You's world news co.,

y_w_n_co スポーツコラム(特にサッカー・競馬・野球)のブログを書いています。

ちょうど1年ほど前にリハビリを終了した左肩。
そしたら今度は右肩が痛くなってきた。
全く同じような痛み。
痛み止めの薬を飲んでもほとんど効果もない。
なので、また治療&リハビリの日々が再開。
今度はどのくらい掛かるのか。
2月から始めているゴルフレッスン、ジム通いは継続できるのか。
前回の左肩は痛みのきっかけが明確に分かった。
しかし今度は分からない。
今回の方が色々と不安要素が募る。
そうじゃなくとも、ここ最近色々と身体にガタが来てると感じているだけに、健康的な生き方をまた見つめ直すしかない。
ひとまずはリハビリしながら、身体を整えていく作業をします。
健康第一。


You's world news co.,



期待膨らんだ秋は3戦し、いずれも惨敗であった。
飛躍の季節とはいかなかった。
スタート、気性、スタミナ面、様々なところに課題を感じた秋だった。
ひとまず立て直そう。
これでもう終わり、となる馬ではないはずと信じて。


You’s world news co.,




デビューから2戦闘った。
デビュー戦は最後こそ一応伸びてはいるものの見せ場無し。
芝からダートに変わる2戦目はどうなるかと思っていた。

その2戦目もスタートは今一つ。
やはりまだ芝では通用しなさそう。
その後も追走は一杯一杯な様子。
これでは府中の直線は保たないかと思いきや、内からじわじわと伸び、上位3頭とは離れたものの4着でフィニッシュ。

スタート、道中の走りからすれば大健闘とも言える走りに見えた。
叩いた効果、ダート適性が実った感じだ。
調教がビシビシ出来るタイプでは無いので、続戦は無さそうだが、ひとまず目処は立ったように見える。
何とか次はもっと上位を、と願うばかりだ。


You’s world news co.,










だいぶ涼しくなってきました。
ゴルフをするにはちょうどいい感じです。
そんな中で今回お邪魔したのは上総富士ゴルフクラブ。
数年前に一度お邪魔したことがあったのですが、その時は土砂降り。
スコアも散々。
しかし、今回は良い天気で前回の悪いイメージを払拭できそうと臨んだ今回は2つの課題をプレーしながら立ち向かっていきました。

IMG_2725

課題 その1
「白ボール克服」
いつもはイエロー系のカラーボールでラウンドします。
その影響か、白いボールだと視認イメージが変わっている感じがして、コースでは良いプレーが出来ないでいました。
さらに最近は練習場でも上手くボールを当てられないことも多々あり、これは白いボールへのイメージを改善させなければならないと感じたので、普段使っているカラーボールを封印し白いボールでラウンドしました。
この日はドライバーが絶好調で、最初のホールこそしっかりつかまって左へ行ってしまいましたが、他のホールはしっかりと真っ直ぐに綺麗に飛んでいきました。
飛距離も普段より10ヤード以上は飛んでおり、この点では白いボールだから、ということは気にならなかったです。
ただし他の番手、特にフェアウェイウッド、ユーティリティ、ウェッジは綺麗に当てられず自分の感覚を終始つかめないまま終わってしまいました。
特にウェッジの距離感が酷く、アプローチでだいぶ損をしました。
これが白いボールの影響なのかはなんとも言えないので、改めて技術向上、フォーム安定に努めていく必要があります。

課題 その2
「速いグリーンへの対応」
この日のグリーンは10.0ft。
そこそこ速めです。
速いグリーンは苦手。
いつもはパターが良く、スコアを伸ばす一助になっていますが、今回はそれがどうなるかという課題を持ってプレーしました。
結果としては散々。
課題は課題のままでした。
アプローチが悪く、そもそもロングパットが増えましたが、それにしても3パットばかり。
パットだけで一体何打損したのだろうか、という状態で課題克服とはいきませんでした。

なので結果としては55-47の102と、久しぶりに100叩き。
情けない限りです。
後半が良くなったので、克服に向けて一歩踏み出せはしたのかと思いますので、引き続き練習してAverage90を当たり前にするようにしていきたいと思います。
あとは絶好調だったドライバーの出来をキープできれば、だいぶスコア向上につながるので、これは良い面として継続させていきたいです。
また近々ラウンドする予定ですので、その時に向けてがんばります!


You’s world news co.,




無事にデビューを果たしたラブリュス。
3戦経過して、まだ未勝利を脱出できない。

初戦は芝の短距離という条件が全く合わず、見どころなし。
2戦目からはダート。
ダートでは走る雰囲気を見せ始めてくれているが、芝スタートではダメである。
3戦目では距離延長に挑戦。
大差ではあるが2戦続けて掲示板は確保した。

ジリジリとではあるが、最後まで伸びる。
道中の追走がもっと楽になればどこかではハマってくれる、と淡い期待は持ち続けたい。
段々と走る条件が見えてきた。
それに見限ることなく、松若騎手が乗り続けてくれている。
手慣れた鞍上のもとで状態整え、再挑戦したときには勝利を願う!


You’s world news co.,

このページのトップヘ