2010年12月30日

第4回東京シンデレラマイル結論

今回のシンデレラマイルは斤量58を背負った馬の扱いをどうするべきかと云う部分と差しが利かない馬場を考慮して前々で競馬が出来る馬を中心視しないと的中は望めない気がする。
逃げるのはこの馬場を考慮するで有ろう的場文男のザッハーマインが前走のクイーン賞同様にハナへ行くと思えるトコ。
元々園田に居た当時からスピードには定評が有ったザッハーマイン、中央で揉まれて素質が本格化した現在は前走のクイーン賞でミラクルレジェンド相手に食い下がった様にハナへ行ってマイナスになる事は無いだろう。
ハナ宣言のバックアタックとはスピードが違う、仮にハナを譲ったとしてもインの3番手はガッチリとキープするだろう、外枠から3~4番手につけるだろうヒロアンジェロは斤量58がネックだし、センロクベストのフサイチミライも斤量58と差しが決まらない馬場では軽視。
安定した実績が有るテイエムヨカドーも56.5で最後に失速したトゥインクルレディーを考えると57では厳しいと判断したい。

と考えると重賞実績は無いが前で競馬が出来る斤量54オークヒルズの浮上も有りえるはず。12回大井のアデレードシティでスタートが悪いながらもヒロアンジェロやフサイチミライと小差の競馬をしている事から重賞実績は無くとも能力は互角と判断し54の斤量ならば勝ち負けは可能だろう。

同じ54を背負うプリマビスティーとトーセンバスケット、前者は距離適性の部分から後者はトゥインクルレディーとTCKディスタフの内容から狙い目は有るが共に末脚勝負の馬で今回の馬場では少々割引が必要、ならば穴でベルモントプロテアを取り上げたいトコ。
近走の不振は気性難によるモノと割り切り度外視、元々センロクがベストなのは実績からも明らかで正直言えば「夏馬」と云う気もするが今回騎乗の御神本騎手が巧く御してくれる可能性を信じ穴として狙ってみる。

馬券は能力から斤量を背負っていてもザッハーマインが中心が妥当だろう、馬券はザッハーマインからの馬単で相手はオークヒルズが本線。
ザッハーマインが斤量58を背負うだけに恵量オークヒルズとの逆転も考え、オークヒルズからザッハーマインへの馬単とザッハーマインからベルモントプロテアの馬単表裏を買う。
大穴でザッハーマインが斤量58に苦しむケースも考えてオークヒルズからベルモントプロテアへの馬券を少々押えレースを観たい。

youkouzan1 at 15:17│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数