2020年03月05日

『2020年2月検査結果。アイクルシグを検討』

昨年10月頃から胸水の咳とその後の逆流性食道炎で喉の痛みが酷かったけど、治るとすっかり忘れる。そして繰り返す。

◆2020年2月の血液検査の結果
※()は前回との差

 WBC白血球数) 
検査結果:3300(+100)
参考値:4000〜8000

 M-bcr/abl高感度IS%検査 
2019年11月結果:0.0149
目標:0.0032%以下2年維持

未検出が続いてたM-bcr/abl高感度IS%が急に上がってしまった。まあ胸水の副作用でスプリセル止めてたタイミングの検査だったからかな。休薬すると上がることが分かると、もう止めることは難しそうだな。

今回、アイクルシグなる別の慢性骨髄性白血病の薬を紹介された。とりあえず保留にしたけど、利尿剤止められるならありかな。副作用次第なので次回の診察までに調べとかないと。


ちーむありす at 00:14│Comments(0) 白血病 | 検査結果(白血病)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログについて

Author:ちーむありす

慢性骨髄性白血病の人間の
白血病検査結果メモ。

ちーむありすの書庫
東方カウンター
月別アーカイブ