崎本譲・ クロマティック・ハーモニカ奏者・崎元譲氏と,作曲・編曲家でもあるピアニストの美野春樹氏による,文字通りファンタスティックなコンサート。
 
・ 2014. 4. 1(月),Door Open 18:00, Show Start 19:30. 於:六本木STB139。
 
・ 崎元氏は,ドイツ,英国等に留学後,第13回世界ハーモニカ・コンクール・ソリスト部門で第2位入賞。N響(岩城宏之),新日本フィル(小澤征爾)等と共演。日本のハーモニカ奏者の第一人者として活躍中。
 
・ 美野氏は,東京芸大作曲科卒業後,数多くのCM作品,テレビドラマやアニメーションの音楽を作曲。オーケストラの作品,室内楽にも熱意を注いでいるオールラウンド・プレイヤーでもある。
 
・ この両者のコンビによるコラボレーションは,既に30年以上のキャリアを有するとの事。今回は,この春発売された新CDアルバム「日本の四季~芳春」 (Camerata CMCD-28301)を記念したコンサート。
 
・ プログラムは二部構成で,第一部オープニングは,「セレナーデ(T. ライリー)」「マラゲニア(E. レクオーナ)」の2曲をアカペラによるダイナミックな響きで開幕。E. サティ,S. C. フォスター,A. ピアソラの作品群。
 
美野春樹・ 第二部は,四季を謳った代表的な童謡・唱歌,美野氏のオリジナル作品。
 
・ 両部共,新鮮な色彩と新手法をまといつつ,両者の確かなテクニックと信頼性が,独自の音楽世界を構築。ハーモニカと言う耳慣れた楽器(クロマティック)の音色の素晴らしさに。場内は陶酔の境地へ。