LOW-STANDARDな日々

思い出どす

2009.3.20〜2009.3.21

超久々に書いてみようと思う。

昨年の福井旅行の続きは、いつの日にか書くとして、
祝い事を書いてみようと思う。


それは3月20日、無理矢理ねじこんだ連休一日目から始まる。

日帰りで南国と京都を往復するのには無理があると判断し、
大阪のパン屋で一泊して京都に向かう計画を立てた。

パン屋さんはその日仕事で帰りが遅いらしいが、
おすぎまんとニッシーノが一緒に遊んでくれるので、
「ま、えーわ。」
と、いつものようにかわした。

南国はもう初夏の陽気で、シャツを一枚だけはおるという
なめた格好で出発した。

私はイラチではないので、5時間のドライブも難なくこなした。


パン屋付近に1時間ぐらい早く着いてしまい、
おすぎまんとニッシーノに早めにヘルプをする。

おすぎまんとグルメシティというおしゃれなスーパー前でお喋ると、
散発したてのニッシーノが現れた。

ちなみに、私も3日前ぐらいに髪切った。
おすぎまんも髪切った。

みんなおしゃれに敏感だ。そういうもんだ。


ニッシーノが、
「甘太郎。甘太郎。」
と連呼するが、「座和民」に落ち着いた。

20時から飲み始め、23時頃パン屋さんから連絡あり。
24時頃パン屋さん到着。

すると、ぐっちまんからも連絡あり。
「今から愛知を出る。」発言あり。

「2時間しか待たない。いや、待てない。」
と脅すと、本当に2時間で着いた。

ぐっちまんはできる男だ。たぶんだ。


3時頃になり、ようやく座和民を後にする。
これだけ長く居酒屋にいたのは、おそらく初めてだろう。


みんなでパン屋さんの部屋で寝るのだが、
大人の男子5名で川の字。

修学旅行のノリで寝る。
いつもだったら、みんなのボケ合いが始まるのだが、
かなり飲んでた我々は、ニッシーノの、
「みんな、喋るなよ!!」
というフリに素直に従って、5分くらいで爆睡した。


朝、絶対に寝坊するわけにはいかないというプレッシャーと、
みんなが何重にもかけて陽気なアラームで目を覚ました。

前々から準備してたらよかったものの、
朝にドタバタしたが、なんとか早いとこ出発できた。


ニッシーノを箕面まで送るのだが、
ここでやはり人気の差が出てしまった。

ぐっちまんの車には誰も乗らなかった。
運転手除いて3人いたのに。

「冗談。冗談。」
と、私たちはぐっちまんをひとりにして出発した。


ぐっちまんには、「箕面のニッシーノ家」という情報しか言ってないので、
必死で私の車の後をついてくる。

ギリギリセーフな黄色信号から完全アウトな赤信号までも。

しかし、とうとうぐっちまんの車が見えなくなってしまった。

「最終的な行き先は一緒やから、ま、えーわ。」
と思っていたら、ぐっちまんはいつの間にか追いついた。

さすが、追跡のポテンシャルはピカイチだ。


ニッシーノを見送り京都を目指すが、
やはりぐっちまんの車は人気が無い。

だが、高速に乗ったとたん、今までのストレスを吹き飛ばすかのように、
ぐっちまんは風になった。

京都に1時間前に着く計算と、おなかが減りすぎてたので、
みんな大好きサービスエリアで昼食。

「オイシ!オイシ!」とご飯を食べた後、車に乗り込むが、
やはりぐっちまん。。。。。

もう全部言わなくてもわかる人にはわかるだろう。


この余裕ぶりが無くなるのに時間はかからなかった。

京都の渋滞をなめていた。

高速のEXITから超渋滞。
ナビの時間はみるみる遅れる。

「こりゃまじでやべーよ。信号全部青になれ!
 信号全部青になってください!」
と、最初はいきがってたパン屋さんは、最後には神に祈りだした。

「最悪の場合、そこらへんに車停めて地下鉄乗ろう。」
という提案を私の車だけでした。
ぐっちまんの追跡能力なら、言わなくても大丈夫だと思った。

サービスエリアでご飯を食べたのが悪かった、
なんならもうちょい朝早く出たほうがよかったとか、
みんな焦っていたが、
なんとか開始5分前くらいに到着した。

本当に良かった。一生後悔するところだった。


しゃっちょさんとマイキーさんに、
「今日もおきれいで。」
と、平静を装ったあと、
ハンターハンターでいう「絶」を使っていた異端児さんと少し話をし、
そのときは訪れた。



続く。

毎年恒例福井旅行 〜暇を持て余した神々は二度現れる〜

前の日記で『続く』と書いておきながら、
完全にフェードアウトしようとしていました。

『そのあとは、皆様のご想像にお任せします』的なことで終わらそうとしましたが、
頑張って書いてみます。


あらすじ
スノボに行くノリで夜中に出発した猛者は、
刀狩りと東尋坊で福井を落とし、
旅館に着いて神になった。


さっそくボケあいが始まる。
座椅子のひじかけを使ってのモノボケ大会だ。

色々試してみるが、
夜のモノボケ大会に影響が出るので、
腹八分で止めておいた。


とりあえず風呂に向かう。
浴衣でタオルを持つと、なぜか京都弁になってしまう。

「どすえ〜、どすえ〜」
と、間違った京都弁のオンパレードだ。

いつも通りスーパーモデル体型のぴょん吉は、
周りの視線を釘付けだ。


私達は、露天風呂が大好きだ。
なぜだかテンションが上がる。

そこに、ふたつのひとり用風呂があった。

みんなの気持ちは同じだった。

おじさんがいなくなってから、
平均年齢26歳の社会人は、ひとり用風呂に4人で入った。

『お互いの身体が触れ合うと、なんだか照れくさい。』
と言いつつ、わざとぶつかりにいく。

円形の風呂だったので、とりあえず時計周りに回った。


お風呂から出たあとも、
やはりスーパーモデル体型のぴょん吉に視線は釘付けだった。


お茶室で抹茶をキャッキャ言いながら頂く。

お茶をたてる先生の前で、
『とりあえず茶碗を回せ』だの、『正座が痛い』だの騒いだら、
さすがに少し怒られた。


部屋に戻り、夕方頃から一杯やることに。

山さん来るまでちょっとのはずが、
結構飲んでいい気分。


夕食が部屋に運ばれ、タイミング良く山さんが到着。
お誕生席でおもてなし。

料理は美味い。酒も美味い。

下っ端の私は、皆様のグラスにお酒を注いでまわる。

『手酌はイカン。手酌は。』


夕食も済み、そろそろ夜のビッグイベントが始まる。



またまた続く

毎年恒例 福井旅行 〜暇を持て余した神々の遊び編〜

みんなで勝ち取った連休を生かし、計画は実行された。

その日に限って人手不足で出発に遅れをとってしまい19時出発。
ナビを検索してみると、京都には3時半に到着予定。

「何かの間違いか。」と目をこすろうとしたが、これが現実。
新宮とはそういう南国なのだ。


まずは、奈良に向けて下道を突っ走る。
ワインディングロードをなるべく直線で走ろうとする様は、
かつてのF1ドライバー・スズキアグリのようだった。

3時間弱で奈良に到着。
ここからは慣れた道。ぶっ飛ばす。
慣れた道をスイスイ走る様は、
かつてのF1ドライバー・スズキ・・・
デジャブだ。

京都に着いたのが12時過ぎ。ナビに3時間勝った。
途中で偶然にもニッシーノと出会う。

彼がいきなりボケてきたので、
迷わずアイシテルのサインを送った。
ハイビームでふられたぜ。


車をコーナン様に置き、異端児と合流。
エログランドでメゾンに向かう。

とりあえず前夜祭ということで、ビールを頂く。
あーだこーだしているうちに、ぴょん吉が到着。

「夜中に出発するのって、スノボに行くみたいじゃね!?」
と、テンション上がって布団を車に持って行く。

テンションは上がっているが、なんせ酒気帯び。
運転は残念ながらできない。
が、ぴょん吉は無傷だ。
ファーストドライバーをぴょん吉にし出発。

助手席に乗った私は、敏腕マネージャーのごとく
ガムを与えたり、ミルクティーを飲ませたり、ラジバ・・・


途中、滋賀のマキノあたりで眠くなったので寝る。
ちょっと待てよと。
ここで寝るんなら、家で寝て、朝早く出ても変わらないんじゃ。。
逆に、そのほうがいいんじゃ。。

「ま、えーわ。」と思って寝た。


朝起きると、前で寝たふたりは、エコノミー症候群気味だった。
まさかの高原スシボンバーだ。

福井に向かって出発。
恒例の刀狩りを決行。丸岡城は40分程で落城した。

東尋坊に行き、崖を見学。
崖スレスレまで余裕で行くお年寄り。
さすが、人生の大先輩である。
こちとら、手汗ビッショリである。


お昼ごはんに、うに・いくら丼を食す。
マジまいうーだった。
危うくぼったくられそうになったが何とかセーフ。

お土産を買って旅館へゴーした。
が、早過ぎて入れない。
ので、一発芸グッズと持ち込み酒を買って、
旅館へリターンした。

「持ち込み大丈夫なのか!?隠そうか!?」
とは言うものの、虫取りあみはどうにも隠せないので、
堂々と持って行った。
おかみには、「明日虫取り頑張るんです。えへへ。」
と言っておいた。

旅館につき、浴衣に着替える瞬間、
暇を持て余した神々が早くも降臨したのだった。



続く

南紀 de デート

先日、マイワイフが新宮まで遊びに来てくれた。

わざわざ5時間もかけて来てくれたので、
おもてなしの心を全面に出した!!

お昼ごはんは、回転寿司。
そこらへんの回転寿司とはわけが違う。

20メートルくらいのいけすが2つ。
いっぱい魚が泳いでいる。
ちょっとした水族館だ。

マグロのブロックなんかも売っている。
ちょっとした市場だ。

回っているのは魚だけじゃない。
牛も鹿もくじらも、いっぱい回っている。
ちょっとした動物園だ。

赤だしなんて無料で何杯でも食べれる。
もうヤケクソだ。


お腹が満たされ、我が家に案内。
意外に広い部屋。
土地なら余っておる。

長旅で疲れているだろうと、一日目はのんびり。
DVDで「うた魂」を見た。

「合唱なめてんじゃねーよ!!」
おで、合唱なめてなんかないどー。


晩御飯は、鍋を囲む。
手作りつくねで温まる。
なぜか雑炊をすると、実家を思い出す。


二日目は、那智の滝の予定が、雨男復活。
雨が降ってきた。

昼まで様子をみることに。
その間、Wiiで遊ぶ。
唯一、スノーボードレースでボロ負けしたぜ。

昼から強行で雨に関係なく遊べるとこへ。
串本の本州最南端を目指す。

岩がガツンガツン海に立っている「くし岩」に寄る。
波にもってかれそうな感じ。
でもそこは海水浴場。
たくましい、串本っ子。

本州最南端、潮岬灯台に到着。
そこは、沖縄の灯台似ていた。
駐車場はガラガラ。
たぶん、若者はここには来ないのであろう。
静岡から来ていたご夫妻と灯台で挨拶。

潮岬さらば!!
次は、海中公園を目指す。

その名の通り、海の中を実際に見れる場所。

最初は、水族館。
気持ち悪い魚がいっぱい。
伊勢海老がでかすぎて、おいしそうには見えない。

ウミガメコーナーが凄すぎて、
いけすにでかいのが10体くらいいた。
小さいのは、水槽に30体くらいいた。
はくせいもでかいのが5体くらいいた。

もうなんでもありだ。

橋を渡って行き、海の中へ。
ほんの3メートルくらいの海中だが、
色んな魚が見れた。

ただ、この海で見れる魚一覧に載っていない魚も見れた。

魚の胴体だけがめちゃめちゃ伸びていて、
他は普通の魚。

「魚のダックスフンドや〜」

時間を持て余し、山のカフェへ。
落ち着いた空間で、そこは串本を思わせない。
神戸ぐらいにいる感じがした。


最後に、串本駅で「うた魂」の合唱部分だけを見た。
おで、おで、合唱なめてないどー。


2日間なんてあっという間だったが、
とても楽しい時間だった。

今度は、おでが大阪に行く番だ!!

おいでませ、新宮

先日、エログランドという21世紀型の乗り物で、
異端児・教祖・ひらちゅーが新宮まで来てくれた。

エログランドでも、6時間かかったというから、
いかに遠いかがわかる。

かなりの強行で、夜12時頃にこっちに到着し、
いつものようにビールで乾杯。

異端児は、仕事で疲れていたのか、すぐにダウン。

ひらちゅーの扱い方が難しいというのは言い訳だが、
教祖もお手上げのようだった。

教祖と朝まで恋愛話をし、
5時頃就寝。

いいおっさん二人して、自分の恋愛論を語り、
あーでもないこーでもないとディスりあった。


次の日、私は仕事だったため、昼頃起きて仕事場へ一緒に行った。

うちのイケイケギャルのスタッフ二人(平均年齢50歳)
を紹介したお礼に、CDを買ってくれた。

3人と別れた後、ふらふらになりながら、
7時間レジ拘束という拷問にかけられたのであった。


持つべきものは友というか、
滞在時間わずか半日のために遠方まで来て頂き、
頭が下がります。

次回は、大阪でのリーマン会の開催を予定しています。

是非、おいでませなんば!!

銀シャリの

鰻さんじゃない方を見た。

ただ、それだけだ!!

ダークホース

大阪で会議がありまして、
仲良くしてくださっている先輩と話しまして、

「お前が店長なんて何かの間違いちゃうか!?
 完全にダークホースやわ!!」

と、激励されまして。

その先輩は、私が新入社員で、店長からケチョンケチョンにされ、
チョイノリを乗ってクレーム配達に行っているときのイメージしか
ないようで。

私も年を取りましたが、先輩も年を取っているわけで。

4時間かけて移動するのはしんどいですが、
色々な人と交流できるのは楽しいなと思いまして。


新宮にいると和歌山市でさえ都会に見え、
駅で人混みにのまれ、
完全に田舎ものなわけで。

田舎はいいけど、やっぱり大阪は楽しいわけで。

久々ですな

今日、やっとインターネットが繋がりまして。

滞っていたブログ再開致します。

9月に入ってから、今までと環境がかなり変わり、
戸惑うことも多々ありますが、なんとかやってる次第であります。

こっちに引っ越して来て、
エコが進み過ぎて、ゴミの分別が大変だったり、
5日間ほどテレビの無い生活をエンジョイしてみたり、
大阪出るのに4時間かかったり、
出張多くて、実は自店にあまりいなかったり、
誕生日にサプライズで奈良から訪問者が来てくれたり、
ニッシーノのアシストでサプライズプレゼントが
1日遅れて届いたり、
無駄に3連休を過ごしてみたり。。。。


色々ありましたが、今月はなぜか長く感じてしまう。

前なんか、1ヶ月なんてあっという間だったのに。

これも、まだ新天地に慣れていないということだろう。


海と山しかなく、なかなか変わったことは起こりませんが、
ぼちぼちやっていこうと思ってます。

幸せ者

人事異動が出てから、何かと予定が埋まっていた。

新入社員との最初で最後のセッション。
スタッフが開いてくれた送迎会。
横の部屋の新入社員とのピザパーティー。
三田の実家でのご飯会。

で、昨日。
なんばでのプロジェクトを終え、リーマン会を開催した。
みんな、スーツで来てくれた。
サプライズで来てくれた人もいれば、
何やら臭いをかぎつけて参加してくれた人もいた。

栄転祝いで、いっぱいプレゼントももらった。
嬉し過ぎて、ネクタイはその場で付けた。


最近思うこと。

今年に入って、人生ピークぐらいの幸せを感じることが多い。

みんなに支えられて、ここまで成長できたのだと思う。

良い友人やスタッフ、パートナーに囲まれているから、
新天地でも頑張っていける。

私も、みんなに頼られるような人間になる。

人間になりたい!!

ぶっとびカード

入社して3年半が経過した。

周りの環境はどんどん変わっていくが、
私だけは配属店舗にずっといた。

ここに骨をうずめるのだと、そう思っていた。

だが、そうではなかった。

私は、奈良を出ていく。

もう、リーマン会に参加することは難しくなるだろう。
もう、スーパーランドに行くことも難しくなるだろう。
もう、京都で髪を切ることも難しくなるだろう。

私は、奈良を出ていく。






異動先は、なんと和歌山県新宮市。

まさに、ぶっとびカードですよ、社長!!

今日、引継ぎで現地に行ってみたら、海と山しかなかったよ!!

大阪に出るには、特急しかないよ!!


ただ、この逆境と引き換えに、
私、店長に昇進することになりました。

南国でしっかり力をつけて、また北に上がろうと思います。


また会う日まで。

アデュー!!
しゃ〜せぇ〜
レンタルサーバーホスティングオレンジレンジ 壁紙求人情報
PR
ダイナマイト中国
それがネセサリー
いつしか晴れるよ
ダイアリー的な
ビークワでお願いします
  • ライブドアブログ