2017年06月18日

田んぼの除草とさくらんぼ狩り

先日の土曜日、家族3人で田んぼの除草とさくらんぼ狩りに行きました。

一昨年参加したある企業の社会貢献事業の田んぼ体験ツアーにまた参加することになり、
今回は農作業にさくらんぼ狩りがついていました。

P6170681

朝早く新宿を出発し、山梨の「小野洋蘭果樹園」に到着。
たわわに実った高砂や佐藤錦を口いっぱいいただきました。

去年のさくらんぼ狩りもよかったけど、今年のも味が濃くておいしかったです。

さくらんぼ狩りのあとは、前回と同じ、田んぼ近くの五郎舎という民宿でランチ。

P6170708

ここは素朴な田舎料理がおいしいところです。今日はカレー。
私も彼も、前回ここに来て野菜のおいしさと実家感がすっかりお気に入りに。

P6170710

田んぼ作業用の服に着替え、縁側でおしゃれにくつろぐ娘・・・

午後は田んぼに移動し・・・

P6170723

除草作業です。

前回は、泥や虫を嫌がって田んぼにほとんど入れなかったので、
今回もまぁ田んぼは無理かな、と思っていたのですが・・・


昔ながらの田ころがしや

P6170714

手での除草をし、意外にもかなりご機嫌で娘は作業をしていました。

P6170715

「今回は楽しかった」とのこと。

私も田んぼの冷たい感じや土に癒されました。
帰りはお決まりの温泉と、バスではビールが供され、いたれりつくせりで帰りました。

田んぼと除草までやったので、次は稲刈りかなぁ





younko at 17:11|PermalinkTrackBack(0)

2017年06月04日

サマースクール

今日は娘が夏休みに通う予定の、
サマースクールのオリエンテーションでした。

去年の夏、けっこう小学生の夏休みっていろいろできるなぁ
(普段できない何かをするためのまとまった時間がある)と気づき、
今年は!ということで申し込んでみました。

asij

1日6時間のカリキュラムを2週間、すべて英語で受講します。
ただ、授業といっても、算数や理科を学ぶのではなく
英語レッスン2時間、スイミング、クラフト、音楽、体育などです。

asij2

娘は英語はシェーンに通っているものの、レベルは挨拶程度ですが、
今回選んだ学校は、(サマースクールに限っては)帰国子女はもちろん、
全くの英語ビギナーでもレべル分けされて問題なく生活を送れるらしく、そこが決め手でした。

あと敷地も広く、

asij3

緑多い環境なのもよさそう。

娘は「えー、本気でここに通わせるつもり・・・?」みたいな反応で、
そこまで乗り気でもない様子でしたが、
オリエンテーションも日本語だったことで少し安心したようでした。

asij4

高校生まで通うため施設は広大で、大学みたいだなと思いました。

我が家が娘を通わせる目的は英語の習得というよりは、
異なる文化への慣れ、こういう学校や、学びがあるんだな、という見識を広めたり
全く知らない人に囲まれても、自分でなんとかする力をつける、
プチ留学体験みたいなところです。

あとは日々の通学をどうやりくりするか・・・まだちょっと悩みの種ではありますが、
私も楽しんで伴走したいと思います。



younko at 21:51|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月06日

ベラビスタ尾道

しまなみ海道の最後の宿泊先は、
「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」にしました。

以前からこちらのレストランにバスク出身のシェフがいて、
炭火焼料理がいただけるということを知ってから、
ずっと泊まりたかったホテルです。

P5060496


尾道から合流の友達とおちあい、
自転車旅でへとへとな娘をひきずって
送迎の車に乗り、ホテルへ。

P5050429

ベラビスタは船の会社がつくったホテルのようで、
ホテル全体が大きな客船のような雰囲気のデザインでした。

P5060470

デッキにはプールやソファーなどがあり、

P5060469


娘と瀬戸内海をのぞむ露天、
友達と岩盤浴に入ったり、スパ施設も充実でした。

P5060458

部屋で少しまったりしてから(部屋はテラスラグジュアリーを選択)、

P5050421

夜はいよいよお待ちかねのレストラン「エレテギア」へ。

P5050445

娘のご飯は別注でおねがいしました。こちらはよくある感じのキッズプレート。

P5050439

大人はバスク料理。
涙豆のスープや

P5050435

メイン(私達はあっさりした鹿を選択)は炭火焼き、
お肉が出るまでは、女の人向けの量だな、と思っていましたが、
この量を2人いただくと、ボリュームいっぱい。

P5050444

ワインもおいしかったです。

翌朝は和食を選択。
和食は、おばんざいのバイキングと、好きな魚を好きな調理法でいただけました。
私はアナゴの白焼き、友人は鯛の塩焼きにしていました。

P5060466

朝から泡も飲み放題で、ほんのりいい気分・・・
野菜もたくさんでおいしい朝食でした。

1泊ながらホテルを満喫できました。今回へとへとで到着したので、
そこまでスパを利用できませんでしたが、浅いプールなどもあり、夏は子供もよさそう。

P5060486

どこか似てるといわれると、二期倶楽部っぽい感じ。
二期倶楽部はアーティスティック・自然を全面に出してますが、
レストランの料理の味もしっかりしてるし、
こっちのほうが男の人受けするホテルかも。

今度は彼もつれてきたいです!そして、尾道の町をゆっくり歩きたいな。
楽しいしまなみ海道旅行でした。



younko at 16:14|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月05日

しまなみ海道3日目。娘、完走


3日目は、大三島から尾道までいく、しまなみ海道の後半の道のりです。

  2日目はこちら・・・

この日も暑くなる予報だったので、
なるべく早く出発したかったのですが、朝食が8時からということで・・・
ただ、9時前には出立することができました。

大三島から尾道は、40キロぐらいあり、
前日よりも長い距離ではあったのですが、アップダウンがそれほどでもなかったため、
わりと楽しく進めたと思います。

大三島の次は生口島。レモンの名産です。

P5050406

しまなみ海道は、島々の特色があり、それも楽しみの一つです。

生口島では、レモンジェラートがおいしいお店などもあり
暑いサイクリングの途中で癒されながら、
どんどん進んでいきます。

P5050410

橋もよく見ると、形も長さも、アプローチもそれぞれ違い、

P5050413

とても眺めもよく、楽しんで走ることができました。
小学生低学年は娘以外でもたまに見かけることがあり、
たくましく走り去っていきます。

娘はだいたい時速5〜7キロぐらいで走るので、
まぁまぁのんびり。

P5050417

ただし、3日目はタイムリミットがあり、
尾道で泊まる予定のホテルの送迎を15時半に予約しているのでした。
そのため、最後の向島の市街地では全力疾走。

向島にはちょっと雰囲気のいいカフェ(立花食堂)などもあり
時間があればと思っていましたが、そんな余裕もなく。

なんとか約束の時間を1時間おして、16:30には尾道に到着することができました。

まさかの完走・・・。。

P5060500

9時に出発していますから、休憩入れても5時間は走りっぱなし。
娘も弱音を吐かず、最後はかなりがんばったと思います。

最後は完走の余韻もそこそこに、
疲れをいやすためのホテルに向かいます。
常石港を見下ろす高台でした。

P5060498

これでしまなみ海道サイクリングは終わり。

その日の宿泊先、ベラビスタ尾道へ





younko at 19:57|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月04日

しまなみ海道2日目。富士見園


2日目の朝、いよいよ本格的なサイクリング開始。

  1日目はこちら

P5040380

サンライズ糸山のレストランで朝食をいただき、

P5040370

9時すぎくらいに出発します。

サンライズ糸山はレンタサイクルターミナルでもあるのですが、
出かける時間には100人以上が自転車を借りるために並んでおり・・・・
(下の写真の背景に並んでいるのがそれ)、
子供自転車は台数も少ないし、昨日のうちに借りておいてよかったなぁと思いました。

P5040374

この日は、島を2つ超えて、3つ目の島の大三島まで行く予定です。
30キロほどの道のりですが、
きついアップダウンが多く、2日間のなかでこの前半がとても苦しかったです。

最初の島である大島の坂が長く、大変で、娘も私も自転車を降りて進みました。
歩いていくので、それもあり、想定時間の倍以上かかりました。


P5040376


ときおり、橋から下を見ると、美しい海岸が見え、
心が癒されます。

とはいえ癒されているのは私だけ。
気温も29〜30度と暑いので、午前中にどれだけ進めるかが重要で、
そこまで写真もとらずに黙々と漕ぎます。

娘のモチベーションを保つために、「次にここまで言ったらアイス食べよう」とか
「あとXX分で道の駅につくから、ひと休みして冷たいものでも飲もう」とか
そんな感じでこなしていきました。

伯方島では塩アイスや、塩ラーメンなどで、気分をかえつつ・・・

P5040390

9時半にサンライズ糸山を出て、16時すぎに、大三島に到着。
途中、日が暮れるまでにつくかな・・・と心配しつつも、
この日の宿である「富士見園」という民宿にたどり着くことができました。

富士見園は新鮮な魚介が自慢のお宿で、
一人前でも下のようなお刺身がどどん、アワビ、エビ、魚の煮つけなど、
おいしい料理をいただけました。

P5040402

運動した後なので、もちろんすべてペロリと完食。

翌日に備え、娘と早々に寝ました。

しまなみ海道 3日目へ・・・








younko at 19:30|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月03日

しまなみ海道 サンライズ糸山


今年のGWは、愛媛と広島を結ぶ、しまなみ海道を自転車で渡りました。

P5030342

ホントは家族3人で行く予定が、彼がまさかの仕事でこられなくなり、
娘と2人の自転車旅行となりました。

しまなみ海道は瀬戸内海横断のため、全長で70キロありますが、
小学生低学年が走破している情報があまりネットになく・・・

1日で完走は厳しいかな?とおもい、途中の大三島という中間地点で宿を予約しました。

guide
しまなみガイドから画像拝借http://www.go-shimanami.jp/guide/


また、レンタサイクルの乗り捨て返却地点はいくつかあるので、
娘が途中ギブアップしたら返してバスで広島まで行けばいいし、
天候もどうなるかわからないしね、という気軽な気持ちでした。


初日----

5月3日、GW初日に今治に到着。
初日は足慣らしも兼ねて、
今治から、しまなみ海道の起点となるサンライズ糸山 というサイクリングターミナルも兼ねたホテルまで
6-7キロぐらい?を走行しました。

GWはレンタサイクルを事前予約できず、借りられるかドキドキでしたが、
今治駅にお昼ぐらいに着いて、
臨時レンタサイクルターミナルに着いたころには子供の自転車1台を残してすべてレンタルされていましたが、
1時間ぐらい待っていたらすこしづつ返却されてきて、私の自転車も借りられました。

P5030338

そこから娘と来島海峡大橋の手前に位置するサンライズ糸山までサイクル。

6キロだし、まぁ1時間ぐらいで着くかな〜と思いきや、
娘が予想以上にゆったり走り、2.5時間ぐらいかかりました・・・

2キロすぎたあたりから「長いー。つかれたー」と途中から娘ブーブー。
たかだか6キロでこんなこと言ってたら、明日からいけるのか?と
不安を残しつつ、サンライズ糸山には到着・・・

P5030346


サンライズ糸山は宿泊料金2人で5000円(つまり1人2・3千円!)
食事入れると親子で1万円ぐらい、という安さながら、
施設も十分で、とても眺めも良い宿泊施設でした。
津々浦々旅行していると、お宿って、値段じゃないんだよねーとしみじみ思う。

施設内の「風のレストラン」でいただくご飯も、
おしゃれなダッチオーブンで提供され、とてもおいしい!

P5030355

魚介のほうろく焼き。

娘と「おいしいねー」「瀬戸内海きれいだねー」と言いながらキャッキャと食べてすぐに就寝。
わたしは持ってきた本を読みながら、まったりして寝ました。



2日めへ続く



younko at 18:58|PermalinkTrackBack(0)

2017年04月30日

エアクローゼット

衣替えのタイミングで、ごみ袋5つ分のクローゼットの断舎利をし、

今年の春物をを3点ぐらい買い足したい、
けどそれよりは・・・という気持ちで、
エアクローゼット」という洋服レンタルサービスを利用することにしました。

月額1万円で、トップス2点とボトム1点がレンタルできるサービスです。

ただし、服は自分の好きなものを指定して選ぶことはできず、
あらかじめ好きな洋服のタイプを登録しておき、(↓こんな感じ)
それに近いものを送ってくれます。

送ってくれる・・・ことを期待していたのですが・・・


aircloset


実際に届くのを待つのですが、
気に入らなければすぐに返却してよく、次のを待つ、というサイクル。

最初の1か月は「えっ、なにこれ・・・「お気に入り登録』している服のタイプと全然違うし、いい年の人が着る服じゃないよ・・・」
というのが届き、返却をくりかえし、1か月で4回出し戻しをし・・・

彼からも「20代のファッションひきずってる痛い人みたいだから、もう退会したら・・・?」と言われた始末でしたが、

2か月目でだいぶ改善されてきました。
これが実際に届いたもので、下にいくほど、過去にとどいたもの。

aircloset2


直近2回は、3つのうち2つは「自分では買わないけどアリ」になり、
2週間レンタルして、気温が変わってきたら返すというサイクルに落ち着いてきました。。
彼からも「だんだん寄せてきたね」とコメントをもらい、
いまのところは割と満足です。

これにより、服を買う回数がかなり減ったのと、毎回何が届くか楽しみ、
あと、「ごあいさつ回りが続くからジャケットがほしい」とコメントすると、
ジャケットがちゃんと入っているところなどもとてもよかったです。(ジャケットは高いですからね・・・;)

ただ、百貨店などに行って比べると、品物のトレンド感や素材感には圧倒的な差があるという感じ。
まぁ、そこを抑えるために使っているんでしょうがないんだけど・・・
HPのTOPページに紹介されているような服が届いてる人いるのかな・・・と思います。

もう少し続けてみようと思います!




younko at 08:12|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月20日

加賀屋

加賀屋はかなり大きな旅館で、
今回は母のたっての希望で、ランク高めの「雪月花」を予約しました。

P3190262

いま一つほかの部屋を経験していないのでよくわからなかったのですが、
不足のないとてもいい宿でした。

お部屋は広く(こたつ部屋、お着替え部屋もあった)、眺めもよく、

P3200266

子供料理もただのお子様ランチでなくてちゃんと和風で出てきたし、
寝具もエアウィーブ(←よかった!)、空調もちゃんとして乾燥はなし、
お風呂も快適、マッサージも上手、極楽極楽でした。

P3190260

もちろんご飯もおいしかったです。

母いわく、「今回は前回より客室係のおもてなし感が・・・」と言っていましたが、
娘は宿の一階のおみやげもの屋さんが「ひとつの町みたい」といって気に入っていました。

P3190263

確かに、「青森屋」に通じるエンタメ感がありました。
今度、母を青森屋に連れて行ってあげよう・・・

P3200270

お部屋の窓に、ウミネコがじっと朝ご飯をねらっていたのが面白かったです。

初めての加賀屋でしたが、とてもよかったです。
けど3連休ですごく混んではいたので、客室係の人もけっこうばたついていました。
もっと落ち着いた時期に泊まりたいなぁと母と話していました。

エネルギー補給できた旅でした。




younko at 23:41|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月19日

花嫁のれん

金沢から和倉温泉までは、この「花嫁のれん」という特急に乗りました。

P3190226

外装も素敵ですが、中も豪華。

P3190234

連休の2日目、5人分の席が取れるか、ちょっと不安でしたが、
時間ちょうどにネット予約したらとれて、
全員がなんとか近い席には座ることができました。

P3190233

リゾートトレインは旅気分が盛り上がって楽しいですね。
いい道中となりました。
そうこうしているうちに和倉温泉駅につき、加賀屋に向かいます。

P3200286





younko at 23:26|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月18日

金沢旅行


4月がやたらと忙しく、久しぶりの更新でした。
クジに負け、PTAの広報委員長になってしまったことで、
月2・3のペースで平日の昼間から学校に行ってる気も・・・?

そんななか、会社では部署が異動になり、なんだかバタバタと過ごしています。

3月末に毎年、母と旅行をしているのですが、
今年は金沢に行きました。

P3190199

ばぁばおすすめの宿、和倉温泉の「加賀屋」に泊まることが目的でしたが、
1泊目は金沢のひがし茶屋街にあるお宿へ。

P3180156


もともとお茶屋さんだった建物をお宿にした、「陽月」さんにお世話になりました。

P3180162


水回りなども最新式でしたが、音はけっこう響く。
そして鍵がついてない部屋では、ぐっすり寝ることができない私・・・
宿には3組しか泊まれず、そのうち2組は我が家と私の両親なので、
何も心配することはないんだけど・・・

ただし、朝、外に出てみると、誰もいないひがし茶屋街の街並みを見ることができ、
それはそれで貴重な体験でした。

P3190193

お夕食は、お宿近くにあるお寿司屋さんの「たかしま」でコースをいただき、

P3180178

2度目ながらも満足の金沢でした。
次はいよいよ加賀屋へ!







younko at 23:11|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月16日

娘の習い事

娘が行っている学童ですが、来年は何とか入れることが分かったものの、
定員オーバーで3年生からは入れなくなります。

そのため、放課後を過ごしてもらうための場所の準備として、
先日、英会話を増やしました。習い事はこれで4つ目。

水泳(セントラル)、英語(シェーン)、保育園からやっている造形教室、あとは思考力養成の塾、
これに週1のシッターさんも入れ、なんとか週5は埋まる状態です。
水泳と英語は、一人で行けるし、
おそらく思考力養成塾のほうも、電車には乗るけど来年には一人で行けるようになるはずです。(帰りは私)

娘が一番好きな造形教室が、私が送迎なのですが・・・

17457834_1319012928190337_5712676973099170923_n

開始時間が早く、自転車でないといけないので、
送迎がヘビーなのですが、娘の強い要望で続けています。

やっていることは、絵をかいたり、のこぎりや釘をつかったモノづくり。

D02_7916

あとは、縫い物など。

D03_3344

先日まで、5週ほどかけて猫のクッションをオール手縫いで仕上げており、
親ながら感心するできばえ(先生のご指導がいいのです。)。

他の習い事と違い、人との競争や、プレッシャーがなく、
出来がよかった、悪かったと点数や評価がつけられることもなく、
あくまで自分のペースで作りたいものをつくれる、というのがいいみたい。心の癒し。

17458092_1319012931523670_2141352319339467369_n

いちおう、じょじょをイメージしたクッションとのこと。
旅行で移動が多いから、首枕にしたみたい。

最近始めたシェーンのほうは、あんまりハマらないみたいで、
うーん。。と言っていますが(でもわかる)・・・
料理などしながら英語を話す、というようなアクティビティ型の英会話教室ないかしら・・・






younko at 17:55|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月04日

日光スノーハイク、ほてるとく川

娘と彼が去年に続き、
食い倒れ旅行に出かけたため(去年は大阪、今回は名古屋)、
わたしもまた友達で山登りに行くことにしました。

17458063_1319088848182745_6388831772250536322_n

今回は山登りといってもアクティビティ会社主催のツアーで、
私たちと、その他7・8人と一緒に奥日光に連れて行ってもらいました。

3月でも奥日光はまだ雪がかなり残っており、
ふかふかの雪をスノーシューで歩きました。

17022013_1589436124406396_8142687829778587706_n

雪の滑り台なども滑ったりして、なかなか楽しい感じ。
ランチふくめ、金精の森を2・3時間歩いたあと、
みんなは日帰りのようでしたが、
私達はあらかじめ予約していた旅館へ・・・

thumbnail_20170305_101855

とく川 という日光にほど近い旅館でした。
口コミがよかったので選びましたが、とてもいいお宿でした。

thumbnail_20170304_175618

ここのところ、ずっと仕事が忙しく、イライラ気味でしたが、
運動もして、ゆっくりお風呂に入り、日本酒もたくさんいただき、
友達ともたくさん話し、ひと息つけました。

ここ3年、2つの会社で業務をおこなっていましたが、1つが3月末でいったん出向解除となり、
4月から1つの会社で済むようになりました。

引き継ぎが終わる6月まではそれなりに・・・という感じですが、
これからあと3か月、キリキリせずに乗り切りたいです!



younko at 17:50|PermalinkTrackBack(0)

2017年02月11日

ピッキオ 満月ウォーク

今回この時期に宿泊した理由はもう一つありまして、
ピッキオの満月ナイトウォークに参加することでした。
(毎年、冬の満月の夜に開催されていたのです)

P2110109

しかし今年はツアー設定の予定はないとのことで、
プライベートで案内していただきまいた。
月明かりだけで、雪を踏みながら、夜の野鳥の森の中を案内してもらうアクティビティです。

私はトレッキングが好きで、最近雪山も行くのですが、
夜の森は初めてで、そのシチュエーションだけでわくわく。

8時にスタートしたとき、雲一つない満月で、
月の光で森にくっきりと雪の上に木の影ができ、とてもきれいでした。

娘は最初は「何が楽しいの・・・」というモチベーションで
親のモノ好きに付き合う形で参加していましたが、

ガイドの人が、夏にムササビツアーで案内いただいた方だったことや、
最後に焼きマシュマロ食べれるよ、という情報を得て、
なんとか小1時間、暗い雪道を歩いてくれました。

なかなか写真がうまくとれなかったので、最後のほうの写真ですが・・・

P2110110

森を抜けたところに、浅間山がしっかり見えるところがあり、
そこでガイドさんが起こした焚火を見ながら、
ホットワインをいただきました。(娘はレモネード&焼きマシュマロ)

P2110103

天体望遠鏡で星が生まれるところを見せてもらったり、
月のクレーターをのぞいたりと、充実の内容。

ガイドさんが昼間においてくれた車がそこにあり、
そのまま星のやに帰りました。

ピッキオのツアーはクオリティが高く、いつ利用してもとてもよい印象です。

あたしくできたケラ池スケート場も娘が気に入り、

P2110049

普通のスケート場のように、回る向きの制限がないからか、
自由で変化があり、楽しかったです。

また、ふつうは滑れないと壁にはりつく形となるのですが、ここは椅子で滑ることができます。
椅子の効果か、娘も後半は椅子なしで立てるようになっていました。

P2110063

来年も来たいです!




younko at 17:22|PermalinkTrackBack(0)子供とお出かけ | うきうき旅行

2017年02月10日

星のや軽井沢 庭路地

先月のことですが、軽井沢にスキーに行ってきました。

P2100010

浅間山もくっきり。
軽井沢プリンススキー場は、雪質はいまひとつですが、
コースが長めで初心者コースが多く、
ボーゲンを覚えたての娘には安心のスキー場でした。

P2100019

長野に休暇に来ていた会社の友達も誘い、
女子3人でスキーの後は、星野エリアに向かいします。

P2120119

今回2泊しましたが、1泊目は一緒にスキーに行った友達が泊まっていき、
2泊目は彼が泊まりました。
室料で予約をしていたので、人数が増加しても金額変動がなく、
彼のように行けるかどうか当日までわからない、というケースも安心でした。

今回のお部屋は庭路地の部屋。

P2110073

星のやは2006年に泊まって、2回目。
その後、サービスレベルが落ちたとかいろんな口コミがあり、どうかなと思いながらでしたが
主だった不自由はなく、快適に過ごせました。

P2110077

庭路地の部屋のなかでも、暖炉のあるお部屋で、
薪から火をおこすのもアクティビティチックで楽しかったです。

夕食は、ルームサービスで。

P2100025

ちなみに不自由がない、と書きましたが、ルームサービスの時間だけは厳しかった。。

15時のチェックイン直後に、夕食の電話をしたら、20時まで対応できないと返答があり、
また、夕食後に、翌朝食のルームサービスを依頼したら、もう枠が埋まってしまったとのこと。
次回来ることがあったら、予約のときに頼んでしまおう・・・と思いました。

P2110046

ちょっとしたキッズルームなどもあり、
娘にはもう幼すぎる玩具でしたが、絵本なども充実していて何回か使いました。

あとはおやつタイムにお餅などがふるまわれていたり、

P2110097

お風呂も気持ちよく、楽しい滞在となりました。

P2110095

雪景色も素敵です。

連休ではない、普通の土日だったのですが、
星のや近くの村民食堂やハルニレテラスなどはすごく混んでいて、
夕食も事前の予約がなければ一苦労でした。

P2110043

ちょうど私たちが泊まったタイミングが、中国の旧正月が終わったタイミングで、
スタッフの方が、「先週は本当に忙しくて〜これでも落ち着いたほうなんですよ」とおしゃっていました。

朝食は星のや内のダイニングの嘉介で。
娘はとりわけで十分な量。

P2110040


何より、早めに予約したこともあり、夏よりややお得に泊まれたのが良かったです。
ピッキオも近くなり、何度もスケートを楽しみました。

P2110053

ピッキオと、今回参加したナイトツアーについてはまた別記事で・・・


younko at 23:13|PermalinkTrackBack(0)子供とお出かけ | うきうき旅行

2017年01月16日

磐梯山温泉ホテル

あけましておめでとうございます。

娘の冬休みは、2週間ありましたが、
普段通ってる工作教室と塾の冬期講習に始まり、
年末年始は彼の実家(長野)に2泊、私の実家の福島に2泊と、
ほとんど学童に行かないような状態でした。

さらに福島に行く途中に、
磐梯山にあるスキー場(アルツ磐梯)にも一泊。

アルツ磐梯

雪量が心配されましたが、
ちょうど成人日の連休前に雪が降り、
いいコンディションで滑ることができました。

娘も去年につづき、3回目のスキーながら、なんとかボーゲンで曲がることまではできるように。

アルツ磐梯2

スクールは運よく2時間マンツーマンで教えてもらい、
かなり上達したように思います。

今シーズンはあと1回ぐらい行って、カーブを定着すると
ボーゲンはマスターできるのでは。
アルツ磐梯は丁寧な圧雪で、雪質も上々でした。

今回泊まったのはスキー場目の前の、磐梯山温泉ホテルというところで、

磐梯山温泉ホテル

ここは星野リゾートらしく、子供のフルセットレンタル無料、
宿泊者の大人は板とブーツのレンタルも2500円/4時間と安価、
リフトは回数券を買って、翌朝も娘と滑れたのでかなり安くスキーができた印象です。

バイキングもおいしかったし、プールも温泉もあったので、かなり満喫できました。
ただ立地が・・・。郡山駅から1時間半というのは、
無料送迎バスとはいえ、やはり遠い・・・・・・・・

磐梯山温泉ホテル2

5時起きで新幹線にのり、ホテル着、レンタルして、着替えて、
スキーを滑り出せたのが12時ちょっと前・・・。
すでにその時点で私はかなり疲れていましたが、

娘は送迎バスでしっかり寝たからか、
2時間のレッスンを受けたあと、ひとすべりして、プールにも入って遊んでいたので
体力ついてきたなぁと感心しました。

来年も、福島に帰省するついでにまた泊まりたいホテルです。


なお、去年もおととしも、ホテルや宿にかなり泊まった娘ですが、
そんな娘に、「今までよかった宿泊施設どこ?」と聞いたら、

・リゾナーレ八ヶ岳(焼きマシュマロとかスケートが楽しかった)
ぽっかり雲(こじんまり感と、子供が遊ぶコーナーが楽しい)

だそうでした。お母さんは?と聞かれて、パッとおもいついたのが

・送陽邸(屋久島
・紺碧(伊良部島
・オロナナロッジ(ケニア

だけど、どれも娘と行ってないので、
いっしょに行ったとこでいくと、リゾナーレ八ヶ岳とブレストンコートだなぁ。
子供と行くとなると、星野リゾート強い。


おまけ。長野の実家であそぶ、娘といとこ。

PC312963









younko at 21:27|PermalinkTrackBack(0)うきうき旅行 

2016年12月16日

黒斑山

前シーズン、日光のスノーハイクが予想外に楽しかったことで、
雪登山もいいね、と話し、山友達と長野に行ってきました。

PC1828962

登ったのは、浅間山の隣の黒斑山、という山で、
初心者向けといって余裕かなと思いましたが、

最近登っていなかったこともあり、全然余裕ではなく、・・・

PC182872

最初は「雪きれいー」とかのんきな空気でしたが、
後半は、言葉すくなで、もくもくと登りました。

PC1828781

登って、登って、頂上へ。
2000メートルを超えたあたりで、風も強く、冷たくなっていきます。

PC1829111

浅間山くっきり。

夏もいいんですが、
冬は雪で登るのが大変な一方、
樹木がないので見晴らしもよく、虫もいない、空気もすんでおり、
独特の清潔感があります。もちろん、雪景色もキレイで。

頂上でランチをとり、
ささっと降りて、バスを待つ2時間の間、高峰温泉に入り、ビールで乾杯。

PC1829191

ゴルフをする人が、アフターのビールをおいしく飲むためにゴルフをやる、というのをよくきくのですが、
なんかわかるかも・・・・

足腰がつらかったけど、たのしい雪山でした。



younko at 20:17|PermalinkTrackBack(0)

2016年11月25日

七五三の会食@なだ万

今回の七五三には私の両親と彼の母も来てくれ、
揃うことも珍しいので、
せっかくなのでなだ万の個室を予約しました。

PB202938

新宿のなだ万は、両家顔合わせのときのお店だったので
「なんだか懐かしいわね」、と言い合いました。
ちなみに今回の部屋は前回とは違い、「大島」でした。


PB202951

大人は蟹と秋の味覚コース、
子供は子供用のコース3,500円(お刺身、茶わん蒸し、天ぷら、お鮨、ステーキ、アイス)を
いただきました。

PB202942

なだ万は、接客が安定しているのはあるけど、
なんといっても、ここの懐石コースは堅いものや油ものがなく(お肉や天ぷらがない)、
母達の世代でも食べやすい、安定のおいしさ。
年齢層が高い理由もうなずける・・・

DSC_0836

娘も、「帯でお腹が苦しいよ〜」と言いながら、
私の蟹を横取りしたりと、かなり食べていました。

PB202947

「草履でなく靴に履き替える?」と何度も聞いたのですが、
自宅までずっと着物&草履で過ごしていました。
(洋服も念のため持っていきましたが・・・)

PB202954

デザートまでおいしくいただき、あっという間の2時間。
次は成人式だね、わたしたち、生きてるかなぁー?と母2人が笑いあっていました。

長生きしてもらい、ぜひみんなで祝いたいものです。




younko at 21:51|PermalinkTrackBack(0)

2016年11月23日

七五三@明治神宮

週末は七五三でした。

PB202887

お宮参りや三歳の時と同じ、明治神宮へお参りです。

DSC_0620

天気にめぐまれ、とても暖かい日にお参りすることができました。

PB202909

しかし、とにかく行くごとに観光客が増えている印象の明治神宮。

DSC_0669

お正月でもないのに人だかりでした。

徒歩の人が多いのか、車は北参道から入って駐車できましたし、
七五三の子も思ったより多くなく、ちらほらという感じ。
祈祷自体も、30分待ちぐらいでスムーズに終えることができました。

DSC_0764

本当に7年、あっという間。
健康に大きくなってくれて、ありがとう。





younko at 17:37|PermalinkTrackBack(0)

2016年10月31日

紅葉の軽井沢

夏に泊まったブレストンコートのテラスヴィラの部屋が快適で、
先週、また泊まってしてしまいました。

軽井沢は紅葉まっさかり。

PA302823

今年は全体的に紅葉が遅く、山も色合いも今一つ、というところですが、
赤く色づいたときにきれいな木を計算して植えているのでは、というぐらい
ブレストンコートの庭や、部屋の窓の外も
まさに「錦秋」という表現がぴったりの美しい光景が広がっていました。

PA302815

このホテルは不便とか気がきかないとかコスパが...とかいろいろな口コミも多いけど、
子供連れにはこのエリアの適度なこじんまり感はやっぱりありがたく、私は好き。

PA292758

ほとんど移動せずに自然を満喫でき、子供が楽しめるアクティビティもあり、
温泉もちょっとしたショッピングも楽しめて、散策スペースも多い。
食事のチョイスも自由。雰囲気も洗練されている。

PA302795

ここのところ、ちょっと仕事でモヤモヤすることが多かったので
軽井沢の冷たく透き通った空気を吸って、少し頭がスッキリしました。

PA302785

娘とは落ち葉や、木の実を拾って楽しみました。

秋も深まり、いったん今年は旅行はこれでおしまいです。
また来年、スキーから始める予定です!



younko at 22:44|PermalinkTrackBack(0)子供とお出かけ 

2016年10月22日

秋の千畳敷カール

星空ツアーに行った翌日は、朝から天竜川下りなどを体験したあと、
いよいよ駒ケ岳の千畳敷カールへ。

千畳敷

ロープウェイで2900メートルまでのぼります。
軽装で山登りをせずにここまでの絶景をみられるところはそうそうなく、
山登りにそこまで興味のない彼も少し感動していました。

山の途中まで軽く30分ぐらいのぼり、
振り返ると雲海が広がっていました。

千畳敷3

雲が行ったり来たり。
太陽が山の向こうに沈むと、急に寒くなります。

しかしロープウェイは行きも帰りも2時間待ち・・・・。
ツアーだけどふつうに整理券をもらって待ち、娘も少々疲れ気味。
帰りはロープウェイから寝ていました。

星空ツアーも、千畳敷も、天気によるところが大きいので
どちらか見れればラッキー、ぐらいしか思っていなかっただけに
とてもいい旅行でした。

朝に行った
天竜川の川下りも楽しかったです。

天竜川下り2

水量が多いからスピードが出る、と言われましたが、
終始穏やかな船旅でした。

天竜川下り3

関東からは遠くてなかなか行くことができない場所ですが、
とくに千畳敷はまた季節を変えていきたいなと思いました。







younko at 19:07|PermalinkTrackBack(0)子供とお出かけ