高額療養費制度

2010年05月09日

『高額療養費制度の改訂はお得になるのでしょうか?』

8日にYahoo!のトップページにあったニュース記事。

医療自己負担、上限4万円に軽減…来年度にも(読売新聞) - Yahoo!ニュース
政府は8日、医療費の窓口負担が一定額を超えた場合に払い戻す高額療養費制度について、70歳未満の年間所得約300万円以下世帯(住民税非課税世帯は 除く)の負担上限額を現行の月額約8万円から月額約4万円に引き下げる方向で検討に入った。

年内に厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会」で具体案をとりまとめ、2011年度にも実施したい考えだ。
グリベック購入時に高額療養費制度を利用していますが、この改訂による恩恵はなさそうです。対象が年間所得が300万円以下世帯であるのと、2、3ヶ月に1度は利用しているので現時点でも月額44,400円となっているから(過去12か月以内で3回以上、高額療養費の支給を受けた場合は4回目から半額程度に軽減する)。

記事内にもありますが、むしろ、どっからこの負担分の財源を持ってこようとしているのでしょうか。保険料が上がって、負担が増えることになりそうな改訂かも。

ちーむありす at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月29日

『高額療養費制度について』

薬の説明の際、
「グリベックを服用される方へ 
知っておきたい医療保険制度 〜高額療養費」

といったパンフレットももらった。

グリベックの服用している方は、
ほぼ全ての人が高額療養費制度を
利用することになると思う。
それほど薬代が高い。
グリベックの薬代は1ヶ月分で、12万ぐらいかかる。


高額療養費制度とは、
同じ病院+診療科での1ヶ月の自己負担額が、
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
を越えた場合に、超えた額が、3ヶ月後に戻ってくるという制度。

さらに、高額療養費が、
直近の1年間に4回以上となった場合、
4回目から限度額が、44,400円となる。

(70歳未満 一般区分の外来の場合)
※詳細はwiki


つまり、できるだけ同月にまとめてグリベックを購入すれば、
戻ってくる金額が多くなることになり、
個人の負担が減ることになる。
(国や会社が負担してくれる金額が増える)

毎月(毎週)薬を処方してもらうと、
約8万円×3回 + 44,400円×9回で、
だいたい1年で60万ぐらいかかるが、

 1回目(2ヵ月分)
 2回目(3ヵ月分)
 3回目(3ヵ月分)
 4回目(3ヵ月分)
 5回目 ※1回目に戻る

のローテンションで薬を購入すれば、
最初に1年間は35万程度ですむ・・・のかな。適当計算orz
(2年目以降は44,400円を5回で、23万ぐらい?)


さて、まとめての処方をお医者さんに相談してみると、
同様のことをしている人も多いみたい。
(症状によりだめな方もいるようですが)

高額療養費制度の他にも、
医療費控除というものもあるようだ。
知っていると知らないでは、負担額が結構変わってくる。
おそらく一生の薬購入となるだろうし、
色々調べておかないと。

ちーむありす at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
このブログについて

Author:ちーむありす

慢性骨髄性白血病の人間の
白血病検査結果メモ。

ちーむありすの書庫
東方カウンター
月別アーカイブ
最新コメント