2013年09月22日

『ケロイド手術その後。2年後。』

正確にはケロイド手術が2011年4月だから、2年6ヶ月後です。
以前は、毎日リザベン飲んだり、ドレニゾンテープを貼ったりしていましたが、現在では特に何もしてません。白血病の診察と合わせて2ヶ月に1回、診察時にステロイドの注射を打つぐらいです。

最近のケロイドの様子。ちょっとグロいかも。
手術前とか手術中とか、以前のはこちら

【2011年3月】 ※ケロイド手術前(参考画像)
F1000624
上がマルク(骨髄穿刺)のケロイド。
下が腹腔内出血の手術のケロイド。

【2013年4月】 ※手術2年後
20130416_235129
マルク(骨髄穿刺)のケロイド手術2年後。
面積は広がっていますが、赤くなっているだけにも見えます。

20130416_235150
腹腔内出血の手術のケロイド。
膨らみはなくなったけど、こっちも赤い面積は増えてきてる。

【2013年9月】 ※最近
20130914_144406
4月とあまり変わってません。
まあ、悪くもなっていないのでよかったです。

以前のようなケロイド状態にはならないのですが、
完全にきれいにもなってはいません。
もともとケロイドになりやすい体質なので、
他にも小さいケロイドはいくつかありますし、
手術前と比べたら十分ですけどね。

そういえば、マルクを腸骨でもやりましたが、
そっちはケロイドにならなかったな・・・


ちーむありす at 23:42│Comments(2)TrackBack(0) ケロイド 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あんみ   2013年10月04日 03:55
私も11月に同じ病院で手術する予定ですが、放射線治療は3日しか受けていらっしゃらないのですが、再発しやすい場所、胸は4日の治療ではないのでしょうか?白血病に良くないので減らしたのですか?
2. Posted by ちーむありす   2013年10月14日 10:19
こんにちは。
私の場合は、どちらも3日でした。白血病と関係あるかは分かりませんが、もしかしたら担当医が減らしてくれたのかもしれません(特に説明はなかったけど)。
手術がんばってください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログについて

Author:ちーむありす

慢性骨髄性白血病の人間の
白血病検査結果メモ。

ちーむありすの書庫
東方カウンター
月別アーカイブ
最新コメント