琵琶湖

2010年08月10日

『初心者の琵琶湖一周サイクリング〜その肆』

琵琶湖一周サイクリングの続きの続きの続きです。前回はこちら
マキノをスタートして反時計回りに彦根を目指します。

F1000222
琵琶湖大橋の上から。
料金所がありますが、自転車は無料で通れます。

F1000224
琵琶湖大橋を渡ったら、急に雨が強くなってきた。
雨宿りできそうなところもないので、そのまま進みます。

F1000227
百々神社の前でちょっと雨宿り。
近江八幡水郷めぐりに寄りたかったけど、また今度にして出発します。

F1000233
水車があったのでなんとく携帯でパシリ。
雨もやんで、ちょっと明るくなってきました。

F1000238
変なところにサギ(?)がいたので、パシリ。
琵琶湖を走っている間、よくみかけた野鳥です。

F1000244
浜辺にカモ(?)が2匹トコトコ。
奥に見えるのは、多景島でしょうか?

F1000245
犬上川にサギの大群〜彦根は目の前。

F1000248
16時頃に彦根に到着!彦根城をバックにもう一度撮影。
2日間で琵琶湖1周サイクリング達成です。おめでとう自分。

----------------

F1000251
余談。
自転車を返して、ホテルに向かいます。靴がくちゅくちゅいってます。
リュックの中の服もびしょびしょなので、コインランドリーで洗濯・乾燥。
教えてくれた受付の女性の方言も可愛いかったですw
靴はドライヤーでがんばりましたwww

F1000252
余談2。
途中から雨が止んだけど日焼け止め塗らなかったので、膝やふくらはぎが焼けてヒリヒリ。湯船に浸かれず最悪です。油断しました。
近江牛の串焼きを食べて本日は終了。琵琶湖の旅もおしまいです。
次の日は、東京に帰る前に、京都市内をちょっとサイクリングしました。

予定外の雨の中のサイクリングにもなりましたが、楽しかったです。
琵琶湖は、春か秋に今度は時計回りで走りたいと思います。その時は1日で1周にチャレンジ!


ちーむありす at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月09日

『初心者の琵琶湖一周サイクリング〜その参』

琵琶湖一周サイクリングの続きの続きです。前回はこちら
彦根をスタートして反時計回りに走り、マキノに到着。
一泊してマキノからスタートです。

F1000183
ホテルのレストランからうっすらと見えるのは、竹生島です。
そして、まさかの雨。ずっと晴天が続いていたのに運が悪すぎる〜

F1000184
止む気配もないし、ここから彦根まで100km近くあるので、諦めて出発します。8時頃でしょうか。雨の準備などしてるはずもなく、重要なもののみビニール袋に詰めて、マキノプリンスホテルを後にします。

F1000185
「犬のシャワーは裏側です」って犬用があるのかよヾ(-д-;)
防水携帯でないので、リュックに入れておいた携帯をわざわざ出してまで撮影しちゃいました。

F1000188
雨が降ったり止んだりの中、びしょびしょになりながら走ります。
「道の駅 しんあさひ風車村」にちょっと寄り道。朝早いのと雨のためか人っ子一人いなく寂しいところでした。

F1000189
さすがに雨が強くなってきたら、緊急退避で雨宿り。
まさかの泥除けが付いてなかったので、リュックの下が砂利と雨で酷いことになっているのに気づいたのがこの時。
今更ですが、大きなビニール袋を入手してリュックで包みます。
黄色いのは、これまで一緒に旅してきたプロペラキノピオくんです。

F1000192
白鬚神社に到着。雨宿りできるところがないけどちょっと休憩。
そう言えば、最近のONE PIECEは面白過ぎる。白ひげ海賊団サイコーです。

F1000191
白鬚神社の湖中鳥居。
車の通りが多かったので、向こう岸には渡りませんでした。

F1000194
近江舞子駅の下でまた休憩。携帯出したパシリっ!
よく見ると女の子の水着ブラが・・・
琵琶湖では、こんなことしていいんですか!

F1000198
雨の中快調にサイクリングロードを進みます。
前日は36℃あった気温も、この日は25℃。夏でよかった。

F1000200
雲が低くて、山から煙が出ているみたいです。
左は琵琶湖、右は山々。晴れている時にもまた来たいです。

F1000204
ちょっと素敵な景色。こーゆーの好きです。

F1000207
このあたりを走ってる時は、雨が止んでましたので距離を稼ぎます。
服はすぐに乾いてくれますが、靴がくちゅくちゅいってます。

F1000235
本日のセクシーショッ(略)
よく見るとこの時点で少し膝が焼けてます。

F1000214
琵琶湖大橋に到着。
「道の駅 びわ湖大橋米プラザ」から撮影。

この後、大津には向かわずに琵琶湖大橋でショートカットします。
本当の琵琶湖1周は次回に挑戦です。

長くなったので、今回も次回に続きます。




ちーむありす at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月08日

『初心者の琵琶湖一周サイクリング〜その弐』

7月末に行ってきた琵琶湖一周サイクリングの続きです。前回はこちら
彦根をスタートして、初日の目的地であるマキノを目指します。

F1000138
さくらちゃん・・・じゃなくて木之本を抜けて、本格的な山道に入ります。
国道8号ではなく、サイクリングマップの山道ルートを通ります。
車がほとんど通らないので、気楽に走れます。

そして、初の登り。最初に張り切ると後半苦しくなります。
ヒルクライマーには向いてないようです。

F1000139
トンネルを抜けると、久々に琵琶湖が見えてきます。
絶景〜。会社のストレスを忘れられます。

F1000140
また、シングルナンバーの国道8号に合流します。
セキレイなら結女ですね。
ここの下りがサイコーでした。ダウンヒルとはこんな感じなのでしょうか。

F1000141
藤ヶ崎トンネルでは、前回の反省を活かして右側を進みます。
やっぱり左歩道は狭くなっています。

F1000142
塩津神社で休憩。これで「塩」と読むみたいです。
このあと、ルートから外れて迷います。
車の後ろを走ってたら、曲がるところを通り越していたようです。

F1000150
本日のセクシーショットwwwではありません。
自転車向きでない変な靴を履いてきてしまい、短い靴下しか持ってこなかったので、靴擦れを。痛いのでティッシュで詰めて走ります。

F1000146
6月、7月の大雨のためか、高島市マキノ町内の区間(二本松水泳場の先〜海津第3トンネル)が土砂崩れで通行止めに。
せっかく戻れたサイクリングマップのルートからまた外れて、国道303号と国道161号ルートに迂回します。

F1000148
のどかな風景です。
インタネットにより通販やネットビジネスも発達したし、こーゆー所に住んでのんびり暮らすのもありな気がします。

F1000149
国道303号の奥琵琶トンネルを抜けて、国道161号を進みます。
長い長いゆるやかな登り、精神がおかしくなりそうな長いトンネル、この苦労が報われる下りを楽しみ、16時頃に本日の目的地であるマキノに到着。

F1000156
マキノサニービーチでは、バーベキューしてる人や泳いでる人がちらほらいる程度。あと子供たちが水泳の授業(?)してました。

一旦、本日のホテル「マキノプリンスホテル」でチェックインしてから、時間もあったので、フロントの女性に教えてもらいマキノ高原の温泉に向かいます。
それにしても、方言の女性はいいですなぁ〜。でもいただいたマキノ周辺地図分かりにくくて、山の中で迷っちゃいましたよ。

F1000167
マキノ高原に向かう途中にあるメタセコイア並木。
「新日本街路樹百選」に選ばれ、2.4kmに渡ってメタセコイアが約500本並んでいるそうです。

F1000175
マキノ高原温泉さらさに到着。思ったより遠かった。
本日の疲れを癒します〜
露天風呂に入ってたら、すごい雷と夕立。出た時はやんでたけど。

F1000177
帰りのメタセコイア並木。
雨はやんでるけど、木の葉からの雫で結構濡れ濡れ〜

F1000160
ホテルの部屋に置いてあったてるてる坊主に和んだ〜
残念ながら効果なかったのですが・・・

次の日は雨の中のサイクリングとなりました。次回に続きます


ちーむありす at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月07日

『初心者の琵琶湖一周サイクリング〜その壱』

7月末の夏休みに琵琶湖を自転車で一周してきました。
自転車に乗り始めて半年経ちますが、初の長距離です。
初心者(?)にはちょうどいいかなと思いつきで行くことにしました。

【今回のプラン】
1日目:東京から彦根に電車で移動。ビジネスホテルに一泊。
2日目:琵琶湖サイクリングスタート。彦根〜マキノまで。
3日目:マキノ〜彦根。琵琶湖一周達成!
4日目:京都サイクリング。東京に帰る。

----------------

■1日目
東京から琵琶湖までの電車移動のみ。
青春18きっぷを片手に東京から琵琶湖に向かったので、東京を昼過ぎに出たけど、彦根に着いたのは夜。駅前のホテルで明日に備えます。

----------------

■2日目(琵琶湖一周スタート当日)

9時頃にホテルを出て、最初に彦根市役所でサイクリングマップを入手します。ほぼほぼノープランのスタートだったので、この地図には大変お世話になりました。最後はぼろぼろになって捨てちゃったけど。

F1000179

次に、自転車を借りに行きます。本当は自分の自転車を持っていきたかったのですが、メンテナンスもできない私なので、分解などできるはずもありません。

彦根駅から少し歩いて、「レンタルサイクル輪タク 【彦根】五環生活」で自転車を借りました。スポーツバイクも揃っていて、琵琶湖1周用としてバッチリです。お店が開くのが10時なので、1日で1周する場合は前日に借りといた方がいいかも。

F1000249
用意してもらったのは、黒のクロスバイクでした。
実は、ライトとボトルケージ、泥除けが付いてないこと。それによって悲惨な目に合うことは、この時気づきませんでした。
7月の平日は、お客はほとんどいないそうです。

----------------

■琵琶湖1周スタート(10時頃)

彦根スタートで、反時計回りに2日かけて周ります。1日目はマキノまで、だいたい60kmでしょうか。最初なので短めに設定しました。

F1000112
彦根城をバックに走り出します。

F1000117
琵琶湖沿いのサイクリングロードに出ると、途中に標識が出てます。
ずっとあるのかと思えば、一部の道だけにしかありませんでした。

F1000116
ちょっと走ると琵琶湖上に見えてきたのがこれ。
鳥人間コンテストをやってた場所でしょうか。
業者の人が工事(?)していて、先っちょまで行けませんでした。

F1000120
長浜城に到着。1時間程度ですが、既に汗だくです。
ボトルケージがないため、飲み物を飲むために毎回止まってリュックからペットボトルと取り出さないといけないことに気づいたのがこの辺。

F1000127
長浜の黒壁スクエアに寄り道。時間はたっぷりあるので、観光もしてました。
るるぶに紹介されてた「そば八」で早めの昼食をとります。
店前のデジタルサイネージがちょっと雰囲気を壊してるような・・・

F1000126
通いそば(3枚)を注文。3種類のタレが出てきます。
カウンターの隣で、小学生(?)の女の子2人が宿題しててちょっと和んだ。

F1000129
琵琶湖の東側を爽快に走ります。
途中ちょっとキャンプ場に迷い込みましたが・・・

F1000132
正面に見える山が山本山。
上から読んでも下から読ん・・・の会社とは関係ないだろうけど。

この先の片山トンネルは左歩道が道幅が狭く、トラックが通るたびに死ぬかと思いました。反対車線は広いので、反時計回りをする場合は右歩道を走りましょう。

F1000134
片山トンネルを抜けたら、別世界でした〜
これまでは琵琶湖を見ながらでしたが、気がづけば山の中です。

この後、奥琵琶湖の山道を走るのですが、無駄に長くなったので次回に


ちーむありす at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
このブログについて

Author:ちーむありす

慢性骨髄性白血病の人間の
白血病検査結果メモ。

ちーむありすの書庫
東方カウンター
月別アーカイブ
最新コメント