日短か
昨日は仕事で大阪に行っていました。午後の早めの時間に終わったので、昨日からタカシマヤで開かれている『浅田真央展』に行きました。予定を見て、これに行けるラッキーと思いました。入場は無料で、衣装やメダル、パネル写真を見ることができます。

前回、ソチ五輪の年にも開かれていて、そのときも見に行きました。前回も今回も最も印象に残ったのは、浅田真央さん自身が使ったスケート靴です。白とベージュの二足が飾られていて、革の部分はどちらもエッジが当たってボロボロ。華やかな衣装の数々も素晴らしいですが、それらすべてを支えていたのがこの靴。日々精進の結果だよなあと思いながら見ました。

会場の外のグッズコーナーで、おむすびが販売されていました。彼女は今年新潟コシヒカリのCMキャラクターをつとめており、その縁でコラボの「まおむすび」が実現。お昼ごはんを食べていなかったので大阪限定の「たこやき風」と「大阪神宗塩昆布」を買っていただきました。たこやき風は、たこ焼きの味が強く出て美味しかったです。
P_20171213_151456
P_20171213_154942

この会場に行く途中で、ガラケーがないことに気づきました。私は通話用にガラケー、データ通信用にスマホと携帯電話を二台持ちしています。スマホはいろいろ使うのですが、ガラケーは通話の待ちうけとメールくらいしか使わないので、そのときまで気がつきませんでした。

電車の中に違いないと考え、大阪駅の忘れ物センターへ行きました。スマホの中に、乗った電車の記録が残っていたのでそれを伝えたところ、終着駅で確認できたとの答えをいただきました。こういうとき、記録があると話が通るのが早いと実感しました。見つからなかったら電話を止めたり買い替えやら大変だなあと思っていたので、ほっとしました。