優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。


桜の花盛りです。いっせいに咲きますから、こんなところにも桜があったのか、と思うようなところでも咲いていて、驚きます。

増位山へあがっていくドライブウェイの入口下には東西に昔の巡礼道が通っています。西国三十三番の二十六番札所である加西市の法華山一乗寺から二十七番札所の書写山圓教寺に向かう道です。今は歩いて巡礼する人はほとんどありません。巡礼道は探さなければわからず、住宅地と田んぼの中にひっそり埋もれています。

しかし、その名残からか、かたわらの神社には見事なソメイヨシノがあります。小さな神社ですが、名前を佐伯神社といい由緒が書かれた看板がありました。「祭神は阿良津命、稲背入彦命の曾孫にあたり、大和統一政権ができて氏姓制度ができたとき、播磨地方の国造に任ぜられ、佐伯直の姓を賜って当地方の政治を担当した」ということです。姫路市の保存樹に指定されたムクの大木もありました。
IMG_5421
IMG_5423

山桜
増位山はヤマザクラが多い山ですが、周囲のほかの山もヤマザクラがたくさんあります。次々咲いていくこの時期は、山に順々に灯火が点っていくようです。萌え出したほかの樹木の若葉とヤマザクラの花の桜色、葉の赤茶色などがコントラストをなして、この時期の山ならではの美しさです。どこにも出かけなくても部屋の窓からこんなお花見ができるのは贅沢な話です。
P4021304
P4021305

染井吉野
桜が開花する時期にこれほど晴天が続くのは珍しいです。週末、増位山でも梅や桜のお花見客の姿が見られました。梅は最も遅く咲くものがまだきれいですし、その上でヤマザクラが大きく花を咲かせ始めています。本堂前のソメイヨシノも咲き始めました。家の近所のソメイヨシノはすでに風が吹くと花びらを散らし始めています。
IMG_5364

楓の芽
増位山梅林のヤマザクラの巨木のそばにイロハモミジが生えています。こちらも10mは超える高さで、頭上はるかなところに枝を張り渡しています。桜が咲くころ、芽吹きが始まります。空の中ほどで、枝からちろちろと小さな芽が出ているのがわかるようになりました。もう少しすれば、みずみずしい若葉が広がり、夏の近さを感じるようになります。

今朝、ブラウザを立ち上げたら、Gboard物理手書きバージョンというのが出ていました。キーボードの上を指でなぞって文字を入力していくというものです。お試しバージョンをやってみました。しかし、誤認識が多すぎてとても使い物にはなりません。「あ」と「の」の区別がつかないんですから。

YouTubeの紹介動画を見てみたら、そこのコメント欄に「今年もやってるのか」「毎年恒例」などと載っていて、どうやらエイプリルフールの冗談のようです。今日から四月、新年度の始まりです。冗談みたいなことでもそれをつきつめていったら、画期的な発明につながるかもしれません。開発者のみなさん、がんばってください。
IMG_5380

枝垂れ桜
随願寺の手水舎のすぐ隣でまだ若い枝垂れ桜が咲いています。あと何十年かして大きく成長したら、手水舎の屋根の上から桜の花が降り注ぐように枝垂れるでしょう。

ふだんの買い物、生鮮食料品以外はほとんどAmazonで購入します。しかし、楽天のポイントが2600円分ほどたまっており、その期限が今日3月31日で切れます。このポイントは恐らく、三ヶ月ほど前に楽天で中古のLet’s noteを買ったときについてきたものだと思います。Amazonには無かったのです。このポイントを消化するために何か買おうと思いました。

Amazonでよく買う商品に無添加ミックスナッツがあります。ナッツ類が好きでよく食べるため、一ヶ月弱で1kgを食べてしまいます。今回も昨日Amazonで注文したばかりでしたが、思いつく商品が他になかったため、楽天でも検索してみました。

そして、Amazonの方が安くて配送も早いということを再確認しました。ほぼ同じ無添加ミックスナッツ1kgを注文して、Amazonでは2073円、楽天では2780円でした。どちらもそのときのショップ内の最安値で送料は無料です。

さらに、Amazonは昨日の夜10時ごろに注文し、今日発送の連絡が来て明日4月1日の午前中には届きます。一方、楽天は配送指定を勧められ、指定できる最も早い日が4月9日でした。180円払えば後はポイントで支払えるので楽天でも注文しましたが、そうでなければ買いません。
IMG_5347

こぶし
晴天が続きます。毎日増位山へ散歩に行き梅林を通って境内を抜けて戻ります。梅は最も晩生のものがいま花盛りで、梅林のまわりのヤマザクラの巨木が花を開き始めました。梅以上にこのヤマザクラは見ごたえがあります。

随願寺の境内にはいろいろな花が植えられていて、それを見るのも楽しみです。開山堂の横で紅姫こぶしが咲いているのをみつけました。最近植えられたものだと思います。去年はみかけませんでしたから。まだちらちらと木の下の方でだけ咲いています。
IMG_5371


晴れて暖かい日が続くので、桜はどんどん開花を進めています。今日は少し風がありました。満開の頂点を過ぎていれば風に花びらが舞い始めますが、まだそこには達していないのか、風に揺れながら桜はけなげに咲いています。

毎年桜が咲く頃は、晴天が続けばそれで花が早く終わると思い、風が吹けば散らないかと思い…。これほど時間の経過を強く感じさせる花は他にあるまい、と思います。それは多分、桜があるひとつの場所で静かに咲くという花ではないからでしょう。

花の時期になると、山も里もありとあらゆる場所で、桜があるところ全てでいっせいにあの桜色が絢爛と咲き誇ります。全天地が桜の色に覆われてしまったような感じです。薔薇も、百合も、どれほど華やかな花でも、こんな空気全体を染めるような咲き方はしません。
IMG_5373

白椿
随願寺の庫裏の前で白い椿が咲いています。ほかで咲いているのはほぼ赤いヤブツバキなので、この白い椿は印象に残ります。桜が咲き始めてから好天続きで気温があがり、もう歩いていると汗ばんできます。シャツ一枚で歩いてちょうどいいくらいです。
IMG_5363

三葉躑躅
増位山の頂に行ったら、コバノミツバツツジが咲き始めていました。毎年桜と前後して咲きます。桜が早いときもあれば、ツツジが早いときもあり、今年はほぼ同時です。ヤマザクラは頭上はるか高いところで咲きますが、コバノミツバツツジは人の目線の高さで咲くため、よく目立ちます。

播磨のこのあたりの山の森は、アカマツ-モチツツジ群落といわれます。高木層に常緑針葉樹のアカマツが優占し、亜高木層にはコナラ、ソヨゴが多く見られます。また、低木層にはコバノミツバツツジ、モチツツジ、ネジキ、ヒサカキ、ヤマウルシ、サルトリイバラなどが生えています。
IMG_5342

花影
昨日の昼ごろはまだちらほら咲きだった家のまわりのソメイヨシノ、一日で一気に五分咲きくらいになってきました。三日見ぬ間の桜かな、と言われますが、一日でこれなら三日たてば何も咲いていない状態が満開に変わっていそうです。

先週の今頃は冬がぶりかえしたような気温でした。それがもう半袖で過ごしてもいいような暖かさです。桜の時期は毎年多かれ少なかれこういう感じではありますが。暖かくなった、と思っていると、急に寒くなったりして「花冷え」ということもあります。
IMG_5358

このページのトップヘ