冷し
朝護孫子寺本堂の下では戒壇めぐりができます。真っ暗な中、壁をたよりに戒壇の下をひとまわりします。前を行く人の姿すら全く見えない闇で、途中、一ヶ所だけほのかな灯りのなかに仏さまの姿が見えるところと、本尊の真下にある錠前に触れられるところがあります。右手で壁をつたって歩きます。闇の心理的効果は抜群で、わずかな時間ですが、別世界に行ってきたような気持ちになれました。
IMG_4961