優嵐世界探検

IMG_6312
加東市にある朝光寺へ行ってきました。最初は場所がよくわからず、目についた大きな建物である朝光寺総持院へ行き、案内を乞いました。丁寧に案内してくださったうえ、二種類のリーフレットまでいただけました。


国宝・朝光寺本堂はそこからすぐのところで、道路脇の駐車場に車を停め、鹿野川の流れを渡って川に沿って歩いて行くと、やがて緑の中につくばねの滝が見えてきました。落差はそれほどありませんが、流れが三本に分かれた美しい滝です。
続きを読む

IMG_6199
三日目は羽田空港へ行き、発着する飛行機を眺めました。
第一ターミナル6階の展望デッキは風が吹き抜け日陰にいれば暑さはそれほど感じません。平日の昼間ながら、航空機の出発待ちの人だけでなく、羽田空港そのものの観光に来ている人もいました。

梅雨晴の影濃く落とし航空機
続きを読む

IMG_6187
富士スバルラインを降りた後は富士急ハイランドの隣にある「
ハイランドリゾートホテル&スパ 富美の里 こころぎ」で昼食をいただきました。お造りや天ぷらなど一通りのものを食べた後、汁物の代わりに「吉田風うどん」というものが出てきました。

夏料理富士の高嶺を望みつつ
続きを読む

IMG_6180
富士スバルラインを走り富士山五合目へ到着。多くの車と人でごったがえしています。ガイドさんから五合目名物として「
富士山めろんぱん」を勧められたので、それを食べるべく「レストハウス」へ向かいました。

めろんぱんといっても街で売っているものとは味も形も全く違います。淡い黄緑色をした富士山型の焼きたてのパンで、注文するとトップにチョコレートパウダーと粉砂糖をまぶしてくれます。外はさっくり、中はふかふかでここでしか味わえない美味しさです。

夏富士の五合目焼きたてメロンパン
続きを読む

IMG_6163
7月6日には山梨県立富士山世界遺産センター、富士山五合目、忍野八海をめぐるはとバスのツアーに参加しました。朝まで雨が降っていたものの、それが逆に幸いして富士山が近づくに連れ、お天気は回復し車窓から雪のない富士山が見えてきました。


はとバスの営業所に行ったとき韓国から来たというご夫婦と話す機会がありました。奥様の方は韓国で日本語を教えておられるとのことで、非常に達者な日本語を話され、韓国人だと言われるまではそれとわからないほどでした。

雲とれてしだいに大きく夏の富士
続きを読む

Screenshot_20230708_175300

7月5日から7日まで東京に行ってきました。第一の目的は浅田真央アイスショー「BEYOND The Final」を見ることでした。これまでもアイスショーをきっかけに全国各地を観光しました。東京にはこれまで何度も来ていますが、立川市は初めてです。


千秋楽として7月にここで15公演という長丁場を行います。3月にも10公演を同じ場所で行っているのは、このすぐ近くに浅田真央の名前を冠したリンクが建設されるからでしょう。隣に座っていた地元の方は、建物の外側はもうできていると仰っていました。

昨年10月にも北海道旅行にあわせて「BEYOND」帯広公演を見てきました。中心演目は同じなから、内容がかなり変化していました。熱心なファンは何度も足を運びますから、それに応じて演目を進化させているのでしょう。

梅雨最中のアイスショーを堪能す

続きを読む

IMG_6072
西林寺を出た後、近場まで戻ってお茶にしました。行ったのは福崎町にある「
りんごの木」というカフェです。市川のすぐそば、イングリッシュガーデンのある店です。英国風のアフタヌーンティーが楽しめるようなので、それをお願いしました。

梅雨時の午後にアフタヌーンティー
続きを読む

IMG_6068
都麻(つま)とは「播磨国風土記」に記された古い里名で、西脇市中心部「津万」はそれに由来しています。そこにある西林寺は白雉2年(651)法道仙人開基と伝わる古刹です。昭和40年代、地元住民が境内に鬱蒼と茂る雑草や雑木を刈りアジサイの苗を植えました。


これが「都麻乃郷あじさい園」の始まりです。現在12,000㎡の中に3,000株のアジサイが咲く北播磨最大規模のあじさい園になっています。確かにリーフレットには「西脇市あじさい協会」とあり、これがボランティアで運営されているとは驚きです。

住む人の気持ち集めてあじさい園
続きを読む

IMG_6040
西脇市でハイキングを計画していましたが、雨になったので歩く部分は端折ってピザとあじさい園を楽しんできました。「
Shima305」はペレットピザ窯で焼いたピザが食べられる古民家カフェです。西脇市嶋305番地にあり、それが店の名前になっています。

古民家に本格ピザを食ぶ仲夏
続きを読む

IMG_5913
満願寺境内の裏から左手に入ると愛宕原ゴルフ場のそばに出ます。ゴルフカートが走り、数人の人たちが球を打っているのが見えました。ゴルフ場の敷地に沿って山道を下っていけば湯山台の住宅地に出ます。

川西市のこのあたりは坂の街です。大阪への通勤を考え、丘陵地を切り開いて造成されたのでしょう。鉄道の駅からは遠いので、公共交通はバスです。一戸の敷地は広く、二台は駐車できるスペースがついています。庭には季節の花を咲かせよく手入れされています。

閑静な住宅街で若く体力があるうちはいいでしょう。しかし、ひとたび大きな病気をしたり車の運転もおぼつかなくなってくると、日々の外出にはなかなか厳しいところではないだろうか、と歩きつつ感じました。

初夏の花それぞれ咲かせ丘の街
続きを読む

このページのトップヘ