遊星王子の青春歌謡つれづれ

歌謡曲(青春歌謡)がわかり、ついでに文学と思想と歴史もわかってしまう、とてもためになる(?)ブログ。青春歌謡で考える1960年代論。こうなったらもう、目指すは「青春歌謡百科全書」。(ホンキ!?)

 「遊星王子」は遠い星からやってきました。ふだんは東京の街角の靴磨き青年に身をやつしています。アメリカの大都会の新聞記者になりすましているスーパーマンに比べると貧乏くさいけれど、これが日本、これが戦後です。
 宇宙から日本にやって来た正義の味方としては、スーパー・ジャイアンツには遅れましたが、ナショナルキッドよりは先輩です。
(またの名を落日の独り狼・拝牛刀とも申します。牛刀をもって鶏を割くのが仕事の、公儀介錯人ならぬ個人営業の「解釈人」です。)

 「青春歌謡」の定義や時代区分については2011年9月5日&12月31日をお読みください。暫定的な「結論」は2012年3月30日に書きました。
 この時代のレコードの発売月は資料によってすこし異なる場合があることをご承知ください。
 画像も音源もネット上からの無断借用です。upされた方々に多謝。不都合があればすぐ削除しますのでお申し出下さい。
 リンク先が消滅している場合は、ご自分で検索してみてください。youtubeの動画はアカウントを変えて「不死鳥のごとく」(!)よみがえっている場合が多いので。
 お探しの曲名や歌手名・作詞家名があれば、右の「記事検索」でどうぞ。
 「拍手コメント」には返信機能がないので返信できません。コメントやご連絡は「メッセージ」(右上「遊星王子」画像の下の封書のしるし)をお使いください。非公開です。
 なお、以前の記事にも時々加筆修正しています。
 *2015年2月23日
 「人気記事」を表示しました。直近一週間分の集計結果だそうです。なんだかむかしなつかしい人気投票「ベストテン」みたいです(笑)。(一週間じゃなく5日間じゃないのかな?)
 *2015年7月25日
 記事に投稿番号を振ってみました。ブログ開始から3年と11か月。投稿記事数426。一回に数曲取り上げた記事もあるので曲数は500曲ぐらいになるでしょう。我ながら驚きます。

510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)

 ペギー葉山の歌った曲をもう一曲。「モッチャベン」というおかしなタイトル。NHKの連続ラジオドラマ「黄金孔雀城」の主題歌です。
 「黄金孔雀城」は北村寿夫原作による「新諸国物語」シリーズの一つ。
笛吹童子・北大路欣也・レコード 当時は「連続放送劇」といったNHKラジオ「新諸国物語」シリーズは以下の通り。
 (*は映画&TV。東映映画「笛吹童子」「紅孔雀」「七つの誓い」の主演はもちろん中村錦之助。
 右にめずらしい画像を添えておきます。17歳の北大路欣也が主演した昭和35年のテレビ版「笛吹童子」のレコードジャケットです。左が菊丸:北大路欣也、右が萩丸:山手宏太郎、中央は桔梗:新草恵子でしょうか。)
 「白鳥の騎士」s27 *新東宝s27 *NETTVs37
 「笛吹童子」s28 *東映s29(三部作) *NETTVs35
 「紅孔雀」s29 *東映s29~s30(五部作) *NETTVs36
 「オテナの塔」s30 *東宝s30-12
 「七つの誓い」s31 *東映s31(三部作)
 「天の鶯」s34
 「黄金孔雀城」s35 *東映s36(四部作)

 つまり「黄金孔雀城」は「新諸国物語」の最終話だったのでした。
 琉球王国の黄金孔雀城が裏切り者と日本海賊に滅ぼされ、その二十年後、舞台は室町末期、戦国乱世の京都周辺、王国の遺児たちを中心に正義の若者たちが結集して悪と戦う、といった設定。失われたユートピア再興という「八犬伝」風のテーマが貫き、仇討や貴種流離や隠された秘宝といったモチーフががはめ込まれて、妖術忍術入り乱れる華々しい伝奇ロマンです。
 けれども、同じくNHK連続放送劇「走れ源太」(s38)の3年前、「緑のコタン」(s37)の2年前のこのドラマ、私には当時ラジオで聴いていた記憶さえなく(もちろん映画を観たはずもなく)、かろうじてロマネスクで印象的なタイトルと主題歌「モッチャベン」の奇妙な文句の一節がおぼろげに残っていただけ。
 「新諸国物語」シリーズの主題歌中でも異色のこの歌、ネット上に二つだけ、この歌の思い出を書いているブログを見つけました。「ムーミンのミーハー日記」さんと「ぞうべいちゃん」さん、お二方とも記憶で書かれているので少し混乱がおありのようです。
ペギー葉山・モッチャベン/南の島の・ペギー葉山 「モッチャベン」は映画でも使われました。右画像のように、もう一つの主題歌(挿入歌)「南の島の」と併せてペギー葉山の歌唱でレコード化もされています。(ただし、映画主題歌の歌唱はペギー葉山ではありません。はたしてペギー葉山がラジオの主題歌を歌ったのかレコード吹込みをしただけなのかもわかりません。)
 以前ペギーの歌がyoutubeにもあったのですが、いま見当たりません。
 映画第三部のオープニングがこちらにあります。しかし第二部までのあらすじ紹介部分だけで、残念ながら、この後に続く「モッチャベン」が流れるタイトルロール部分はありません。
 このマイナー極まる(?)歌の歌詞を紹介して、極私的ペギー葉山追悼とします。
 (画像は東映映画「黄金孔雀城」(s36-3)ポスター。)

黄金孔雀城・ポスターモッチャベン(「黄金孔雀城」主題歌)
  昭和35年 
  作詞:北村寿夫 作曲:福田蘭童
 一 さあさみなさん よっといで
   芸題(げだい)は黄金孔雀城 
   くぐつまわして しんぜましょう
   モッチャベンタラ モッチャベン
   オモロデコモロデ モッチャベン
 二 さてもシャックリ 欠(かけ)とくり 
   りんとなるのが 馬のすず
   すずめがチュウチュウ さんだわら
   モッチャベンタラ モッチャベン
   オモロデコモロデ モッチャベン

 「新諸国物語」シリーズの原作者である北村寿夫の作詞。作曲は福田蘭童。福田蘭堂は尺八の名手だ黄金孔雀城s35-6少年ブック本誌ったそうで、なんと明治の洋画家・青木繁の息子でクレージー・キャッツの石橋エータローの父親。「笛吹童子」以後のシリーズの主題歌はみんな北村寿夫&福田蘭童コンビの作詞作曲です。
 歌詞はレコード版ではすくなくとも四番まであるようですが、ここには確認できた二番までを掲げました。三島みちひこによるまんが版「黄金孔雀城」の「少年ブック」昭和35年6月号本誌(右はその扉絵)に載った歌詞の引き写しです。(実は「福田蘭童」の名を「福田蘭堂」と誤植し、「芸題」に「げいだい」とルビを振るなど、ちょっと正確さに疑問符が付くのですが、歌詞はそのまま写しました。)

 「芸題(げだい)」は「外題(げだい)」と同じで、芝居の表題のこと。「くぐつ(傀儡)」は操り人形。「傀儡を回す」はその人形を操ること。傀儡師大道で傀儡人形を操って人形芝居を演じたり曲芸や奇術をしてみせたりする放浪芸人のことを「傀儡回し」「傀儡師(くぐつし)」またはたんに「傀儡(くぐつ)」と呼びました。
 (こちらのページに、右の貴重な画像がありました。寛政年間(18世紀末)の『摂津名所図会』に描かれた西宮の傀儡師の絵。文章には「くわいらい(し)」と仮名を振ってあります。清元にも「傀儡師(かいらいし)」という曲があるそうで、平安朝後期から存在したこの「傀儡師(くぐつし)」、江戸中期には「かいらいし」という呼び名が普及していたようです。首に下げた箱から小さな人形を取り出して人形芝居を見せるのです。)
 つまりこの歌、「さあさみなさん寄っといで、今日の演目は「黄金孔雀城」、人形を操ってごらんに入れます」と、傀儡師の客寄せ口上の趣向で始まるのです。
 これから始まるこのドラマ、諸君の血を沸かせ肉躍らせるはずだけれども、本当は傀儡師が上演するただの人形芝居にすぎません、それを承知なら一場の夢にお酔いなさい、という聴衆・観客へのメタ・フィクショナルなメッセージ。子供向けドラマの主題歌としてはまったく珍しい趣向です。
 ふつうはオープニングの主題歌からして観客・聴衆をドラマの中に引き込もうとするもの。だから「笛吹童子」も「紅孔雀」も、みんなみんな主題歌は物語内容の魅力を凝縮した歌詞。ところが、この「モッチャベン」は、逆に、これはあくまで芝居(フィクション)にすぎない、というメタ・メッセージを発信しているのです。ドラマを現実と錯覚させて観客を陶酔へと誘うのでなく、逆に覚醒させてしまう、ちょっと大げさに言えば、ドイツ・ロマン派的なアイロニカルな趣向です。
 もちろん、そんな大げさに言わずとも、昭和35年なら、傀儡回しはいなくても、紙芝居のおじさんは回ってきた時代、その紙芝居の客寄せ口上の時代劇版だと思っておけばよいのですが、とにかく、ドラマの内容を歌わずその「外枠」だけを歌ったこの歌、主題歌としてはほんとうに珍しい。
 (この歌詞を掲載した「少年ブック」では京の都で猿まわしをしながら父親を探すという少女が登場します。猿回しも放浪芸人。それならドラマの中に傀儡師も登場したのかもしれません。)
 上記「ムーミンのミーハー日記」さんは、記憶の中の2番として、
鐘が鳴ります夕闇に/くぐつまわしは消えて行く/回る舞台はまた明日(一部修正して引用しました)
と記しています。
 たぶん実際はレコード版の4番以後、全体の締めくくりの歌詞でしょう。「この続きは明日やるからまた見においで」と言って紙芝居のおじさんが自転車で去って行くように、人形を箱にしまって立ち去る傀儡師の姿、冒頭の客寄せ口上と照応して「外枠」がちゃんと閉じられました。

 さて、肝心かなめの「モッチャベン」が意味も由来もわかりません。何かの呪文なのか、物語の内容と関係があるのか、それともただのナンセンスな言葉遊びなのか。どうも「モッチャベン」を含む末尾2行のリフレイン全体が意味不明な言葉遊びめいているようです。
 私は「オボロデコボロデ」と覚えていましたが「オモロデコモロデ」。関西弁「おもろい」の語幹や琉球古謡「おもろ」などへの連想は誘うもののやっぱり意味不明。その「オモロ」と対で「コモロ」((「お」と「こ」が対になるのは漫才師「海原お浜・小浜」や「おぼん・こぼん」と同じ)。子どもは言葉と戯れるのが大好き。全体がナンセンスな言葉遊びなのでしょう。現にこのナンセンス部分だけが私の記憶に残っていたのでした。
 二番ではその言葉遊びが全面に展開します。「シャックリ」と韻を踏んで「とくり(徳利)」。欠けたとっくりで庶民の生活感。「とくり」末尾の「り」を受けて「りん」。また「すず」を受けて「すずめ」。このすずめの鳴き声は「チュンチュン」でなく「チュウチュウ」。北原白秋も童謡「雀のお宿」(弘田龍太郎作曲のもの)で「♪ 笹藪、小藪、小藪のなかで、ちゅうちゅうばたばた、雀の機織」と書いていたので、誤植ではないでしょう。すずめはこぼれた米粒をついばみに集まってくるので「さんだわら」(米俵の藁蓋、さんだらぼっち)。
 連想と語呂合わせで展開する「ずいずいずっころばし」みたいなナンセンスな俚謡・童謡に似ています。またたとえば、テキ屋のフーテンの寅(映画「男はつらいよ」)の、「四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水臭い云々」といった言葉遊びをふんだんに盛り込んだ客寄せ口上などを思い浮かべてもよいでしょう。口上の文句の面白さで客の気を引くのです。
 つまりは二番も大道芸人の客寄せ口上の延長上にあるのです。そして、この傀儡師が呼び集めようとしている観客は子供たちなのです。
 というわけで、「モッチャベン」の歌詞は物語のロマネスクな内容とはまったく無関係。ただドラマの「外枠」だけを歌う。そこが「新諸国物語」の(というよりほとんどのドラマの)他の主題歌とまったく異なるこの歌の特異性です。 

黄金孔雀城・七人の騎士・完結篇 なお、「黄金孔雀城」四部作が好評だったのでしょう、東映は続いて、里見浩太郎、山城新伍、河原崎長一郎、沢村訥升といった「黄金孔雀城」と同じ主要キャストで、「新黄金孔雀城 七人の騎士」(三部作 s36 右は第三部ポスター)を作りました。やはり乱世に結集した正義の若者たちが悪と戦う伝奇ロマンなのですが、まったく別な役名、別な設定、別な物語で、「黄金孔雀城」の続篇というわけではありません。「新諸国物語」という角書もなく、「原作 北村寿夫」とはいうものの、おそらく(今風にいえば)「黄金孔雀城」の「世界観」だけを借りた一種の「二次創作」なのではないかと思われます。ボニー・ジャックスが歌うオープニング主題歌「七つの駒」も、北村寿夫&福田蘭童の作ではなく、当時の西部劇ブームにあやかってウエスタン調なのでした。

509 ペギー葉山「学生時代」 追悼・ペギー葉山(1) 大学の青春

 ペギー葉山が4月12日に亡くなりました。昭和8年(1933年)生れ。享年83。
 ペギー葉山はその名(芸名)が示すとおり洋楽系。無造作につけた芸名らしいのですが、彼女の世代にはガイジン(アメリカ人)風の愛称を付けた歌手がたくさんいて、フランク永井(1932生)ナンシー梅木(1929生)バーブ佐竹(1935生)ジェームス三木(1935生)等々。たいていジャズ系出身だったり進駐軍キャンプまわりをしたり。その名前に占領下日本の名残があります。
 青春歌謡時代の彼女のヒット曲、「学生時代」を。これまで何度か短く言及したことがありますが、この機会にあらためて書いて追悼としましょう。こちらのレコード音源で聴きながらお読みください。「show-WA!」さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (少しテンポが速いと感じられるかもしれませんが、以下に記したように、レコードの演奏時間は「2分59秒」。これがもともとの曲のテンポです。ゆったり歌う他のネット上の音源は後日の再吹込みでしょう。)

ペギー葉山「学生時代」
  昭和39年12月発売
  作詞・作曲:平岡精二
ペギー葉山・学生時代 一 つたのからまるチャペルで
   祈りを捧げた日
   夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
   なつかしい友の顔が 一人一人浮かぶ
   重いカバンをかかえて かよったあの道
   秋の日の図書館の
   ノートとインクのにおい
   枯葉の散る窓辺 学生時代
 二 讃美歌を歌いながら 清い死を夢みた
ペギー葉山・学生時代(再版)   何のよそおいもせずに 口数も少なく
   胸の中に秘めていた 恋への憧れは
   いつもはかなくやぶれて
   一人書いた日記
   本だなに目をやれば
   あの頃読んだ小説
   過ぎし日よ わたしの学生時代
 三 ローソクの灯に輝く 十字架をみつめて
   白い指を組みながら うつむいていた友
   その美しい横顔 姉のように慕い
   いつまでも変らずにと 願った幸せ
   テニス・コート キャンプ・ファイア
   なつかしい 日々はかえらず
   すばらしいあの頃 学生時代
   すばらしいあの頃 学生時代

 レコードジャケット画像は上の緑のジャケットが初版。発売当初は「鏡」の方がA面で「学生時代」はB面扱いだったことがわかります。下の赤いジャケットは「学生時代」の人気が高まったのでA面B面を入れ替えて再版したものだと思われます。
 私がここに引き写した歌詞は再版の歌詞。初版ジャケット裏の歌詞は三番末尾が「テニス・コート、キャンプ・ファイア なつかしいあの頃 学生時代」で終わっています。一番二番と行数がそろわないのでただの誤植かもしれませんが、ちょっと気になります。(初版レコードは聴いていません。しかし、初版も再版も「演奏時間 2分59秒」とあるのでやっぱり誤植でしょう。)
 レコード番号から推して、昭和39年(1964年)12月の発売。オリンピックの年、青春歌謡最高潮の年の年末です。
 もちろん青春歌謡の中心は、舟木一夫の学園ソング以来、高校生活。対して、これは大学生活、しかも回想。おそらく大学生活を歌った最大のヒット曲でしょう。

 高校生は「生徒」。厳密に「学生」と呼ばれるのは大学生だけです。(*高専生も「学生」と呼ばれますが、初めて高専(国立工業高等専門学校)12校が設立されたのはこの歌のつい2年前、昭和37年のこと。まだ一般化していません。)
 加えて、ここに歌われた学生時代がペギー葉山本人の青山学院時代の思い出をベースにしていることは[Wikipedia ペギー葉山]などが記しています。ペギー葉山自身は大学には進んでおらず青山学院女子高等部卒。その彼女の思い出なら、内容は(まだ占領下日本の)高校生活。しかし、やはり青山学院出身だった作詞・作曲の平岡精二はタイトル「大学時代」を主張したというので、作者・平岡の意識ではあくまで女子大生イメージの詞だったのでしょう。
 それに対して、ペギーがタイトル「学生時代」を主張したのだといいます。結果的にペギーの判断が正しかったわけです。「大学時代」では幅広い支持は得られなかったと思います。ペギーの主張理由を[wikipedia ペギー葉山]は「自分は大学へ行ってないから」と記し、[wikipedia 学生時代]は「みんな大学へ行く時代じゃないから」と記しています。
 たしかに、舟木一夫「ひぐれ山唄」(s41-5)の項で書いたように、東京オリンピックの年、昭和39年、高校進学率約7割に対して、大学進学率は2割(高校卒業者の3割)そこそこ、ことに女子は1割そこそこだったのでした。女子大生は同世代女子の10人に1人しかいなかったわけです。
 (高度成長期、大学進学率も急上昇。なかでもこの時期、なぜか昭和39年だけ突出して進学率が高かったのです。「過ぎし日よ」と唄っているのに合わせて最小限の4年だけさかのぼってみると、昭和35年の大学進学率は半分の10,3%、女子は5,5%にすぎません。 *ペギー葉山が高校を卒業したのはさらに9年さかのぼって昭和26年(1951年)、サンフランシスコ講和条約が締結された年。)

 大衆向け商品としての歌謡曲がもっぱら高校生にターゲットを絞ったのは当然です。
 実際、青春歌謡歌手が大学生の青春を歌ったのは、橋幸夫「大学の青春」(s37-6)と守屋浩「大学かぞえうた」(s37-8)ぐらい。ヒットした「大学かぞえうた」は東京の学生たちの間で歌い継がれていた「巷の歌」で、分類すればコミック・ソング。橋の「大学の青春」はTBS連続テレビドラマ「若いやつ」の主題歌(挿入歌)で、レコードでは「若いやつ」のB面。歌詞も大学生活と特定する必要もないような友情と仲間意識と青春讃美。映画主題歌(挿入歌)には加山雄三の「大学の若大将」(s36-7)もありますが、これもB面曲で夏の海で遊んでいるだけの歌。3曲とも青春歌謡の時代以前の曲。そもそも「学問の府」であるはずの大学の「まじめな」学生生活を歌った歌はほとんど皆無なのです。
 そういうなかで、これぞ「まじめな」大学の青春、と私が推すのは「青春をぶっつけろ」(s40-3)。ボニージャックス&矢野康子とそのグループの歌ったこの歌もTBS連続テレビドラマの主題歌。その一節「真理 人生 ああ青春」にはしびれました。
 「青春をぶっつけろ」の歌詞は旧制高校風の男子大学生。一方ペギー葉山「学生時代」は女子大学生。ともに大学の青春を歌った双璧とも呼ぶべき名曲です。
 どちらにも、たんに学生生活に適応して現実を享受するだけでなく、「超越志向」があります。「青春をぶっつけろ」は「真理」探究の姿勢によって。「学生時代」はキリスト教によって。学問も宗教も常識や世俗的価値観・人生観を疑い、高く超え出ていこうとするものです。
 
 「学生時代」が歌う思い出の舞台はミッション系の大学。一番で勉学、二番には文学(小説)、三番ではテニスやキャンプのレクリエーション。そうした学生生活の諸相を、「チャペル」、「祈り」、「讃美歌」、といった宗教的主題が貫きます。
 内気な彼女の恋愛願望が「恋への憧れ」にとどまっていたことと、「清い死」を夢想したり、美しい同性の「友」を「姉のように」慕ったりする心情はおそらく関連しています。宗教的主題と結んでいえば、根本はキリスト教道徳による肉体(=欲望)の抑制でしょう。それが「清い死」への憧れにもなり、異性愛の回避にもなるのです。しかもこの「姉のように慕い」は、以前交換日記の起源に触れて書いたような旧制女学校風な(禁じられた異性愛の代替としての)同性愛的傾向にとどまりません。白い指を組んで十字架に祈る「友」は、文字どおり「姉=シスター=修道女」のイメージです。(もっとも、「シスター=修道女」はカトリック。青山学院は新教(メソジスト派)だそうですが。)
 青春歌謡の精神の中心は大衆化されたロマン主義なのだ、と何度も書きました。また、明治時代のロマン主義精神形成にキリスト教が大きな役割を果たしたことも何度か書きました。
 ロマン主義とはいま・ここの現実を超えた彼方ものに引かれる心性、つまり超越志向です。青春歌謡がもっぱら歌った「夢」も「希望」も「理想」も、さらに「幸福」の象徴としての「恋愛」も、不本意に満ちた現在を超え出ていくもの。
 超越志向の究極は現世そのものの超越を説く宗教です。しかし、日本の神道はもともと現世利益的で共同体の因習と習俗にまみれていた上に、明治には「国家神道」として天皇制権力の思想統制の中枢を担います。仏教も江戸時代にすっかり権力と癒着して世俗化してしまっていたし、そもそも仏教の超越志向の果ては諸行無常の諦観、つまりは年寄り臭い「あきらめ」であって、とても目覚めた近代の青年を魅惑する力はありません。
 そういう既成宗教に対して、キリスト教は、国家や共同体の因習的な束縛を離脱して超越神と向き合う個人という自覚をもたらし、肉体よりも霊魂を重視する精神性をもたらしました。それが近代の青年たちをひきつけたキリスト教の魅力なのでした。
 青春歌謡には鐘(寺院の釣鐘でなく教会のベル)やら十字架やら、キリスト教的小道具をあしらった曲はいっぱいありますが、「学生時代」はなかでも一番「まじめな」曲だったといえるでしょう。

508 西郷輝彦「青年さくら音頭」(&元祖「さくら音頭」) 青春の桜(8)

 時節柄、満開の桜で一曲。
 以前「青春の桜」シリーズで取り上げなかった曲を。西郷輝彦「青年さくら音頭」。
 こちらで聴きながらお読みください。服部太三さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコードジャケット画像の下は、「別冊週刊明星」昭和42年1月号(s42-1₋15発売)表紙の西郷と吉永小百合。)

西郷輝彦「青年さくら音頭」 (*二番以後はカタカナの囃しことば省略)
西郷輝彦・ハイヤング節&青年さくら音頭  昭和42年1月発売
  作詞:星野哲郎 作曲・編曲:小杉仁三
 一 ハー踊りますのは この日本の
   花と呼ばれる 若者さんよ ヨイヨイ
   うたいますのは さくらの歌よ
   さくら(ヨイトセ)
   さくらよい花 国の花
   ヤーントセ ソレ ヤーントセ
 二 明日はたのむと 踊りのなかで
西郷輝彦s42-1-15&吉永小百合   ぽんと背中を たたかれました
   君もやっぱり さくらの花さ
   肩に 肩に春風 そよそよと
 三 胸に花など 飾るのはお止し
   君も私も 花ではないか
   七重八重咲く きぼうを胸に
   踊る 踊る姿が 絵じゃないか
 四 雨がありゃこそ ここまでのびた
   風がありゃこそ こんなに匂う
   若い僕らの こころをうたう
   さくら さくら音頭の たのしさよ

 「青春の桜」シリーズ(2)の「橋幸夫の桜百科&桜の詩学」で書いたとおり、花の歌をいっぱい歌った青春歌謡は、しかし桜をほとんど歌いません。御三家でタイトルに「桜」が入るのも、橋の「緋桜ふぶき」(s36-3)と西郷のこの「青年さくら音頭」だけ。しかし、「緋桜ふぶき」は青春歌謡の時代以前の股旅歌謡、西郷のこれも「音頭」つまり民謡仕立て。そしてどちらもB面曲。純然たる青春歌謡ではありません。
 これはA面の「ハイヤング節」とともに星野哲郎の作詞。「青年おはら節」とこの2曲と、西郷が歌った民謡調3曲はみんな星野哲郎の作詞でした。「青年おはら節」は昭和40年1月1日発売。この「ハイヤング節/青年さくら音頭」も二年後の1月1日発売。いわば「お正月レコード」。新年らしくおめでたくにぎやかに、という企画なのでしょう。(なお、昭和41年1月1日の「お正月レコード」は「西銀座五番街恋のGT」でした。他には「お正月レコード」はありません。)
 その「青年おはら節」の項で「西郷輝彦の桜百科」として書いたとおり、「男らしさ」が売り物の西郷が歌う桜はほとんどナショナリズムのシンボル
 これも一番で、まずは青年こそ「日本の花」、そしてさくらは「国の花」と、ナショナルなイメージで歌い始めます。二番では「明日はたのむ」と、大人に背中をたたかれます。「明日」は日本という国の未来でしょう。大人たちに日本の未来を託された「君も(僕も)さくらの花」、我ら若者こそ日本の精華だというナショナルな気概。三番ではナショナルなイメージは陰にひそめて、咲き誇る若さと「きぼう」のイメージへ。さらに星野哲郎らしいのが四番で「雨」「風」を人生の試練のメタファーにするところ。試練に耐えて若さはかがやくのです。

 ところで、「青年さくら音頭」と名づけたのは有名な元祖「さくら音頭」が先にあったから。
 昭和8年(1933年)夏、芸者歌手・小唄勝太郎(&三島一声)の歌った「東京音頭」(s8-7 西條八十作詞/中山晋平作曲)が爆発的な大ヒット。朝から晩まで夜になっても、あちらの路地でこちらの空き地で、レコードをかけて人々が集まって踊りまくる。まるで幕末の「ええじゃないか」を思わせる大衆的ヒステリー現象を呈したのは歌謡曲史上有名なエピソード。
 その異常なブームを受けて、翌昭和9年(1934年)、レコード各社(四社)競作(歌詞も曲もそれぞれ違う)で「さくら音頭」が発売されます。なかで一番ヒットしたのはやっぱり小唄勝太郎(&三島一声&徳山璉&小林千代子)が歌ったビクター盤「さくら音頭」(s9-2 佐伯孝夫作詞/中山晋平作曲)。 (こちらで聴けます。aito shutoさんに感謝しつつ無断リンクします。)
 「♪ハァ 咲いた咲いたよ弥生の空に ヤットサノサ」と歌い出すその歌詞の一部を抜き出せば、一番で「大和心の八重一重」、さらに二番では「花は桜木九千余万/散らばパッと散って/散って散って散ってパッと散って/ならばなりたや国のため」。「九千余万」は当時の日本の人口。
 桜の散りぎわのいさぎよさを愛でて、九千余万一丸となって「国のため」にいさぎよくパッと散る、読みようによっては戦争末期の「一億玉砕」スローガンの先取り。ただの歌謡曲の歌詞とはいえ、筆の勢いはおそろしいもの。佐伯孝夫、これじゃまるで軍国日本のお先棒担ぎ。踊る民衆はまるで陽気な死の舞踏!?
 二番の歌詞(だけ)を重視するなら、元祖「さくら音頭」は、「東京音頭」ブームでは無方向だった(それゆえ先の見えない不安な時代の狂騒だった)大衆的熱狂に明確な方向を与えようとする、つまりは軍国日本の民衆的熱狂を誘い出そうとする「音頭」(音頭取り=先導者、煽動者)なのでした。

 この元祖に比べれば、33年後の西郷輝彦「青年さくら音頭」は、ナショナリズムもソフトになって、詞も若さと希望を歌い込み、たしかに青春歌手にふさわしく、洋楽器がハイテンポで奏でる和洋折衷「音頭」です。

507 新川二郎「望郷」 望郷(3) 付・五五調について

 新川二郎の望郷の歌をもう一曲。タイトルもずばり「望郷」。
 オリジナル音源はありませんが、老齢の新川二郎(いまは改名して新川二朗)本人が歌唱している映像がこちらにあります。(新川二郎は昭和14年11月生まれ。4年前の映像なら74歳でしょうか。)umidori1さんに感謝しつつ無断リンクします。

新川二郎「望郷」
  昭和39年1月発売
  作詞:服部鋭夫 作曲・編曲:佐伯としを
新川二郎・望郷 一 この道は ふるさとへ
   ふるさとへ 続く道
   あの空は ふるさとへ
   ふるさとへ 通う空
   ひとしずく 涙おとして
   父母よ 吾が友よ
   つつがなく あれと祈る
   都の日昏れ
 二 この花は ふるさとの
   ふるさとの 野辺の花
   あの青は ふるさとの
   ふるさとの 水の青
   ぐみの実の 赤き唇
   忘られぬ あの人よ
   今もなお 胸に残る
   なつかしあの日
 三 この風は ふるさとへ
   ふるさとへ 向う風
   あの雲は ふるさとへ
   ふるさとへ いそぐ雲
   ことづてを 託すすべなく
   夕映えの 果て遠く
   去りゆきし 夢を偲ぶ
   都の日昏れ

 名曲です。演歌調で唄う望郷の歌。さすがは三橋美智也・春日八郎を擁したキング・レコードの伝統というべきでしょうか。
 「東京からふるさとへ」(s40-10)は手紙文体でしたが、これは格調高い五五調の歌詞。
 五五調は近代の定型詩でも、歌謡曲の歌詞でも、珍しい。ヒット曲ともなれば西條八十が作詞した舟木一夫「絶唱」(s41-8)ぐらいしか思い浮かびません。「絶唱」は一連4行(うち五五は3行)でしたが、これは倍の一連8行、うち6行が五五(そのうち1行は五六で字余り)。
 以前、守屋浩&島倉千代子「星空に両手を」(s38-9)の項で、定型詩の主流である七五調と五七調の特色を、七五調は軽快、五七調は重く停滞気味、と書きました。とはいえ、七五調も五七調も上句と下句がアンバランス、それゆえ不安定なので、たとえ下句が重い五七調でも動きを含みます。
 それに対して、五五では上句と下句が対等で均衡状態、まったく動きようがありません。つまり、五五調はなめらかな流露感が最も少なく、五七調以上に停滞します。しかも音数が少ないので、五五調は叙事や叙述には向きません。それが近代詩でもほとんど使われなかった原因でしょう。朗読してみればわかりますが、この詞も、一言一言切れ切れにつぶやくように、思いを込めて唇から押し出す感じになります。
 この道も空も花も水の青さも風も雲も、みんなふるさとに通うのに、望郷の念つのりながらも帰れないという思い。高度成長下、大量出郷の時代の出郷者たち、ことに、日々都会での仕事と生活に追われる下積み労働者たちの胸の思いだったでしょう。
 「父母よ吾が友よ/つつがなくあれと祈る」。この誠実な折り目正しさ。二番でぐみの実を食べて唇が赤く染まった「忘られぬあの人」の思い出は子供のころの思い出でしょう。三番の「去りゆきし夢を偲ぶ」は現在の彼が都会で「夢」かなわず失意の状態にあることを推測させます。 
 なお、東京オリンピック前のこの「望郷」で失意を抱えた望郷を歌っていた新川二郎が、オリンピックの一年後の「東京からふるさとへ」(s40-10)では、同じく出郷青年の立場から「若い希望が胸でこんなに燃えてます」 と希望を歌う、という対比も、時代相の変化として、興味深いところです。

506 青山ミチ「叱らないで」 追悼・青山ミチ(2) 背教者と聖母マリアと遠藤周作

 この際、青山ミチのカムバック・ヒット曲「叱らないで」も取り上げておきましょう。
 こちらで聴きながらお読みください。「ビクトルゆうご」さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコードジャケットの下、高橋元太郎と並んで笑顔の青山ミチは「明星」s38-5付録歌本の表紙。)

青山ミチ「叱らないで」
  昭和43年2月発売
青山ミチ・叱らないで/女と酒  作詞:星野哲郎 作曲:小杉仁三
 一 あの娘がこんなに なったのは
   あの娘ばかりの 罪じゃない
   どうぞ あの娘を 叱らないで
   女ひとりで 生きてきた
   ひとにゃ話せぬ 傷もある
   叱らないで 叱らないで マリヤサマ
 二 あの娘が戻って きた夜の
   外はつめたい みぞれ雨
   どうぞ あの娘を 叱らないで
   夢をなくした 小鳩には
   ここが最後の 止まり木よ
青山ミチs38-5&高橋元太郎   叱らないで 叱らないで マリヤサマ
 三 あの娘の涙は うそじゃない
   うそで泣くほど すれちゃない
   どうぞ あの娘を 叱らないで
   なにも言わずに 十字架の
   そばへあの娘の 手をひいて
   叱らないで 叱らないで マリヤサマ

 青山ミチは覚醒剤事件(事件の詳細は知りません)の後の昭和41年末、ポリドール・レコードからクラウン・レコードに移籍します。
青山ミチ・マンハッタン・ブルース ポリドール時代にはパワフルで陽気なポップス中心だった彼女、クラウンでは「マンハッタン・ブルース」(s42-9)など、腹の底から絞り出すようなブルース調中心にシフトしました。生き別れの父親が在日米軍の黒人兵だったという混血の彼女、自らの生い立ちの原点へと立ち返った再起だったともいえましょう。

 「叱らないで」はクラウン時代最大のヒット曲。ブルースというよりは演歌調です。
 作詞したのは、前回書いたように、「ミッチー音頭」(s38-5)の詞を書いた岩瀬ひろしと無名時代に歌謡同人誌「新歌謡界」で同期だった星野哲郎。(石本美由起が主宰した「新歌謡界」は1952年(s27)から1982まで30年継続したといいます。そういえば、私がその夭折を悼む安部幸子も「新歌謡界」で作詞を学んだのでした。)

 歌い出し「あの娘がこんなになったのは/あの娘ばかりの罪じゃない」に、戦後間もない夜の女を歌った「星の流れに」(s22-12 清水みのる作詞)の「♪ こんな女に誰がした」を思い出すのは、彼女の母親が米兵相手の売春婦だったなどとも云われていたからでしょうか。
 しかし、星野哲郎は何よりこの歌詞の「あの娘」に、覚醒剤逮捕によって転落し傷ついた青山ミチ自身の姿を投影しているように見えます。「どうぞあの娘を叱らないで」。青山ミチもそんな思いで唄ったのではないでしょうか。
 場所はキリスト教の教会。「あの娘」自身が祈るのではなく「あの娘」のために語り手が祈るのでしょう。しかし、「ここが最後の止まり木よ」というからには、行き場がなくなった「あの娘」もたしかにここにやって来ている、それも「戻ってきた」のです。ということは、マリア像があり祭壇があり十字架があるこの場所は「あの娘」がもともといた場所です。
 「あの娘ばかりの罪じゃない」。「」はここでは法律的というより倫理的、さらに「マリヤ」や「十字架」と結んでいえば宗教的。その宗教性を重視して大げさに言えば、「あの娘」はかつてこの教会の一員として神への信仰を持ち、しかし信仰を裏切って出て行った背教者。彼女が「こんなに」傷ついたのもその背教の結果。その背教者をも許してやってほしいと聖母の愛にすがる歌、ということにもなるでしょう。しかし、そうまで言っては重すぎて歌謡曲の枠を超えてしまいます。
 (キリスト教(新約)では、ユダヤ教(旧約)の神の峻厳な怒りをキリストが和らげ、それでは足りずに、さらに聖母マリアがやわらげます。ヨーロッパに既に存在したこの聖母崇拝をいっそう日本人風に推し進めたのが遠藤周作の宗教思想でした。そもそも、踏絵を「踏んでもよい」のだ、と許す小説『沈黙』の神は、殉教を讃えたカトリックの立場から見れば、あらかじめ背教をも許してしまう異端の神です。すくなくとも、怒りと裁きの父なる「神」ではありません。むしろ愛と許しの「キリスト」、というより、いっさいの弱さを許しいたわる「聖母マリア」に近い存在です。「母性空間」に生きる日本人の国民性はどうやら父性(正義)の厳しさに耐えられないらしいのです。)
 ともあれ、「あの娘」はここで育ち、ここから出て、「こんなに」傷ついていま「戻って」来ました。歌謡曲らしく解釈すれば、ここは教会というよりも、キリスト教会付属の、もしくはキリスト教会が運営する「チャペル(礼拝堂)」付きの孤児院だったのかもしれません。
 星野はなぜか「マリヤサマ」と「様」まで含めてカタカナ書きしています。カタカナはカタコトを暗示します。すると、カタカナ書きのカタコトで「マリヤサマ」に訴えかけるこの語り手は、日本人ならぬ外国人(カトリックの修道女?)なのかもしれません。あるいはまた、さらに深読みして青山ミチの生い立ちに強引に引き寄せれば、このカタカナ書きのカタコトは、「あの娘」自身が、日本語を「自然な」母国語としない混血児であることを暗示しているのかもしれません。こう書きながら、私は、進駐軍兵士と日本人女性との混血孤児たちを養育した「エリザベス・サンダースホーム」などを思い浮かべています。
 青山ミチ(昭和24年生れ)には、同年代の「日本人」歌手の若者にはない、暗く険しかった敗戦直後の匂いがします。

 なお、私は以前、三田明「恋人ジュリー」(s41-11)の項で、おおまかに言って、青春歌謡では「男の子はマリアに祈り、女の子は十字架に祈る」傾向がある、と書いて、それを青春歌謡における「マザコン」「ファザコン」の傾向として括りました。(青春歌謡の「純潔」志向が「マザコン」「ファザコン」の傾向と結びつくのでしょう。)
 しかし、この青山ミチ「叱らないで」が発売されたと同じ昭和43年2月、吉永小百合「夕陽のマリア」も発売されていたのでした。女性歌手二人がマリアに祈っていたのです。すでに青春歌謡終焉期で、しかも「叱らないで」は青春歌謡とはいえないにしても、「女の子は十字架に祈る」というのは少々強引な括り方だったかもしれません。
 しかし、「夕陽のマリア」にも「叱らないで」にも「マリア」だけでなく「十字架」もちゃんと歌われています。しかも「叱らないで」での「マリヤ」は「十字架のそばへあの娘の手をひいて」つれて行ってくれる存在。祈る対象はあくまで「十字架=キリスト」であって、「マリヤサマ」は罪人「あの娘」と「十字架=キリスト」との仲介者です。つまり、「返してお願いマリアさま」と「お祈りして」いる三田明「恋人ジュリー」(s41-11 吉田正作詞)の「僕」や「マリアに祈り」と歌うブルー・コメッツ「マリアの泉」(s42-6 万里村ゆき子作詞)の「ぼく」とは違うのです。
 だから以前書いたことは訂正しないことにします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 509 ペギー葉山「学生時代」 追悼・ペギー葉山(1) 大学の青春
  • 509 ペギー葉山「学生時代」 追悼・ペギー葉山(1) 大学の青春
  • 508 西郷輝彦「青年さくら音頭」(&元祖「さくら音頭」) 青春の桜(8)
  • 508 西郷輝彦「青年さくら音頭」(&元祖「さくら音頭」) 青春の桜(8)
  • 507 新川二郎「望郷」 望郷(3) 付・五五調について
  • 506 青山ミチ「叱らないで」 追悼・青山ミチ(2) 背教者と聖母マリアと遠藤周作
  • 506 青山ミチ「叱らないで」 追悼・青山ミチ(2) 背教者と聖母マリアと遠藤周作
  • 506 青山ミチ「叱らないで」 追悼・青山ミチ(2) 背教者と聖母マリアと遠藤周作
  • 505 青山ミチ「ミッチー音頭」 追悼・青山ミチ(1)
  • 505 青山ミチ「ミッチー音頭」 追悼・青山ミチ(1)
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 502 舟木一夫「ブルー・トランペット」 追悼・船村徹(2) 歌うトランペット(1)
  • 502 舟木一夫「ブルー・トランペット」 追悼・船村徹(2) 歌うトランペット(1)
  • 502 舟木一夫「ブルー・トランペット」 追悼・船村徹(2) 歌うトランペット(1)
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 500 舟木一夫「オレは坊ちゃん」 文芸歌謡(12) 坊ちゃんの名前
  • 500 舟木一夫「オレは坊ちゃん」 文芸歌謡(12) 坊ちゃんの名前
  • 500 舟木一夫「オレは坊ちゃん」 文芸歌謡(12) 坊ちゃんの名前
  • 499 松方弘樹「あいつの消えた雲の果」 追悼・松方弘樹(2) 松方弘樹と北大路欣也(2) 悲劇の青春(番外6)
  • 499 松方弘樹「あいつの消えた雲の果」 追悼・松方弘樹(2) 松方弘樹と北大路欣也(2) 悲劇の青春(番外6)
  • 499 松方弘樹「あいつの消えた雲の果」 追悼・松方弘樹(2) 松方弘樹と北大路欣也(2) 悲劇の青春(番外6)
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 497 新川二郎「東京からふるさとへ」 望郷(2) 付・親孝行とひらがな便りとカタカナ便り
  • 496 梶光夫「啄木のふるさと」 文芸歌謡(11)
  • 496 梶光夫「啄木のふるさと」 文芸歌謡(11)
  • 495 小宮恵子「故郷はいいなァ」(&中川姿子「ふるさとはいゝなァ」) 望郷(1)
  • 495 小宮恵子「故郷はいいなァ」(&中川姿子「ふるさとはいゝなァ」) 望郷(1)
  • 494 吉永小百合「天に向って」
  • 494 吉永小百合「天に向って」
  • 493 吉永小百合「嫁ぐ日まで」 花嫁たち(6)
  • 493 吉永小百合「嫁ぐ日まで」 花嫁たち(6)
  • 492 コロムビア・ローズ(二代目)「オリーブの唄」 付・小豆島の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ