2018年02月21日

流れ

流れに乗りたいという願望が昔からある。
そしてその欲を必死に抑えつけている自覚がある。

「流れに逆らってでも、決断にしがみつくんだ」と。
でも本当は、流れを大切にしたい願望があるのだと。

だとするならば、その前提に対し、客観的に助言すると、
「いつでも、特に、流れへの逆走していると感じる時は、決断時になぜそう決断したのかその理由を思い出しなさい」
となる。

うーむ。
ボクがしたかったのは、検証だ。
思いついたアイディアや、学んだ知識を、実際に動かして本当に予想通りの働きをするのかを、見てみたい。そう考えてたんだと思う。

あとは、知らない世界では、やっている人がいても、身の回りにはチャレンジしてる人がいないことを検証してみたいというのもあった。

だったらさ、ここに留まってるのなんておかしなことだね。
本当に?
もっとよく考えよう。
考える?
考える時間がボクにある?
長くてもあと50年も残されてないボクに?そんな時間が?
ダメだ。
走りながら考えなきゃ。
ながら歩き、スマホ歩きは、ダメ?
いや、ボクは二宮金次郎像を信じるよ。本読みながら歩いてるじゃん。
マルチタスクは、結局脳科学的に非効率だって?
違うね。考えることに100%だもん。
走ることは、自動。
スピード調整、無用。いつでも全力疾走。
周りを見なけりゃ全力失踪?
それも違うね。自分が世界の中心にいるんだから。
もう無意識に、コントロール外で走るんだよ。走り続けるの。


自由を探してるよ。
ずっと自由を探してるよ。
自由を実践しているつもりなんだけど、ぜんぜん自由に達しない。
どんな制限も、発想で切り抜けられるはずなんだから、どんな制限も自由の妨げにはならない。
法律も、性別も、お金も、時間も、体質も、容姿も、なにも自由を邪魔することはないはず。
だけど、ボク等はすぐにそういうものを言い訳にしてしまう。

黙らせたい。
他人を。
ボクの妄想にしかいないのかもしれない。ボクにとやかく言う他人どもは。
実在しようとも、しまいとも、そいつ等の声にボクの自由を穢されているんだ。
黙らせたい。
黙れ。
黙れ。
黙れ。

your_dog at 01:14|PermalinkComments(0)

通訳募集

なんでこんなにまともなんだ。

なんでこんなに真面目なんだ。

なんでこんなに自信で満ちているんだ。
あと少し、自信がなければ、こんなことはしていないだろうに。

そして、こんなに自信の塊になってしまったのに、なんでこんなに自信がないんだ。
自信があるのに、自信がない。

通訳がほしい。

ボクのダメな部分、もっと世界に広めて。
ボクにできること、もっと世界に広めて。
世界のこと、もっとボクに教えて。



-


-



あっ、この前ね。
少年ナイフとおとぎ話を観にU.F.O.クラブに行ってさ。
その時に、式守ウノくんと会って。
興奮冷めやまぬ中、2人で満州王という中華料理屋さんに行ったの。
お店のテレビでは、スキーで滑ってジャンプしてその距離を競いあっている人たちが映っていたんだ。
賢いボクは察して
「今、オリンピックやってるんだ?」と。
そしたらウノくんは教えてくれたよ。
「そうなんです。冬季のオリンピックをやってます。
オリンピックは2年ごとに夏季のと冬季のを交互にやってるんですよ。
今は、冬季のオリンピックで、2年後の東京オリンピックは夏季オリンピックなんです。昔、長野オリンピックってあったの覚えてませんか?あれが冬季のオリンピックですよ!」
と。

彼はね、相手の知識や興味を察し、それをそのまま受け止め、そしてそこに合わせた話ができる人なんだ。
すごいよね。

your_dog at 00:32|PermalinkComments(0)

2018年02月18日

失恋しました

Soma Sutton - Feel the Fire


かっこいい!フルで聴きたい!
この曲の入ってる他のアルバムも聴きたい!!

と、思ったんだけど、
このSK-IIのCMの為の書き下ろした曲だそう…。

とりあえず、歌手のSoma Suttonの他の曲を聴いてみよう。
と、Spotifyで検索するも出てこず。
Youtubeで検索しても、ミュージックビデオのようなスタジオレコーディング音源は出てこず。

えっ、じゃあSoma Suttonって、なにもの?と調べるとFacebookとInstagramを発見。
プロフィールには"Singer/songwriter"。
このCMについての投稿もあったんだけど、丸々引用すると
「So I've been working a little with music advertising… and here is a very different style of my voice for SK-II !!! It got chosen !! :D」
と。
「SK-II用に全然違うスタイルで歌った」だなんて、心配になる言葉が。

インスタの方では、宅録音源なんかをアップしてたりする。
確かに歌い方は違うかもしれないけど、別人に聴こえる感じではない。良い!
むしろCMよりも、歌の印象は良くて、気になる感は、残った。
https://www.instagram.com/somasutton/

けど、CMを観た時に起きた「フルで聴きたい!」という衝動は、
Soma Suttonを追っても、たどりつけないことは、わかった。
そうなるとこの恋心の矛先は、作曲者に向く。

ここで、作曲者が、ミュージシャンとして活動している人であれば、話は単純。その人に夢中になればいい…

で、調べてわかったCM曲"Feel the Fire"の作曲者は、Adam Moses。
https://www.adam-moses.com/
ナイロンスタジオ(https://www.nylonstudios.com/)所属で、映画やCMなんかのサントラを作るフィルム作曲家だって…。
ってことは…と、ポートフォリオを覗くも、やっぱりバンドものの音楽はほとんどない。

面白そうだし、他の曲をもっとチェックしてみようとは思ったよ。

でも、CM曲のようなものを他にもたくさん作ってるわけじゃない。
この曲は、パーマネントなバンドやプロジェクトによるものではないことがわかってしまった。

「フルで聴きたい!この曲の入ってる他のアルバムも聴きたい!!」
という願いが、叶わないことがわかってしまったんだから、これは、失恋だ。はーとぶれいく。


一応、Soma Suttonにも、Adam Mosesにも、コンタクトを取ってるよ。フルで聴かせてほしいって。

ただ、書き下ろし曲だとわかった上で、改めてCMの動画を観ると、
CMの冒頭部分より前は、曲が存在していなそうだね。
曲のイントロからかけていると思う。
そして、終わりの部分も、サビに入ってから5小節目に入ってからフェイドアウトしているから、楽譜上では、もう6小節目で終わっていそう。
もしくは、サビをもう一周させているかもしれないけど、それくらいなんだろうな。

だとしても、フェイドアウトさせてないミックスがあれば、やっぱりそれを聴きたいけど。


はぁぁぁぁ、
これはね、なかなか悲しいんだ。

気になった音源がすごくレアで、高価で取引されていて聴けなかったとしても、
いつか聴くことができそうと思える。

でも、このパターンは、もう無理だから。悲しい。


そこで、ぼくができること。

それは、妄想と、その具現化。

この曲のフルバージョンが、前後(実際には存在しなくても)でどんな展開をするのか、想像して作って演って録っちゃえばいい!

この曲が収録されているアルバムの他の曲はどんな曲なのか、想像して、そのコンセプトのもとで、曲を作ってしまえばいい!

叶わぬ恋は、緻密な妄想の中で成就させればいいんだね。
面白いよ〜。これは。


そもそも、僕はそういうのを想像するのが好きだから。
あの人とあの人がバンドを組んだらどうなるかな?あの人とあの人が共作して、それをあの人が演奏したらどうなるかな?っていう、夢のバンドや、夢のプロジェクトってあるじゃん。
その妄想を突き進めて、そのまま音にまでしちゃうっていう。
あとは、あの人が今生きていたら、きっとこういう曲をつくる、とかね。
妄想を妄想で終わらせず、創造しちゃうんだ。
そこは、ミスだったりとか、ダメな部分も真似していくとどんどん面白くなる。
ただし、あからさまな作品の引用はしない。
だって、「その人が同じフレーズを使ってまた別の曲を書くか?」って想像すると違うもん。
とは言え、「きっとあの人なら、あのフレーズをそのまま持ってくるパロディをしそうだ」という孫受けであれば、引用もするのも、すごく面白い。
ま、一番面白いのは、「なにをやらないか」を想像して、それをコピーすることだよ。
「なにをやるか」より「なにをやらないか」。
スタイルって、そういうこと。



ってことで、「SK-IIのCM曲の入ってるアルバムの他の曲」は、僕が妄想して作る!
発表するかはわからないけどね。


あっ、もう一個リンクを置いておこう。

http://open.spotify.com/user/1241361819 
↑Adam MosesのSpotifyユーザーアカウント

アーティスト活動はしていないみたいだから、Adam Mosesというアーティストは見つからないけど、Adam Mosesという一般リスナーとしてのユーザーアカウントを見つけることができた。
で!!
すっごく面白いことに、今までの仕事の参考にしたであろう曲をプレイリストにして、「◯◯◯ References」という名前で公開していること!
「Google-Android Ref」みたいな感じでね。
一流のスタジオ作曲家の完成された作品と、その参考にされた曲たちを聴き比べることができるなんて、面白いね。


Soma Suttonの歌を聴いて(特にインスタの方)、スミスアンドウェッソンの優奈さんを思い出した。またライブ観たいな。
THE SMITH & WESSON - Apple Tree (live at CHELSEA HOTEL)


your_dog at 19:27|PermalinkComments(0)

2018年02月08日

ノーフューチャー

サイテーの気分だよ
全部 壊してやりたい
もうボクを離してよ 忘れてよ かまわないでよ
やさしくなんてするなよ
簡単に褒めるなよ

銀河の果てまで 探しに行くの
何百億もの星とすれ違い
息継ぎしないで 泳いでいくの
何百光年も

極限状態で出会った宝物
それすらも手放して未来へと
気が触れても 覚悟を貫くの

サイコーの気分だよ
全部 燃やしてやったよ
もうボクを縛るもの 邪魔するもの 何もないよ
グッチャグッチャのメッチャメッチャ
跡形もなく

銀河の果てまで 探しに行くの
何百億もの星とすれ違い
息継ぎしないで 泳いでいくの
何百光年も

極限状態で出会った宝物
それすらも手放して駆けてゆく
届かずとも 覚悟を貫くの

陽が暮れても
気が触れても
忘れないけれど
全てを壊して未来へと

your_dog at 02:09|PermalinkComments(0)
live schedule

-2017年-
10/21(土) 新宿ロックンロール以外は嘘 [市川マコトsolo]

11/3(金・祝) 浅草Golden Tiger [クレヨンイーター]

>>チケット予約<<
Profile


市川マコト

‘クレヨンイーター’
ギターボーカル


生年月日:1987/12/26
身長:178cm
体重:52kg
血液型:B型
出身地:東京都多摩市
CD

クレヨンイーター
『サタニックマジョルカ』
IMCA-0017
¥2300-(without tax)
iTunesで購入/Apple musicで試聴
Tower Recordsで購入
HMVで購入
amazonで購入
Spotifyで試聴





クレヨンイーター
『ボクが見つけたクレヨンイーター』
UVA-002
¥0-
◎無料注文◎



クレヨンイーター
『頭の中の色』
UVA-001
¥1000-
送料無料で通販承ります。
◎通販注文◎



THE イギーポップ狂 チャコペンシルズ
『JAPAN'S NEWEST HIT MAKERS』
¥500-
送料無料で通販承ります。
◎通販注文◎



THE イギーポップ狂 チャコペンシルズ
『ウルトラアンドザミラクル』
PRCD-0278
iTunesで購入
People's SHOP!で購入
Tower Recordsで購入
HMVで購入
amazonで購入
楽天で購入