍したハローキングという馬がいた。
この馬は私が中央競馬で好きだった数少ない名馬タニノムーティエの産駒で道営時代は未勝利に毛が生えた程度だったが中津で連勝街道を走り東海公営では東海桜花賞を勝ち中央へ移籍、転入緒戦をのちに重賞ウィナーとなるマサヒコボーイ以下に快勝し実力から今後の期待が期待がかかったが2戦目で故障し競走能力喪失という結果になった。南関でもアズマキングが勝った中央競馬招待に出走し8着に敗れているが当時はタニノムーティエの代表産駒という事で応援した記憶がある。
芝適正も有っただけに無事なら中津で出走していた馬初の中央重賞ウィナー、タニノムーティエ初の中央重賞ウィナーになれた可能性があった馬だったのではないだろうか?

youkouzan1 at 15:54│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数