2010年03月25日

思いつき神話


『男の星』


満員電車の中で男が叫んだ
俺は星になりたいと、、、。

神様はその願いを聞き届けて男を星にした。
たくさんの人から解放され、
男は夜空に光るたくさんの星のひとつとなった。
そこで神様は男に言った。

「お前は光り続けねばならないよ。
そうじゃないとお前はこの世から消えてしまうからね。」と

それからというもの、
男は一生懸命に光り続けねばならなかった。
他の星の光にかき消されないよう。
自分が消えないよう。

永遠に、永遠に、、、、、


男はいまでも光り続けている。





yousys0609 at 23:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月24日

トマト鍋

d70a1652.jpg今日の東京はひさしぶりにがっつり雨が降って、それでいて寒かったので、
今日は友人宅でトマト鍋というものにチャレンジをした。
ぱっと聞いた感じはオサレだが、そこは男の料理。基本ぶち込み系だ。

なんでトマトベースってこんなに身体が温まるんだろうね。不思議。
いい感じで美味しかったですが、
ぶち込みすぎて、マジでお腹が死にそうにいっぱいです。
日本は飽食の国であることを心から実感しつつ、赤ワインにまどろんでいます。
本気で破裂しそうだ。

ここはそんな地獄の一丁目
エリア88

(↓最近はまってるのです)


yousys0609 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月20日

褒美屋

a3c11173.jpg
昨日のモリタウンでのショーは久しぶりに外ででした。
なかなか風の強い中、3回のショーを演じてきました。
一種のブランクでしょうか?
間合いの取り方がいまいち難しいですね。
マスクの着脱についてやはり色々と考えた。風の中での演技もね。
新ネタを含めてまだまだですなぁ。がんばろう。
いつも温かく迎えてくれる皆様に感謝です。


今日の題名はいつもモリタウンで演じるとき、背中側にあるお団子屋さんの名前です。
いつも気になってはいたので、
今日は春らしく、ブレイクに入る前に一本頼んでみたら!!!
これがおいしいじゃないですか!!。
思わず、ショーが終わってから自分用のお土産に買って帰りました。

6fec49ef.jpg←こんな感じです。
ちょっと買いすぎたかな?
そんな感じで、タイヤキ屋さんと並んでお気に入りのお店になりました。
モリタウンで大道芸を観るときはお口に入れてみてはいかがでしょうか?
個人的には「よもぎあん」がお勧めです。
是非どうぞ!!おいしいよ。

yousys0609 at 19:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

選択肢

選択しろ

大きく遠吠えるか
黙って唇を噛み締めるのか

負け犬の選択肢はその二つしかない
そして負けた理由を考えろ

マジならば、うだうだ言い訳は要らないだろう。


yousys0609 at 00:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年03月19日

お疲れ春眠。

今日は久しぶりに昼間過ぎまで爆睡でした。。。


朝起きて友人ヒロシのブログに思わず笑わせてもらいながら、
創ったWEBページも面白いなとニンマリ(リンクへどうぞ)。
ただ僕のHPもよろしく頼むわぁと言いたい。


引越しの荷造りも何とか目処が立ち、
後は荷物を運び出して最後の掃除をしたらを終わりかな?
ってなところぐらいまで来ている。

今回掃除をしていて、一番驚いたのは、
押入れの奥から

UGM社製のヘッドレス・クィーンが出てきた!!




↑イリュージョン道具です。
一回も使うことなく七年間眠っていたようです。
そういえば持ってたなぁっと、びっくり実感です。
マジシャンに聞きたいんですけど、UGMのって長すぎませんかね?
引っ越したらもっとわかりやすいところに保管したいと思います。

明日は毎度お世話になっているモリタウンです。
がんばろう。

yousys0609 at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月17日

酔生夢志

dccc12c9.jpgめっちゃ飲んだ。
生ビール(グラス)、ウィスキーロック、マティーニ。
これが僕の酒量限界のようです。

今日はSlayers練習後に、デザイナーのヒロシに誘われて表参道のオサレなバーに飲みに行ってきました。
写真な感じでオサレです。
Slayersのニューメンバーがいい感じで刺激になりそうだが、一人で早太郎とニューメンバーの練習相手をするのはハンパない疲労感で、「ああ、そうだそうだ疲れるアクトだったんだ。」と実感させてくれました。
ヒロシとも久しぶりに話す。
相変わらず、お互いの進行状況を話した感じ。
地元金沢の三味線奏者(SlayersのPVの音楽)の響さんも、イギリスに留学とのことで、
三十路がみんなで動き出している感じだね。
俺もがんばろう。
でも今日はもうぐでんぐでんなので、お布団とお友達になってきます。
おやすみなさい。




yousys0609 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月16日

やはり色々見ることだ

e48f3713.jpg小さい世界だけじゃなく、もっと世界で何が望まれていて、何が足りないのか

それを今は無性に知りたいし、
今の足りないところなのだろう。


まずは圧倒され、その中から何が出来るのかを考えたい。
こちらで通じず、あちらでも通じない
でも、その中には次のニュースタンダードがあるのかもしれない


でもまずはその前に、
今自分が持っている武器は鎌なのか、竹槍なのか、それとも銃なのか?
自分が持っている武器の利点や特性ぐらいはわかっておきたい
だからもっと色々見たい。

もっとカルチャーショックを受けるぐらいに圧倒されたい


。。。若いな(笑)



yousys0609 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

火鍋

e300b063.jpg昨日は、友達たちと火鍋というやつを初めて食べてきました(なんか鍋が陰陽印みたいに分かれてるやつです)。
いやー旨かった。
贅沢をいえば、もっと寒いときにつつきたい料理だね。
いっぱい頼んで、テーブルがいっぱいになっているのを見るのが、中華での個人的な楽しみ方の一つ。
そんな感じで記念撮影っす。
また来たいお店だな。

んでもって今日は引越しのための荷造り。
封印されていたネタや道具が出てきて懐かしい思い出が溢れてきた。
今日は仕事を休んで、冷蔵庫、洗濯機、TVを捨てました。
世田谷家電リサイクルセンターに頼んで、運んでもらったら上の3つで約2万円弱の出費。
うぉ!!
家電ってこれからは考えて買おう。

全てが終わって、そんなことを思っていたときに、
地元のリサイクル業者の車が
「パソコン、冷蔵庫、TV、エアコン等、無料で回収しております」
と唄いながら、家の隣をゆっくりと通り過ぎていきました。
これも一種の僥倖か?





yousys0609 at 14:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年03月13日

森山未來

何気に最近一番気になるのは劇団☆新感線
最近はこういうのが出来たら幸せだろうなって思う。
森山未來五右衛門ロックを見てから、最近の若手で一番気になっている役者さんです。

だってね、めっちゃ引き込まれるような演技をするのに、タップはするは踊るわ歌うわ


↑この映像での刀の抜き方はいつか参考にすると思う(笑)


ウィキペディア先生で見てみたら、そりゃめっちゃ身体動くわな、な経歴。


末恐ろしいとはこのことだね。
とりあえず、すげー圧倒されたのでUP

yousys0609 at 02:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月12日

ボキャブラリー

今日も都美館で大道芸。
今日は華千代が勉強しにきたので、ついでに新ネタを撮ってもらった。
その後、いろいろ話して思ったのは、
やっぱマイムって言語だよなって思う。

自分の中でのマイムという意識は
「言語」と「一人遊び」という言葉に尽きる。
一人遊びの部分はかなり特殊な捕らえ方だと思うので割愛する。

言語ってことは、何かを伝えるためにあるってこと。
だから伝わらないマイムってきついよなって思う。
そして同時に言語とも直結しているとも思う。


例えば、
あるマイム台本を書いていて感情的に俯くってシーンがあったとする
でもうつむくっていう言葉を知らなかったら、多分下を見るって書くと思うのね。
でも後で台本を見直して、そのときの感情を台本を足がかりに再現しようとした場合
うつむくって書いてあるのと、下を見るって書いてあるのじゃ
行き着くところが変わってくると思うのです。
用はボキャブラリーの話なんだけれど、
さまざまな感情や情景、動きを現す的確な言葉をもっていると
身体も目指すべきゴールがわかるため動きを作りやすい。

これは真実だと思う。


んなわけで、言葉の重要性を再認識した僕は、
今更ながら『鴨川ホルモー』を読んだ。
上野が終わってから家に帰って、残っていた半分ぐらいを一気に読んだ。



今日の帰ってからの僕


読書  3時間

引っ越しの準備  0時間


、、、、。。。。。。。。



ほッ、ホォルムォオ〜〜〜〜!!


((わかる人にしかわからなくて、すみません)

yousys0609 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

こんな時間ですが

まるで小説家かのように
夢中で読んでしまった。。。

ぞくぞくした。
http://syarecowa.moo.jp/126/52.html

yousys0609 at 02:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月11日

リハビリテーション

8768ec5c.jpg今日は都美館こと東京都美術館で大道芸をしてきました。
都美館は今年の四月から改装工事が行われるため、
しばらくはヘブンアーティスト活動が出来なくなります。

僕にとっての都美館は、人の集め方がちょっとだけ特殊なことも含めて、とても御世話になっていた活動場所でした。
ここで色々と成長させていただいたと思います。
そんなお礼も含めて、お客さんがいなかろうが、今月は出来るだけ都美館に入って演技をしようと思っています。
写真はよく都美館で顔を会わすソーヤー谷村さんと。
都美館仲間です。

しかしよく考えたら新年始まってはじめてのヘブン活動でした。
ちょうど天気もいいし、リハビリを兼ねて、この特殊な都美館でやってやるぜ!!
と思ったら、、、、、





風がつぇえ〜〜〜〜。。。








僕を育ててくれた都美館は
最後までスパルタで育ててくれようとしています。




すいません。こころ結構折れました。。。

天気が良かったのですが、
北風と太陽の試合は今日は北風さんが完全な勝利です。

そうだよね。
初めて入ったときも、どうしようか考えた気がする。
今月は何回か入るので、なんとか満足できるぐらいにはなりたいね。
都美館の方と久しぶりにお話すると、なんでも夏に目黒庭園美術館に来る「有元利夫展」がかなりいいらしい。
こういう会話や情報ももらえなくなるんだと思うと悲しいね。
雨が降らなければ、あと3回。
都美館さよなら大道芸は続きます。


yousys0609 at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月10日

セルフワーキング=演出だね。

21999410.jpg今日は戸田市マジッククラブでの教えの日。
最近はしゃべりのマジックを入れることを課題としているので、今回はセルフワーキングトリックをやってみた。←その道具
ちなみにセルフワーキングとは、決められた手順を行うと自然とそうなるようなマジックのことをいう。
数理トリックなんかがいい例。
僕自身セルフワーキングは普段やらないしあまり興味のないトリックだけれど、
やっぱり触れておくもんだね。なかなかいい演出が浮かんだ。
こういう忘れたネタや意識しなかったものも掘り出させてくれるのは教えならではのメリット。
(まあ用意は大変だけれどね)
時間が結構もらえるようならば、今度知り合いの結婚式で試してみようと思う。
明日からは東京都美術館さよなら大道芸期間に突入です。。

yousys0609 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月07日

jeepta

お部屋で作業中。
息抜きにPVあさり

ロックだ。白と黒の世界。


イントロで流れるこういう感じのギターが好きだ。
役割分担がしっかりしていて、各自に見せ場というか聞かせどころのある構成も好き。

このバンドの他のPVも見たけれど、このギターさんのラインがどれも好きだな。
そんな覚え書き。

yousys0609 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月06日

水泡録

はじめは点だった
しかしそれはつながり合って急速に広がっていく

始まりは、隣にいた小学生からだった。
それは男の子だと思ったら女の子だったのである
そしてその勘違いには理由があって、その子は黒いランドセルを背負っていた。
そりゃそうだわな。
性犯罪が多様化した現代で、わざわざ性別を主張するのは確かに得策ではないよね。
東京でも赤いランドセルもたまには見かけるけれど、
今は女子でもほとんど黒いランドセルが主流なんじゃないかな?
中高生の制服もスカートから男と同じパンツにしようって話があるらしい。
勉学に主点ををおくならスカートは、女性らしさという点以外ではデメリットしかないわな。
昔はそんなことはなかったんだろうか?


今と昔では何が変わったのか?


モラルなのか、犯罪率なのか
弱者を守る意識なのかな?

難しいところで弱者を守る意識というのは、
制度化してしまうとモラルへの働きかけが弱くなるという側面をもつ。
例えば優先席なんかがそうで、明確に見えてしまうと、
それ以外の場所がある種、譲らなくてもいいような大義名分めいたものを持つ気がする。
もし優先席がなく全てが同じ座席だとしたら、
お年寄りには席を譲らなければならないという不文律が、
より強くモラルにのしかかって来るような気がする。

要するに「粋」じゃないんだよね。
そんなわかりきったことを表示しちゃうこと自体が。。。
もちろん、それらは良心にかかる部分なので、それらが「残念ながら」出来た経緯もわかる。
どっちが良い悪いの話しじゃない。
でも意見を話し合いルールを決めていくという人間的な行為が同時に人間性を失わせていくというのは不思議だ。
いや、そういうのも含めて人間なのかな?
まるで神様みたいな書き方だね(笑)

ま、でも女性専用車両とそれが出来てからの電車痴漢の増加率を調べてみたりしたら面白い結果が出るかもしれない。ちょっと気になるな。
もしそうだったら、禁止事項=タブーがそれを誘発するという負のスパイラルだな
もう刑罰を厳しくするしかないね。飲酒運転は厳しくなってから格段に減ったと思うしね。
結局捌けるのは神でなく人だ。

初めは点だった
しかしそれは急速に結びつき広がっていく

泡のように浮かんでは消えていく思考と記憶の断片
そんな水泡録


yousys0609 at 15:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

最近ブログの更新をおこたっている。

b0afc060.jpgなんつーか。今度、引っ越すのですよ。
本とDVDが多い。
んなわけでバタバタとアップしてみた。
どうやら大丈夫そうなので、華千代さんから貰った先日のアヤカシの写真でもどーぞ。


yousys0609 at 04:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月05日

往馬は孤影にて

82d8b8fb.jpeg一昨日に久しぶりにマジシャンの聖寿から連絡があった。
Youtubeで僕のPVを見てくれて連絡を取ってくれたらしい。
うれしいことだね。
TERU、ぺる、聖寿、そして僕のオークメンバーで飲もうって話があがった。
時間が合わないし、本当に全然会うこともないけれど、このメンバーはそれぞれにマジックで頑張っている。
僕にとってすごく特別だ

今日の絵はアールヌーヴォー期の作品。
こういうのが出てくるのも引越しの醍醐味。

yousys0609 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月28日

マジックはしご

新ネタの話ではありません(笑)
先日、ごっちさんと何かがあって連絡を取り合ったときに、
28日にお互いが別々のマジック関係の公演を見に行くことを知ったので、
それじゃあお互いのをハシゴしちゃおうぜ!!
ってなわけで今日は
夢奇房第七回公演「サーカスの魔法は町を包んで」
WWW(スリーダブリュー)公演「MIRROR -Looking Glass Self」を観てきました。

夢奇房はマジックやジャグリングが主体のパフォーマンスで、
今まで何回か見たことあるのですが、やっぱり演出が面白い。
こうぃう勢いやチャレンジのある舞台っていいです。
すごく刺激的でした。こういう発想が出来るようになりたいね。

c14fa3c9.jpgそんな感動を持ちながら、次の公演までサテンで時間つぶし。
←明らかに普通の人たちじゃない時間の潰し方。
今日って意外と寒かったですね。

んでもって二つ目、
「MIRROR -Looking Glass Self」
これはジャグラーのオオツカタカシさんが出演するってことでチェックしてみたら、
あーた、
なんと演出が岡井泰彦君じゃないですか!!!
これは行かねば!!しかも麻友子さんまで出るとの事、
何が興味を引いたって、実はこれどちらかというとダンスがメインのイベントなんですよ
そんでもタカシは燃えているし、
マジシャンの視点をもった岡井君がどんな風に演出するのかが是非みたいって、
めっちゃ気になってね。
何気に麻友子さんの演技も生で見るのは初めてでした。
ダンスも含めて最前列でかぶりつきでみてやったぜ!!。

んでもって終演後は
c07761a7.jpg

軽くお話(岡井泰彦、麻友子、るき、オオツカタカシ)
思った以上に久しぶりに岡井君と話せて嬉しがってる自分がいましたね。
オオツカタカシの演技も久しぶりで、水晶のあの流れは初めてでした。
実はるきくんも、一度会ってたし(笑)

んでも、みんな本当に巧いね!!
なんか小さいテクニックですら躓いているのが悲しくなるぜ!!
マニアックな視線でも楽しめた二つの公演でした。
そんな感じでわきあいあいと楽しく観てきました。
ごっちさんとは来年の公演にはダンスで出ようと熱い野望を胸にたぎらせることなく、
ラーメンをすすって帰りました。
出演された方々、本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございます。



yousys0609 at 23:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月25日

蜻蛉峠(かげろうとうげ)

仕事後にイクスピアリに行って、劇団☆新感線の
ゲキシネ 『蜻蛉峠』を観てきた。
やっぱりこの値段で見られるのは嬉しいなって思うし、
劇場もお客が5人しかいないというこのゆったり感がたまらない。

前回見た『五右衛門ロック』があまりにも良すぎたので、
今回の蜻蛉峠は個人的にはいまいちだったかな。
ガツンと立つキャラが少なく感じた。
あんまり宮藤官九郎の脚本の持つクセが好きじゃないのもあるかな。
なんでだろうか?松尾スズキは好きなんだけれどな?
でも今回の脚本自体が、一人一人の雰囲気と立ち方が必要そうな本だったので
映像では弱くみえて、生ではかなり良いのかもしれないなって部分もありそうだ。
勢いのある舞台ってのにも色々なタイプがあるんだなって思った舞台だった。





yousys0609 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月24日

すべてを真似る

パントマイムをやられている方は、ピンときたでしょうが、今日の題名はパントマイムという言葉を直訳したものです。

パント=全て マイム=真似る

ってやつね。
んなわけで、昨日は久しぶりにパントマイム教室に参加してきた。
相変わらずハードで充実感のあるレッスンでした。

そんなレッスンの中、
クラウンのYAMAさんが、藍さんからアドバイスを受けた後に、
「やはり日常の中での動きを常に意識しておくことが大切なんですね」
と言っていて、はっとした。
そうだよな。
パントマイムとしては当たり前のことで
昔はもっと意識するように心掛けていたはずなのに、最近はそんな感覚自体忘れていた気がする
瞼をかくとか、
本屋で物色してるときの仕草、
ケータイを打ってる時の動きなどなど、


そんなことを考えていたら、「全てを真似る」って言葉が久しぶりに浮かんできた。
やっぱマイムは奥が深いぜ。


yousys0609 at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)