2007年01月16日

第50回ニューイヤーカップ

浦和のセンロクは良く内枠有利と言われるが、個人的には内に逃げる馬が入ればの話で、それ以外なら包まれる結果になり逆に不利だと思っている。浦和のインに入って一番怖いのは一雨降って砂が締まった際の逃げ馬で有り、なんでもかんでもインが有利とは思えない。

さて今年のニューイヤーCの最内には暮れの2歳優駿3着のアンパサンドが入った、ある程度前に付ける脚があるが、実際暮れの川崎を見た限りでは、切れる脚が無いがジリジリと伸びるタイプと云う感じで、突き抜ける脚は無いが混戦になって強いのがこの手の馬の特徴だろう。川崎のレースを見る限りでは左回りに問題は無さそうで、スタートで後手を踏まなければインをぴったり回ってソコソコやりそう、

アンパサンドと同じ道営出身で暮れの大井の優駿牝馬で3着のタガタメ、初の左回りがどうかと思っていたが、山口竜一騎手いわく右は内にささるとの事で左の方が良さそうな感触、カカり逃げタイプで折り合いがとも思うが、今の南関でこの手の馬に乗せたらトップ級の御神本騎手が手綱を取るなら心強い。あとはオトコ馬との能力差だけだろう。

このレースは昨年の2歳重賞の3着馬が上記2頭の他にも居る、ハイセイコー記念3着のレッドドラゴンだ、ハイセイコー記念のあと2連勝、特にエリカ特別に破ったのがエーデルワイス2着でタガタメに先着しているアグリフェスタだからと評価する人も多いだろう。ただ私個人の見解だとエーデルワイスのレースの流れから評価するべきは早い流れを作りながら踏ん張ったフェアリーライドとタガタメで有り、アグリフェスタは展開に恵まれた観が無きにしも非ずと言ったトコ、確かにハイセイコー記念の2着と3着の差はわずかだし通って来たコースの差だと思うが、当時の印象は完成途上で有り初の浦和コースを含め頭に狙うのは少々早い気がする。

完成度の高さではやはりハイセイコー記念2着ザマローレルの方が上か?初コースの大井でロイヤルボスをマークする形で伸びてきた内容は優秀、前走の2歳優駿では、川崎で常に馬体重470K台のこの馬が485Kでの出走とやや重めが敗因と割り切れば決してヒケを取る相手ではないはずだろう。

ヤネ内田、オーナーはダーレージャパンと昨年のコーラスマスター的な雰囲気も有るクールヴォイス、コーラスマスターと父も同じシングスピールだしキャリア3戦前走2着でのステップも同じだが前走負けた相手がエレキングだもんなぁ・・まぁ昨年見事なまでにコーラスマスターを無視して惨敗した私だが、今年も内田&ダーレー馬は買いたくない。

ならば大穴はザマローレルのステイブルメイトのミウラリチャード、前走の川崎の福寿草は馬体重こそプラス1Kだが輸送が有った平和賞とほとんど変わらない馬体重なら確実に重め残り(正直言えばこのレース見てるけど見た目は重いって感じはしなかったんだけど・・・)だろうし、重めなら4角ズルズルのレース内容も納得が行く。一息入れて平和賞を使い正月の川崎を使い状態一変とならば元々ロイヤルボスと小差の競馬をしていた馬だけに人気以上に怖い存在かも知れない。まぁミウラリチャード買うならドンテーラー辺りも買わないといけないから強引ちゃ強引なのだが・・

軸はザマローレルにする。相手はアンパサンド、タガタメ、ミウラリチャードの三頭に押さえにレッドドラゴンをと云ったトコだろうか?
しかしミウラリチャード人気無いなぁ・・遊びでこの馬からパラパラ買ってみるかなぁ?

youkouzan1 at 20:06│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この記事へのコメント

1. Posted by メリーポピンズ   2007年01月17日 00:13
5 ええ、私は◎森下ですわ。
2着なら…

繁田も考えたですが…
2. Posted by 南関診断士   2007年01月18日 17:09
>メリーポピンズさま
森下本命ですか、大穴狙いましたねぇ。
私もミウラリチャードからパラパラ張りましたが、5頭のBOXの3連複も買っていたので、一瞬ですが夢見れましたw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数