胃カメラ

2010年02月21日

『胃カメラですよ。泣きますよ。』

2ヶ月近く地味な胃痛が続いているので、胃カメラで検査をしてきました。

胃カメラは実は人生2回目です。
1回目はほぼ死にかけていた状態で、いきなり突っ込まれたのえあまり覚えていませんけど。意識があまりない中、ゲロ吐きまくって顔半分が酷いことになっていたような・・・

さて、前日夜から食事を抜いて胃カメラに挑みます。

1.微妙な味の白い液体を飲んで、胃の中の泡を抑え、
2.肩に注射されて、胃の動きを鈍くして、
3.ゼリーみたいなのを1分口に含んで、咽喉に麻酔。
そして戦場へ・・・・


無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無駄無理無理むりむりむ(ry

無理でしょう。最近は楽に胃カメラで検査できると聞いてい軽い気持ちでしたが、本気と書いてマジ無理ですよ。泣きますよ。
鼻からではなく、口から挿入でしたが終わるまでオエオエしてました。

検査中に医師が、「少し萎縮してるかな」「ピロリ菌がいるかも」「少し荒れてるな」的な言葉を言っていたような気がしますが、それどころではありませんでした。オエオエでした。

で、検査後は検査してくれた医師から、「少し荒れている箇所がありますが、キレイでしたよ」との説明。あり?もっといろいろやばそうなことを言っていませんでしたか?
凹んでいたので、「そうですか・・・ありがとうございます」で帰ってきましたけど、よく考えたら薬も出てないし、胃痛への対策はどうしたら?

今回は検査のみで、白血病の主治医による診察はありませんでしたが、胃に緊急の問題はないのでしょう。で、この腹痛、胃が問題ないとして、何が原因?

胃痛改め腹痛はしばらく続きそうです。

そういえば、グリベック飲み忘れちゃったよ。

ちーむありす at 01:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
このブログについて

Author:ちーむありす

慢性骨髄性白血病の人間の
白血病検査結果メモ。

ちーむありすの書庫
東方カウンター
月別アーカイブ
最新コメント