遊星王子の青春歌謡つれづれ

歌謡曲(青春歌謡)がわかり、ついでに文学と思想と歴史もわかってしまう、とてもためになる(?)ブログ。青春歌謡で考える1960年代論。こうなったらもう、目指すは「青春歌謡百科全書」。(ホンキ!?)

舟木一夫 を含む記事

 「遊星王子」は遠い星からやってきました。ふだんは東京の街角の靴磨き青年に身をやつしています。アメリカの大都会の新聞記者になりすましているスーパーマンに比べると貧乏くさいけれど、これが日本、これが戦後です。
 宇宙から日本にやって来た正義の味方としては、スーパー・ジャイアンツには遅れましたが、ナショナルキッドよりは先輩です。
(またの名を落日の独り狼・拝牛刀とも申します。牛刀をもって鶏を割くのが仕事の、公儀介錯人ならぬ個人営業の「解釈人」です。)

 「青春歌謡」の定義や時代区分については2011年9月5日&12月31日をお読みください。暫定的な「結論」は2012年3月30日に書きました。
 この時代のレコードの発売月は資料によってすこし異なる場合があることをご承知ください。
 画像も音源もネット上からの無断借用です。upされた方々に多謝。不都合があればすぐ削除しますのでお申し出下さい。
 リンク先が消滅している場合は、ご自分で検索してみてください。youtubeの動画はアカウントを変えて「不死鳥のごとく」(!)よみがえっている場合が多いので。
 お探しの曲名や歌手名・作詞家名があれば、右の「記事検索」でどうぞ。
 「拍手コメント」には返信機能がないので返信できません。コメントやご連絡は「メッセージ」(右上「遊星王子」画像の下の封書のしるし)をお使いください。非公開です。
 なお、以前の記事にも時々加筆修正しています。
 *2015年2月23日
 「人気記事」を表示しました。直近一週間分の集計結果だそうです。なんだかむかしなつかしい人気投票「ベストテン」みたいです(笑)。(一週間じゃなく5日間じゃないのかな?)
 *2015年7月25日
 記事に投稿番号を振ってみました。ブログ開始から3年と11か月。投稿記事数426。一回に数曲取り上げた記事もあるので曲数は500曲ぐらいになるでしょう。我ながら驚きます。

509 ペギー葉山「学生時代」 追悼・ペギー葉山(1) 大学の青春

 ペギー葉山が4月12日に亡くなりました。昭和8年(1933年)生れ。享年83。
 ペギー葉山はその名(芸名)が示すとおり洋楽系。無造作につけた芸名らしいのですが、彼女の世代にはガイジン(アメリカ人)風の愛称を付けた歌手がたくさんいて、フランク永井(1932生)ナンシー梅木(1929生)バーブ佐竹(1935生)ジェームス三木(1935生)等々。たいていジャズ系出身だったり進駐軍キャンプまわりをしたり。その名前に占領下日本の名残があります。
 青春歌謡時代の彼女のヒット曲、「学生時代」を。これまで何度か短く言及したことがありますが、この機会にあらためて書いて追悼としましょう。こちらのレコード音源で聴きながらお読みください。「show-WA!」さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (少しテンポが速いと感じられるかもしれませんが、以下に記したように、レコードの演奏時間は「2分59秒」。これがもともとの曲のテンポです。ゆったり歌う他のネット上の音源は後日の再吹込みでしょう。)

ペギー葉山「学生時代」
  昭和39年12月発売
  作詞・作曲:平岡精二
ペギー葉山・学生時代 一 つたのからまるチャペルで
   祈りを捧げた日
   夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
   なつかしい友の顔が 一人一人浮かぶ
   重いカバンをかかえて かよったあの道
   秋の日の図書館の
   ノートとインクのにおい
   枯葉の散る窓辺 学生時代
 二 讃美歌を歌いながら 清い死を夢みた
ペギー葉山・学生時代(再版)   何のよそおいもせずに 口数も少なく
   胸の中に秘めていた 恋への憧れは
   いつもはかなくやぶれて
   一人書いた日記
   本だなに目をやれば
   あの頃読んだ小説
   過ぎし日よ わたしの学生時代
 三 ローソクの灯に輝く 十字架をみつめて
   白い指を組みながら うつむいていた友
   その美しい横顔 姉のように慕い
   いつまでも変らずにと 願った幸せ
   テニス・コート キャンプ・ファイア
   なつかしい 日々はかえらず
   すばらしいあの頃 学生時代
   すばらしいあの頃 学生時代

 レコードジャケット画像は上の緑のジャケットが初版。発売当初は「鏡」の方がA面で「学生時代」はB面扱いだったことがわかります。下の赤いジャケットは「学生時代」の人気が高まったのでA面B面を入れ替えて再版したものだと思われます。
 私がここに引き写した歌詞は再版の歌詞。初版ジャケット裏の歌詞は三番末尾が「テニス・コート、キャンプ・ファイア なつかしいあの頃 学生時代」で終わっています。一番二番と行数がそろわないのでただの誤植かもしれませんが、ちょっと気になります。(初版レコードは聴いていません。しかし、初版も再版も「演奏時間 2分59秒」とあるのでやっぱり誤植でしょう。)
 レコード番号から推して、昭和39年(1964年)12月の発売。オリンピックの年、青春歌謡最高潮の年の年末です。
 もちろん青春歌謡の中心は、舟木一夫の学園ソング以来、高校生活。対して、これは大学生活、しかも回想。おそらく大学生活を歌った最大のヒット曲でしょう。

 高校生は「生徒」。厳密に「学生」と呼ばれるのは大学生だけです。(*高専生も「学生」と呼ばれますが、初めて高専(国立工業高等専門学校)12校が設立されたのはこの歌のつい2年前、昭和37年のこと。まだ一般化していません。)
 加えて、ここに歌われた学生時代がペギー葉山本人の青山学院時代の思い出をベースにしていることは[Wikipedia ペギー葉山]などが記しています。ペギー葉山自身は大学には進んでおらず青山学院女子高等部卒。その彼女の思い出なら、内容は(まだ占領下日本の)高校生活。しかし、やはり青山学院出身だった作詞・作曲の平岡精二はタイトル「大学時代」を主張したというので、作者・平岡の意識ではあくまで女子大生イメージの詞だったのでしょう。
 それに対して、ペギーがタイトル「学生時代」を主張したのだといいます。結果的にペギーの判断が正しかったわけです。「大学時代」では幅広い支持は得られなかったと思います。ペギーの主張理由を[wikipedia ペギー葉山]は「自分は大学へ行ってないから」と記し、[wikipedia 学生時代]は「みんな大学へ行く時代じゃないから」と記しています。
 たしかに、舟木一夫「ひぐれ山唄」(s41-5)の項で書いたように、東京オリンピックの年、昭和39年、高校進学率約7割に対して、大学進学率は2割(高校卒業者の3割)そこそこ、ことに女子は1割そこそこだったのでした。女子大生は同世代女子の10人に1人しかいなかったわけです。
 (高度成長期、大学進学率も急上昇。なかでもこの時期、なぜか昭和39年だけ突出して進学率が高かったのです。「過ぎし日よ」と唄っているのに合わせて最小限の4年だけさかのぼってみると、昭和35年の大学進学率は半分の10,3%、女子は5,5%にすぎません。 *ペギー葉山が高校を卒業したのはさらに9年さかのぼって昭和26年(1951年)、サンフランシスコ講和条約が締結された年。)

 大衆向け商品としての歌謡曲がもっぱら高校生にターゲットを絞ったのは当然です。
 実際、青春歌謡歌手が大学生の青春を歌ったのは、橋幸夫「大学の青春」(s37-6)と守屋浩「大学かぞえうた」(s37-8)ぐらい。ヒットした「大学かぞえうた」は東京の学生たちの間で歌い継がれていた「巷の歌」で、分類すればコミック・ソング。橋の「大学の青春」はTBS連続テレビドラマ「若いやつ」の主題歌(挿入歌)で、レコードでは「若いやつ」のB面。歌詞も大学生活と特定する必要もないような友情と仲間意識と青春讃美。映画主題歌(挿入歌)には加山雄三の「大学の若大将」(s36-7)もありますが、これもB面曲で夏の海で遊んでいるだけの歌。3曲とも青春歌謡の時代以前の曲。そもそも「学問の府」であるはずの大学の「まじめな」学生生活を歌った歌はほとんど皆無なのです。
 そういうなかで、これぞ「まじめな」大学の青春、と私が推すのは「青春をぶっつけろ」(s40-3)。ボニージャックス&矢野康子とそのグループの歌ったこの歌もTBS連続テレビドラマの主題歌。その一節「真理 人生 ああ青春」にはしびれました。
 「青春をぶっつけろ」の歌詞は旧制高校風の男子大学生。一方ペギー葉山「学生時代」は女子大学生。ともに大学の青春を歌った双璧とも呼ぶべき名曲です。
 どちらにも、たんに学生生活に適応して現実を享受するだけでなく、「超越志向」があります。「青春をぶっつけろ」は「真理」探究の姿勢によって。「学生時代」はキリスト教によって。学問も宗教も常識や世俗的価値観・人生観を疑い、高く超え出ていこうとするものです。
 
 「学生時代」が歌う思い出の舞台はミッション系の大学。一番で勉学、二番には文学(小説)、三番ではテニスやキャンプのレクリエーション。そうした学生生活の諸相を、「チャペル」、「祈り」、「讃美歌」、といった宗教的主題が貫きます。
 内気な彼女の恋愛願望が「恋への憧れ」にとどまっていたことと、「清い死」を夢想したり、美しい同性の「友」を「姉のように」慕ったりする心情はおそらく関連しています。宗教的主題と結んでいえば、根本はキリスト教道徳による肉体(=欲望)の抑制でしょう。それが「清い死」への憧れにもなり、異性愛の回避にもなるのです。しかもこの「姉のように慕い」は、以前交換日記の起源に触れて書いたような旧制女学校風な(禁じられた異性愛の代替としての)同性愛的傾向にとどまりません。白い指を組んで十字架に祈る「友」は、文字どおり「姉=シスター=修道女」のイメージです。(もっとも、「シスター=修道女」はカトリック。青山学院は新教(メソジスト派)だそうですが。)
 青春歌謡の精神の中心は大衆化されたロマン主義なのだ、と何度も書きました。また、明治時代のロマン主義精神形成にキリスト教が大きな役割を果たしたことも何度か書きました。
 ロマン主義とはいま・ここの現実を超えた彼方ものに引かれる心性、つまり超越志向です。青春歌謡がもっぱら歌った「夢」も「希望」も「理想」も、さらに「幸福」の象徴としての「恋愛」も、不本意に満ちた現在を超え出ていくもの。
 超越志向の究極は現世そのものの超越を説く宗教です。しかし、日本の神道はもともと現世利益的で共同体の因習と習俗にまみれていた上に、明治には「国家神道」として天皇制権力の思想統制の中枢を担います。仏教も江戸時代にすっかり権力と癒着して世俗化してしまっていたし、そもそも仏教の超越志向の果ては諸行無常の諦観、つまりは年寄り臭い「あきらめ」であって、とても目覚めた近代の青年を魅惑する力はありません。
 そういう既成宗教に対して、キリスト教は、国家や共同体の因習的な束縛を離脱して超越神と向き合う個人という自覚をもたらし、肉体よりも霊魂を重視する精神性をもたらしました。それが近代の青年たちをひきつけたキリスト教の魅力なのでした。
 青春歌謡には鐘(寺院の釣鐘でなく教会のベル)やら十字架やら、キリスト教的小道具をあしらった曲はいっぱいありますが、「学生時代」はなかでも一番「まじめな」曲だったといえるでしょう。

507 新川二郎「望郷」 望郷(3) 付・五五調について

 新川二郎の望郷の歌をもう一曲。タイトルもずばり「望郷」。
 オリジナル音源はありませんが、老齢の新川二郎(いまは改名して新川二朗)本人が歌唱している映像がこちらにあります。(新川二郎は昭和14年11月生まれ。4年前の映像なら74歳でしょうか。)umidori1さんに感謝しつつ無断リンクします。

新川二郎「望郷」
  昭和39年1月発売
  作詞:服部鋭夫 作曲・編曲:佐伯としを
新川二郎・望郷 一 この道は ふるさとへ
   ふるさとへ 続く道
   あの空は ふるさとへ
   ふるさとへ 通う空
   ひとしずく 涙おとして
   父母よ 吾が友よ
   つつがなく あれと祈る
   都の日昏れ
 二 この花は ふるさとの
   ふるさとの 野辺の花
   あの青は ふるさとの
   ふるさとの 水の青
   ぐみの実の 赤き唇
   忘られぬ あの人よ
   今もなお 胸に残る
   なつかしあの日
 三 この風は ふるさとへ
   ふるさとへ 向う風
   あの雲は ふるさとへ
   ふるさとへ いそぐ雲
   ことづてを 託すすべなく
   夕映えの 果て遠く
   去りゆきし 夢を偲ぶ
   都の日昏れ

 名曲です。演歌調で唄う望郷の歌。さすがは三橋美智也・春日八郎を擁したキング・レコードの伝統というべきでしょうか。
 「東京からふるさとへ」(s40-10)は手紙文体でしたが、これは格調高い五五調の歌詞。
 五五調は近代の定型詩でも、歌謡曲の歌詞でも、珍しい。ヒット曲ともなれば西條八十が作詞した舟木一夫「絶唱」(s41-8)ぐらいしか思い浮かびません。「絶唱」は一連4行(うち五五は3行)でしたが、これは倍の一連8行、うち6行が五五(そのうち1行は五六で字余り)。
 以前、守屋浩&島倉千代子「星空に両手を」(s38-9)の項で、定型詩の主流である七五調と五七調の特色を、七五調は軽快、五七調は重く停滞気味、と書きました。とはいえ、七五調も五七調も上句と下句がアンバランス、それゆえ不安定なので、たとえ下句が重い五七調でも動きを含みます。
 それに対して、五五では上句と下句が対等で均衡状態、まったく動きようがありません。つまり、五五調はなめらかな流露感が最も少なく、五七調以上に停滞します。しかも音数が少ないので、五五調は叙事や叙述には向きません。それが近代詩でもほとんど使われなかった原因でしょう。朗読してみればわかりますが、この詞も、一言一言切れ切れにつぶやくように、思いを込めて唇から押し出す感じになります。
 この道も空も花も水の青さも風も雲も、みんなふるさとに通うのに、望郷の念つのりながらも帰れないという思い。高度成長下、大量出郷の時代の出郷者たち、ことに、日々都会での仕事と生活に追われる下積み労働者たちの胸の思いだったでしょう。
 「父母よ吾が友よ/つつがなくあれと祈る」。この誠実な折り目正しさ。二番でぐみの実を食べて唇が赤く染まった「忘られぬあの人」の思い出は子供のころの思い出でしょう。三番の「去りゆきし夢を偲ぶ」は現在の彼が都会で「夢」かなわず失意の状態にあることを推測させます。 
 なお、東京オリンピック前のこの「望郷」で失意を抱えた望郷を歌っていた新川二郎が、オリンピックの一年後の「東京からふるさとへ」(s40-10)では、同じく出郷青年の立場から「若い希望が胸でこんなに燃えてます」 と希望を歌う、という対比も、時代相の変化として、興味深いところです。

504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前

 (先日(3月5日)、国有地格安ダンピング(8億円も!)取得疑惑の例の「森友学園」が設立申請中だった小学校の予定校歌が、何と舟木一夫「あゝ青春の胸の血は」だったことがテレビ報道され、アクセスが急増しました。青春歌謡を穢した籠池某への腹立ち止みがたく、言いたいことは山ほどありますが、ほんの一端を「あゝ青春の胸の血は」の項に追記しました。)

 気を取り直して、鈴木清順追悼をもう一回。一回目の追悼が和泉雅子「教えて欲しいの」(s41-8)だったので、二度目の追悼は松原智恵子の歌で。
 松原智恵子はもちろん、鈴木清順の傑作「東京流れ者」(s41‐4)で「不死鳥の哲」(渡哲也)の恋人役。クラブ歌手だったので、悪人ども(そこには敵と組んで哲を裏切り、哲に対する「追討」命令を出した元の親分も)に強いられて歌を歌わせられる場面もありました。(下の画像はその場面から。)歌は吹き替え(鹿乃侑子)ながら、「ブルーナイトインアカサカ」というその歌の歌詞は
松原智恵子in東京流れ者2  指からこぼれるかなしみを
  静かに見つめる夜の街 
  シャンゼリゼの灯(ひ)も消えて
  青い夜霧にただひとり
  ブルーナイト ブルーナイト
  ブルーナイト・イン・アカサカ
 むろん、哲が死んだという偽りを聞かされた彼女の嘆きを託して唄うのです。
源義経・静御前・藤純子・絵葉書 まるでその昔、源義経の恋人・静御前が義経追討の命を出した源頼朝(義経が忠誠を尽くしてきた兄=「元の親分」!?)に強いられて鶴岡八幡宮で白拍子の舞を舞う場面のようでもありました。(右は昭和41年のNHK大河ドラマ「源義経」で白拍子の舞を舞う静御前(藤純子)。)
 そのとき静御前が舞いつつ唄ったその歌は
  ♪ しづやしづしづのをだまき繰り返し昔を今に繰るよしもがな
  ♪ 吉野山峰の白雪踏み分けて入りにし人の跡ぞ恋しき

 義経と共に過ごした昔の今に帰らぬことを歎き、また、吉野山から道の奥なる奥州へと落ち延びて行った義経を慕う歌です。

 「東京流れ者」は日活時代のいわゆる「清順美学」の代表作ですが、その「清順美学」が初めてはっきり打ち出されたのは任侠映画「関東無宿」(s38-11)でした。
鈴木清順「関東無宿」より 着流し姿の小林旭が敵の一家に単身斬り込み、敵を斬り斃した瞬間、背景の障子がいっせいに倒れて画面が真っ赤に変わります。言ってみれば、これを全篇にわたって展開したのが「東京流れ者」。(右の画像は上鈴木清順「東京流れ者」より1が「関東無宿」、下が「東京流れ者」。)
 実は松原智恵子は、小林旭の一家の親分の娘役で、この「関東無宿」にも出演していました。女学生の松原は作中で清純を保ちますが、代わりにやくざの魔手にかかって堕ちていくのが松原の同級生の中原早苗(中原はこのとき28歳での女学松原智恵子in関東無宿s38-11生役!)。(右は「関東無宿」の一場面から、セーラー服にお下げ髪の松原智恵子。)
 (映画「関東無宿」ではオープニングに小林旭唄う主題歌が流れますが、レコード化されていません。)
 
 というわけで、日活時代、「清順美学」の最初の作品と代表作の二作でヒロインを演じた松原智恵子は、鈴木清順追悼にふさわしいでしょう。
 歌はいまyoutubeにある「ひとりで歩くのが好き」。デビュー曲「泣いてもいいかしら」のB面です。こちらで聴きながらお読みください。C.Matsubara fanさんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコードジャケットの下は、「近代映画」(s42-9)表紙。)

松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」
  昭和42年8月発売
  作詞:植田俤子 作曲:戸塚三博 編曲:河村利夫
松原智恵子・ひとりで歩くのが好きs42-8 一 ひとりで歩くのが好き ひぐれの銀座
   ほんとはあのひとに 逢いたいけれど
   たまにはひとりでコーヒー飲むの
   ひとりで歩くのが好き 若いんだもの
 二 ひとりで歩くのが好き 新宿の街
   ひとごみのなかに 夢もあふれて
   たまにはひとりでショッピングするの
   ひとりで歩くのが好き 楽しいんだもの
 三 ひとりで歩くのが好き 夜の赤坂
松原智恵子s42-9   ほんとはあのひとと 歩きたいけれど
   たまにはひとりでネオンを見るの
   ひとりで歩くのが好き 胸がおどるの

 A面「泣いてもいいかしら」は、恋人に甘える松原智恵子。B面は一人で東京の街を歩く松原智恵子。彼女が歩くのは「新宿&銀座&赤坂」。これは一カ月後に和泉雅子&山内賢「東京ナイト」(s42-9)が二人で歩くことになる「(羽田&)銀座&新宿&赤坂」と同じ。ちなみに、新川二郎「東京の灯よいつまでも」(s39-7)は「外苑&日比谷&羽田」、三田明「アイビー東京」(s41-5)は「新宿&銀座」でした。
 松原智恵子にとっての昭和42年は、前年からの日本テレビ石坂洋次郎ドラマ・シリーズでの連続ヒロイン役などでブロマイド売り上げが吉永小百合らを抑えて女優部門第1位になった記念すべき年なのでした。 

503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」

 松方弘樹船村徹と、ブログはこのところ追悼記事が続いています。
 船村徹追悼で舟木一夫「夏子の季節」を書いた翌々日の2月22日には、映画監督の鈴木清順の訃報が流れました。2月13日没。大正12年生まれ、享年93。
 鈴木清順はヘビースモーカー市川崑(享年92)もヘビースモーカー。黒澤明(享年88)もヘビースモーカー。タバコは創造的人生の友。気持よく煙草を喫って長生きしましょう(笑)。
 
和田浩治・峠を渡る若い風・清水まゆみ&島倉千代子&井上ひろし 鈴木清順は青春歌謡とまるで無関係だったわけではありません。日活プログラム・ピクチャーの監督として、鈴木は一時期、和田浩治主演もの等を撮っていました。その一本、「くたばれ愚連隊」(s35‐11)の主題歌として和田浩治が歌ったのが「純情愚連隊」。わが「有朋愚連隊」の元歌でもあり、竹越ひろ子「東京流れもの」(&渡哲也「東京流れ者」)の源流でもありました。
 また、人気歌手に映画の中で歌を歌わせるのはプログラム・ピクチャーではあたりまえ。鈴木作品でも和田浩治主演「無鉄砲大将」(s36‐4)では佐川ミツオが「ゴンドラの唄」や「可愛いあの娘は拾と六」を歌ったり、同じく「峠を渡る若い風」(s36‐8)では島倉千代子が「襟裳岬」を歌ったり井上ひろしが「思い出だけじゃつまらない」を歌ったり。(右は「峠を渡る若い風」ポスター。)

 和泉雅子&山内賢コンビの代表作といってもよい映画「悪太郎」(s38‐9)も鈴木清順が撮りました。(この映画を鈴木本人も気に入ったのか、後に設定を少し変えて「悪太郎伝 悪い星の下で」(s40‐8)も撮っています。)
 この映画「悪太郎」、私の中では名作「けんかえれじい」(s41‐11)への序章という位置づけです。
 ともにモノクロ。もちろん「悪太郎」は今東光原作なので「けんかえれじい」とは何の関係もないはずなのですが、山内賢は正義感の強いはみだし中学生(大正時代の旧制中学)、素行不良で転校させられた先での恋人となる和泉雅子は良家の女学生でオルガンも弾く。このあたりの設定が「けんかえれじい」の高橋英樹と浅野順子の関係を連想させます。高橋&浅野の場合とちがって山内&和泉は一夜を共にしますが、周囲に仲和泉雅子&山内賢・悪太郎&田代みどりを裂かれ遠く隔てられた後、和泉は病死してしまいます。この和泉の薄幸さがまた「けんかえれじい」の浅野の役柄に引き継がれる、というふうに、私には思えるのです。(右画像は「悪太郎」のスチール。山内賢&和泉雅子&田代みどり。)

 というわけで、私「遊星王子」の鈴木清順追悼は和泉雅子&山内賢の歌で、と思ったのですが、実はこの二人のデュエット曲は全5曲、すべてもう取り上げました。(二人が歌うのでなくせりふ劇を演じた「二人の虹」は除きます。)
 それで、和泉雅子のソロ曲から「教えて欲しいの」。いまyoutubeにはありません。(ジャケット画像の下は「女学生の友」昭和41年9月号表紙。)

和泉雅子「教えて欲しいの」
  昭和41年8月発売
  作詞:吉田央 作曲:中村八大 編曲:中村二大
和泉雅子・教えて欲しいの 一 あなたがいつも唄ってる ふるさとの歌
   淋しいんだと唄ってた ふるさとの歌
   教えて欲しいの そして一緒に唄いたい
   教えて欲しいの あなたの心の歌
 二 あなたがいつも唄ってる ふるさとの歌
   レンゲ畑で唄ったの 幼い頃に
   知っておきたいの
   あなたのふるさとの事
   知っておきたいの 二人の愛のために
和泉雅子s41-9女学生の友 三 あなたがいつも唄ってる ふるさとの歌
   うれしいんだと唄ってた ふるさとの歌
   憶えておきたいの 私がママになった時
   唄ってあげたいの その子の子守唄に 

 「文化放送〝八大朝の歌〟」とあります。それもあってか、詞も曲も、恋唄というよりホームソング風。なにより、大阪朝日放送の「クレハ・ホームソング」だった北原謙二「ふるさとのはなしをしよう」(s40‐1)を連想させます。
 男である語り手が「きみ」(恋人?友人?)に自分のふるさとの話をしよう、と歌い出す北原の歌と逆に、和泉の歌では、女が男に、あなたのふるさとの歌を教えてほしい、あなたのふるさとの事が知りたい、とせがむのです。その歌を憶えて将来我が子に子守唄として歌ってやりたい、というところが女性らしい夢。もちろん「あなた」と「私」、ユー&ミーの二人の子供です。なるほど「ユー・アンド・ミー」(s41‐2)でも「パパとママになる夢」と歌っていました。
 なお、吉田央は後に、ちあきなおみのレコード大賞受賞曲「喝采」(1972‐9)を作詞します。 

502 舟木一夫「ブルー・トランペット」 追悼・船村徹(2) 歌うトランペット(1)

 船村徹追悼をもう一曲。
 「演歌の船村」が作ったリズム歌謡「夏子の季節」(s42-5)も意外だったでしょうが、これも意外な都会派歌謡を。
 舟木一夫「ブルー・トランペット」。こちらで聴きながらお読みください。K.Funaki fanさんに感謝しつつ無断リンクします。

舟木一夫「ブルー・トランペット」
舟木一夫・ブルートランペット  昭和41年12月発売
  作詞:古野哲哉 作曲・編曲:船村徹
 一 夜の中から 流れてひゞく
   ブルーブルー トランペット
   誰が吹くのか 心にしみる
   恋を失くした 泣き虫ペット
   夜ふけの空に 涙が匂う
   ホッホー
 二 二度とあえない あの人なのに
舟木一夫・ブルー・トランペット他   ブルーブルー トランペット
   想いださせて 悲しくさせる
   ひとりぽっちの 泣き虫ペット
   泣かずにおくれ 辛いじゃないか
   ホッホー
 三 呼んでおくれよ もいちど恋を
   ブルーブルー トランペット
   ぼくとうたおう 想いをこめて
   うるむ音色の 泣き虫ペット
   涙はすてて 悲しまないで
   ホッホー……

 作詞したのは都会派歌謡の傑作「哀愁の夜」(s41-2)を書いた古野哲也。誰が吹くのか都会の夜空に切々と流れるトランペットの響きに、「ぼく」の失恋の悲しみを託します。各連末尾の「ホッホー」はたぶん作曲時に付加されたのでしょうが、舟木の息の長い高音が抒情的な詠嘆の尾を引きます。
 (「失恋」というカテゴリーを初めて作りました。もっと早く作っておけばよかったのに(笑)。)
 「ブルー」はもちろん憂愁の色。舟木一夫には愁いの「ブルー」が似合います。
 (ちなみに、夜空に流れる楽音を都会派のトランペットでなく伝統的な横笛の音に変えて「ブルー」をやまと言葉の「青(蒼)」に変えれば、やはり船村が作曲した「ふるさとの蒼い月夜に/ながれくる笛の音きいて」(「夕笛」s42-8 西條八十作詞)の世界になるでしょう。)

 ところで、庶民的なハモニカから上流家庭のピアノまで、歌謡曲の歌詞は様々な楽器をモチーフにし、タイトルにもしてきました。
 日本調なら代表楽器はもちろん三味線。これは三橋美智也やこまどり姉妹の独壇場。歌謡曲の歴史を通じていちばん多かったのはたぶんギター。ポップス系、演歌系を問わずギターは歌われました。
 トランペットが、伴奏に使われるだけでなく、歌のタイトルにもなるのはおよそ1960年代から。もしかすると「夕焼けのトランペット」(1961=s36)「夜空のトランペット」(1964=s39)などが世界的に大ヒットしたイタリアのトランペット奏者ニニ・ロッソの影響かもしれません。
 たとえばザ・ピーナッツ「夕焼けのトランペット」(s37-5)はニニ・ロッソの曲の日本語版。また、克美しげる「さすらいのマーチ/青春のトランペット」(s38-4?)というレコードを出していて、これも両面ともニニ・ロッソの曲に日本語の歌詞を当てたものです。
高橋英樹・さすらいのトランペット・ポスター 映画では高橋英樹がペット吹きの若者に扮した日活映画「さすらいのトランペット」(s38-2)がありました。(右はその映画ポスター)
 少し遅れて青春歌謡もトランペットを歌い始めます。その都会性と哀愁を帯びた抒情性が青春歌謡の世界に似合ったのでしょう。ギターは演歌調でも歌われたので、むしろ青春歌謡のシンボル楽器はトランペットだったとさえ云えるかもしれません。
 タイトルにトランペットが入るのは、
 三田明「僕のトランペット」(s39-5)、久保浩「断崖のトランペット」(s40-12)、ちょっと時期遅れで吉永小百合「銀色のトランペット」(s44-8)など。
 ほかにも渡哲也がソノシート・ブック「東京流れ者」(s41-6)に収録した曲の一つに「さすらいのトランペット」(上記高橋英樹主演映画とは無関係)。渡は映画「反逆」(s42-8)でも主題歌「反逆のトランペット」(レコード化はされず)を。
 しかし、上記のうち、シングルA面曲は久保浩「断崖のトランペット」だけ。
 舟木一夫「ブルー・トランペット」は、こうした曲の中で最大のヒット曲なのでした。

501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!

 先日、作曲家の船村徹の訃報が流れました。昭和7年(1932)生れで84歳。
 前回の舟木一夫「オレは坊ちゃん」も船村の作曲でしたが、ここにあらためて追悼記事を書いておきましょう。
 船村徹は演歌系の名曲を多く作ったことで知られています。しかし、実は青春歌謡にも大きな貢献をしていました。
 船村徹の初期の代表曲はキング・レコードでの春日八郎「別れの一本杉」(s30‐12)。コロムビア専属になって美空ひばり「波止場だよお父っつあん」(s31‐12)、島倉千代子「東京だよおっ母さん」(s32‐4)、青木光一「柿の木坂の家」(s32‐10)など。どれもしみじみ心に沁みる演歌調。戦後初のミリオンセラーともいわれてレコード大賞も獲得した村田英雄「王将」(s36‐11)で力強い男歌でも成功し、「なみだ船」(s37‐8)で門下生・北島三郎も売り出します。
 しかし、その北島も昭和38年末には新生クラウン・レコードに移籍してしまい、しかも世は青春歌謡全盛期。やがて船村徹も青春歌謡に参入することになります。

 船村が担当したのは舟木一夫。
 もちろん舟木は遠藤実門下。初めて船村が舟木のために作曲したのは、舟木のデビューから一年後、15枚目シングル「夢のハワイで盆踊り」(s39₋7)。しかしこれはまだ単発的な参加にすぎません。
 舟木のための作曲が本格化するのは、昭和40年3月に遠藤実がミノルフォン・レコード創立でコロムビアを離れた後さらに1年以上経過した昭和41年半ばごろから。やがて昭和42年になると、舟木の曲の多くを船村が手掛けるようになり、それは翌43年6月の「オレは坊ちゃん/喧嘩鳶」までつづきます。つまり、前回紹介した「オレは坊ちゃん」は、結果的に、舟木と船村との(一旦の)別れになった曲なのです。
 その意味で、舟木一夫の青春歌謡、デビューから前期を手がけたのが遠藤実、後期というより晩期を手がけたのが船村徹、といってよいでしょう。
舟木一夫・夕笛s42-9-28週刊平凡 舟木一夫&船村徹の最大のヒット曲は「夕笛」(s42‐8)だったでしょう。(右画像は「週刊平凡」s42-9-28号から。)
 こちら「朝日新聞DIGITAL」2017年2月17日夜9時の記事によれば、船村の訃報に接した舟木は次のように語ったそうです。

 《19歳のときに初めて曲を書いていただいて以来、60~70曲はいただいています。
 僕が29歳から30歳のころ、歌手をやめようと思ったことがあり、夜中に突然、船村先生から自宅に電話がかかって来て、「歌手を辞めるって聞いたけど、本当か」「辞めるのは君の勝手だし、自由にすればいいけど、俺の大好きな『夕笛』はいったい誰が歌うんだ」といって、電話を切られました。その時、「男の仕事とは、歌手が歌を歌うということは、そういうことか」と思い、辞めるのを思いとどまりました。船村先生からの電話がなければ恐らく歌手を辞めていたと思います。一生の恩人です。》

舟木一夫・その人は昔&船村徹(CD) 船村徹は舟木一夫の青春歌謡からの「脱皮」の試みにもチャレンジします。しかしそれはありがちな「女歌」や「演歌調」への転身ではなく、舟木の歌唱の芸術性を引き出す試みとして行われました。それが松山善三と船村が組んだ芸術祭参加作品LP「こころのステレオ その人は昔」(s41‐12)です。2年後には西條八十と船村が組んだ芸術祭参加作品LP「こころのステレオ《第二集》 雪のものがたり」(s43‐12)もあります。(右画像の舟木と船村はCDから。)


 さらに特筆すべきは、意外にも、
舟木の初の「本格的」夏のリズム歌謡「太陽にヤア!」(s41‐6)も船村が作曲したこと。「本格的」と書いたのは、舟木の最初の夏のリズム歌謡は前年の「渚のお嬢さん」(s40‐7)、しかし「リズム・ビーチ」による「渚のお嬢さん」はリズム歌謡としてはとてもおとなしめのものだったから。対して、「太陽にヤア!」はアップテンポで、しかも舟木一夫が初めてエレキ伴奏付きで歌った曲なのです。(船村は舟木のために、「夜霧の果てに」(s43‐5)で再びエレキを響かせます。)
 というわけで、今日紹介するのは、まるで季節外れながら、「太陽にヤア!」の一年後、昭和42年夏のリズム歌謡「夏子の季節」(s42‐5)。こちらで聴きながらお読みください。kazuyan_679_sさんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコード・ジャケット画像の下は「明星」昭和42年7月号から。)

舟木一夫「夏子の季節」 

  昭和42年5月発売
  作詞:丘灯至夫 作曲・編曲:船村徹
舟木一夫・夏子の季節 一 夏 夏 夏 夏 夏子
   夏 夏 夏 夏 夏子
   ことしも逢えたね 夏子
   初めてこころを うちあけた
   まぶしいビーチの 昼さがり
   すばらしい 夏子
   夏子 夏子 すばらしい
 二 夏 夏 夏 夏 夏子
   夏 夏 夏 夏 夏子
舟木一夫・夏子の季節s42-7明星   きれいになったね 夏子
   ブルーのスカート 風がとぶ
   はじらうひとみに 海がある
   うつくしい 夏子
   夏子 夏子 うつくしい
 三 夏 夏 夏 夏 夏子
   夏 夏 夏 夏 夏子
   おとなになったね 夏子
   ためいきまじりに ふくらんだ
   むねにもやさしい 夜がくる
   すばらしい 夏子
   夏子 夏子 すばらしい

 この歌について、特記すべきことはただ一つ。
「夏子」という名前を計18回も連呼していること。これは、橋幸夫「江梨子」(s37‐1)の「江梨子」8回や美樹克彦「花はおそかった」(s42‐3)の「かおるちゃん」8回はいうまでもなく、久保浩「星空のミッシェル」(s41‐10)の「ミッシェル」10回(または14回)や奥村チヨ「ごめんね…ジロー」(s40-10)の「ジロー」13回さえもはるかにしのいで、青春歌謡における名前連呼の最高記録でしょう。もちろん「夏子」は夏の化身の名前でもあるわけです。

500 舟木一夫「オレは坊ちゃん」 文芸歌謡(12) 坊ちゃんの名前

 記念すべき(?)500回目の投稿です。久しぶりに舟木一夫を。
 「オレは坊ちゃん」。たのしい曲なのですが、残念ながら今youtubeにはありません。
 (ジャケット画像の下は雑誌「別冊近代映画」の昭和43年9月号(デビュー五周年記念 舟木一夫特別号)の裏表紙から。なお、この雑誌の表紙の画像は下にあります。)

舟木一夫「オレは坊っちゃん」
舟木一夫・オレは坊ちゃん  昭和43年6月発売
  作詞:西條八十 作曲:船村徹
 一 オーイおれは坊ちゃん 江戸っ子だい
   好きなばぁやの お清に別れ
   初の船旅 四国へ来れば
   キザな赤シャツ
   まぬけな野幇閑(のだいこ)
   暮れりゃ 東京の灯が恋し
 二 オーイおれは坊ちゃん 江戸っ子だい
舟木一夫・オレは坊っちゃんs43-9別冊近代映画裏表紙   田舎湯町の 中学教師
   起きりゃ楽書き ねむればイナゴ
   餓鬼のうるささ ところの狭さよ
   今日も思案の 湯のけむり
 三 オーイおれは坊ちゃん 江戸っ子だい
   あそこ行くのは マドンナさんか
   蔭に赤シャツ ウロチョロと
   明日は東京 辞職ときめたよ
   投げた卵の 気持よさ
 
 (*レコードジャケット裏の歌詞カードでは二番の3行目「楽書を」となっていますが歌唱は「楽書き」。)

 これはデビュー五周年記念の明治座公演で演じた「坊ちゃん」の主題歌。「坊ちゃん」はもちろん夏目漱石の小説のあの『坊ちゃん』。
 西條八十はかなり気楽に書いているようですが、それでいて『坊ちゃん』の世界を簡潔に要約してみせました。『坊ちゃん』を読んだことのある人には説明不要でしょうが多少の贅言を。
 『坊ちゃん』は主人公の「おれ」の一人称の語りなので、この詞も「おれ」の一人称。
 「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている」というのが小説の書き出し。その無鉄砲で喧嘩っ早い「江戸っ子」が数学の教師として、はるばる遠い「田舎」の湯の町(四国の松山らしい)の中学に赴任。しつこく楽書きをくりかえしたり宿直の蒲団にいなごを入れたりする生徒たちのいたずらに腹を立て、土地の狭さに腹を立て、教員どもの偽善と姑息さにも腹を立て、とうとう教頭「赤シャツ」の不正を暴き、「赤シャツ」と腰巾着の「野幇間」に怒りの卵をぶつけて辞職する、という展開。
 漱石の小説第一作『吾輩は猫である』が「ホトトギス」に連載されるのは明治38年(1905)の1月号から。好評で10月には単行本化(上篇)され、なおも中篇が連載継続。第2作の『坊ちゃん』は「ホトトギス」明治39年(1906)4月号に発表。同じ号には連載中の『吾輩は猫である』も載っていたわけです。
 ところで、『吾輩は猫である』の書き出しは「吾輩は猫である。名前はまだない。」最後まで名無しの猫。そしてこの『坊ちゃん』の主人公(語り手)の姓名も不明。つまり漱石は、長篇小説一作目二作目、ともに名前を呼ばれない主人公(語り手)の小説を書いたのでした。(付け加えれば、長編第3作『草枕』の語り手=主人公も名前がないのです。)
 近代小説は、英雄やお姫様でなく、リアルな人物たちのドラマを書くもの。だからみんな普通の姓名を持つ人物。しかし、『坊ちゃん』の世界は姓名でなくあだ名の世界です。校長は「狸」、キザな教頭は「赤シャツ」、「赤シャツ」の腰巾着は「のだいこ」(田舎の幇間(太鼓持ち)、という意味)、怒りっぽい正義漢の数学科主任は「山嵐」、気弱な英語教師は「うらなり」、「うらなり」の婚約者で「赤シャツ」に横恋慕される令嬢は「マドンナ」、といった具合。
 主人公を子供のころから「坊ちゃん」と呼んだのはばあやの「お清」ですが、小説の最後の方では「赤シャツ」と「のだいこ」の会話に「あのべらんめえと来たら、勇み肌の坊ちゃんだから」と出てくるので、どうやら松山では「坊ちゃん」が彼のあだ名になっていたらしいのです。もちろん、「お清」の愛情こめた「坊ちゃん」と違い、「赤シャツ」と「のだいこ」の呼ぶ「坊ちゃん」には揶揄と軽侮がこもります。
 あだ名はその人の特質を誇張して付けるもの。つまり人物の類型(タイプ)を表示する「タイプ名」。「坊ちゃん」では人物たちはあだ名通りの人間としてふるまいます。「赤シャツ」は「赤シャツ」らしく、「のだいこ」は「のだいこ」らしく、「山嵐」は「山嵐」らしく、「うらなり」は「うらなり」らしく。つまり「名(あだ名)は体を表す」、「名詮自性(みょうせんじしょう)」の世界。
 こういう人物名は、近代小説よりは、滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』などに似ているのです。八犬士たちは各自儒教の八つの徳目「仁義礼智忠信孝悌」の一文字を示す玉を持ち、犬塚信乃戌孝、犬川荘助義任、というふうにその一文字を自分の名前につけ、その徳目の化身として行動します。(要するに、名前が善兵衛なら善人、悪兵衛なら悪人、ということ。)
 そしてまた、『八犬伝』がそうだったように、『坊ちゃん』もまた「勧善懲悪」の世界なのです。
 とはいえ、『坊ちゃん』の世界は等身大。正義も小さく悪も小さい。正義を体現する「坊ちゃん」と「山嵐」がやったのは卵をぶつけたぐらいのこと。読者の胸はスキッとしますが、彼らは辞職してしまうので、現実には敗北者。「赤シャツ」一派はその後も平然と出世しつづけるでしょう。しかも「坊ちゃん」は「江戸っ子」、「山嵐」は「会津っぽ」、ともに幕末維新の敗北者の子弟なのでした。ここに漱石の現実(近代日本社会)批判を読み取ることもできるでしょう。
 ともかく、『吾輩は猫である』は滑稽な諷刺小説、『坊ちゃん』は勧善懲悪、どちらも坪内逍遥『小説神髄』が掲げた近代写実(リアリズム)小説ではありません。むしろ近代写実主義が完成する以前のジャンルです。(そもそも『小説神髄』が近代小説と対比するために例に挙げて批判したのが馬琴の『八犬伝』なのでした。)
 漱石はやがてリアリズム小説を書き出します。しかし、漱石を「国民作家」にしたのは、近代人の苦悩を直接の主題にした『こころ』でも『道草』でもありません。『猫』と『坊ちゃん』、つまり「近代小説」以前の作品です。もちろん、『猫』や『坊ちゃん』を書いた作家が『こころ』や『道草』も書いたから、漱石は偉大な作家なのです。

 夏目漱石は明治27年(1894)4月から1年間、四国松山の中学で英語を教えました。(その間、日清戦争従軍中に喀血して帰国した正岡子規が漱石の下宿に居候したりします。)そのときの体験が『坊ちゃん』の素材になっているそうです。
 作中には地名は記されていませんが、地理や方言でおおよそ四国の松山だと推測できる書き方になっています。そして今や松山では、「坊ちゃん団子」に「坊ちゃん列車」に「坊ちゃん文学賞」まで。しかし小説の中では土地の人々の田舎根性が徹底的に嫌われていて、「いやにひねっこびた、植木鉢の楓みた様な小人」どもだの「こんな土百姓」だのと罵倒されているのでした。(ただし、松山市民の名誉のために付言すれば、漱石自身は松山時代の手紙に「学校も平穏にて、生徒も大人しく授業を受けをり候」と書いています。)

 さて、舟木一夫のデビューは昭和38年6月5日発売の「高校三年生」。昭和43年6月で五周年。
 そして7月4日から明治座でデビュー五周年記念の一カ月公演。昼の部の芝居が「坊ちゃん」、夜の部の芝居が「喧嘩鳶~野狐三次~」。加えて昼夜ともに歌謡ショ―「ヒットパレード」もありました。
舟木一夫s43-9別冊近代映画 レコードは二つの芝居の主題歌をカップリングさせて発売。「オレは坊ちゃん」の方がA面扱いでしたが、芝居も歌も舟木がいなせな江戸っ子火消しに扮した時代劇「喧嘩鳶~野狐三次~」の方が人気があり、右画像のように、特集した「別冊近代映画」でも、表紙は「喧嘩鳶」の方で「坊ちゃん」は裏表紙。また、この年の紅白歌合戦でも舟木は威勢よくにぎやかに「喧嘩鳶」を歌いました。
 
 舟木一夫の明治座公演は前年4月につづいてこれが2度目。
 光本幸子追悼を兼ねた舟木一夫&光本幸子「恋のお江戸の歌げんか」の項に舟木一夫の明治座公演の演目リストを掲げておきましたが、この翌年、昭和44年7月公演の芝居演目の一つが「与次郎の青春」。これは「三四郎より」と角書きが付いていて、与次郎は漱石『三四郎』の登場人物なのでした。三四郎でなく三四郎の友人の与次郎を主人公にしたあたりが企画の妙。
 舟木一夫、二年続けて夏目漱石の世界に挑戦したことになります。

493 吉永小百合「嫁ぐ日まで」 花嫁たち(6)

 吉永小百合には「あすの花嫁」(s37-9)とよく似たタイトルの曲が、ほぼ一年後にあります。「嫁ぐ日まで」。
 こちらで聴きながらお読みください。「歌心の」さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコードジャケット画像の下は、昭和38年末ごろの発売かと思われるソノシート集「吉永小百合愛唱集4」から、和装の花嫁姿の吉永小百合。)

吉永小百合「嫁ぐ日まで」
吉永小百合・嫁ぐ日まで/天に向って  昭和38年8月発売
  作詞:佐伯孝夫 作曲・編曲:吉田正
 一 あなたが夢む、いつでも夢む
   きらめく乙女、やさしの乙女
   そんなわたしでいたい 嫁ぐ日までは
    強くひとりの人を
    描き求めて生きて
    髪も指もあわれいとしや 嫁ぐ日まで
 二 見知らぬあなた、わたしのあなた
吉永小百合・ソノシート吉永小百合愛唱集4(s38年末ごろ)より   いつの日逢える 愛する人よ
   待ってこがれる小窓、花も可愛いや
    花は数々咲けど
    妻と呼ぶ花一つ
    清く白く風に散らずに 嫁ぐ日まで
 三 あなたの来る日、迎えに来る日
   二つのこころ一つに結べ
   赤いえにしのリボン、嫁ぐ日近し
    すんだ瞳の乙女
    燃える希望(のぞみ)の空に
    かける虹よ若く輝け 嫁ぐ日まで

 フジテレビの連続ドラマ「嫁ぐ日まで」の主題歌だったそうです。週一回の30分ドラマ、毎回設定もキャストも変えて昭和38年2月から年末まで。ヒロインたちの「嫁ぐ日まで」のさまざまなドラマを描いた1話完結のドラマシリーズ、ということでしょう。各回のヒロイン役には、清水まゆみ、光本幸子、島かおりなどの名前が見えます。吉永自身は出演していません。
 主題歌の歌詞は唯一無二の男性との結婚の日を夢みる「乙女」の歌。オリンピック前の「恋愛=純愛=純潔=結婚」の理想です。
 「強くひとりの人を描き求めて生きる」という一番、「いつの日逢える愛する人よ」という二番は、まだ理想の「あなた」に出逢っていません。その意味で、女性の側から歌う「まだ見ぬ君を恋うる歌」(舟木一夫s39-6)だといえるでしょう。
 その際、あなたがいつでも夢みているであろう「きらめく乙女、やさしの乙女」でありたい、と歌うところが女性の発想。つまり、たんに「自分の価値観に基づく理想の女性でありたい」というのでなく、あなたの眼差しに映るあなたの理想の女性でありたい、という二人称的発想。「あなたにとってのあなた」としての自己像です。しかもその「あなた」にはまだ出逢ってもいないのです。
 これを60年代末、エロスを解放した時代の風俗に合わせて崩して歌えば「あなた好みの女になりたい」(奥村チヨ「恋の奴隷」s44-6 なかにし礼作詞)になります。(「恋の奴隷」の「あなた」は眼前に実在します。)
 しかし、オリンピック前の「乙女」の純情はそんなふうに崩れません。そもそも歌い出しが「あなたが夢む、いつでも夢む」。口語の「夢みる」(上一段活用)でなく文語の「夢む」(上二段活用)なのです。もちろん「やさしの」も「いとしや」も「嫁ぐ日近し」の「近し」も文語体。つまり、彼女の純情はかたくて古風なのです。
 そして、その古風な娘が「髪も指もあわれいとしや」と歌うとき、自分の清らかな肉体を抱きしめいとおしむようなこのナルシシズムには、つつましやかなエロチシズムさえ漂うようではありませんか。さすが佐伯孝夫というべきでしょう。
 三番は、ドラマのテーマに合わせたのでしょう、一挙に「嫁ぐ日近し」。「赤いえにしのリボン」によって結ばれた唯一無二、運命的な伴侶としての「あなた」が「迎えに来る日」の到来を歌って収めます。

 歌詞が文語体であるのにふさわしく曲調もしっとりと。「あすの花嫁」の曲調とは大きく異なります。
 それでも昭和37年9月の「あすの花嫁わたしなの」とほぼ一年後の昭和38年8月に歌う「嫁ぐ日近し」、よく似ています。
 そう思わせる理由は実はもう一つあるのですが、それについては回を改めて。

487 岡本敦郎「白い花の咲く頃」 お下げ髪の時代・番外2 お下げ髪(と)の別れ

 昭和32年の三橋美智也「おさげと花と地蔵さんと」からさらにさかのぼって、もう一曲、お下げ髪を歌った名曲を。岡本敦郎のヒット曲「白い花の咲く頃」。
 こちらに当時の「見本盤(非売品)」レコードによる貴重な音源があるので、聴きながらお読みください。oklz47さんに感謝しつつ無断リンクします。

岡本敦郎「白い花の咲く頃」
  昭和25年12月発売
  作詞:寺尾智沙 作曲:田村しげる
岡本敦郎・白い花の咲く頃CD 一 白い花が 咲いてた
   ふるさとの 遠い夢の日
   さよならと 云ったら
   黙ってうつむいてた お下げ髪
   悲しかった あの時の
   あの 白い花だよ
 二 白い雲が 浮いてた
   ふるさとの 高いあの峰
   さよならと 云ったら
   こだまが さよならと呼んでいた
   淋しかった あの時の
   あの 白い雲だよ
 三 白い月が ないてた
   ふるさとの 丘の木立ちに
   さよならと 云ったら
   涙の眸で じっとみつめてた
   悲しかった あの時の
   あの 白い月だよ

 これもふるさとでの別れ。「おさげと花と地蔵さんと」のお下げ髪は「みんな」の中の一人でしたが、こちらの「黙ってうつむいてたお下げ髪」はただ一人。ふるさとの別れは初恋の別れ。うつむく二人の足下には白い花。春は別れの季節。いま眼前の「白い花」に「ふるさとの遠い夢の日」がよみがえります。
 二番では「白い雲」浮かぶ「高いあの峰」にさよならの声が「こだま」し、三番は「丘の木立ち」にかかる「白い月」と「涙」のとりあわせ。月が「ないてた」のは別れの涙でにじんでいるから。わずかな言葉で風景もあざやかに浮かびます。抒情歌謡の名作です。
 「ふるさとの遠い夢の日」。故郷には帰れても「夢の日」には帰れません。萩原朔太郎にならっていえば、郷愁はけっしてみたされることのない魂のノスタルジー。それゆえに郷愁の中のふるさとはいつまでも美しくせつない「夢の日」のまま。私は、横井弘の書いた「津軽は夢の国だったよ」(佐々木新一「リンゴの花が咲いていた」)や西條八十の「初恋のゆめのふるさと」(舟木一夫「夕笛」)を思い出します。

本間千代子in人生劇場・飛車角s38-3 寺尾智沙&田村しげる夫妻の作品は、以前に本間千代子がソノシートで歌う「夕月の歌」を取り上げました。そのカップリング曲が勝呂誉の歌う「白い花の咲く頃」でしたが、さすがに勝呂誉の歌声はyoutubeにありません。 (そこで、右に本間千代子のお下げ髪姿を二枚。上は鶴田浩二主演映画「人生劇場 飛車本間千代子&西郷輝彦・十七才のこの胸にs39-46マーガレット角」(s38-3公開)でのお下げ髪。大正時代の三州吉良の娘役です。下は西郷輝彦主演「十七才のこの胸に」の、西郷の故郷・鹿児島でのロケから、セーラー服に髪の左右を無造作に束ねただけの「短い」お下げ髪。「マーガレット」昭和39年46号。)
 そのときに、「夕月の歌」はラジオ歌謡ではありませんが、と断ったうえで「NHKラジオ歌謡と青春歌謡」について書きましたが、「白い花の咲く頃」はまちがいなくNHKラジオ歌謡です。
 こちらに「日本ラジオ歌謡研究会」のホームページがあって、ラジオ歌謡が放送順に一覧になっています。それによると「白い花の咲く頃」は放送順で266番とのこと。また、岡本敦郎は昭和21年にラジオ歌謡「朝はどこから」でデビューしたそうですが、その「朝はどこから」はラジオ歌謡初放送曲「風はそよ風」(昭和21年5月1日放送)につづく2番目のラジオ歌謡だったこともわかります。まさしく岡本はラジオ歌謡とともに歩んだ歌手なのでした。
 (なお、寺尾&田村の「夕月の歌」は上記ラジオ歌謡一覧の354番「夕月の歌」と混同されることがあるのでしょう。これは作詞・作曲者の異なる同名異曲です。)

 それにしても、「白い花の咲く頃」のお下げ髪も別れの歌。
 北原謙二「忘れないさ」の項にリストアップしたお下げ髪の曲は13曲。それ以後取り上げたのがこの「白い花の咲く頃」も含めて6曲。計19曲
 そのなかで、北原謙二「若い明日」坂本九「明日があるさ」だけが現在進行中の恋、外の17曲は別れの歌。(仲宗根美樹「さよなら十代」だって十代との別れです。)
 守屋浩「長いお下げ髪」の項で書いたように、お下げ髪の基本イメージは素朴さと少女性。当然、そこで言及した漫画「フイチンさん」のような(あるいはお下げ髪をトレードマークに売り出した歌手・森山加代子のような)、健康で活発な少女のイメージだってあるのですが、なぜかしんみり別れの歌ばかり。「青年」の歌である歌謡曲では、お下げ髪の「素朴さ」や「少女性」が回顧的なまなざしの対象になって、「素朴さ」はふるさと、ふるさとならば出郷・離郷、「少女」(と)の恋は初恋、初恋ならば結ばれぬ別れ、というような連想をたどるために、別れのテーマと結びつきやすいのかもしれません。

486 三橋美智也「おさげと花と地蔵さんと」 お下げ髪の時代・番外1

 お下げ髪がタイトルにも入った最大のヒット曲は三橋美智也「おさげと花と地蔵さんと」だったでしょう。昭和30年代初期のなつかしい郷愁の世界、こちらで聴きながらお読みください。bega1947さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコード画像の下は昭和33年10月封切りの映画「絶唱」からお下げ髪の浅丘ルリ子(小雪)と小林旭。さらにその下には昭和41年9月封切りの「絶唱」からお下げ髪の和泉雅子(小雪)と舟木一夫(「りぼん」昭和41年12月号付録)を。)

三橋美智也「おさげと花と地蔵さんと」
三橋美智也・おさげと花と地蔵さんと  昭和32年9月発売
  作詞:東条寿三郎 作曲・編曲:細川潤一
 一 指をまるめて のぞいたら
   黙ってみんな 泣いていた
   日昏(ひぐ)れの空の その向こう
   さようなら
   呼べば遠くで さようなら
   おさげと 花と 地蔵さんと
 二 あれから三年 もう三月
絶唱・小林旭・浅丘ルリ子 (2)   変らず今も あのままで
   空見て立って いるのやら
   さようなら
   耳をすませば さようなら
   おさげと 花と 地蔵さんと
 三 なんにもいわずに 手を上げて
   爪(つま)立ちながら 見てたっけ
   思いはめぐる 茜(あかね)
   さようなら
   呼べばどこかで さようなら
   おさげと 花と 地蔵さんと

 「地蔵さん」は仏教の地蔵菩薩ですが、地蔵絶唱s41-12りぼん付録表紙は古くから民俗信仰の中の賽(さい)の神や道祖神と習合して、境界を守る仏として三叉路や四辻や村境に建てられました。「六地蔵」として六体並んで立つものも多くあります。
 花の咲く道端に立つ地蔵さん。その傍らで見送る幼なじみの「みんな」。そのなかにお下げの娘。村はずれの別れです。
 一見シンプルな詞ですが、よくよく読むと、三年三月前の別れの時とそれを回想する現在の思いとが分ちがたく重なっています。
 たとえば、一番は別れの時の光景のようです。それなら「さようなら」と呼べば「遠くでさようなら」と返すのは涙ながらに見送ってくれた「みんな」の声なのでしょう。けれども聞こえてくるのは「日昏れの空のその向こう」です。現実そのままではありません。「遠くで」は山川遠くへだてた故郷、あるいは三年三月隔てた過去の日かもしれません。それなら「さようなら」と返すのは心のなかに聞こえる声なのかもしれません。
 その回想性は二番三番ではっきりします。「耳をすませばさようなら」も「呼べばどこかでさようなら」も、現実ではなく、心のなかに聞こえる声です。
 しかし、二番にも不思議なイメージがあります。「変らず今もあのままで/空見て立っているのやら」。「みんな」のことなのでしょう。別れの時の光景は心のなかでストップモーション、三年三月前のままに印画されているのです。
 けれども、三年三月も動かずあのまま「空見て立っている」にふさわしいのは「みんな」ではなく、むしろ地蔵さんの方です。ここでは「みんな」と「地蔵さん」(六体並んだ六地蔵かもしれません)がぴったり重なっているのです。
 茜空の下に「おさげと花と地蔵さん」が仲よく並んでいる村はずれ。まるでほのぼのした童画のような風景です。
 故郷松島トモ子s32-10少女付録との別れといえば、ふつうに思えば中学を卒業しての出郷でしょう。
 しかし、「指をまるめてのぞいたら」というのは子供めいたしぐさです。もう少し年齢を下げたくなります。そもそも地蔵菩薩は、とりわけ子供を守ってくれる仏なのでした。その「地蔵さん」と重なって一体化する「みんな」もやっぱりまだ子供なのかもしれません。そういうイメージの方が、童画みたいなこの詞の情景にふさわしいかもしれません。そこで、右には12才の松島トモ子の素朴なお下げ髪を。(雑誌「少女」昭和32年10月号付録表紙)

484 坂本九「明日があるさ」 お下げ髪の時代(4)&セーラー服の時代

 高校生のお下げ髪の歌をもう一曲。坂本九「明日があるさ」。こちらで聴きながらお読みください。「エムエス隼戦闘隊」さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコードジャケットの下は、坂本九とお下げ髪の森山加代子。昭和36年4月封切りの映画「悲しき60才」から。何といってもこの時期、「九ちゃん加代ちゃん」は大人気でした。)

坂本九「明日があるさ」
  昭和38年12月発売
  作詞:青島幸男 作曲・編曲:中村八大
坂本九・明日があるさs38-12 一 いつもの駅でいつも逢う
   セーラー服のお下げ髪
   もうくる頃 もうくる頃
   今日も待ちぼうけ
   明日がある 明日がある 明日があるさ
 二 ぬれてるあの娘コウモリへ
   さそってあげよと待っている
   声かけよう 声かけよう
   だまって見てる僕
   明日がある 明日がある 明日があるさ
 三 今日こそはと待ちうけて
   うしろ姿をつけて行く
森山加代子&坂本九・悲しき60才s36-4   あの角まで あの角まで
   今日はもうヤメタ
   明日がある 明日がある 明日があるさ
 四 思いきってダイヤルを
   ふるえる指で回したよ
   ベルがなるよ ベルがなるよ
   出るまで待てぬ僕
   明日がある 明日がある 明日があるさ
 五 はじめて行った喫茶店
   たった一言好きですと
   ここまで出て ここまで出て
   とうとう云えぬ僕
   明日がある 明日がある 明日があるさ
 六 明日があるさ 明日(あす)がある
   若い僕には夢がある
   いつかきっと いつかきっと
   わかってくれるだろ
   明日がある 明日がある 明日があるさ

 「通学列車」まで同じなのかどうかわかりませんが、とにかく「いつもの駅でいつも逢う」お下げ髪のあの娘。
 なかなか声をかけられず、待ちぼうけをくりかえし、雨の日には傘に誘おうと待ってみたり、しばらく後ろをつけて歩いてみたり、思い切って電話のダイヤルを回したものの相手が出る前に切ってしまったり(電話番号はどうやって知ったのか?)、ようやっと喫茶店に誘うのに成功しても「好きです」の一言がとうとう云えなかったり(高校生の喫茶店立ち寄りが校則で禁じられていた学校もあったでしょう)と、心弱き、でも一途な「恋の大奮闘」。
 (彼女の下校時間帯に「いつもの駅でいつも逢う」のだから、「僕」も高校生だとみるのが自然でしょう。)
 (「コウモリ」というのが昭和30年代らしい。「傘」が伝統の唐傘を意味した時代のなごり、唐傘と区別するために洋傘は、その形態ともっぱら黒一色だった布の色から「コウモリ傘」。「唐傘」を見なくなった今はもう傘といえば洋傘なので、わざわざ「コウモリ」と言う必要もなく死語でしょう。)
 一つ一つのエピソードには誰でもちょっとは身に覚えがあり、ついつい肩でもたたいて慰めと励ましの声をかけてやりたくなるようなほほえましさ。もちろん一番ふさわしい言葉は彼自身が自分に言い聞かせています。「明日があるさ」。
 タイトルでもあり何度も繰り返される「明日があるさ」は、歌詞内容の純情な恋の物語をはなれて、青春歌謡の精神、さらには東京オリンピック前の時代精神を凝縮した標語にもなります。今は苦しくとも「若い僕には夢がある」、今日は失敗しても「明日があるさ」

 ところで、「あの娘」は「セーラー服のお下げ髪」。この季節、富士山に月見草がよく似合う(太宰治『富嶽百景』)ように、セーラー服にはお下げ髪がよく似合う(!?)。
 そこで、このブログでいままで取り上げた「セーラー服」の歌をリストアップしてみます。

 浜田光夫&三松圭子「丘の上の校舎」(s38-9) ♪紺のセーラーの制服よ
 (高石かつ枝「丘の上の白い校舎」(s41-2) ♪紺のセーラーの制服よ)
 坂本九「明日があるさ」(s38-12) ♪セーラー服のお下げ髪
 高石かつ枝「感傷日記」(s39-2) ♪紺のスカートセーラー服よ
 三田明「友よ歌おう」(s39-2) ♪青いセーラーの胸はずませる
 舟木一夫「さらば古い制服よ」(s39-3) ♪君はセーラー僕つめえりの
 三田明「すばらしき級友(クラスメート)(s39-5) ♪セーラー服のあの胸に
 安達明「女学生」(s39-8) ♪セーラー服に朝霧が

高石かつ枝s38-11明星 萩原四朗が書いた浜田光夫&三松圭子「丘の上の校舎」と高石かつ枝「丘の上の白い校舎」は、真木不二夫「丘の上の白い校舎」(s29-12)の書き直し作品でした。そして、もともとの昭和29年の真木不二夫の歌詞には「セーラー服」は出てこないのです。
 したがって、書き直しの書き直しバージョンである高石かつ枝「丘の上の校舎」を別にすれば、全部昭和38年&39年、しかも秋から夏まで、ほぼ一年間に集中しています。
 青春歌謡前期は、「お下げ髪の時代」であるとともに「セーラー服」の時代なのでもありました。(右は「セーラー服のお下げ髪」の高石かつ枝。「明星」昭和38年11月号の表紙。)
 しかし、その中で、歌詞の中に「お下げ髪」と「セーラー服」がいっしょに出てくるのはこの「明日があるさ」だけなのです。その意味で、この曲は実に実に記念すべき曲なのでした。

482 浜田光夫「通学列車」 お下げ髪の時代(3)

 お下げ髪は「素朴な」「少女性」の表徴。だから年齢的には女子高生くらいまで。
 そこで今日は女子高生のお下げ髪。浜田光夫の「通学列車」。こちらで聴きながらお読みください。kyontuⅢさんに大感謝しつつ無断リンクします。
 (レコードジャケット画像の下は浜田光夫とお下げ髪の吉永小百合。「近代映画」昭和38年9月臨時増刊号表紙。映画「美しい暦」(s38-8)では、浜田は男子校、吉永は女子高の高校生でした。
 なお、吉永は映画「キューポラのある街」(s37-4)でもお下げ髪でしたが、あれは中学生役でした。)

浜田光夫「通学列車」 
  昭和39年2月発売
  作詞:滝田順 作曲:野崎真一 編曲:塩瀬重朗
浜田光夫・通学列車/高橋英樹・あの娘のためさ 一 ぼくの憧れ 明るい顔が
   きょうも手を振る 三輌目
   希望を乗せた 通学列車
   流れる雲も あの山川も
   みんな仲よし 顔なじみ
 二 交わす言葉も 汽笛に消され
   じっと見つめた お下げ髪
   明日(あした)もおなじ デッキの上と
   眸と眸で誓い はじらう頬を
吉永小百合&浜田光夫・美しい暦s38-9近代映画   赤い夕陽が また染める
 三 長いまつげが 涙に濡れる
   共に通うも きょう限り
   あの娘(こ)がくれた ノートの隅を
   ひとりでそっと 開いてみたら
   忘れないでと 走り書き

 画像のとおり高橋英樹「あの娘のためさ」とのカップリング。日活ファンにはこたえられないレコードでしょう。
 高橋英樹も「歌う映画スター」の一人。アクション系も青春歌謡系も歌っています。当時の日活はとにかく若いスターたちにはたいてい歌を歌わせたものでした。
 浜田光夫にはこんなふうにほかの歌手とのカップリング、というレコードがたくさんありました。カップリングの相手は、同じ日活の田代みどりや高橋英樹、山内賢、笹森礼子、浅丘ルリ子、さらに(日活でなく大映ですが)三条江梨子など。この6人とは、別々の曲のカップリング・レコードだけでなく、デュエットもありました。高橋英樹とのデュエットも2曲あって、「若い仲間」(s38-6)と「友情物語」(s38-7 これは笹森礼子も加えた三人で歌います)。
 作詞した滝田順は、石原裕次郎や赤木圭一郎など、日活スターたちの映画主題歌・挿入歌を多数作詞しています。こちらのページによれば、滝田は日活製作部に所属していたそうで、なるほど納得。「滝田順(今戸栄一)」とあるのは、滝田順が作詞家としてのペンネーム、別名(または本名)が「今戸栄一」なのでしょう。今戸栄一名では映画の企画などにも参加しているようです。ただし、この「通学列車」は特に映画用の曲というわけではなかったようです。
 なお、編曲の「塩瀬重朗」はジャケット裏の表記に従いました。「草笛を吹こうよ」(s38-3)「はまなすの詩集」(s39-4)の編曲者「塩瀬重雄」と同一人物でしょう。 

 「電車」ではなく「列車」。「電車通学」といえば都会風ですが、これは「電車」といわずわざわざ「列車」と呼んでいるので地方の高校生でしょう。車窓風景も「流れる雲」に「あの山川」。本数が少ないから通学時間帯は「仲よし」で「顔なじみ」の高校生がいっぱいです。
 電車でも汽車でも、動力に関わらず、車両を複数連結していれば「列車」ですが、当時は、たとえ電化された路線でも、あるいはディーゼル車であっても、ふつうに「汽車」といったものです。舟木一夫「修学旅行」(s38-8)の「♪ラララ…… 汽車はゆく 汽車はゆく」のあの「汽車」だって、別に蒸気機関車というわけではなかったでしょう。「広辞苑」は「汽車」についてちゃんと「ひろく鉄道一般の意味にも用いる」と書いています。
 「お召し列車」だの「高原列車」だのという特別の用語もありましたが、「列車」という言葉は日常用語としてはあまり使った記憶がありません。「列車の時間は」などとは云わず「汽車の時間は」といったもの。
 なので、列車で通学しても「列車通学」とは云わず「汽車通学」か「電車通学」。ただし、日本語は変なもので、語順をひっくり返して「通学電車」や「通勤電車」とはいっても、語呂がよくないから「通学汽車」とはいいません。
 その通学列車の三輌目でいつも逢うお下げ髪の娘。通う高校は、男子校と女子高と、別々だったのかもしれません。互いに好意を抱きながら、通学列車の中だけでの抑制された交際。
 「共に通うもきょう限り」。とうとう卒業の日。周囲の仲間たちに聞かれたくない一番大事なことは「ノート」に書いて手渡しします。
和泉雅子s40-10平凡 男子校の生徒・舟木一夫と女子高の生徒・和泉雅子が通学列車で知り合う映画「北国の街」(s40-3公開)にも、二人が本にはさんだ手紙をこっそり渡し合う場面がありました。「北国の街」がロケで使ったのは長野県の飯山線。映画のなかの「通学列車」は白い煙を濛々となびかせて走る「汽車」でした。(この映画の和泉雅子はお下げ髪ではなかったので、代わりに、右に「平凡」昭和40年10月号から。)
 そういえば、映画「北国の街」は挿入歌に舟木の「初恋の駅」(s39-1)を使っていました。「♪いつも電車に乗ってくる 赤いマフラーのおさげ髪」。この歌は「電車」。

481 北原謙二「忘れないさ」 お下げ髪の時代(2) 付・お下げ髪の歌リスト

 青春歌謡の時代はおさげ髪の時代でもありました。
 このページの右上「記事検索」に「お下げ」(または「お下髪」「おさげ」)と入れて検索すると、お下げ髪を歌った曲がずらずらっと出てきます。レコード発売年月順に並べてみましょう。

小宮恵子「明日天気になあれ」(s36-8) ♪思い出しますお下髪の頃の
守屋浩「長いお下げ髪」(s37-11) ♪長いお下げ髪あの娘のことさ
北原謙二「若い明日」(s38-9) ♪頬が燃えてるお下げ髪
舟木一夫「淋しい町」(s38-9) ♪声をかけよかお下げの子
舟木一夫「初恋の駅」(s39-1) ♪赤いマフラーのおさげ髪
仲宗根美樹「さよなら十代」(s39-4) ♪長いお下髪をほどけば指に
三田明「ごめんねチコちゃん」(s39-5) ♪お下げの先をつまんだら
三田明「君さようなら」(s39-9) ♪君のかわいいお下げ髪
梶光夫「野菊の君」(s39-10) ♪三つ編みのお下げの髪が泣いていた
安達明「さんざしの花咲けば」(s40-9) ♪おさげの髪にもこぼれてた
佐々木新一「リンゴの花が咲いていた」(s41-6) ♪おさげの人は見えなくて
舟木一夫「夕笛」(s42-8) ♪おさげ髪きみは十三
西郷輝彦「はまなす日記」(s42-9) ♪おさげが風にゆれていた

 以上13曲。うち9曲がオリンピック以前。
 こうして並べると、お下げ髪の時代は東京オリンピック(s39-10)以前、青春歌謡前期だったことがはっきりします。東京オリンピック後、少女たち(ことに都会の)の「おしゃれ」意識はだんだんと「素朴」なお下げ髪では満足できなくなったのでしょう。
夕笛1別冊近代映画s42-10 (オリンピック以後の4曲のうち、昭和42年の舟木一夫の「夕笛」は伊良子清白「漂泊」や三木露風「ふるさとの」という明治末の詩をモチーフにした西條八十の作品。映画「夕笛」の時代設定も昭和初期。他の3曲はみんな地方の風景の中のお下げ髪。お下げ髪はすでに「現在」ではなく「郷愁」の対象になりつつあったようです。
 右は映画「夕笛」(宣伝用グラビア)から、舟木一夫とお下げ髪の松原智恵子(「近代映画」昭和42年10月号)。映画の松原は女学校の生徒、「十三」歳ではありません。)

 さて、今日は、以上の記事のあちこちで言及しながらちゃんと取り挙げてこなかった歌、北原謙二の「忘れないさ」。こちらで聴きながらお読みください。kazu079himeziさんに感謝しつつ無断リンクします。
 4曲入りレコードジャケット画像の下は「週刊明星」昭和38年6月30日号の表紙。北原謙二と畠山みどりと北島三郎。みんなコロムビア・レコードの歌手。

北原謙二「忘れないさ」
  昭和38年9月発売
  作詞:三浦康照 作曲:山路進一 編曲:宮脇知美
北原謙二ヒット曲集 一 泣かないって 約束したのに
   「さよなら」と 言ったら
   何んにも言わずに 横向いて
   お下げが風に ゆれていた
   忘れないさ 忘れないさ
   好きなのさ
 二 よく似合うね 真赤なリボンが
   「しあわせ」と 聞いたら
   はずかしそうに 爪を噛む
北原謙二s38-6-30週刊明星表紙&畠山みどり&北島三郎   小川の岸で 見た夕陽
   二人だけの 二人だけの
   思い出さ
 三 淋しいけど 帰ってくるまで
   「待ってて」と 言ったら
   可愛いい瞳が うるんでた
   綺麗に編んだ お下げ髪
   忘れないさ 忘れないさ
   いつまでも

 「すいずいすっころばし」のB面でしたが、こちらの方がヒットしました。(だから上掲4曲入りレコードも「忘れないさ」の方を収録しています。)
 ともに故郷の思い出の世界ながら、「ずいずいずっころばし」の幼い世界よりこちらは年長、また、ややコミカルな童謡遊戯の風味を残した「ずいずいずっころばし」よりもこちらの方が北原謙二のよく伸びる高音の郷愁的な歌声が生かされているようです。
 「お下げが風にゆれていた」「綺麗に編んだお下げ髪」、二度にわたって歌われるお下げ髪、これもまた守屋浩「長いお下げ髪」と並んで耳にいつまでも残るお下げ髪の歌です。 
 (北原謙二は後に、この歌の歌詞を変えアレンジを変えて「忘れないさ大阪」(s59=1984)という曲も出しました。大阪は北原の出身地。「♪忘れないさ 忘れないさ 大阪の街」と繰り返します。)

471 梓みちよ「こんにちは赤ちゃん」 追悼・永六輔(1)

 永六輔氏が7月7日に亡くなられたそうなので、追悼として一曲書いておきましょう。
 永六輔はいわゆる歌謡曲系の作詞家ではありませんが、自分でこのブログ内を検索してみたらかなりの曲数取り挙げていました。
 坂本九「上を向いて歩こう」(s36-9)については二回、坂本九「見上げてごらん夜の星を」(s38-5)、坂本九「サヨナラ東京」(s39-7)、奥村チヨ「チコちゃんの歌」(s40-4)、山内賢&和泉雅子「二人の銀座」(s41-9)といった具合。さすがヒットメーカー。
 しかし、永六輔が青春歌謡とクロスしたのは、何といっても、1974年(昭和49年)12月6日、野坂昭如、小沢昭一と三人で「中年御三家」を名乗ってコンサートを行ったことでしょう(笑)。(とはいえすでに1974年末、「中年御三家」という名乗りの直接のパロディ対象は、橋&舟木&西郷ではなく、野口五郎&西城秀樹&郷ひろみの「新御三家」の方だったのかもしれませんが。)
 *なんとこちらでその「中年御三家」コンサートの録音が聴けます。
 野坂昭如の「黒の舟唄」「マリリン・モンロー・ノー・リターン」などが大ヒットしたのを踏まえて開催されたコンサートですが、小沢昭一45歳(1929~2012)野坂昭如44歳(1930~2015)永六輔41歳(1933~2016)、まことに愉快で自由気ままで批評精神と冗談精神に富む「中年御三家」でした。

 さて、「なつかしともなつかし」のテーマにちなんでデューク・エイセス「おさななじみ」にしようかとも思いましたが、ここはやはり大ヒット曲の「こんにちは赤ちゃん」の方を。
 こちらで聴きながらお読みください。「六三四Ⅲ 八野」さんに感謝しつつ無断リンクします。

梓みちよ・こんにちは赤ちゃん1梓みちよ「こんにちは赤ちゃん」
  昭和38年11月発売
  作詞:永六輔 作曲:中村八大

  こんにちは 赤ちゃん あなたの笑顔
  こんにちは 赤ちゃん あなたの泣き声
  そのちいさな手 つぶらな瞳
  はじめまして わたしがママよ

  こんにちは 赤ちゃん あなたの生命(いのち)
梓みちよ・こんにちは赤ちゃん2  こんにちは 赤ちゃん あなたの未来に
  この幸福(しあわせ)が パパの希望(のぞみ)
  はじめまして わたしがママよ
  
  ふたりだけの 愛のしるし
  すこやかに美しく 育てと祈る
  こんにちは 赤ちゃん お願いがあるの
  こんにちは 赤ちゃん ときどきはパパと
  ホラ ふたりだけの 静かな夜を
  つくってほしいの おやすみなさい
  おねがい赤ちゃん
  おやすみ赤ちゃん わたしがママよ

 「上を向いて歩こう」「遠くへ行きたい」「おさななじみ」などと同じく、NHK「夢であいましょう」「今月のうた」で発表された永六輔&中村八大コンビの作品。
 レコード発売は昭和38年11月ですが、発表されたのは7月の「今月のうた」コーナー。発表直後から譜面プレゼントに大量の応募があるなど大反響。それでレコード発売された、という経緯。(「今月のうた」はあくまで放送用の新作。レコード発売されなかった曲もいっぱいあります。)
 レコード発売されて間もなく、年末の第5回レコード大賞を受賞しました。永&中村は水原弘「黒い花びら」(s34-7)で第1回レコード大賞を受賞していたので、これがなんとレコード大賞五年目にして二度目の大賞受賞。(加えてこの前には世界の「上を向いて歩こう」があったわけです。)
梓みちよ・レコード大賞s39-1-19週刊明星より&舟木一夫&三沢あけみ (*二枚のレコードジャケット画像の上の方は発売時のもの。下はレコード大賞受賞後のもの。
 *また、右は「週刊明星」昭和39年1月19日号から、レコード大賞受賞式の写真。大賞の梓みちよと新人賞の舟木一夫と三沢あけみ。
 右下は「週刊平凡」昭和39年2月3日の増刊号。「こんにちは赤ちゃん」は誰でも歌えるホームソング。したがって、その大ヒットは一種の社会現象でもあったことがわかります。うがっていえば、ここにも、オリンピック前の希望と期待に満ちた社会的気分がうかがえます。少子化と高齢化によって社会が委縮しつつある梓みちよs39-2-3週間平凡臨時増刊号現代とはなんという違いでしょう。)
 この歌詞もそうですが、「上を向いて歩こう」の項で書いたように、永六輔は五七調や七五調にとらわれない口語自由詩的な感覚を流行歌の世界にいち早く持ち込んだ作詞家でした。
 私はそこで、永六輔の口語自由詩の精神は戦後民主主義者の言語思想に通じる、という意味のことを書いたのでしたが、それにしても、その永六輔が亡くなった直後の参議院議員選挙で、「改憲勢力」が国会の三分の二以上を支配する結果になったとは、何とも皮肉です。

470 コロムビア・ローズ(二代目)「なかよしだった磯村くん」 なつかしともなつかし(6)&彼女たちの旅路(12)

 梶光夫「幼なじみ」(s39-9)が「クラス仲間」をなつかしんでいたので、やっぱり同級生をなつかしむ小品をひとつ。
 二代目コロムビア・ローズの「なかよしだった磯村くん」。いまyoutubeにはありません。

コロムビア・ローズ(二代目)「なかよしだった磯村くん」
  昭和38年8月発売
コロムビア・ローズⅡ・なかよしだった磯村くん  作詞:古野哲哉 作曲・編曲:上原げんと
 一 スポーツ刈りの よく似合う
   いつも明るい ひとだった
   学校時代の 磯村くん
   アルバムみるたび 思いだす
   仲良しだった あのころを
 二 わたしになにか あるたびに
   いつでもかばって くれたっけ
   学校時代の 磯村くん
   お茶目のようでも あのころは
   とってもあなたが 好きだった
 三 噂によれば 大学へ
   進学したとか きいたけど
   学校時代の 磯村くん
   大人になっても 世の中の
   つらさに負けず がん張って

 作詞者名は手元資料では「古野哲也」。後に舟木一夫「哀愁の夜」(s41-2)を作詞する「古野哲哉」と同一人物だろうと推測して「古野哲哉」表記としました。(古野については「哀愁の夜」の項をご参照ください。)
 この頃が作詞家デビューだったのかもしれません。けれん味のないあっさりしたすなおな詞です。
 「学校時代」というのはたぶん中学校でしょう。(小学校では「学校時代」と言いにくく、高校では大学進学を知らなかったのが不自然なので。)
 「スポーツ刈り」で(たぶんスポーツマンでもあったのでしょう)なにかと彼女をかばってくれて(たぶんやさしくて正義感の強い子だったのでしょう)、大学に進んだのだから勉強もできたのでしょう。「わたし」はといえば「お茶目」にふるまってはいたが内心ではそんな彼をとても好きだった、という関係です。
 しかし、その恋愛感情が詞のメインではありません。二人の関係はあくまで「なかよし」、友だちとしての友情。「大人になっても世の中の/つらさに負けずがん張って」と、さわやかなエールを送るところが、コロムビア・ローズらしいところです。
 二代目コロムビア・ローズの歌手生活はほぼ青春歌謡の時代と重なりますが、多くの青春女性歌手とちがって「恋愛体質」でなく、文芸歌謡やホームソング風の歌を持ち味としていました。そういうコロムビア・ローズならではの歌詞だといえます。

 この曲の珍しさは、なんといっても、「磯村くん」という姓で相手を呼んでいること。女性が男性を名前でなく姓で呼び、しかもそれがタイトルになるなどとはめったにないことでした。私はほかに知りません。
 青春歌謡の時代には、男が女を呼ぶなら、橋幸夫「江梨子」(s37-1)のように名前で呼びかけます。女が男を呼ぶにも、いしだあゆみ「サチオ君」(s39-6)や奥村チヨ「ごめんね…ジロー」(s40-1)のように、やっぱり名前。歌謡曲では親密な恋愛感情が基本になるからです。
 唯一、相手を姓で呼んで大ヒットしたのは若原一郎の「おーい中村君」(s33-8 矢野亮作詞)でした。あれは会社の同僚への呼びかけ、男が男を呼ぶ歌。同僚というのは、上司でも部下でもない、対等の関係です。実際、歌詞によれば二人はたぶん同期入社。友情、友愛の親密感。
 「磯村くん」というのは「学校時代」の呼び方そのままなのでしょう。クラスメイトもやっぱり対等の関係です。
 名前や愛称での呼びかけは相手との距離を無化しようとしますが、姓での呼びかけは距離を維持します
 だからこの歌は、独立した人格としての女性が独立した人格としての男性に、相手を尊重するための一定の距離を置きながら、対等の関係として呼びかける歌。これも恋愛ではなく、男女対等の友情、友愛の関係です。「大人になっても世の中の/つらさに負けずがん張って」にはそんな人生論的な含意まで読み取れそうです。
 その意味で、多少大げさにいえば、この歌は、特にこの歌のタイトルは、「彼女たちの旅路」シリーズでたどった高度成長期の若い女性たちの「自立」に向けての歩みにおいて、画期的な意味を持つ歌(タイトル)だったことになります。

469 三田明「初恋こいさん」 青春の大阪(6) 付・織田作之助「木の都」

 「若い二人の心斎橋」(s39-10)の三年半後、三田明がソロで歌った大阪の歌「初恋こいさん」。こちらで聴きながらお読みください。Rokumonsen33さんに感謝しつつ無断リンクします。
 (ジャケット画像の下は「週刊TVガイド」昭和43年3月15日号。)

三田明「初恋こいさん」
三田明・初恋こいさんs43-3  昭和43年3月発売
  作詞:石浜恒夫 作曲・編曲:吉田正
 一 こぼれ笑顔の まっ赤な夕陽
   恋の願いに 愛染(あいぜん)さんへ 
   こいさん初恋 上町(うえまち)そだち
   好きや好きやし 背なかをむけて
   好きや好きやし こいさんはたち
   花もこぼれる 石だたみ
 二 月の泣き顔 くちなわ坂や
   逢えば別れる 縁切り榎
三田明s43-3-15   こいさん上町 箱入りむすめ
   泣きな泣きなや くちびる噛んで
   泣きな泣きなや こいさん意気地
   風がささやく 木の都
 三 泣いた笑顔で 源聖寺坂を
   恋のうらない 道頓堀へ
   こいさん初恋 お百度まいり
   どうかかなえて 水かけ不動
   どうかかなえて こいさんやさし
   春よ来い来い 法善寺

 三田明は東京都の出身ですが、「若い二人の心斎橋」(s39-10)がヒットしたからでしょうか、案外大阪づいて、朝日放送の電波塔「大阪タワー」の完成を記念した「大阪の空の上で」(s41-9)が2曲目の大阪の歌。それも石浜恒夫の作詞。そしてこの「初恋こいさん/大阪ナイト」の両面2曲も石浜の作詞。
 石浜恒夫は大阪出身の作家で歌謡曲の作詞も多く、フランク永井の「こいさんのラブ・コール」(s33-8)や同じく「大阪ぐらし」(s39-7 ♪赤い夕映え通天閣も)も「大阪ろまん」(s41-11 ♪泣かへんおひとがしのび泣く)も、石浜の作詞。大阪物は得意中の得意です。
 もちろんこれは三田明の歌。「こいさんのラブ・コール」に比べればこちらのこいさんはまだ初々しい初恋だし、吉田正の曲もリズム歌謡風の味付けです。
 三田明がヒロイン・こいさんに寄り添うように歌います。うがちすぎかもしれませんが、これも青春歌謡の時代の末期、青春歌手たちが「女ごころ」を歌う「女歌」への転身の試みの一つ、といえるかもしれません。(「女歌」への転身の試みについては、舟木一夫「たそがれの人」「夜霧のラブレター」の項をご参照ください。)

 こいさんは「上町(うえまち)そだち」でいま二十歳。上町は狭義には現在の中央区上町なのでしょうが、広義には上町台地上の町の総称。いずれにせよ良家の「箱入り娘」です。
 こいさんは先ず「愛染さん」(四天王寺別院の愛染堂)へ恋の願掛け。愛染明王は恋愛成就の願いも聞き届けてくれるのだとか。昭和の古典的メロドラマのタイトルも「愛染かつら」。愛欲は断ち切るべき煩悩の最大のものだと思うのですが、民衆布教の過程でいわば「多神教化」した仏教には、厭離穢土も欣求浄土もなんのその、現世利益を引き受けるいろんな神(護法神)や仏がいて便利なものです。「好きや好きやし背なかをむけて」は面と向かって「好きや」といえない恥じらいのしぐさ。
 けれども、信心深さは迷信深さ。「くちなわ坂」の「くちなわ(蛇)」というその名が不気味で、空の月さえ「泣き顔」のように見えてしまうし、「縁切り榎」となればもっとこわい。「縁切り榎」は円珠庵境内の榎、悪縁を断つから縁切り榎なのですが、うぶなこいさんには好きな人との縁も断ち切られるかと思われてこわいのです。それでも「くちなわ坂」も通らねばならず「縁切り榎」の前も通らねばならないのでしょう。とうとうこいさん泣きべそ顔。けれども「くちびる噛んで」こらえるのは彼女なりの「意気地」というもの。「泣きな」は大阪方言で「泣くな」。歌詞の中では「風がささやく」のですが、姿なき語り手(つまり三田明)が寄り添ってこいさんを励ましているようにも聞こえます。
 「泣いた笑顔」のまま「源聖寺坂」から「道頓堀」へ出て「法善寺」の「水かけ不動」に「お百度まいり」。語り手はここでも、「春よ来い来い」、いじらしいこいさんに寄り添って、声援を送っているようです。

 ところで、こだわりたいのは歌の二番末尾、「風がささやく木の都」。
 大阪は「水の都」。「木の都」などとは聞いたことがありません。そもそも大阪が緑あふれる「木の都」なら昭和39年に「緑化百年宣言」などする必要もなかったはずです。
 実は大阪を「木の都」と呼んだのはたった一人。作家の織田作之助(1913~1947)でした。
 織田作之助は大阪で生まれ育ち大阪を舞台にした小説を多数書きました。一般には映画化もされテレビドラマ化もされた『夫婦善哉』の作者として有名ですが、文学史上は坂口安吾、太宰治、石川淳らと並んで「無頼派」の一人に名を連ね、「織田作(おださく)」の通称で通ります。
 その織田作之助に「木の都」という名エッセイがあるのです。その冒頭。
 
 大阪は木のない都だといはれてゐるが、しかし私の幼時の記憶は不思議に木と結びついてゐる。
 それは生国魂(いくたま)神社の境内の、巳(み)さんが棲んでゐるといはれて怖くて近寄れなかつた樟(くす)の老木であつたり、北向八幡の境内の蓮池に落(はま)つた時に濡れた着物を干した銀杏(いちゃう)の木であつたり、中寺町のお寺の境内の蝉の色を隠した松の老木であつたり、源聖寺坂口縄(くちなわ)を緑の色で覆うてゐた木々であつたり――私はけつして木のない都で育つたわけではなかつた。大阪はすくなくとも私にとつては木のない都ではなかつたのである。
 試みに、千日前界隈の見晴らしの利く建物の上から、はるか東の方を、北より順に高津の高台、生玉(いくたま)の高台、夕陽丘の高台と見て行けば、何百年の昔からの静けさをしんと底にたたへた鬱蒼たる緑の色が、煙と埃に濁つた大気の中になほ失はれずにそこにあることがうなづかれよう。


 これは戦時下、昭和19年(1944年)3月発表の文章ですが、大阪は「木のない都」、つまり緑の少ない都市だと戦前から言われていたことが分かります。しかし決して「木のない都」ではないのだ、と語り出し、「源聖寺坂」や「口縄坂」の名が出てきます。(後半には「愛染堂」の名も出ます。)
 そして、「高台」に見える「鬱蒼たる緑」を並べた引用部分の後、こうつづくのです。

 そこは俗に上町とよばれる一角である。上町に育つた私たちは……

 織田作之助はその「高台」の「上町そだち」なのでした。以下、十年ぶりに訪れた上町での、ちょっと心に沁みるエピソードが語られるのですが、それは省略します。(「木の都」は青空文庫で読めるので、ご一読をお勧めします。すぐれた短篇小説の味わいがあります。)
 もちろん、道頓堀法善寺水かけ不動が織田の代表作『夫婦善哉』(s15-4初出)の重要舞台であることはいうまでもありません。
 こうしてみてくると、歌詞の中に敢えて「木の都」という耳慣れないフレーズを書き込んだこの「初恋こいさん」の歌詞全体が、同じ大阪出身の今は亡き先輩作家・織田作之助に捧げる石浜恒夫のオマージュのように思えてくるのです。(織田作之助は石浜の父親の友人だったそうです。)

467 島倉千代子「小鳥が来る街」 青春の大阪(5) 大阪市「緑化百年宣言」(2)&ポピュリズムと青春歌謡

 舟木一夫「青春の大阪」とともに大阪市の「緑化百年宣言」を記念して作られたもう一曲、島倉千代子「小鳥が来る街」。こちらで聴きながらお読みください。yamiyokarasu77さんに感謝しつつ無断リンクします。

島倉千代子「小鳥が来る街」
島倉千代子・小鳥が来る街s39-9  昭和39年9月発売
  作詞:西沢爽 作曲:和田香苗
 一 可愛い小鳥が 来る街は
   緑をうつした 空がある
    ビルの屋根にも 並木にも
    小鳥が生まれた ふるさとの
    緑がゆれてる そよいでる
      緑を植えて 大阪を
      可愛い小鳥が 来る街に
 二 可愛い小鳥が 来る街は
   やさしい心の 人が住む
    たとえ小ちゃな 草の芽も
    緑を大事に する街を
    小鳥は知ってる 飛んで来る
      緑を植えて 大坂を
      可愛い小鳥の 来る街に
 三 可愛い小鳥が 来る街は
   明るい明日の 夢がある
    水の都が あざやかな
    緑の都に 育つのを
    小鳥は見ている 待っている
      緑を植えて 大阪を
      可愛い小鳥が 来る街に

 舟木の歌は恋愛仕立ての青春歌謡でしたが、島倉のこの歌は「小鳥」をモチーフにしたホームソング風。初期の島倉千代子に「北京の小鳥売り」(s33-6)という愛すべき一曲があったのを思い出します。(なお、末尾のリフレイン、二番だけは「小鳥」でなく「小鳥」です。)
 この歌、いまでも大阪市環境局のゴミ収集車のオルゴールで使われていて、大阪市民の耳になじんだメロディーなのだそうです。緑化運動は街の美化運動でもあるわけです。youtubeにはこのメロディーを鳴らしてやって来るそのゴミ収集車の映像もあります。
 ところで、[島倉千代子 小鳥が来る街]でネット検索すると、「週刊実話」2013年2月14日号のこんな記事がヒットします。

 大阪市役所で昼休みの庁内放送に使用されていた島倉千代子の歌『小鳥が来る街』のメロディーが、橋下徹市長の“ツルの一声”で中止となり、またもや物議を醸し出している。
 「橋下市長が1月30日、自身のツイッターに『今、大阪市役所は、お昼になると変な音楽が庁舎内に流れます』と書き込み、早々に変更の動きとなりました。もっとも、市長はこの歌が1964年の『緑化100年運動』の際に島倉サイドの全面協力により採用された背景までは知らなかったらしく、その後の会見では『変な』を撤回しています」(地元紙記者)
 とはいえ、メロディーの中止は覆らず、今は『小鳥が来る街』に代わって「市民サービスの向上のために、前例にとらわれることなく、これまで実施してきた方法を見直す」「職員ひとりひとりが“何をすべきか、何ができるか”自分自身で考えて行動する」などといったスローガンが、女性職員の声で放送されている。


 当時の橋下徹市長は「緑化百年宣言」を知らなかったのでしょうか。(まあ、橋下氏好みのスローガンじゃなさそうですが。)
 ともあれ、青春歌謡支持者である私「遊星王子」は、この曲を「変な音楽」という橋下氏の感性を絶対に支持しません。
 しかし「変な」は撤回しても、結局、昼休みのメロディー放送はなくなってしまったようです。たかだかツイッターの気まぐれなつぶやきでも権力者のつぶやきは「ツルの一声」。それほどにもみんな橋下氏の「一声」に戦々恐々としていたわけです。
 私は思いつきで「ツルの一声」を発する権力者なんか大嫌い。そんな理不尽な「ツルの一声」にさっそく揉み手をしてこびへつらった奴(そんな奴がいたはずです)はもっと大嫌い。そしてついにはみんなが唯々諾々と従うありさまも大嫌い。放送で権力者お墨付きの「スローガン」が流れる昼休みなんかぞっとします。

 「週刊実話」はこんなコメントを載せています。
 最近では、体罰問題に端を発した桜宮高校の入試中止や、天王寺動物園の入場料見直しと、大阪市政で“問題提起”を連発する橋下市長。しかし、ボルテージを上げている割には「維新の会」以外の声は冷静だ。
 「庁内の意識改革が思うように進まないことへの焦りか、市長十八番の話題作りといったところでしょう。今は、国政に気を取られ肝心の市政はガタガタやないか、などと言われたくない。参院選が近づいたら変わると思いますよ」(大阪市議)

 大小の「問題提起」を連発してしょっちゅう大衆的な話題の中心にいないと不安なのは橋下氏が典型的なポピュリストであることの証拠でしょう。私はポピュリストの発言を聞くときは必ず眉にツバをつけることにしています。

 青春歌謡の「みんな」は友情と連帯の精神。その胸には「夢ひとすじに燃える」(舟木一夫「あゝ青春の胸の血は」)理想を抱き、根底には「俺の涙は俺がふく」(美樹克彦)の独立自尊、自立の精神があります。各自の理想を抱いた自立した諸個人の友情と連帯なのです。それこそが真の民主主義精神。付和雷同のポピュリズムではありません。青春歌謡の「みんな」は権力者の横暴や大衆的付和雷同に反対するのです。
 なにはともあれ、市庁舎の庁内放送は消えてもゴミ収集車のオルゴールはまだ続いているというので、大阪市環境局に拍手。 

465 舟木一夫「青春の大阪」 青春の大阪(4) 大阪市「緑化百年宣言」

 このテーマのタイトル「青春の大阪」は、もちろん舟木一夫の曲のタイトルを拝借したもの。
 ではその一曲、こちらで聴きながらお読みください。Hm kazuyanさんに感謝しつつ無断リンクします。(レコードジャケットの下は「少女フレンド」昭和39年9月27日号表紙。女の子は高見エミリー。)

舟木一夫「青春の大阪」
舟木一夫・青春の大阪s39-9  昭和39年9月発売
  作詞:西沢爽 作曲・編曲:和田香苗
 一 いとしい君と 思い出の
   小径に植えた 小さな木
   いつか 誰かゞ 二人のように
   愛を ちかう 
   緑の木蔭に なるように
   あゝ 大阪を 青春の
   みどりで みどりで つゝもうよ
 二 小雨の朝は 御堂筋
舟木一夫s39-9-27少女フレンド   星ふる夜は 中之島
   べつに 約束 したんじゃないが
   君も 僕も
   緑の並木が 好きなだけ
   あゝ 大阪を 青春の
   みどりで みどりで つゝもうよ
 三 ふたりがいつか 暮らす日は
   小窓に置こう 鉢植を
   夢が 希望が あの青空に
   とどく ように
   緑の二葉に 頬よせて
   あゝ 大阪を 青春の
   みどりで みどりで つゝもうよ

 「思い出の小径」にふたりで「記念植樹」をしたり、御堂筋でも中之島でもデート・コースはいつも「緑の並木」を選んだり、いつか一緒に暮らす日には小窓に「鉢植」を置こうと約束したり、緑が大好きなこのカップル、夢は大きく、「大阪を青春のみどりでみどりでつゝもうよ」。
 実はこの歌、レコードジャケットには何も記述はありませんが、B面の島倉千代子「小鳥が来る街」とともに、大阪市の緑化推進の歌。う~ん、納得(笑)。

 昭和39年(1964年)4月、大阪市は「緑化百年宣言」を行いました。
 「大阪をうるおいのある健康な町にするために、ここに強力な緑化運動を推進する。この運動は全市民の変わることのない願いとして今後百年間これを継続する。
というのがその宣言。
 「今後百年間」とはなんと遠大な長期計画。今年でようやく53年目。まだまだ道半ばではありませんか。
 しかし、はてさて、この事業、まだちゃんと継続しているのでしょうか。そして、大阪市民は、まだ百年計画の緑化推進中であることをちゃんと自覚しているのでしょうか。
 すくなくとも、大阪市役所は忘れてはいませんでした。上記に引用した宣言文は大阪市役所のホームページの「8 緑化の推進」というページからコピーしたもの。たとえトップページから枝葉をたどってたどってたどってたどってようやくたどりつくページであろうと、ちゃんとページを公開しているということは忘れていない証拠でしょう。そしておそらく、ホームページのトップページに顔写真の載っている昭和50年=1975年生れの吉村洋文市長も、きっと忘れてはいないのでしょう。そう信じましょう。

 それにしても、インターネットにはいろんな情報が載っているもの。いまさらながら驚きます。
 上記ページには「緑化推進大会関係書類」という項目があって、そこには第1回緑化推進大会の「式次第」の文書写真が載っています。
 それによると、「第1部 開会」が午後2時、「1 市歌斉唱」「2 あいさつ」(市の緑化推進本部長&緑化委員会委員長)から「5 緑化の誓い」までつづきます。
 この「緑化の誓い」は、こちらの「大阪市政だより」昭和39年5月号に載っている「緑の誓い」と同じものなら、
 ・私たちは、1本でも多く、木を植え、家の木も、町の木も、みんなたいせつに育てます。
 ・私たちは、うるおいのある、健康な、緑の町大阪を作り上げるまで、いつまでも、緑化に力を合わせます。
 小学生にもわかるような文体で書かれています。大会ではみんなで声をそろえてたからかに誓ったのでしょう。
 そして、午後3時過ぎから「第2部」に入り、いよいよ「1 青春の大阪」「2 小鳥が来る街」
 ただし、舟木一夫や島倉千代子が登場して歌うのでなく、「青春の大阪」の方は「大阪市職員コーラス団」による「コーラス」、「小鳥が来る街」の方は市の楽団の演奏で小学生100人(もしかして「600」? 手書き文字は判読しにくい)による「フォークダンス」。
 残念ながらこの手書き文書には肝腎の日付がないので、大会開催日が分りません。(上記「大阪市政だより」の記事によると、どうやら第1回大会は昭和39年4月22日に中央公会堂で行われたようです。そうだとすると、レコード発売はこの大会での発表から5か月も後だったということになります。)
 また、「案の1」とあるのも気になりますが、たぶんこのまま実施されたのでしょう。
 (なお、「運動」推進のための曲で「発表会」も行われた、という点では、舟木一夫はこの1年後にも、同様に、「万歩運動」のための「歩いて行こうよどこまでも」(s40-11)を出しました。) 

454 守屋浩「人生はマラソンだ」 付・青春歌手スピード王ベスト3

 舟木一夫が一万歩歩いたあとは、守屋浩がマラソンを走ります。
 舟木のホリプロの先輩・守屋浩の「人生はマラソンだ」。こちらで聴きながらお読みください。こんな珍しい曲をアップしてくれた澤田正文さんに感謝しつつ無断リンクします。 

守屋浩「人生はマラソンだ」
  昭和39年9月発売
  作詞:星野哲郎 作曲:小杉仁三
守屋浩・人生はマラソンだ 一 人生は マラソンだ
   トットコト トットコト マラソンだ
   山あり 谷あり 流れあり
   ムキになるなよ 長いんだ
   抜きたい奴には 抜かせとけ
   勝負は最後の ひとまわり
   人生は マラソンだ
   トットコト トットコト
   トットコ トットコト
 二 人生は マラソンだ
   トットコト トットコト マラソンだ
   はりさけそうだぜ 心臓が
   ここが勝負の 岐(わか)れ道
   だれでも同じさ 辛いんだ
   おいらとおいらの 戦いだ
   人生は マラソンだ
   トットコト トットコト
   トットコ トットコト
 三 人生は マラソンだ
   トットコト トットコト マラソンだ
   夢あり 歌あり 涙あり
   たまに一服 よいけれど
   迷っちゃいけない 恋の道
   兎と亀との たとえあり
   人生は マラソンだ
   トットコト トットコト
   トットコ トットコト

 名曲「明治大恋歌」のB面です。作詞作曲は「明治大恋歌」と同じコンビ。
 タイトルからして、いかにも人生派・星野哲郎。

 「人の一生は重き荷を負(おひ)て遠き道をゆくがごとし、いそぐべからず。」というのは徳川家康の遺訓だと伝えられる言葉。「不自由を常とおもへば不足なし。云々」とつづきます。
 とても天下を取った人の言とは思えぬ保守慎重、隠忍ばかりを説くこの遺訓、家康自身の本心からの人生観だったかどうか、どうも疑わしい。彼自身は、乾坤一擲、一か八かの勝負を何度か試みているはず。そうでなければ天下人になどなれません。だから、「不自由」をがまんせよ、と説くのは、むしろ自分の死後の幕藩体制維持を図って、家臣団、ひいては民衆への宣伝効果まで考慮しての、つまりは他人向けの、深謀遠慮の言葉ではなかったか、という気もします。
 それにしても「重き荷を負て遠き道をゆくがごとし」とは、またしても私に、戦時中の陸軍歩兵たちの、銃を担ぎ背嚢という重い荷を負っての、長い長い行軍を思わせます。どうもやり切れません。
 それもそのはず、実はこの家康の言葉は後世に作られた真赤な偽物なのだそうです。明治になってから元徳川幕臣だった男が創作したものとか。
 なるほど、不満があっても制度に逆らうな、制度ではなく心の持ちようを変えろ、江戸中期以後の庶民向けの「心学」風のこの偽遺訓、案外、江戸よりさらに世知辛くなった明治庶民向きの教訓かもしれません。(明治の社会も、「四民平等」を謳いながら、実際は天皇、皇族に、華族なるものまで創設して、新たな身分制社会なのでした。)

 それでも偽の家康遺訓では人生は「歩け歩け」の徒歩の旅。「急ぐべからず」なのでほどほどに休んでもよい。
 対して守屋浩のこの歌では、人生は、歩くどころか、走りつづけるマラソン。あまりに苛酷な比喩ではありませんか。
 しかし、これを「軽々しさ」の人・守屋浩が歌うと、そんなに教訓臭が鼻につかないのが救いです。
 もちろん星野哲郎も守屋浩向けにソフトに書き、小杉仁三も守屋浩向けに軽快に曲をつけてくれたのでしょう。「ムキになるなよ」、「抜きたい奴には抜かせとけ」、不必要に競争心をあおったりしません。(たとえば、もし美樹克彦向けの歌詞だったら、逆に、ムキで一途な闘争心が前面に出たでしょう。)
 なにしろ「トットコト トットコト」。「マラソン」というより駆け足ふうで、どこやらお気楽。ふむ、これなら人生、軽く走ってみようか、という気にさせます。
 
 西郷輝彦は競輪用自転車で疾走し、守屋浩が駆け足でつづき、舟木一夫が徒歩で行く。なんだか私の近所の川の堤の日曜日、ウォーキングする人々をジョギングの人々が抜いて行き、さらにその間を縫ってスポーツ仕様の自転車が走り抜ける光景みたいです。
 そこで思いつきを。青春歌手の速度くらべ。
 題して、「青春歌手スピード王ベスト3」。
 1位:橋幸夫
橋幸夫・男なら振りむくなs42-12ポスター サーキットの自動車レースで優勝しました。(「ゼッケンNo.1スタートだ」s39-10)。オートバイでもレーサー役(映画「男なら振りむくな」s42-12 右はそのポスター)。歌でも青春歌謡にいち早くエレキを取り入れ、リズム歌謡を歌ったその素早さ。文句なしの1位です。
 2位:西郷輝彦。GT車で「ダッシュ ダッシュ ゴウゴウゴウゴウ」、橋をぐんぐん追い上げました(「恋のGT」s41-1)。
 3位:美樹克彦。単車をすっ飛ばしました(「赤いヘルメット」s41-2)。たぶんスピード違反の常習者(笑)。
 以上、歩くことさえ嫌いな「遊星王子」が選びました。 

453 舟木一夫「歩いて行こうよどこまでも」 付・万歩運動(歩け歩け運動)

 西郷輝彦は自転車でも競輪選手となって疾走しましたが(「ペダルに生きるやつ」)、舟木一夫は競輪映画(「青春PARTⅡ」)に出ても車券を買う側の男でした。
 以前も書いたとおり、舟木一夫は歌の中では、バイクにも乗らず車も運転せず自転車さえも漕ぎませんでした。(「東京新宿恋の街」(s39-4)で「♪ドライブしよか」と歌ったのが唯一。ただしこれは「お茶を飲もうかドライブしよかそれともメトロの散歩道」という三つの選択肢の一つなので、実際にドライブしたかどうかはわかりません。)
 代わりに舟木が歌ったのは歩く歌。「歩いて行こうよどこまでも」。こちらで聴きながらお読みください。kazuyan_679_sさんに感謝しつつ無断リンクします。
 (レコードジャケット画像の下は、雑誌「明星」昭和40年11月号表紙、舟木一夫と吉永小百合。)

舟木一夫「歩いて行こうよどこまでも」
  昭和40年11月発売
  作詞:山岡多恵子 補作詞:西條八十 作曲・編曲:越部信義
舟木一夫・歩いて行こうよどこまでも/すたこら音頭s40-11 一 歩いてごらんと誰かが言った
   若さがあなたを待ってると
   それ ラン ラン ラン ラン ラン
     ララララランラン ラン ラン
   雲もあかるく飛んでゆく
   歩いて行こうよ どこまでも
   歩いて行こうよ どこまでも
   歩けば聞こえる 若い歌
 二 歩いてごらんと誰かが言った
   若さは足から湧くのだと
   それ ラン ラン ラン ラン ラン
     ララララランラン ラン ラン
舟木一夫&吉永小百合40-11明星   空は青空 並木道
   歩いて行こうよ どこまでも
   歩いて行こうよ どこまでも
   百歩に 千歩 一万歩
 三 歩いてごらんと誰かが言った
   若さを踏みしめ胸はって
   それ ラン ラン ラン ラン ラン
     ララララランラン ラン ラン
   燃える希望の陽をあびて
   歩いて行こうよ どこまでも
   歩いて行こうよ どこまでも
   足もとしっかり休みなく
 四 歩いてごらんと誰かが言った
   若さは歩けば来るのだと
   それ ラン ラン ラン ラン ラン
     ララララランラン ラン ラン
   風に緑の葉もおどる
   歩いて行こうよ どこまでも
   歩いて行こうよ どこまでも
   ひとりで ふたりで みんなして

 「万歩運動の歌」だそうです。なるほど、だから、「若さがあなたを待ってる」「若さは歩けば来るのだ」。不健康な生活で「若さ」を失いつつある人たちに呼びかけているわけです。(「歩いてごらん」と言った「誰か」は医者?(笑))
 この「万歩運動」、ネット検索すると、「歩け歩け運動」とも言われたみたいですが、同じ運動は戦時中にもありました。
 轟夕起子「お使いは自転車に乗って」の項でちょっと言及した戦中の「歩け歩け運動」の時にはテーマソング「歩くうた」(s16→注)が作られ「国民歌謡」として流れました。作詞したのはあの高村光太郎。「あるけあるけあるけあるけ/南へ北へあるけあるけ/東へ西へあるけあるけ」。ひたすら苦行のように歩きます。しかも「あるけあるけ」という命令形。まあ仕方ない。少なくとも若い男はみんな陸軍歩兵候補だった時代です。「若い」どころか、戦争末期には四十歳前後でも徴兵されて中国大陸や南方の島に送られました。(この「歩くうた」、青春歌謡の時代には佐川ミツオがリバイバルで歌っていました。)
 (注:戦前から昭和35年までの歌謡曲レコードの記録についてはいつも「戦前流行歌一覧」「戦後流行歌一覧」のページを参照させてもらっていたのですが、なぜか削除されたようで、困っています。「歩くうた」についてはネット上では昭和15年説と昭和16年説があるようですが、こちらに、昭和16年1月20日にNHK「国民歌謡」でこの曲が放送された、とあります。詳細な調査に基づく記事なので、ここでは昭和16年、としました。
 *後日記:「戦前」「戦後」の「流行歌一覧」のページ、こちらに移されていました。「夏目魯人」さんの「懐かしの流行歌」の一部です。たいへんな労作。感謝しつつ、みなさんもぜひ一度訪問されることをお勧めしながら、無断リンクしておきます。なお、そこでは徳山璉版「歩くうた」のレコード発売は昭和16年5月と記されています。)

 それに比べれば、昭和40年のこのテーマソングは「歩いて行こうよ」。英語ならLet us。命令ではなく誘い。いっしょに行こう、みんなで行こう、というのは青春歌謡の精神でした。「若い歌」が聞こえ、「希望の陽」をあび、「緑の葉もおどる」。ちゃんと青春歌謡仕立てです。
 しかし、命令し強制するのは戦時中の軍部ばかりではありません。舟木のこの歌の数年後には、水前寺清子が、「しあわせ」になりたかったら「腕を振って足をあげて……休まないで歩け」「三百六十五歩のマーチ」s43-11 星野哲郎作詞)と歌い、テレビ番組「水戸黄門」(s44-8開始)の主題歌が、「あとから来たのに追い越され/泣くのがいやならさあ歩け」「ああ人生に涙あり」山上路夫作詞)と歌います。どちらも「歩け」命令形で、人生の落伍者になるなと叱咤します。
 私はこんな脅迫じみた人生訓を好みません。私は青春歌謡の精神をこそ愛します。

 「万歩運動」は「日本万歩クラブ」が提唱した運動。「国民の健康の維持向上に寄与することを目的」としてこの昭和40年4月に発足。9月には文部省所管の財団法人化したそうです。(wikipediaによる。ただし、以下に言及する「50年史」には、11月8日に文部省が財団法人として認可した、とあります。)。
 (ちなみに、日本サイクリング協会の方は1954年に任意団体として発足し、一年早く昭和39年5月に財団法人として認定されていました。)
 その記念に、「万歩運動」を普及すべく作った歌のようです。歌詞は一般公募でした。
 こちらの「日本万歩クラブ50年史」によると、9月25日に一般公募の歌詞決定。作詞者・山岡多恵子は京都女子大学の三回生だったそうです(西條八十が補作しています。)。12月15日には朝日講堂で「歩いて行こうよどこまでも」の発表会が開催されています。発表会で舟木一夫自身が出演して歌ったのかどうかはわかりません。
 (なお、B面の「すたこら音頭」は歌詞募集ではなく、丘灯至夫作詞、市川昭介作曲。「音頭」なので、レコードジャケット裏の歌詞カードにはちゃんと振り付けもあります。)

 ところで、歩行中に「百歩」「千歩」「一万歩」と自動的にカウントするのは「歩数計」。日本で初めて一般人の使用する歩数計を商品化したのは山佐時計計器株式会社。その登録商標が、今や歩数計の代名詞にもなった「万歩計」。その「万歩計」1号機が発売されたのがやっぱりこの昭和40年なのでした。こちらの会社紹介によれば、「万歩運動」と連動した商品開発。「昭和40年の日本は高度経済成長期。人々は、摂取カロリーが増えているにも関わらず自動車やエスカレーターの普及により運動量が減少していました」と書いてあります。
 戦時中の日本人はカロリー不足にもかかわらず苦行のように歩きつづけましたが、25年後、事態は逆転、「豊かな国」の国民は過剰摂取カロリーを消費するために歩くのです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 510 ペギー葉山「モッチャベン」(「黄金孔雀城」主題歌) 追悼・ペギー葉山(2)
  • 509 ペギー葉山「学生時代」 追悼・ペギー葉山(1) 大学の青春
  • 509 ペギー葉山「学生時代」 追悼・ペギー葉山(1) 大学の青春
  • 508 西郷輝彦「青年さくら音頭」(&元祖「さくら音頭」) 青春の桜(8)
  • 508 西郷輝彦「青年さくら音頭」(&元祖「さくら音頭」) 青春の桜(8)
  • 507 新川二郎「望郷」 望郷(3) 付・五五調について
  • 506 青山ミチ「叱らないで」 追悼・青山ミチ(2) 背教者と聖母マリアと遠藤周作
  • 506 青山ミチ「叱らないで」 追悼・青山ミチ(2) 背教者と聖母マリアと遠藤周作
  • 506 青山ミチ「叱らないで」 追悼・青山ミチ(2) 背教者と聖母マリアと遠藤周作
  • 505 青山ミチ「ミッチー音頭」 追悼・青山ミチ(1)
  • 505 青山ミチ「ミッチー音頭」 追悼・青山ミチ(1)
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 504 松原智恵子「ひとりで歩くのが好き」 追悼・鈴木清順(2) 「東京流れ者」の松原智恵子と静御前
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 503 和泉雅子「教えて欲しいの」 追悼・鈴木清順(1) 付・映画「悪太郎」と「けんかえれじい」
  • 502 舟木一夫「ブルー・トランペット」 追悼・船村徹(2) 歌うトランペット(1)
  • 502 舟木一夫「ブルー・トランペット」 追悼・船村徹(2) 歌うトランペット(1)
  • 502 舟木一夫「ブルー・トランペット」 追悼・船村徹(2) 歌うトランペット(1)
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 501 舟木一夫「夏子の季節」 追悼・船村徹(1) 船村徹と舟木一夫 &名前連呼18回!
  • 500 舟木一夫「オレは坊ちゃん」 文芸歌謡(12) 坊ちゃんの名前
  • 500 舟木一夫「オレは坊ちゃん」 文芸歌謡(12) 坊ちゃんの名前
  • 500 舟木一夫「オレは坊ちゃん」 文芸歌謡(12) 坊ちゃんの名前
  • 499 松方弘樹「あいつの消えた雲の果」 追悼・松方弘樹(2) 松方弘樹と北大路欣也(2) 悲劇の青春(番外6)
  • 499 松方弘樹「あいつの消えた雲の果」 追悼・松方弘樹(2) 松方弘樹と北大路欣也(2) 悲劇の青春(番外6)
  • 499 松方弘樹「あいつの消えた雲の果」 追悼・松方弘樹(2) 松方弘樹と北大路欣也(2) 悲劇の青春(番外6)
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 498 松方弘樹「霧丸霧がくれ」 追悼・松方弘樹(1) 松方弘樹と北大路欣也
  • 497 新川二郎「東京からふるさとへ」 望郷(2) 付・親孝行とひらがな便りとカタカナ便り
  • 496 梶光夫「啄木のふるさと」 文芸歌謡(11)
  • 496 梶光夫「啄木のふるさと」 文芸歌謡(11)
  • 495 小宮恵子「故郷はいいなァ」(&中川姿子「ふるさとはいゝなァ」) 望郷(1)
  • 495 小宮恵子「故郷はいいなァ」(&中川姿子「ふるさとはいゝなァ」) 望郷(1)
  • 494 吉永小百合「天に向って」
  • 494 吉永小百合「天に向って」
  • 493 吉永小百合「嫁ぐ日まで」 花嫁たち(6)
  • 493 吉永小百合「嫁ぐ日まで」 花嫁たち(6)
  • 492 コロムビア・ローズ(二代目)「オリーブの唄」 付・小豆島の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
  • 491 吉永小百合「あすの花嫁」 花嫁たち(5) 付・奥村チヨ「リキホルモ」の歌
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ