2017年08月20日

アメリカンスクールインジャパン サマーキャンプ2

インターのサマーキャンプ、つづきです。 1はこちら

娘が初日に帰ってきたときの反応は、
「全然楽しくない。。。明日もかぁ、あと2週間なんて気が重すぎるよ、、」と
かなり不評。

アメリカンスクール サマーキャンプ4

インドアでまったり派な娘には想定内の反応でしたが、
どうもアメリカンな元気なノリが合わない様子。

あと、(当然だけど)先生が英語で、何を言っているか分からないのもストレス、
楽しみだった水泳も、足がつかないところでの練習なのでこれまた気に入らない。

とくに前半は、毎日あんまりにも嫌がっているので、
これは途中でリタイアかなぁと思ったぐらい。


アメリカンスクール サマーキャンプ6

ただ、好きなクラフトの授業が3回で完成する作品作りであったことも大きく、
何とかがんばって通っていました。
水泳と日替わりで行われる水遊びは楽しい様子。

娘から見ると、クラスでノッてないのは自分とあと1人いるかどうかで、
9割ぐらいの子供はものすごく楽しそうだ、と。
(しかし最終日に参観したところ、そんなにノリが違うかというとそうも見えなかったけど・・・)

アメリカンスクール サマーキャンプ13

それでもあと2日で終わり、というあたりで
もしかしたら終わりが見えたから気がラクになったというのもあると思いますが
愚痴が減ってきて・・・

アメリカンスクール サマーキャンプ15

最終日には、何が変わったのか「来年も行く」となっていました。
えっ。

最終日に特別な何かがあったようにも見えなかったのですが、
ここにきて、深いプールも慣れて、クラスメイトにも慣れ、
なんとなく何を言っているか分かってきたようでした。

アメリカンスクール サマーキャンプ14


ちなみに、6割くらいは兄弟か友達同士で来ている子で、
4割くらいは一人の子。
娘は1人でいることをあまりなんとも思わない、と言っており、
友達作りも受け身な子ですが、最終的には数人のお友達ができていました。


アメリカンスクール サマーキャンプ16

また、気になる安全面ですが、事前ガイダンス時に、
これまで30年あまり、延べ1万人のサマーキャンプを通して一度も重大な怪我などがない、
と説明がありました。
確かにクラスにはそれぞれの教科の先生以外に、
そのクラス2人の18・19歳のメンターが常時いて、彼らがよく見ていた印象でした。

アメリカンスクール サマーキャンプ17

それから、全部のカリキュラムが終わった後に、娘と、
アメリカと日本の学校との違い、文化について話したのも有意義でした。

自由、自己責任、服装含め先生が細かいところを怒らないのもいいね、
ご飯も食べやすいし。という娘にとって良かった話から

その反面、

ウェーイなノリが無理なのと、ちょっとレベル高めなところからスタートする感じとか、
あと、目立ったもの勝ちのところは、嫌だったかなー。でもそういう文化なんだよね、
といった話をしました。

本当に来年行くかはまた申込みのタイミングで本人に確認してみますが、
とても成長を感じられたし、親としてはすごく満足度が高かったです。

まぁあとは目的外でしたが、
運動で体を動かしてもらったのが、実は良かったかなと。

アメリカンスクール サマーキャンプ18

娘はインドアだと書きましたが、
家でも学童でも、気がつくと寝そべって本かマンガを読んでおり、
(学校のプールも虫が浮かんでいるから嫌だといって渋っている)
それで夏休みをずっと過ごしかねないのです・・・

なので毎日強制的にヘトヘトの様子でしたが、体を動かして、
よく食べてぐっすり寝る、という基本的なことができて良かったように思います。



younko at 10:07|Permalink

2017年08月19日

アメリカンスクールインジャパン サマーキャンプ1

今年の夏休みのうち2週間、
娘は調布のアメリカンスクールのサマーキャンプに参加してきました。

参加者は小学生から中学生まで、数百人、
学年と英語習得レベルに合わせて15-20人ぐらいで1クラスになっており、
基本はクラス単位で動いていました。大規模なキャンプです。

アメリカンスクール サマーキャンプ1

毎日8:40に三鷹からバスに乗り、16:30頃にバスで帰ってくること2週間。

thumbnail_20170818_084522

1日のスケジュールは

午前中:英語の授業1時間、アクティビティ1時間

ランチ(給食)、
昼休み:クラス対抗ゲーム

午後:英語1時間、アイスを食べて、水泳(か水遊び)1時間、アクティビティ1時間

という流れ。

基本的にはすべて英語でレクチャーですが、
参加者は9割日本人のため、お友達の会話は日本語だし、
英語の習得目的だとちょっと弱いかもしれないというのは分かって申込みました。
参加の目的はあくまで、異文化に触れて見識を広める、
知らない人しかいないところに一人で放り込まれたときに何とかする力をつける、というところです。


アメリカンスクール サマーキャンプ7



■英語の授業

娘のクラスは超ビギナークラスだったからか、
数字、色や形の名前、月・日・曜日、体の部位の名称などが中心。

アメリカンスクール サマーキャンプ2

座学ではなく、ゲームやボール投げなどを使って、楽しく覚えていきます。
最終日は親が見学に来られるのですが、
簡単な自己紹介ができるぐらいまでにはなっていました。


■ランチ
クラスみんなでカフェテリアで昼食。

アメリカンスクール サマーキャンプ5

ハンバーガーやホットドック、フライドフィッシュやチキン、ドリアなど食事もアメリカ文化で、
食べたくないものは残しても全然OK。
娘いわく、毎日ジュースが出るし、
学校の給食よりも食べやすくて、ランチの時間が一番楽しみだったとのこと。


■スイミング
スイミングはレベル別に1〜6段階に分かれ、
背泳ぎとクロールがある程度できる娘はレベル3でした。

アメリカンスクール サマーキャンプ9

しかし、深さが1.2-1.5メールあり、
娘は「足がつかず怖いー」と言っていましたが、後半は慣れっこになってました。
レベル6にいたっては、深さ3.6メートル。

アメリカンスクール サマーキャンプ8

6級と5級は高学年生中心でしたが、
深さ3mのプールで水球をやったり、飛び込みをしたりしていました。すごい。。

指導していたのは、水泳選手なのかな・・・屈強な青年達が子供たちに教えてくれました(英語)。
半分遊びでしたが、1日おきにプールで泳いでいたからか、
クロールは息つぎもできて、だいぶ上達していました。



■アクティビティ
アクティビティは日替わりですが、大きくは「スポーツ」「アート」に分かれている感じでした。
スポーツは、体育館中心でドッジボール、サッカーのようなもの、体を使ったゲーム

アメリカンスクール サマーキャンプ11

アートは、ipadで絵をかいたり、タイルを使ってコースター、布を縫ってミニクッション、音楽ではウクレレなど。

アメリカンスクール サマーキャンプ3

クラフト好きな娘は、アートの時間が結構楽しかったようでした。



後半に続く。。

後半はこちら
全体的な雰囲気、娘の様子などを投稿します。






younko at 14:23|Permalink

2017年07月29日

娘の夏休み、軽井沢プリンス イースト

さて、7月末にはふと思い立って、軽井沢に行ってきました。
滞在先は、リニューアルした軽井沢プリンスのイーストです。

今回、天気が今一つだったこともあり、
またもプリンスホテルの「ネイチャーキッズ森の家」にてボルダリング。

P7301096

最近、娘のボルダリング熱がそこそこあるので、
都内のジムにでも連れて行こうかな・・

娘の夏休みは、今年は以下のような感じ。


全部で約6週間あるとして・・・

2週:普段通っている論理的思考塾の夏期講習
2週:インターナショナルスクールのサマースクール
1週:家族旅行や帰省。
1週:学童

ここに軽井沢行ったり、近所のお祭り、造形教室の1日ワーク、TV収録見学、
といったちょっとしたお出かけが入ってきます。

夏は体力が消耗するので、体調を崩さないように毎日10時間は睡眠をとったり、
1週間に1回は何もない日をつくったりしつつ、
忙しいながらも今のところパワフルに動き回っています。


軽井沢は、私の仕事がひとつ区切りとなったので、
家族3人でリフレッシュ目的で行ってきました。

20170729_153730

古いわりに、夏の週末はものすごく高い・・・、というイメージの軽井沢プリンスでしたが、
イーストがリニューアルし、スモールラグジュアリーホテルズに加盟したということで予約してみました。

駅から近く、娘が好きなネイチャーキッズ森の家も至近、
アウトレットもすぐに行ける場所あり、温浴施設のフォレストスパも快適で、
彼も娘もすっかり気に入ってしまいました。
確かに、星野エリアもいいけど、スキーにはこっちが便利かも・・・

P7301073

アジア系のお客さんも多いかなと思いきや、
ウエストに泊まっているのか、朝食会場でもほとんど見かけませんでした。

朝食はうれしいことにバイキングではなく、サーブ型。
お豆や野菜がたっぷりでした。

P7301079

イーストから一歩出ると、ヴィラタイプの部屋もちらほら・・・

ザ・プリンスヴィラ

今回は天気が悪くサイクリングできなかったけど、
こんどは娘と自転車でのんびりまわりたいな。




younko at 22:01|Permalink

2017年07月23日

富良野


帯広の三部牧場を後にし、バスで富良野へ。


P7221025

マイカーではないので、バスを待つ時間などもあり、
富良野に着いたのはお昼すぎ。
そこから富田ファーム、というラベンダーやお花がきれいな農園に。

P7221029

富良野っぽい風景にまったり。
やっと大自然から逃れ、こわばっていた娘の表情も晴れやかに。
ラベンダーはちょうど見頃、アロマな香りに癒されました。

もっと富良野でサイクリングしたりしたかったんですが、
そうこうしているうちに夕方に。
ノロッコ列車というオープンエアな電車にのり、ホテルに向かいます。

P7221034

ホテルは新富良野プリンスにしました。
温泉もあるし、ちょっとした遊ぶところもあるホテルです。

P7231055

お部屋からの眺めもまずまず。
ホテルの近くに「ニングルテラス」という、かわいい雑貨屋さんが集まったエリアがあり、

P7221038

工作教室に行っていることもあり、娘はこういった手作りっぽい木工品や工作物が好き。
飽きずどの店も眺めていました。
「ニングル」というのは、妖精のことらしいです。

P7221041

軽井沢のハルニレテラスに似てますが、
こっちのほうがお店が多いし、お店の人も職人!という感じ。

翌朝は朝食のあと、ホテル近くのアスレチックでスッキリ遊んで、

P7231061

小さなアスレチックなんですが、はまってました。

P7231067

風もさわやかで気持ちがいい旅でした。

今回移動の時間が多く、
富良野はちょっと消化不良だったので、富良野メインで、また来たいです!






younko at 16:34|Permalink

2017年07月22日

北海道 三部牧場

夏休みに入ったその日に、娘と帯広に飛び、
牧場に行ってきました。
彼は仕事のため来られず、路線バスの旅です。

P7210907

帯広に三部牧場というところに、ツリーハウスがあるのですが、
ここが1日1組限定で泊まることができるんです。
(ツリーハウスじたいも1つしかないため、2年前に予約した)

すっかり都会っ娘となっている娘は「気乗りしないわー」と
言いながら、わたしの趣味に付き合って泊まってくれました。

P7210915

ツリーハウスの周りには手作りのブランコやターザンロープなどがあり、

やぎ、ぶた、鶏などの動物もいるのですが、

P7210925


なぜか猫もたくさん。

P7210928

ツリーハウスのテラスにあるハンモック。
一見楽しんでいるように見える娘ですが・・・

P7210969

ツリーハウスにはいったら、大きなハチがいて(牧場のお母さんが駆除)、
外のトイレに入ったら、これも大きなクモの死骸がぶらさがっており、

娘、大自然にどんびき。

「そりゃーいるよ〜。田舎だもん」とわたしが言っても
「ほんとやだ、無理」と言って、牧場見学も、薪割りでの野外お風呂もキャンセル(涙

夕食はピザで、ツリーハウスの足元にある石窯を2時間前にセットしてもらい・・・

P7210976

もくもく。

P7210977


いい具合になったころをみはからって、ピザづくり。

P7210978


2人で2枚は多かったけど、おいしかったです。

ツリーハウスの中は意外に広く、キッチン完備。電気もとおっています。

P7210937


娘をすごいな、と思うのは、この状況でも黙々と宿題をやっていたところ。旅慣れていますね・・・
すごいのか・・・? 大自然を楽しもうよ! という突っ込みはありつつ・・・

7月中に終わらせる、と自分で言って、
親がこのように勝手に旅行を入れてもマイペースで進めています。

外の牧場で、はしゃごうよと私が言っても、潔癖症の娘はのってきません。。さびしい。。

ツリーハウスはロフトになっていて、2階に布団をしいて休みました。
この日は風がなくて、ちょっと暑かったけど・・・。
あと、トイレは外で夜真っ暗なので、私は朝4時までトイレは我慢しました。さすがに怖い。

朝が来て、手作りの朝食が運ばれてきました。

P7220999

はちみつも牛乳もベーコンも全部自家製!
とってもおいしくいただき、最寄のバス停まで送ってもらって、富良野へ旅立ちます。

1泊だけでしたが、とても貴重な体験でした。
何より、念願かなって2年待って泊まれてうれしかったです。
娘がもう少し小さいときなら、もっと喜んだかもなぁ





younko at 14:36|Permalink

2017年07月17日

空飛ぶペンギン

近所のため、よく行っているサンシャイン水族館ですが、
先日リニューアルしたので7月の3連休に行ってきました。

P7170826

開場45分前に行き、入場するころにはゲート前は長蛇の列となっていましたが、
リニューアルの目玉である空飛ぶペンギンを一番に見ることができました。

P7170814

ほんとに飛んでるみたい。

P7170832

涼しいひとときです。

P7170823

待望の夏休みがきて、宿題も早々に終わらせ、最近の娘は終始ご機嫌です。
私はなんとか時間のやりくりをしつつ、
習い事やら夏期講習の送り迎えをしています。



younko at 22:36|Permalink

2017年07月15日

紺碧 ザ・ヴィラオールスイート  宮古島

毎年この時期に「子育て休み」をもらっているのですが、
去年に引き続き、また宮古島に行ってきました。

P7010738

宮古島から橋を渡って伊良部島へ。
今回のお宿も紺碧ザ・ヴィラオールスイートです。

P7010694

去年ここに滞在して、お料理もスタッフの方も、お部屋も本当によかったので、
友達とまた紺碧にしよう!ということになり、1年越しのリピート。

紺碧2

今回もとってもいい天気!
ツアーなどは申し込まず、伊良部島内のビーチでシュノーケリングをしたり、
部屋のテラスでワインを飲みながら読書をしたりと、のんびり過ごしました。

P7010700

去年はなかったのですが、
ホテルでシュノーケリングセットやアクアシューズ、
水中スクーターの貸し出しを始めたようなので、利用させていただきました。
中の島ビーチには魚がいっぱい。

P7010755

伊良部島はどこもかしこも、青い、まぶしい、という感じ。

ホテルは今回も夕食がおいしかったですが、
朝食も前回から変わり、レベルアップしたように思いました。

朝食

紺碧 ザ・ヴィラオールスイート の敷地には海に降りていけるところがなく、
友達ともそこだけが残念だ、と話していたのですが、
今回スタッフの方から、ホテルから歩いてすぐのところにある小さなビーチを教えてもらいました。

P7020786

茂みを抜けると青い海。

ここのビーチは、手つかずで、流れ着いた貝やガラスの破片なども砂に埋まっていたため、
泳いだりするには向かないんだろうけど、朝夕の散歩にはちょうどいい感じ。

P7020781

今回は島のフルーツなどもいただき、(ルームサービスで)

P7010773

満喫した旅でした。ちょっと贅沢な宿ですが、
「あー働いていてよかった、またここに来られるように頑張ろう!!」と思えます。



younko at 14:28|Permalink

2017年07月09日

結婚式@戸隠神社

彼の妹が、先日戸隠神社で結婚式を挙げました。

戸隠神社

当日はさわやかな晴天。

戸隠神社2

神前式は初めて出席したのですが、とてもよかったです。
戸隠神社の拝殿もオープンなので、背景に緑が揺れ、風が流れ、明るかったです。

娘も久しぶりに従姉妹と会え、終始ご機嫌。
(娘のドレスはここでレンタル)

アマンダンスカイ3

披露宴会場は、アマンダンスカイというゲストハウスで。

アマンダンスカイ5

会場ももちろん素敵でしたが、義妹とその旦那さんの幸せそうな顔、
5年前お義父さんが亡くなったこととか、いろいろなことが思い出され・・・

アマンダンスカイ2

途中からもう涙が止まらなくなってしまった、私と義母・・・。

アマンダンスカイ4

それにしても、兄は結婚する気配がないし、
結婚式に出る機会ももうしばらくないだろうなぁ・・・

妹ちゃん、おめでとう! 末永くお幸せに〜。


備忘:今回娘が、試着したけど選ばなかったドレス

ドレス

刺繍が凝ってて、これも素敵だった。子供のドレスってかわいい。


younko at 17:32|Permalink

2017年06月18日

田んぼの除草とさくらんぼ狩り

先日の土曜日、家族3人で田んぼの除草とさくらんぼ狩りに行きました。

一昨年参加したある企業の社会貢献事業の田んぼ体験ツアーにまた参加することになり、
今回は農作業にさくらんぼ狩りがついていました。

P6170681

朝早く新宿を出発し、山梨の「小野洋蘭果樹園」に到着。
たわわに実った高砂や佐藤錦を口いっぱいいただきました。

去年のさくらんぼ狩りもよかったけど、今年のも味が濃くておいしかったです。

さくらんぼ狩りのあとは、前回と同じ、田んぼ近くの五郎舎という民宿でランチ。

P6170708

ここは素朴な田舎料理がおいしいところです。今日はカレー。
私も彼も、前回ここに来て野菜のおいしさと実家感がすっかりお気に入りに。

P6170710

田んぼ作業用の服に着替え、縁側でおしゃれにくつろぐ娘・・・
素でやっているのですが、娘のこういうところが好きです。

午後は田んぼに移動し・・・

P6170723

除草作業です。

前回は、泥や虫を嫌がって田んぼにほとんど入れなかったので、
今回もまぁ田んぼは無理かな、と思っていたのですが・・・


昔ながらの田ころがしや

_L2A2023

手での除草をし、意外にもかなりご機嫌で娘は作業をしていました。

P6170715

「今回は楽しかった」とのこと。

私も田んぼの冷たい感じや土に癒されました。
帰りはお決まりの温泉と、バスではビールが供され、いたれりつくせりで帰りました。

田んぼと除草までやったので、次は稲刈りかなぁ





younko at 17:11|Permalink

2017年06月04日

サマースクール

今日は娘が夏休みに通う予定の、
サマースクールのオリエンテーションでした。

去年の夏、けっこう小学生の夏休みっていろいろできるなぁ
(普段できない何かをするためのまとまった時間がある)と気づき、
今年は!ということで申し込んでみました。

asij

1日6時間のカリキュラムを2週間、すべて英語で受講します。
ただ、授業といっても、算数や理科を学ぶのではなく
英語レッスン2時間、スイミング、クラフト、音楽、体育などです。

asij2

娘は英語はシェーンに通っているものの、レベルは挨拶程度ですが、
今回選んだ学校は、(サマースクールに限っては)帰国子女はもちろん、
全くの英語ビギナーでもレべル分けされて問題なく生活を送れるらしく、そこが決め手でした。

あと敷地も広く、

asij3

緑多い環境なのもよさそう。

娘は「えー、本気でここに通わせるつもり・・・?」みたいな反応で、
そこまで乗り気でもない様子でしたが、
オリエンテーションも日本語だったことで少し安心したようでした。

asij4

高校生まで通うため施設は広大で、大学みたいだなと思いました。

我が家が娘を通わせる目的は英語の習得というよりは、
異なる文化への慣れ、こういう学校や、学びがあるんだな、という見識を広めたり
全く知らない人に囲まれても、自分でなんとかする力をつける、
プチ留学体験みたいなところです。

あとは日々の通学をどうやりくりするか・・・まだちょっと悩みの種ではありますが、
私も楽しんで伴走したいと思います。



younko at 21:51|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月06日

ベラビスタ尾道

しまなみ海道の最後の宿泊先は、
「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」にしました。

以前からこちらのレストランにバスク出身のシェフがいて、
炭火焼料理がいただけるということを知ってから、
ずっと泊まりたかったホテルです。

P5060496


尾道から合流の友達とおちあい、
自転車旅でへとへとな娘をひきずって
送迎の車に乗り、ホテルへ。

P5050429

ベラビスタは船の会社がつくったホテルのようで、
ホテル全体が大きな客船のような雰囲気のデザインでした。

P5060470

デッキにはプールやソファーなどがあり、

P5060469


娘と瀬戸内海をのぞむ露天、
友達と岩盤浴に入ったり、スパ施設も充実でした。

P5060458

部屋で少しまったりしてから(部屋はテラスラグジュアリーを選択)、

P5050421

夜はいよいよお待ちかねのレストラン「エレテギア」へ。

P5050445

娘のご飯は別注でおねがいしました。こちらはよくある感じのキッズプレート。

P5050439

大人はバスク料理。
涙豆のスープや

P5050435

メイン(私達はあっさりした鹿を選択)は炭火焼き、
お肉が出るまでは、女の人向けの量だな、と思っていましたが、
この量を2人いただくと、ボリュームいっぱい。

P5050444

ワインもおいしかったです。

翌朝は和食を選択。
和食は、おばんざいのバイキングと、好きな魚を好きな調理法でいただけました。
私はアナゴの白焼き、友人は鯛の塩焼きにしていました。

P5060466

朝から泡も飲み放題で、ほんのりいい気分・・・
野菜もたくさんでおいしい朝食でした。

1泊ながらホテルを満喫できました。今回へとへとで到着したので、
そこまでスパを利用できませんでしたが、浅いプールなどもあり、夏は子供もよさそう。

P5060486

どこか似てるといわれると、二期倶楽部っぽい感じ。
二期倶楽部はアーティスティック・自然を全面に出してますが、
レストランの料理の味もしっかりしてるし、
こっちのほうが男の人受けするホテルかも。

今度は彼もつれてきたいです!そして、尾道の町をゆっくり歩きたいな。
楽しいしまなみ海道旅行でした。



younko at 16:14|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月05日

しまなみ海道3日目。娘、完走


3日目は、大三島から尾道までいく、しまなみ海道の後半の道のりです。

  2日目はこちら・・・

この日も暑くなる予報だったので、
なるべく早く出発したかったのですが、朝食が8時からということで・・・
ただ、9時前には出立することができました。

大三島から尾道は、40キロぐらいあり、
前日よりも長い距離ではあったのですが、アップダウンがそれほどでもなかったため、
わりと楽しく進めたと思います。

大三島の次は生口島。レモンの名産です。

P5050406

しまなみ海道は、島々の特色があり、それも楽しみの一つです。

生口島では、レモンジェラートがおいしいお店などもあり
暑いサイクリングの途中で癒されながら、
どんどん進んでいきます。

P5050410

橋もよく見ると、形も長さも、アプローチもそれぞれ違い、

P5050413

とても眺めもよく、楽しんで走ることができました。
小学生低学年は娘以外でもたまに見かけることがあり、
たくましく走り去っていきます。

娘はだいたい時速5〜7キロぐらいで走るので、
まぁまぁのんびり。

P5050417

ただし、3日目はタイムリミットがあり、
尾道で泊まる予定のホテルの送迎を15時半に予約しているのでした。
そのため、最後の向島の市街地では全力疾走。

向島にはちょっと雰囲気のいいカフェ(立花食堂)などもあり
時間があればと思っていましたが、そんな余裕もなく。

なんとか約束の時間を1時間おして、16:30には尾道に到着することができました。

まさかの完走・・・。。

P5060500

9時に出発していますから、休憩入れても5時間は走りっぱなし。
娘も弱音を吐かず、最後はかなりがんばったと思います。

最後は完走の余韻もそこそこに、
疲れをいやすためのホテルに向かいます。
常石港を見下ろす高台でした。

P5060498

これでしまなみ海道サイクリングは終わり。

その日の宿泊先、ベラビスタ尾道へ





younko at 19:57|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月04日

しまなみ海道2日目。富士見園


2日目の朝、いよいよ本格的なサイクリング開始。

  1日目はこちら

P5040380

サンライズ糸山のレストランで朝食をいただき、

P5040370

9時すぎくらいに出発します。

サンライズ糸山はレンタサイクルターミナルでもあるのですが、
出かける時間には100人以上が自転車を借りるために並んでおり・・・・
(下の写真の背景に並んでいるのがそれ)、
子供自転車は台数も少ないし、昨日のうちに借りておいてよかったなぁと思いました。

P5040374

この日は、島を2つ超えて、3つ目の島の大三島まで行く予定です。
30キロほどの道のりですが、
きついアップダウンが多く、2日間のなかでこの前半がとても苦しかったです。

最初の島である大島の坂が長く、大変で、娘も私も自転車を降りて進みました。
歩いていくので、それもあり、想定時間の倍以上かかりました。


P5040376


ときおり、橋から下を見ると、美しい海岸が見え、
心が癒されます。

とはいえ癒されているのは私だけ。
気温も29〜30度と暑いので、午前中にどれだけ進めるかが重要で、
そこまで写真もとらずに黙々と漕ぎます。

娘のモチベーションを保つために、「次にここまで言ったらアイス食べよう」とか
「あとXX分で道の駅につくから、ひと休みして冷たいものでも飲もう」とか
そんな感じでこなしていきました。

伯方島では塩アイスや、塩ラーメンなどで、気分をかえつつ・・・

P5040390

9時半にサンライズ糸山を出て、16時すぎに、大三島に到着。
途中、日が暮れるまでにつくかな・・・と心配しつつも、
この日の宿である「富士見園」という民宿にたどり着くことができました。

富士見園は新鮮な魚介が自慢のお宿で、
一人前でも下のようなお刺身がどどん、アワビ、エビ、魚の煮つけなど、
おいしい料理をいただけました。

P5040402

運動した後なので、もちろんすべてペロリと完食。

翌日に備え、娘と早々に寝ました。

しまなみ海道 3日目へ・・・








younko at 19:30|PermalinkTrackBack(0)

2017年05月03日

しまなみ海道 サンライズ糸山


今年のGWは、愛媛と広島を結ぶ、しまなみ海道を自転車で渡りました。

P5030342

ホントは家族3人で行く予定が、彼がまさかの仕事でこられなくなり、
娘と2人の自転車旅行となりました。

しまなみ海道は瀬戸内海横断のため、全長で70キロありますが、
小学生低学年が走破している情報があまりネットになく・・・

1日で完走は厳しいかな?とおもい、途中の大三島という中間地点で宿を予約しました。

guide
しまなみガイドから画像拝借http://www.go-shimanami.jp/guide/


また、レンタサイクルの乗り捨て返却地点はいくつかあるので、
娘が途中ギブアップしたら返してバスで広島まで行けばいいし、
天候もどうなるかわからないしね、という気軽な気持ちでした。


初日----

5月3日、GW初日に今治に到着。
初日は足慣らしも兼ねて、
今治から、しまなみ海道の起点となるサンライズ糸山 というサイクリングターミナルも兼ねたホテルまで
6-7キロぐらい?を走行しました。

GWはレンタサイクルを事前予約できず、借りられるかドキドキでしたが、
今治駅にお昼ぐらいに着いて、
臨時レンタサイクルターミナルに着いたころには子供の自転車1台を残してすべてレンタルされていましたが、
1時間ぐらい待っていたらすこしづつ返却されてきて、私の自転車も借りられました。

P5030338

そこから娘と来島海峡大橋の手前に位置するサンライズ糸山までサイクル。

6キロだし、まぁ1時間ぐらいで着くかな〜と思いきや、
娘が予想以上にゆったり走り、2.5時間ぐらいかかりました・・・

2キロすぎたあたりから「長いー。つかれたー」と途中から娘ブーブー。
たかだか6キロでこんなこと言ってたら、明日からいけるのか?と
不安を残しつつ、サンライズ糸山には到着・・・

P5030346


サンライズ糸山は宿泊料金2人で5000円(つまり1人2・3千円!)
食事入れると親子で1万円ぐらい、という安さながら、
施設も十分で、とても眺めも良い宿泊施設でした。
津々浦々旅行していると、お宿って、値段じゃないんだよねーとしみじみ思う。

施設内の「風のレストラン」でいただくご飯も、
おしゃれなダッチオーブンで提供され、とてもおいしい!

P5030355

魚介のほうろく焼き。

娘と「おいしいねー」「瀬戸内海きれいだねー」と言いながらキャッキャと食べてすぐに就寝。
わたしは持ってきた本を読みながら、まったりして寝ました。



2日めへ続く



younko at 18:58|PermalinkTrackBack(0)

2017年04月30日

エアクローゼット

衣替えのタイミングで、ごみ袋5つ分のクローゼットの断舎利をし、

今年の春物をを3点ぐらい買い足したい、
けどそれよりは・・・という気持ちで、
エアクローゼット」という洋服レンタルサービスを利用することにしました。

月額1万円で、トップス2点とボトム1点がレンタルできるサービスです。

ただし、服は自分の好きなものを指定して選ぶことはできず、
あらかじめ好きな洋服のタイプを登録しておき、(↓こんな感じ)
それに近いものを送ってくれます。

送ってくれる・・・ことを期待していたのですが・・・


aircloset


実際に届くのを待つのですが、
気に入らなければすぐに返却してよく、次のを待つ、というサイクル。

最初の1か月は「えっ、なにこれ・・・「お気に入り登録』している服のタイプと全然違うし、いい年の人が着る服じゃないよ・・・」
というのが届き、返却をくりかえし、1か月で4回出し戻しをし・・・

彼からも「20代のファッションひきずってる痛い人みたいだから、もう退会したら・・・?」と言われた始末でしたが、

2か月目でだいぶ改善されてきました。
これが実際に届いたもので、下にいくほど、過去にとどいたもの。

aircloset2


直近2回は、3つのうち2つは「自分では買わないけどアリ」になり、
2週間レンタルして、気温が変わってきたら返すというサイクルに落ち着いてきました。。
彼からも「だんだん寄せてきたね」とコメントをもらい、
いまのところは割と満足です。

これにより、服を買う回数がかなり減ったのと、毎回何が届くか楽しみ、
あと、「ごあいさつ回りが続くからジャケットがほしい」とコメントすると、
ジャケットがちゃんと入っているところなどもとてもよかったです。(ジャケットは高いですからね・・・;)

ただ、百貨店などに行って比べると、品物のトレンド感や素材感には圧倒的な差があるという感じ。
まぁ、そこを抑えるために使っているんでしょうがないんだけど・・・
HPのTOPページに紹介されているような服が届いてる人いるのかな・・・と思います。

もう少し続けてみようと思います!




younko at 08:12|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月20日

加賀屋

加賀屋はかなり大きな旅館で、
今回は母のたっての希望で、ランク高めの「雪月花」を予約しました。

P3190262

いま一つほかの部屋を経験していないのでよくわからなかったのですが、
不足のないとてもいい宿でした。

お部屋は広く(こたつ部屋、お着替え部屋もあった)、眺めもよく、

P3200266

子供料理もただのお子様ランチでなくてちゃんと和風で出てきたし、
寝具もエアウィーブ(←よかった!)、空調もちゃんとして乾燥はなし、
お風呂も快適、マッサージも上手、極楽極楽でした。

P3190260

もちろんご飯もおいしかったです。

母いわく、「今回は前回より客室係のおもてなし感が・・・」と言っていましたが、
娘は宿の一階のおみやげもの屋さんが「ひとつの町みたい」といって気に入っていました。

P3190263

確かに、「青森屋」に通じるエンタメ感がありました。
今度、母を青森屋に連れて行ってあげよう・・・

P3200270

お部屋の窓に、ウミネコがじっと朝ご飯をねらっていたのが面白かったです。

初めての加賀屋でしたが、とてもよかったです。
けど3連休ですごく混んではいたので、客室係の人もけっこうばたついていました。
もっと落ち着いた時期に泊まりたいなぁと母と話していました。

エネルギー補給できた旅でした。




younko at 23:41|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月19日

花嫁のれん

金沢から和倉温泉までは、この「花嫁のれん」という特急に乗りました。

P3190226

外装も素敵ですが、中も豪華。

P3190234

連休の2日目、5人分の席が取れるか、ちょっと不安でしたが、
時間ちょうどにネット予約したらとれて、
全員がなんとか近い席には座ることができました。

P3190233

リゾートトレインは旅気分が盛り上がって楽しいですね。
いい道中となりました。
そうこうしているうちに和倉温泉駅につき、加賀屋に向かいます。

P3200286





younko at 23:26|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月18日

金沢旅行


4月がやたらと忙しく、久しぶりの更新でした。
クジに負け、PTAの広報委員長になってしまったことで、
月2・3のペースで平日の昼間から学校に行ってる気も・・・?

そんななか、会社では部署が異動になり、なんだかバタバタと過ごしています。

3月末に毎年、母と旅行をしているのですが、
今年は金沢に行きました。

P3190199

ばぁばおすすめの宿、和倉温泉の「加賀屋」に泊まることが目的でしたが、
1泊目は金沢のひがし茶屋街にあるお宿へ。

P3180156


もともとお茶屋さんだった建物をお宿にした、「陽月」さんにお世話になりました。

P3180162


水回りなども最新式でしたが、音はけっこう響く。
そして鍵がついてない部屋では、ぐっすり寝ることができない私・・・
宿には3組しか泊まれず、そのうち2組は我が家と私の両親なので、
何も心配することはないんだけど・・・

ただし、朝、外に出てみると、誰もいないひがし茶屋街の街並みを見ることができ、
それはそれで貴重な体験でした。

P3190193

お夕食は、お宿近くにあるお寿司屋さんの「たかしま」でコースをいただき、

P3180178

2度目ながらも満足の金沢でした。
次はいよいよ加賀屋へ!







younko at 23:11|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月16日

娘の習い事

娘が行っている学童ですが、来年は何とか入れることが分かったものの、
定員オーバーで3年生からは入れなくなります。

そのため、放課後を過ごしてもらうための場所の準備として、
先日、英会話を増やしました。習い事はこれで4つ目。

水泳(セントラル)、英語(シェーン)、保育園からやっている造形教室、あとは思考力養成の塾、
これに週1のシッターさんも入れ、なんとか週5は埋まる状態です。
水泳と英語は、一人で行けるし、
おそらく思考力養成塾のほうも、電車には乗るけど来年には一人で行けるようになるはずです。(帰りは私)

娘が一番好きな造形教室が、私が送迎なのですが・・・

17457834_1319012928190337_5712676973099170923_n

開始時間が早く、自転車でないといけないので、
送迎がヘビーなのですが、娘の強い要望で続けています。

やっていることは、絵をかいたり、のこぎりや釘をつかったモノづくり。

D02_7916

あとは、縫い物など。

D03_3344

先日まで、5週ほどかけて猫のクッションをオール手縫いで仕上げており、
親ながら感心するできばえ(先生のご指導がいいのです。)。

他の習い事と違い、人との競争や、プレッシャーがなく、
出来がよかった、悪かったと点数や評価がつけられることもなく、
あくまで自分のペースで作りたいものをつくれる、というのがいいみたい。心の癒し。

17458092_1319012931523670_2141352319339467369_n

いちおう、じょじょをイメージしたクッションとのこと。
旅行で移動が多いから、首枕にしたみたい。

最近始めたシェーンのほうは、あんまりハマらないみたいで、
うーん。。と言っていますが(でもわかる)・・・
料理などしながら英語を話す、というようなアクティビティ型の英会話教室ないかしら・・・






younko at 17:55|PermalinkTrackBack(0)

2017年03月04日

日光スノーハイク、ほてるとく川

娘と彼が去年に続き、
食い倒れ旅行に出かけたため(去年は大阪、今回は名古屋)、
わたしもまた友達で山登りに行くことにしました。

17458063_1319088848182745_6388831772250536322_n

今回は山登りといってもアクティビティ会社主催のツアーで、
私たちと、その他7・8人と一緒に奥日光に連れて行ってもらいました。

3月でも奥日光はまだ雪がかなり残っており、
ふかふかの雪をスノーシューで歩きました。

17022013_1589436124406396_8142687829778587706_n

雪の滑り台なども滑ったりして、なかなか楽しい感じ。
ランチふくめ、金精の森を2・3時間歩いたあと、
みんなは日帰りのようでしたが、
私達はあらかじめ予約していた旅館へ・・・

thumbnail_20170305_101855

とく川 という日光にほど近い旅館でした。
口コミがよかったので選びましたが、とてもいいお宿でした。

thumbnail_20170304_175618

ここのところ、ずっと仕事が忙しく、イライラ気味でしたが、
運動もして、ゆっくりお風呂に入り、日本酒もたくさんいただき、
友達ともたくさん話し、ひと息つけました。

ここ3年、2つの会社で業務をおこなっていましたが、1つが3月末でいったん出向解除となり、
4月から1つの会社で済むようになりました。

引き継ぎが終わる6月まではそれなりに・・・という感じですが、
これからあと3か月、キリキリせずに乗り切りたいです!



younko at 17:50|PermalinkTrackBack(0)