6月17日夜、アクセス累計が1,000,000を突破しました。
 50年以上前のわずかほぼ5年間(1963~1967)だけの「青春歌謡」限定ブログ。しかもこのゆるい更新ペース。にもかかわらず、かくも多数訪問してくださった皆さんに感謝し、かつはよくやったと自画自賛して、にぎやかにお祝いの歌を。
 舟木一夫の「おみこし野郎」。こちらで聴きながらお読みください。8823 terminal さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (舟木の夏祭りイメージの画像を集めてみました。
 まず、レコードジャケット画像の下の舟木一夫と本間千代子は、レコード発売とほぼ同時、昭和39年8月1日に封切られたばかりの映画「夢のハワイで盆踊り」の宣伝写真。
 その下はレコード発売前、雑誌「近代映画」の昭和39年5月号から、夏祭りの櫓の上で唄う舟木。「初めてのワンマン・ショウ」とあるのは3月の浅草国際劇場での「舟木一夫ショー」。さて3月時点でこの夏祭り姿で唄うにふさわしい歌は何だったのでしょうか。
 一番下は「おみこし野郎」の一年後の夏、雑誌「明星」の昭和40年8月号表紙。東山明美と。)

舟木一夫「おみこし野郎」
  昭和39年8月発売
  作詞:関沢新一 作曲:遠藤実 編曲:安藤実親
舟木一夫・おみこし野郎 一 ねじり鉢巻 きりりとしめりゃ
   矢でも鉄砲でも 持って来い
   いざと言うときゃ みこしをあげる
   ア ワッショイ ワッショイ
   祭だ ワッショイ
   トコショイ あげなきゃどしたい!
   あげなきゃ男の 名がすたる
   花も実もある 花も実もある
   おみこし野郎
夢のハワイで盆踊り・宣伝スチール 二 胸もたたくが 太鼓も叩く
   涙もろいは 母ゆずり
   バカな喧嘩にゃ ソッポを向くが
   ア ワッショイ ワッショイ
   祭だ ワッショイ
   トコショイ ソッポがどしたい!
   あの͡娘のソッポにゃ 身もほそる
舟木一夫s39-5近代映画より(3月、浅草国際劇場「舟木一夫ショー」)   恋は苦手の 恋は苦手の
   おみこし野郎
 三 降ろと照ろうと 文句は言うな
   みこしかついだ この肩にゃ
   明日のでっかい 力がはねる
   ア ワッショイ ワッショイ
   祭だ ワッショイ
   トコショイ はねたらどしたい!
   ついでに涙も はねとばせ
   日本晴れだよ 日本晴れだよ
   おみこし野郎

 舟木一夫が初めていなせな「江戸っ子」イメージに挑戦した歌。B面は安部幸子が作詞した「いなせじゃないか若旦那」。「銀座は老舗のいろはずし」の跡を継いだこの「若旦那」も「まめしぼり」の手ぬぐいで「ねじりはちまき」。
 A面B面あわせて、学園ソングを卒業してジャンルを広げようとしていた舟木の新生面を開くもの。威勢よく、けれども粗暴にならず、さわやかさを保ってみごと成功。これがのちの「火消し若衆」(s40-1)や「銭形平次」(s41-5)や「一心太助江戸っ子祭り」(s42-1)につながります。

舟木一夫s40-8明星&東山明美 作詞したのは「夢のハワイで盆踊り」と同じ関沢新一。
 関沢新一が舟木のために書いた詞には言葉遊びが多いのが特徴。「只今授業中」(s38-10)には「ABカッコAカッコ」、「夢のハワイで盆踊り」には「いろはとアロハ」、「銭形平次」には「なんだ神田の明神下で」、「一心太助江戸っ子祭り」にはふんだんに。
 なにしろ地口やダジャレは浮世を愉快に洒落のめす江戸っ子気質(かたぎ)の現れにほかなりません。どうせ浮世、たかが浮世、と現世を軽く見るいくぶん軽佻なこの江戸っ子気質は、一方では浮世草子や洒落本のような軟派の遊戯精神にもなりますが、他方では「矢でも鉄砲でも持って来い」、死をも恐れぬ硬派の勇み肌、鉄火精神にもなるのです。
 「おみこし野郎」でも、まずは「おみこし野郎」が「みこしをあげる」。「みこしをあげる」という言葉自体、もともと、「腰を上げる(立ち上がって行動にとりかかる)」の「腰」に「みこし」の「輿(こし)」を掛けた言葉なのでした。(「みこし=御輿」がすでに「輿」に尊敬の接頭辞「み(御)」を付けた語。神の乗り物であるがゆえにもう一つ尊敬の「お」を付けて「おみこし=御御輿」。成り立ちは「き=酒」に「お」と「み」と二重の尊敬接頭辞を付けた「おみき=御御酒」と同じ。)
 「いざと言う」場面でいよいよこの若者が「みこしをあげる」とき、きっと周囲から「待ってました」の声がかかることでしょう。
 二番では「(俺に任せろと)胸もたたく」し祭りでは「太鼓も叩く」。太鼓を叩くのはもちろん祭りの花形。さらに「ソッポ」の一語を転轍機にして、「トコショイ」の民謡的掛け声が入るや、喧嘩から恋へと主題を乗り換える妙。
 三番では同様に「はねる」を転轍機にして涙をはねとばし、天気は降ろうが照ろうが心はいつも「日本晴れ」。若者の未来も「日本晴れ」。陽気にめでたく歌い納めました。

 東京生まれの橋幸夫とちがって、舟木一夫は愛知県一宮市出身。愛知県出身の「江戸っ子」ということになります。しかし、「いなせじゃないか若旦那」の項で書いたとおり、そもそも江戸を巨大都市にした徳川将軍家自身が愛知県(三河)出身、さらに江戸っ子の典型・一心太助も、中村錦之助主演映画「江戸の名物男 一心太助」(s33-2)の設定では、愛知県(三河)出身の若者なのでした。
 そういえば、錦之助主演の第二作「一心太助 天下の一大事」(s33-10)では、悪旗本と結託した悪商人に監禁された桜町弘子を救出するため、太助たちは祭のみこしを担いで、「ワッショイ ワッショイ 祭だ ワッショイ」とばかり、悪商人の邸に押しかけて、みごと救出に成功します。祝祭気分横溢するなつかしき東映時代劇の一場面でした。