優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

秋の雷
先ほど雷雨がありました。雷雨といっても何度かごろごろ言った後、アスファルトの表面がようやく濡れたか、という程度の雨でした。お湿りにもなりません。

関東以北は長雨で農作物の生育が心配されているらしいですが、姫路周辺はほとんど雨が降っていません。夏から各地で豪雨被害が相次ぎました。一方で雨が足りないところもあり、うまくいかないものだと思います。
P8220865

つくつくぼうし
このごろ、朝最初に聞こえるのはツクツクボウシの鳴き声です。日暮れの後も最も遅くまで鳴いています。クマゼミは午前中の7時以降に聞こえるようになります。ミンミンゼミも同じ頃から鳴き始めます。ヒグラシは、山では盛んに鳴いていますが里ではあまり聞きません。
IMG_4683

うろこ雲
5月から、写真を参考にしながら筆ペンで世界遺産の絵を描いています。神経を集中させて一本の線をひいていくときの感覚が好きです。大自然を描くこともありますが、題材で最も多いのは遺跡です。かつてそこに人が暮らして、今は打ち捨てられた建物です。

こうして描いていると、建築物として手ごたえのある建物が多いのはヨーロッパだなあと感じます。近世から近現代にかけて最も力をつけたのがこの地域だからなのでしょう。それ以前に力を持っていた中近東や北アフリカなどというのは廃墟が多いです。新大陸といわれる北米大陸やオセアニアは自然遺産がほとんどです。
P8190858

残暑
増位山の頂からは北から東にかけての山並みが見えます。南は播磨灘です。そこここに秋が顔を出し始めていますが、日中の気温はまだ高く、入道雲が山の上に輝いています。

山上公園のオオシマザクラの下で、脱輪してしまったという人に会いました。広い道で桜が木陰をつくるため、暑い時期はよくここに車が停まっています。ゆるやかなカーブになっていて、普通の駐車場感覚で車を寄せていくと脱輪するようです。時々そういう車を見ます。

JAFを待っているが、電話がつながらなくて困ったとのこと。山頂や少し下った展望台ならアンテナが立ちます。山上公園は電波の谷間になっているのです。
IMG_4686

秋浅し
図書館で『無私の日本人』(磯田道史)を借りてきました。昼食をベランダでとったあと、コーヒーを入れて飲みながら本を開いたら、あまりにも面白くて途中でやめられなくなりました。最初の短編「穀田屋十三郎」は、『殿、利息でござる』という題名で昨年映画化されました。藩主役で羽生結弦選手が映画初出演したことでも話題になった作品です。

仙台藩の中にある吉岡宿、さびれる一方の宿場町をなんとかしようと立ち上がった人たちの奮闘を描くノンフィクションです。本の題名どおり無名の人の、けれども自己の利益を度外視した「無私」の尊い生き方に、ついつい引き込まれ、なかなか途中で読むのをやめられませんでした。
IMG_4689

盆踊
「盆」が初秋の季語なので、「盆踊」も同様です。単に「踊」ともいいます。俳句では「踊」といえば「盆踊」です。盆踊は盆に招かれて来る先祖の霊を慰め、これを送るために集まり踊り唄います。娯楽の乏しかった時代には、大きな楽しみのひとつだったでしょう。

今は、「阿波踊」「風の盆」などのように大きなイベント、観光行事になっているものもあります。昨夜は地蔵盆も兼ねて町内会で盆踊が行われていました。朝にそれを知らせる放送があり、夕方には炭坑節などが広場から聞こえてきました。
05c747a88e4dba5c2ffe35b22eda4fee_e

秋景色
眼鏡を買いました。古い眼鏡のフレームのプラスチック部分が劣化してひび割れてきていたのです。眼鏡を買うと眼鏡ケースをもらえます。買い換えるたびに新しい眼鏡ケースをもらいますが、それほどケースを使わないうちに次のケースがやってくる格好になります。

眼鏡ケースはワンタッチでケースの開け閉めができ、ぴったり閉まって軽く頑丈です。そこで、古い眼鏡ケースをペンケースに転用することにしました。ボールペンやシャープペン、万年筆、消しゴムなどをいれてちょうどおさまる大きさです。
P8190860


秋の蝿
昨夕、ハエが一匹部屋に紛れ込みました。窓を開けているのでセミ、バッタ、ハチなどいろいろな昆虫が入ってきます。ハエが入ってきて、身体のまわりを飛びまわります。蚊は刺されるので嫌なものですが、ハエはこの鬱陶しさが嫌です。今朝には姿が消えていたので、いつの間にか窓から出て行ったものと思われます。

ガラケーに届いていたスパムメール、対策をして、今朝は届いていませんでした。これでおさまるのか一日くらいでは何とも言えませんが。スパムメールというのは、ハエみたいなものです。
195cf7004b65d7999c14dabf806bdc93_e

つくつくぼうし
ここ二ヶ月ほどの間にガラケーのメールアドレスにスパムが届くようになりました。最初は週に1〜2通で、内容は知り合い同士のメールのようなものでした。「こんにちは、潤です。どうしたんですか、待ち合わせてたのに…」みたいな。スパムはこれまでめったに来たことがありません。

パソコンのメールにはいろいろ来ているようですが、すべて迷惑メールフィルターでふるいわけられて目にすることはありませんでした。一通くらいなら、削除してしまえばすむと思っていましたが、昨日は13通も来ていてびっくりしました。必要なメールの妨げになりますし、これだけの数になると、削除も手間がかかります。

これに返信させて何かに誘導するという目的なのかと思いますが、こんなメールに返信する人があるの、というような内容です。ケータイのHPへ行って、スパムメール対策を見ました。有料で迷惑メールをブロックしてくれるサービスもあります。

無料なら、送信者のアドレスを入れて、受信拒否にするというのが一番手っ取り早いようです。120件までは登録可能となっていて、スパムに悩む人は多いのだろうと思いました。これでスパムメールが弾かれればいいです。120件もあるので、異なるアドレスから送られてきたら、その都度それも登録するつもりです。
P8160847

秋雷
夜に山間部では結構な雨が降ったようです。夜明けごろ、こちらでも雷鳴がして雨が降りました。川を見ると増水していろいろなものが浮いています。川上でかなりまとまった雨があったことを示しています。各地で豪雨被害が報じられていても、住んでいる所の周辺は梅雨時から雨が少ないままでしたから、いい雨だったと思います。
P8180852

このページのトップヘ