IMG_3565
こんばんは、イチです。
先日ホンダの400Xに乗ることができました。CBR400Rに乗った時とは違って今回はワインディングと高速も走り、新型400ツインの素性に迫ることができたと思います。ここで書くのはXというより400ツインへの印象となりますが、正攻法の素晴らしさを感じました。というのもNC700Xと乗り比べたからよく分かったのです。高回転高出力を捨て、低燃費と心地よい鼓動感を追求した新しいコンセプトのNCに対し、新型400ツインは特に大きな特長がある設計とは言えません。DOHCのエンジンはNCと同じツインでも10000rpmくらいまで高回転をカバーします。6000rpmちょいで頭打ちとなるNC700シリーズは当初面食らう人が少なからずいましたが、新型400ツインは至って普通です。しかし、当たり前の走りに大いに満足したのでした。
特に楽しいのがワインディングです。パワーバンドをキープしてシフトアップ&ダウンを繰り返す作業が当たり前のように楽しく、コーナー立ち上がりで引っ張るのが楽しく…普通のセオリー通りのライディングが通用します。これを400ツインで味わえるのがいいのでしょう。あまり触れる機会のないこの排気量と気筒数は意外といいのです。400といえども4気筒となると重さが伴いますし、低速域はトルクが薄くなります。ツインではある程度フレキシブルでかつ上も爽快に回りますので、イージーかつ速いのです。外観上の大きさはそんなに変わりませんが700に比べかなり軽く感じるのもワインディングの楽しさを増幅させてくれました。一般レベルの腕前ならば、かなりバランスのいい排気量であり気筒数なのかも知れません。
そして高速では、スムーズなエンジンがまた良かったです。回転が上がると4気筒に乗っているような気になりました。なめらかさが気持ちいいのです。トップスピードもNC700Xと遜色ありませんし、それ以上かも知れません。新型400ツインはNC700と価格も同じくらいで性能もほぼ同じと言えると思います。しかし、その個性は全く対照的で、きっちり棲み分けができています。大型免許を持っていても選択肢に入れていい存在でしょう。

★ブログランキングに参加中!!★
応援していただける方はクリックをお願います!

バイク ブログランキングへ
  にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村へ