「勉強ぎらい」(笑)の青春歌謡、勉強を主題にした高校生をの歌はみんなB面。
 今日取り上げる舟木一夫「よく遊びよく学べ」にいたっては、シングルカットさえされず、4曲入りLP「舟木一夫と仲間たち」に収録されただけ。
 こちらで聴きながらお読みください。なぜか冒頭部が収録されていませんが、shouwa jidai さんに感謝しつつ無断リンクします。
 *なお、この4曲入りLPの発売年月は手元資料にしたがって、昭和38年10月としておきます。しかし収録曲は「仲間たち/叱られたんだね/はるかなる山/よく遊びよく学べ」。メインの「仲間たち/はるかなる山」のシングル発売が38年11月なので、それより早いとは思えません。加えて、「叱られたんだね/初恋の駅」の発売はさらに遅くて昭和39年1月。38年10月というのはまちがいではないでしょうか。念のため、レコード番号はASS-56です。
 画像は「平凡」昭和38年12月号表紙、舟木一夫と三沢あけみ。年末のレコード大賞で新人賞をいっしょに受賞することになる二人、それに先立っての「ツーショット」。

舟木一夫「よく遊びよく学べ」
  昭和38年10月発売
  作詞:星野哲郎 作曲:浜口庫之助 編曲:小杉仁三
舟木一夫s38-12&三沢あけみ 一 恋はできても 教室で
   いねむりする子じゃ だめさ
   バットを持たせりゃ 四番で
   鉛筆握れば トップだぜ
   よく遊び よく学べ
   よく遊んで よく学べ 若者よ
 二 本にゃ書けない ことわざが
   街にはあふれて いるさ
   歩いて探そう 生きた夢
   時々ブレーキ かけながら
   よく遊び よく学べ
   よく遊んで よく学べ 若者よ
 三 青い空さえ 僕のもの
   あの娘を誘って ゆこう
   明日は僕らの 責任さ
   わかっているから 大丈夫
   よく遊び よく学べ
   よく遊んで よく学べ 若者よ

 舟木一夫のための、星野哲郎唯一の作詞、浜口庫之助唯一の作曲、小杉仁三唯一の編曲。星野も浜口も小杉もこのあとまもなく新生クラウン・レコードに移籍してしまうからです。(もしかすると、上述したこのLP発売年月の混乱も、彼らのクラウン・レコード移籍と関係しているかも。)
 気楽に作られた曲みたいですが、その意味で貴重な一曲ではあります。

 当然、舟木の学園ソングシリーズ中に位置づけられる曲ですが、「教訓的=人生訓的」になるのが「人生派」星野哲郎らしいところ。
 「恋」をするなとは言わないものの、あくまで学業こそが学生の本分なのだ、と始まります。ちょっと教師の説教みたいに聞こえますが、これは学生自身の一人称の語り。つまり学生(高校生?)が自分で自分(たち)に言い聞かせ、呼びかけている歌です。
 それにしても、野球で4番、勉強でも成績トップとは、この語り手は文武両道、非の打ちどころない優等生、模範生。三田明「高校生活一週間」(s40-7)の「天下の秀才ここにあり」は本人の意気込みの表明であって客観的保証はありませんが、舟木のこれは、「トップだぜ」という得意げな口調から推測するに、どうやら客観的事実のようです。
 とはいえ、「よく学べ」より「よく遊べ」が先にくるあたり、やっぱり「勉強ぎらい」の青春歌謡の枠組みは守っている、というべきでしょうか。

 ちなみに、このころ、関谷ひさし「ストップ!にいちゃんストップ!にいちゃんs36-12本誌(予告)(s37-1~s43-3)という少年漫画がありました。月刊誌「少年」で「鉄腕アトム」や「鉄人28号」と肩を並べる人気漫画。雑誌終刊号まで長期連載されました。
 主人公・南郷勇一は中学三年生。スポーツ万能、野球部のキャプテンで「バットを持たせりゃ四番で」、成績も優秀「トップ」クラス、そのうえ弱きを助け強きをくじく正義漢で熱血漢。ただ、少々猪突猛進、ときどき暴走しがちなのが玉にキズ。その兄に「ストップ!」をかけるのが冷静で賢い弟の賢二の役割。まだ小学校低学年らしいのですが、「ならぬかんにんするがかんにん」「いそがばまわれ」「まけるがかち」などと、なにかとストップ!にいちゃんs37-3ことわざ」を口にしては勇み肌の「にいちゃん」を引き留めます。(右画像は、上が「少年」s36-12本誌から、新連載予告。下はs37-3の別冊付録、暴走気味の勇一に「ストップ!」をかける弟・賢二。)
 まさか星野哲郎が「ストップ!にいちゃん」をモデルにしたとまでは言いませんが、その連載1回目の別冊付録(s37-1)で、兄弟がこんなやり取りをします。
 賢二「学生の本分をわすれないこと」
 勇一「本分? なんだっけ」
 賢二「ほんとにしらないの」
 勇一「し…しってるよ。 よくまなび よくあそべ そうだろ」
 賢二「ちぇっ それは小学校の一年生クラスだよ。 中学生になったらよくあそべはいらないんだよ。よくまなべ よくまなべ さ」
 勇一「よせ! さむけがする」
 かしこい賢二くんがいうには「よく学びよく遊べ」でさえ「小学校の一年生クラス」。中学生なら「よく遊べ」は不要で「よく学べ、よく学べ」であるべきだ、というのです。

 それなのに舟木のこの歌、高校生のくせに「よく遊べ」を優先するのですから、たしかに星野哲郎の詞は「勉強ぎらい」の青春歌謡路線に違いありません。
 ただし、この歌の「よく遊べ」は、二番の歌詞を見ると、どうやらただの遊戯や快楽のすすめではなく、教科書や書物には載ってない生きた「ことわざ(教訓=人生訓)」を学ぶこと、つまり現実から直接に学ぶ「社会勉強」のすすめを意味するらしいのです。それも「時々ブレーキかけながら」、きちんと自己コントロールができています。
 こうして自己を律しつつ、学校で世の中で積極的に学ぶ若者たち、明日の社会を創るのは「僕らの責任」だということもちゃんと「わかっているから大丈夫」。星野哲郎が描いたのは、次代の日本を担うたのもしい若者たちの理想像なのでした。

 関谷ひさしという漫画家については、これまでも、西郷輝彦「恋のGT」の項で「少年No.1」、NHKラジオドラマ「緑のコタン」の項で「ジャジャ馬くん」、「隠密剣士の歌」の項で「赤い狼」と、そのつど言及してきました。昭和30年代、月刊誌中心だった時代の重要な漫画家でした。手塚治虫系でも福井英一系でもない、かといって絵物語系とも異なる、オリジナルのリアルな描線が「大人っぽく」感じられました。
 「冒険王」では学園野球漫画「ジャジャ馬くん」(s33-1~s38-12)の長期連載、「ジャジャ馬くん」終了後には「ジャジャ馬球団」(s39-1~s41)、「まんが王」では少年海賊を主人公にした破天荒な海洋漫画「キャプテン・8(ハチ)(s37-9~s39)、「少年ブック」では少年レーサーものの先駆け「少年No.1」(s35-1~s38)、いずれも巻頭カラーページを独占しつづけました。
 (ちなみに、関谷ひさしは大の野球ファン。「ジャジャ馬くん」の主人公・天馬竜平のニックネームの由来はプロ野球の青田昇(巨人、阪急、大洋)の愛称「ジャジャ馬」。「キャプテン・8」の名前の由来は喧嘩っ早さで「けんかハチ」の異名をとった東映フライヤーズの山本八郎(後に近鉄、サンケイ)。)
 そして「少年」ではこの「ストップ!にいちゃん」(s37-1~s43-3)。私はアトムよりも鉄人よりも「ストップ!にいちゃん」のファンでした。

 「ストップ!にいちゃん」は、関谷ひさしが一気にはじけて新生面を開いた作品。それまでの関谷の主人公たちは、たいてい、孤児だったり貧しかったり母子家庭だったりと、不幸の影を帯びたまじめな少年たち。しかしこの「ストップ!にいちゃん」は両親と兄弟二人の中流家庭に育った翳りのない明朗キャラクター。ここに、1950年代までの戦後的貧しさから経済成長による60年代的な気分への転換を見てもよいでしょう。青春歌謡の気分と通底するものです。
 はじけたのは何より笑いの解放。しかし、笑い自体をねらったユーモアまんがでもギャグまんがでもなく、あくまで学園もの、スポーツものの基本設定を守りながら、主人公(たち)の個性(キャラクター)の交渉が引き起こす巧まざる喜劇としての笑い。少年まんがにはめずらしかった学園コメディの先駆けともいえるでしょう。
 中心は勇一と賢二、中学三年生の兄と小学校低学年の弟、一種の賢弟愚兄コンビです。主人公の兄は学園を舞台にスポーツ万能で野球部、ボクシング部、柔道部などの主将をかけもちするほど。
ハリスの旋風s40-25 この設定を(こっそりそっくり)引き継いだのがちばてつやの「ハリスの旋風(かぜ)(「少年マガジン」s40-16~s42-11)。兄の石田国松は中高一貫の「ハリス学園」の三年生、つまり中学三年生、弟のアー坊は小学校低学年、という年齢設定も同じ。
 兄はスポーツ万能で、野球部、剣道部、ボクシング部と、次々に飛び入りしては大活躍。ただし、南郷勇一は学業も優秀な優等生でしたが、石田国松は略して「石松」、正義漢で熱血漢ながら、勉強はまるっきり苦手でしょっちゅうケンカに明け暮れて、あわや少年院行きかという「不良少年」。そんな兄をかしこい弟がはらはらしながら見守ったり時々は大人びた苦言を呈したり。まさしく賢弟愚兄そのもの。(右画像はs40年25号のとびら。ケンカで生傷の絶えない愚兄を心配げに見上げる幼い賢弟。)
 「ストップ!にいちゃん」には、「サチコ」という勇一の同級生のガール・フレンド(的存在)がいて、何かとおせっかいを焼くのですが、彼女は新聞部の部長。主人公にガール・フレンド(的存在)を配すること自体、当時の少年まんがにはめずらしいことでした。
 一方、「ハリスの旋風」にもやっぱり石田国松の同級生にしてガール・フレンドの「オチャラ」こと朝井葉子がいてなにかとおせっかいをやくのですが、彼女も新聞部の部長。こんなところまで「ハリスの旋風」は「ストップ!にいちゃん」の設定を引き継いでいました。
 主人公の家族構成も両親と弟の四人暮らし。ただし、石田国松の一家は、近所の貧乏長屋にも住めず、空き地の掘立小屋(みたいな家)で暮らす貧乏な屋台のラーメン屋。東京オリンピック後にもかかわらず、このひどい貧あしたのジョーs43-1新連載乏という設定が、「不良少年」石田国松に「優等生」南郷勇一の及ばない暴風雨みたいなエネルギーを与えていました。
 「ハリスの旋風」終了の翌年からちばてつやが「あしたのジョー」(「少年マガジン」s43-1~)の連載を開始するのも宜なるかな。ジョーはいわば、「ストップ!」をかける弟(や家族)のいない不良少年として「貧乏長屋」(ドヤ街)に登場するのです。
 (右は「少年マガジン」s43-1号の「あしたのジョー」新連載とびら絵。なお、私にとっての「少年マンガ」はあくまで小中学生対象。高校生や大学生が熱狂した「あしたのジョー」はもう私の定義する「少年マンガ」ではありません。)