霜の朝
今朝はよく晴れて一面に霜がおりていました。晴天で放射冷却のために朝は冷え込み、日中は晴れて気温があがる、というのが瀬戸内海沿岸部の典型的な冬の一日です。週末、兵庫県の北部は雪だったようです。車で90分ほども走れば北部です。それほど距離は離れていないのに、分水嶺の峠を越えれば別世界になります。
PC181125