スプリセル

2015年03月14日

『スプリセルを休薬してから3ヶ月。再発しちゃいましたwww。』

前回2月のbcr/abl検査結果が1700ということで、
めっちゃ上がっており、再発してしまったようです。
早すぎる。まったく治ってはないではないか。

そんなわけでスプリセルを再開することになりました。
1年前に胸水の副作用がでたこともあり、
スプリセル50mg+ラシックス(利尿薬)で開始。

また50コピー以下を2年維持するまで、休薬できないのですが、
飲んでたほうが安心なので、まあいいでしょう。
午前中のトイレの回数が増えるのが懸念事項ですけど。

◆今回の血液検査の結果   ※()は前回との差

 WBC白血球数) 
検査結果6400 (+2000)
参考値:4000〜8000

 RBC赤血球数) 
検査結果:532 (+12)
参考値:450〜550

 HGB (ヘモグロビン) 
検査結果:16.6 (+0.3)
参考値:14〜18

 PLT血小板) 
検査結果:28.2(+2.1)
参考値:20〜40

2月は胃が痛くなったり、風邪引いたり、空咳が1ヶ月も出続けたりと、実は体調がよくなかった。これもスプリセルを止めたせいだったのでしょうか。しばらくは再発しない想定だったので、残ってたスプリセル捨てちゃったよ。

ちーむありす at 01:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年10月11日

『腹膜炎の跡を認めますが問題ありません。』

会社の7月の健康診断のレントゲン検査のコメント。
肺水と関係あるのか分からないけど、腹膜炎になった覚えがないです・・・
それ以上に、中性脂肪高値(393)で「生活指導が必要です」が問題。
そろそろ運動を考えないと。(やるとは言ってない)

リニューアルした病院での2回目の診察。
今回もスプリセル休薬の話がでましたが、いつもまとめ買いしているのと、1日50mgに減らしていることもあり、自宅に2ヶ月分はまだ残っていることが発覚。残っている間はとりあえず飲みきることにして結論を保留にしときました。利尿薬も引き続き継続。

◆今回の血液検査の結果   ※()は前回との差

 WBC白血球数) 
検査結果5200 (+1200)
参考値:4000〜8000

 RBC赤血球数) 
検査結果:477 (+3)
参考値:450〜550

 HGB (ヘモグロビン) 
検査結果:15.0 (±0)
参考値:14〜18

 PLT血小板) 
検査結果:23.3(-2.5)
参考値:20〜40

FFRKで早くFF6のメンバーをそろえたい。

ちーむありす at 02:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月29日

『スプリセル(ダサニチブ)治療を開始します。』

結局、グリベックからスプリセルに変更することにしました。

スプリセルは寛解(2年維持)後の再発率がグリベックより低いなど、
いろいろメリットを説明されつつ、最終的には自己判断しろ〜とのことで。
まだ絶対変更が必要というわけでないので、患者の意思優先らしい。
変更を決定したら、臨床試験の参加も依頼された・・・
まあ、大学病院だしね。

■スプリセルについて

【服用回数】
毎日1回、50mgを2錠飲むようです。
食後に飲めるのはグリベックと同じ。
グレープフルーツジュースはやっぱりNG。

【副作用】
スプリセルの小冊子によると、グリベックと同じ
吐き気や頭痛、貧血、発疹、浮腫、下痢など。
あと、気になるのがグリベックにない胸水。
下痢(17.4%)、頭痛(11.6%)、胸水(10.1%)らしい。

【費用】
高額療養費制度と3ヵ月まとめ買いが利用できるので、
実際の費用はグリベックと変わらないはず。
※1日分が約18,400円(約9,200円/錠)だから、
窓口での支払い額は上がってたけど。

【効果】
グリベックの325倍強力らしい。
あと、寛解(2年維持)後の再発率がグリベック6割に対して、
スプリセルは3割程度らしいとか。

これからお世話になるスプリセル様。
F1001116
グリベックより小さく楕円形の錠剤です。

これまでお世話になったグリベック様。
F1001114
まだ100錠以上余ってるけど捨てていいのかな?

ちーむありす at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
このブログについて

Author:ちーむありす

慢性骨髄性白血病の人間の
白血病検査結果メモ。

ちーむありすの書庫
東方カウンター
月別アーカイブ
最新コメント