優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

緑陰
木陰の心地よさは夏ならではです。山に登ると意外に涼しいのは木が葉を繁らせていて、その下を歩くため日差しがほとんど遮られるからです。太陽のエネルギーは木々が吸収し、光合成をおこなっています。緑陰は涼しい風が吹き、ほっとできる場所です。山の上で食べるとおむすびもラーメンも数段美味しく感じられます。
IMG_5873


雲の峰
「雲の峰」とは、積乱雲を意味します。夏空に高々と立ち上がるその偉容を表現している言葉です。昨日は、朝来市和田山町の室尾山に登ってきました。最初は東床ノ尾山に登る予定でしたが、登山口に向かう林道が先日の豪雨のために通行できなくなっており、こちらに変更しました。

兵庫100山に指定されている山です。しかし「ふるさと兵庫100山」に紹介してある岡田集落からのコースは登り始めの道が荒れ、道標もなくなったり、ほとんど読めない状態でした。豪雨の影響でさらに道が荒れ、地籍調査の杭を頼りに登りました。
IMG_5869


土用入
昨日は土用の入りでした。中国の五行説では、宇宙のすべてのものは木・火・土・金・水からなるとしています。四季の最後の18,9日を支配するのは土と考えられ、土用としました。本来、土用はすべての季節の最後にあります。しかし、今では土用といえば夏のものを意味するようになりました。立秋前の18日間を指し、最も暑い時期です。

母の枕時計が壊れたというので、Amazonで新しいものを買いました。トラベルクロックというだけあって、予想以上に小さく掌のなかにおさまってしまうほどです。旅に持ち歩いて目覚ましに使っても邪魔にならない大きさです。
P7191469

夏草
このところ、連日近所の道路沿いの草を刈っている方があります。朝の比較的早めの時間と夕方に草刈機の音がしています。草刈や農作業中に熱中症という話を聞きます。日陰のないところで長時間の作業は危険です。

昨夜は風があり、窓を開けていると扇風機も不用なほど涼しく過ごせました。五階に住んでおり、周囲にはそれほどの高さの建物がないため、部屋の風通しは大変いいのです。夏は海陸風がはっきりして、昼は海から内陸へ向かう風が部屋を吹き抜け、夜は陸から海へ向かう風が吹き抜けます。しかもすぐそばに川があり、風は川の上で冷されて吹き込んできます。

一階や二階に住んでいたらエアコン無しではとても暮らせないでしょう。しかし、この高さと海、川のおかげで随分助かっています。防災と暮らしやすさを考えると、瀬戸内沿岸で、川のそばのやや高い建物というのは理想的ではないかと思っています。
IMG_5859

夏燕
ツバメがこのあたりにいるのもあと一ヶ月ほどになりました。東日本大震災のとき、ツバメが渡ってきたのを見て、被災地にも行くのだろうなと感じたのを覚えています。今回の水害で、巣をかけていた家が流されてしまったツバメもいたでしょう。時期的にはヒナはもう巣立ちしていたかもしれませんが。

空を飛ぶ鳥は古くから自由の象徴でした。何も持たず、軽々と自分の身ひとつで生きています。科学的に見れば、厳密な遺伝子の制御下にあって、そこからはみ出ることが出来ない鳥は、人間よりも不自由なのだといえます。しかし、自由が何か、を知っている人間にとって、海も国境もものともせずに渡っていく鳥は、ときにうらやましく思えたことでしょう。
IMG_5862

夏三日月
「月」と単独で用いると秋の季語です。そのため、それ以外の季節であれば、それぞれの季節を頭につけます。今日は旧暦の6月6日、月が満月に向かって太っていく時期です。

旧暦は月の満ち欠けを基準とした太陰太陽暦でしたので、江戸時代以前の人たちは月と深い関係を持って暮らしていました。花鳥風月というだけあって、月は風流のメインテーマだったのですね。
IMG_5846

合歓の花
暑い日が続きます。梅雨明けからまだ一週間です。立秋が8月7日、このころまでは猛暑が続くと思われます。十年ほど前、10月になっても非常に暑い年がありました。あのときを連想させる暑さです。

気象庁は熱中症への注意を呼びかけています。昨日も数人が熱中症と思われる症状で亡くなっています。草刈中、農作業中と書いてありました。その年齢を見たら、90代の方がふたり。高齢者は予備力が落ちている上に、喉が渇くなどのサインにも気づきにくく、用心しすぎるくらいで丁度いいのです。
IMG_5839


涼し
夏は暑いので「涼し」が季語になります。涼しさは体感温度そのものだけでなく、せせらぎの音、青系統の色彩、麻の肌触りなど五感すべてで感じられます。そういうものを生活の中に取り入れ、涼しさを感じられる演出をするのも生活の知恵でしょう。
IMG_5762

酷暑
昨夜は暑かったです。今朝は雲ひとつない青空で、朝から日中の暑さが思いやられます。予想最高気温は35℃です。アスファルトにできた家々の影に、外に出たくないと思ってしまいます。部屋にいて南北の窓を開け放っていれば、風がよくとおり快適です。蝉も本格的に鳴きはじめました。

海が近くにあるため、まだこれで済んでいますが、内陸部は40℃になるかもしれないという予報で、ここまでいくと外出は危険です。豪雨の被災地では、被災者のみなさんは家もなく、冷房もなく、お風呂も、満足な着替えもなく過ごされているのでしょう。暑さでこれ以上の犠牲者がでないことを祈りたいです。
P7151464

夕焼
今日は猛暑でした。この先一週間も軒並み35℃前後の最高気温が続く見込みです。

日経ビジネスの「AIが英語学習を変える」という記事で、Google翻訳の凄さについて書かれていました。その精度が驚異的だというので、試しに自分のブログの記事を翻訳してみました。一部修正していますが、ほぼ私が自然に書いた日本語そのままです。

驚異的というのが納得できました。ほんの2,3年前までGoogle翻訳で長い日本語の文章を英語に翻訳すると、何がなんだかわからないものになっていました。しかし、今回の翻訳に関して、意味は完全に通じると思います。自然な英語の文章としてどうなのか、という点は残りますが、その精度も日々あがるはずです。

これを機械に読み上げさせることもできます。これだったら、高いお金を出して英会話学校に通う必要なんかありません。自分でブログを書いて毎日Google翻訳で英語に変え、それを書き写し、いっしょに音読すれば、かなりのことができます。これ、一年やってみたらいいかもしれません。

【6188】
夕焼けは夏の季語です。観天望気で夕焼けは翌日の晴天を示すとされています。昨日は壮大な夕焼けが見られました。夕焼けの美しさ、全天を染め上げる太陽と大気の芸術はどこのどんなところにいても楽しめます。

今日は朝からかっと日が照りつける晴天です。姫路の予想最高気温は36℃。昨日より3℃高くなっています。蝉の声も聞こえてきました。豪雨の被災地では捜索と後片付けが続いています。雨よりはいいのでしょうが、この厳しい暑さ、熱中症には十分注意していただきたいと願います。

Sunset is a summer season word. Looking at the sky, sunsets are said to indicate the sunny weather of the next day. Yesterday a magnificent sunset was seen. You can enjoy the beauty of sunset, the art of sun and atmosphere that dyes the whole sky anywhere.

It is a fine weather that the sun will strike back from the morning. Himeji's expected maximum temperature is 36℃. It is 3℃higher than yesterday. I heard the voice of cicadas. Search and cleaning have been continued in the disaster areas of heavy rain. I wish it would be better than rain, but please pay attention to this severe heat and heat stroke.

【6187】
部屋から外を眺めていると、ツバメが数羽家々の屋根や電信柱の間を飛びまわっているのが見えました。同じ巣で育ったツバメたちと思われます。家の周辺では3月の末ごろに飛来し、お盆前後に南へ向かって飛び立ちます。

若い鳥と子育てを終えた成鳥とは、芦原に集団ねぐらを形成します。渡りの時期が近くなると、空の高いところを盛んに飛ぶようになり、ある日忽然と姿を消します。

As I looked out of the room, I could see several swallows flying between the roofs of the houses and the electric pole. It seems to be swallows who grew up in the same nest. In the vicinity of the house, it flew by the end of March, and flew to the south around the Bon festival.

Young birds and adults who have completed child rearing will form collective roosters on the reeds. When the time of migration comes close, it will fly high in the high place of the sky and disappear one day suddenly.
P7131462






このページのトップヘ