優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

紅葉
昨夜は支笏湖温泉の宿に到着するころから雨になり、夜は風交じりでかなり激しく降りました。しかし、今朝には小降りとなり、宿を出るころには小雨がぱらぱらしている程度になり、湖畔を歩いているうちに雨はやんで急速にお天気が回復しました。

今日は一日支笏湖畔で過ごしました。支笏湖は最大水深363mで田沢湖に次ぐ第二の深さがあります。透明度が高く、日が差し始めると鮮やかな紺碧となる美しい湖です。北西側に恵庭岳(1,320m)がそびえています。

湖畔はいまが紅葉シーズン真っ盛りです。北国の紅葉の鮮やかさはさすがで、雨上がりの日差しに輝くようでした。湖を完全に一周する道路はなく、レンタカーで走れる範囲の道路をひととおり走り、紅葉を満喫しました。
P_20181024_140222_HDR
P_20181024_141342_HDR
P_20181024_141403_HDR

紅葉
今日の午前中は小樽の運河周辺を歩きました。その後、小樽天狗山ロープーウェイで小樽市街を見下ろせる天狗山に登りました。山上のレストランで景色を見下ろしながらお昼ご飯を食べ、その後、山上を回る自然歩道を歩きました。今が紅葉、黄葉の最盛期です。今夜は支笏湖温泉に泊まっています。
P_20181023_130753_HDR
P_20181023_130314_HDR
P_20181023_121951_HDR

秋晴れ
北海道に来ています。もっと寒いかと思っていましたが、姫路とそれほど変わりないです。今日は余市町のニッカウヰスキー余市蒸留所の見学に行きました。創業者・竹鶴政孝の話はNHKの『マッサン』で有名になりました。明日は小樽を歩きそれから支笏湖へ行きます。P_20181022_134517_HDR
P_20181022_134622_HDR
P_20181022_142138_HDR


末枯
末枯(うらがれ)の末(うら)とは、草や木の枝先や葉の末を意味します。晩秋になるとそこから枯れ始めます。枯れの走りであり、先は枯れていてもまだ大部分の緑は残っている状態です。

ゆうちょについて、9月にATMへ入金に行ったら、10月からゆうちょ口座間の振込であっても2回目からは有料になる、とのお知らせがでていました。これまでは月間5回までは無料でしたから、大きな値上げです。これまでゆうちょでお金のやり取りをしていた人に、10月からはイオン銀行を使おうと連絡しました。

ところが、10月になってインターネットでゆうちょの口座を開くと、ゆうちょ口座間なら5回まで無料という表示が変わらず出ています。「ATMを使っての振込の場合は2回目から有料になるが、インターネットを使っての振込なら今までどおり5回まで無料」ということでした。ネットバンキングの方が有利なのです。

ATMを稼動させるためには、そこに現物のお金が入っていなければいけません。しかし、ネット上での資金移動なら、数字が変わるだけです。銀行側にかかる経費と手間が全く違います。ネット銀行は通帳がありません。ゆうちょも通帳レス化を進めており、そのうち紙の通帳は有料化されるだろうと思います。IMG_0107


山粧う
俳句では山は笑ったり眠ったりします。春は「山笑う」、夏は「山滴る」、秋は「山粧う」、冬は「山眠る」です。姫路は暖かいのとろなので、晩秋になってそろそろと紅葉が始まります。初冬のころが紅葉の盛りです。

イオン銀行と楽天銀行を比較してみて、ネット銀行においても、店舗を持つことのメリットとデメリットに気づきました。今や異業種から銀行業務に新規参入が相次いでいます。ゆうちょを見ていると、店舗が多いことがかつてはメリットだったのに、今は重荷になっているのだろうと想像できます。

新規参入の銀行は専用の店舗や窓口を持ちませんからその分の経費が浮きます。イオン銀行の普通預金金利は、イオンカードセレクトを持っていた場合、ゆうちょの100倍です。イオンカード保持者ならイオン銀行に口座を作り、イオンカードセレクトを持たないと損です。

私は生鮮食料品のほとんどをイオンか系列のマックスバリュで買います。それゆえ、イオンカードセレクトに電子マネーWAONも入れて、店舗での決済はすべてWAON。そしてオートチャージにしています。WAON残高が3000円以下になったら、自動的にイオン銀行の口座からWAONにチャージされます。

公共料金はイオンカードのクレジットを使い、引き落とし口座はすべてイオン銀行です。これらに応じて都度ポイントがつきます。こういう相乗効果があるため、できる限りイオン銀行に集約してポイントをためた方がトクなのです。

実際の小売店舗にたびたび行って買い物をするため、そのついでにATMが使えるというメリットは大きいです。楽天銀行は店舗を持たないことによる経費節減はできるでしょうが、ATMをどこかで借りねばならず、そこがデメリットになっているのでしょう。

利用者にとってより利便性の高い銀行を選ぶ時代です。イオンで買い物などしないという人はイオン銀行に口座を持ってもメリットはありません。コンビニを毎日のように使う人なら、セブン銀行やローソン銀行が使い勝手がよくポイントもたまるでしょう。

金利を比較すれば、従来型の銀行はネット銀行には全く歯がたちません。いまだにゆうちょの口座を利用しているのは、ゆうちょしか引き落としに使えないというサービスがいくつもあるからです。これらが全部ネット銀行に開放されたら、ゆうちょはかなり厳しいのではないかと想像します。IMG_0108


晩秋
播磨灘を含む瀬戸内海は多くの船が行き交うところです。増位山の頂から見える播磨灘にも常に船の姿があります。

楽天で買い物をした場合、楽天カードで支払うとポイントが倍になります。さらに、カードの引き落とし先を楽天銀行にすれば、3倍になると楽天市場のHPには書いてあります。

楽天銀行の口座を持っていますが、ほとんど使っていませんでした。そこで、この機会に楽天銀行を使ってみようかと考えました。しかし、楽天は店舗を持っていません。ATMはいろいろ使えるようですが、イオンとローソンのATMで楽天銀行のカードを入れてみたところ、制約が多いことがわかりました。

3万円以上口座に残金が無いと、入出金にお金がかかるようです。また残高によって無料取引回数に制限があります。これを見たとたん、やーめた、と思いました。ポイントが倍になる程度のことで、引き落とし先を楽天銀行にするほどのメリットはありません。

従来型の銀行でない銀行の口座としては、すでにイオン銀行の口座を持っており、こちらの方がはるかに便利で、ネット銀行のメインはイオン、従来型はゆうちょにしています。

イオンは品物を売る店舗を持っており、ATMはその中に設置されているため、入出金は店舗が開いている時間帯ならいつでも何度でも無料です。セブン銀行も同様でしょう。店舗を持たない楽天銀行はこの点でイオンやセブンイレブンに太刀打ちできません。ローソンも銀行業務を始めたようで、驚きました。IMG_0101


敗荷
敗荷(やれはす)とは、枯れて破れた蓮の葉のことです。朝は快晴であっても、午後になると雲が出てくることが増えました。兵庫県の日本海側では時雨がちの天気となり、冬が近いと感じます。フリースの上着を出して着ました。十日ほど前はまだ半袖だったので、暑い状態が長く続き、急に寒くなった印象です。

私はこれまでAmazonのヘビーユーザーで、ネット通販のほとんどがAmazonでした。しかし、ときおり楽天の方が安いものがあることに気づきました。Amazonにしか無いものもありますが、楽天にしかないものもあります。双方見比べて、そのときに安い方で買うのが賢いやり方だと思います。
IMG_0097

秋の夜
昨夜、車で走っていたら、路線バスの後ろになりました。そのバスが御座候のラッピングバスでした。
img_2
「御座候」といっても、姫路以外の地域の方には何のことかわからないと思います。これは、姫路市に本社がある御座候という会社の名前であり、そこの主力商品である回転焼の名前でもあります。「お買い上げ賜り、ありがたく御座候」からとられているそうです。548ee05a283978553b69f5e9
姫路の人は回転焼とか今川焼とかと聞いてもぴんと来ません。子どものときから御座候に親しんでいるので、あの食べ物は御座候とイコールなのです。小豆餡(赤餡)とインゲン豆の一種であるテボウ豆の餡(白餡)の二種類があります。目の前で焼いている様子を見せる実演販売もしています。5336d6a4ab4eaa5efa451254
お土産に買う場合、二種類が五個ずつ入ったものを買うのがポピュラーです。人によって好みがあるため、どこにどちらの餡のものが入っているか箱に明記されます。姫路のお菓子の代表格です。熱々を食べるのも美味しいですし、冷えたものを電子レンジで温め、表面をぱりっと焼いて食べるのもいいです。55c43542ad8e444b62c66624
姫路市内を走る神姫バスが、車体のラッピング広告に御座候を取り入れたときは話題になりました。バスの直方体の車体が御座候のパッケージそのままだったからです。時々このバスに出会うと、ラッキーという気分になります。

秋深し
スポーツの秋、芸術の秋と言いますが、そういう感覚は仲秋を過ぎてからのものだと感じます。初秋は8月、仲秋は9月、晩秋は10月とほぼ重なります。初秋は酷暑で、外で身体を動かす気力は失せます。

昨夜のテニスコートは大勢の人がいました。ずっとテニスをしている人は暑いときも寒いときもやりますが、たまにプレーする人は寒暑の厳しいときは避けるでしょう。自然の中へ行くのにも一番いいころです。
IMG_0092

すすき
ブラウザには主にGoogleChromeを使っていて、拡張機能に広告ブロックを入れています。広告ブロックもいまやいろいろと出ています。

メールは主にOutlookの無料バージョンを使っています。右端に広告のスペースがありますが、広告ブロックのせいで、そこは空白になっています。「広告ブロックをお使いのようです。受信トレイのスペースをフルに使うには、広告なしのOutlookにサインアップしてください」と出ます。これ、2,520円(年額)かかります。

受信トレイスペースをフルで使う必要はないので、広告ブロックを有効にしたまま使っていました。スペースの横にカラーで写真やら何やらが並ぶのは鬱陶しいものです。

Windowsは二週間に一度ほど更新プログラムがダウンロードされます。先日、更新プログラムがダウンロードされた翌日に使い始めたら、広告ブロックがONなのに、この広告スペースに広告が表示されるようになりました。Microsoft側がこの広告ブロックを回避するものを更新プログラムの中に含めたのでしょう。

広告ブロックもいろいろあって、強力すぎるものは見たいものまでブロックしてしまいます。埋め込まれている動画などが見られないこともよくあり、そういうときは広告ブロックを一時的にOFFにします。

私が欲しい広告ブロックは常時見事に働いてくれて、なおかつ必要に応じてブロック機能を簡単にOFFにもできるものです。今まで使っていたものはそれをうまく果たしてくれていたのですが、Microsoftのこの措置で、別の広告ブロックに切り替えなければならなくなりました。

よく利用されている広告ブロックを回避する手段を彼らも考えているのでしょう。しかし、そんなことをしたところで、嫌なものは嫌ですから、広告ブロックを乗り換えるだけのことです。広告ブロックによってどれだけ画面がすっきりするか。一度使ったらあのごちゃごちゃした画面には耐えられません。
IMG_0099

このページのトップヘ