_DSC0928
こんばんは、イチです。
2010年にベストセラーとなったCB1100が早くもモデルチェンジを果たしました。まず話題はこの黒ずくめの「ブラックスタイル」、スタンダード、ABSとも従来より約3万円も安くなって登場です。シンプルにシブく決めたい方はこちらがオススメです。
_DSC0864
_DSC0868
さて、カラーリング以外で大きく変わったのがシート。後端の形状が変わったのに加え、ライダー側のシートにe-cushionが採用されました。シートの裏側を撮影した下の写真で見える網状のクッション材がそれです。765mmのシート高は変わっていません。跨がってみると、通常のウレタン材のシートとは明らかに違っていて硬く感じます。なので、お尻が痛くならないかなぁと思いながら取材先まで乗って行きました。ワインディングと高速で往復300kmの行程を時々違うバイクと乗り比べながら走ると、柔らかいウレタンシートのバイクで痛くなりかけたお尻が、CB1100に乗り換えるとゆっくり回復していったのには驚きました。バイクでお尻が痛くなるメカニズムはよく分かりませんが、このe-cushionの効果の発見になりました。また、乗り心地が悪いという訳でもなく、適度な反発力が乗り心地と尻痛防止の役割をバランスさせているのでしょう。CB1100は低シート高を実現したためにライダー側のシートに厚みをもたせられない、そんなところから採用に至ったと思われるe-cushion。十分に効果を発揮していると言えます。

★ブログランキングに参加中!!★
応援していただける方はクリックをお願います!

バイク ブログランキングへ
  にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村へ