ユースポーツのブログ

2013年06月

ヨネックスから3名に来ていただいて
講習会が開催されました。
DSC_0028_600px
左から逢野さん 山瀬さん 川口さん


逢野さんは前回に引き続き熱血指導していただきました。
DSC_0017_600px


山瀬さんのフレッシュな指導
DSC_0024_600px



逢野さん 山瀬さんありがとうございました。 
DSC_0029_600px

DSC_0031_600px
山瀬さんはこの日のために東京から来ていただきありがとうございました。

そして川口君もありがとね。
DSC_0032_600px





ヨネックスから新発売されるアイネクステージ90D(デュエル)と90V・90Sの
スイングウェイトを測ってみました。

先に長さを比べて見ると
DSC_0128
90Sが690mm
90Dが685mm
90Vが680mm

写真で見ると90Dが中間の長さとわかります。

90Dのシャフトの形状が特徴的で
大幅に太くすることで打球威力が高まるようです。
DSC_0143


それぞれのスイングウェイトですが

アイネクステージ90V
DSC_0159

アイネクステージ90D
DSC_0162

アイネクステージ90S
DSC_0163

スイングウェイトは数値が大きいほど重く感じますので
当然ストロークプレーヤー用の90Sは大きな数値となります。

90Dは長さは中間ですが、スイングウェイトについては
思っていたよりネットプレーヤー的な数値です。
やはりメーカーが言う「ダブルフォワード追求モデル」なんでしょうか。

ちなみに
アイネクステージ900は
DSC_0164

でした。

※この数値はラケットの条件によっても変わりますので正確なものではありません。
あくまでも目安としてお考えください。

次回はストリングを張り上げまして打球感等をお知らせします。


プレースタイルの主流になりつつあるダブルフォワードのハーフポジションでの
前衛、後衛それぞれの選手の声を一本に集約した!? ええとこ取りラケット。

duel

I-NEXTAGE90 DUEL
duel1

このラケット、一番の特徴はシャフトの形状かな。
この激太シャフトを画像↓をクリックして見比べてください。
超高剛性シャフト形状でインパクト時のパワーを向上
男前ラケットやわ~
duel2

i-NEXTAGE DUEL
7月中旬に出荷予定です。

近いうちにインプレッション報告します~。

このページのトップヘ