2005年11月

2005年11月30日

オフ日です。3

昨日は舞浜の後、パントマイムの教室へ行って人形振りの細かいところを習い、そして帰ってから死んだように眠った。

相変わらず、スタミナがないな〜と思う。
身体を鍛えるべきなんだろうな。
まあ、筋肉痛になっていないだけマシかなとも思うけどね。

そんなわけで、
最近借りたり買ったりしてたまってきたDVDを洗濯をしながら消化した。


まずは買ったものから↓

「狂言劇場」その壱/野村万作+野村萬斎~「三番叟」「鎌腹」「川上」~


狂言って中学の時に芸術鑑賞で見たきりだったけど、
やっぱり面白い。
まさにクラウン(ピエロ)だね。
ほんの些細なものまで面白くさせる、
呼吸と間が歴史を感じさせてくれます。

日本独自のものなのに、明らかにクラウン
そして笑わずにはいられない間のよさをみると、
人間は、ある完成されたタイミングであれば、
笑うようにプログラミングされていて、
それを求めるのも、人の本質の一つなんだなと思うわけです。

もっと簡単に言いたかったけど、相変わらずクドクなっちゃったね。
ちょっとはまりそうです。


続いては借り物、

バレエ 「ドラゴンクエスト」


あのドラクエがバレエで登場です。
見た感想としては、わかりやすくて、
そこそこ楽しめたかもな、て感じの作品。

なぜか、最近いろいろとバレエの作品を借りてしまったので、
見るのが大変ですね。
あとアメリカン・バレエ・シアターの「白鳥の湖」と
モンテカルロ・バレエの「La Belle(美女)」が
待機しています。


バレエは見始めてみると、
意外に見れるなと思えたのですが(ほらちょっと難しいイメージがあるでしょ?)
今のところ連続で見ることが出来ないのも唯一バレエのDVDです。
人生日々勉強!!
またの機会に気長に消化を目指します。

yousys0609 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月28日

KASSYの誕生日2

いつも世話になっている魔法招会のKASSYの誕生日飲みをするとのことで、27日の営業後に西日暮里へ向かいプレゼントを渡してきた。
魔法招会は友達が起した会社で、
僕は名前を貸しています。んで、仕事を振ったり振られたりといった関係の会社です。

その後、久しぶりにALLをしてカラオケに行ってきた。
次の日は朝8時30分から舞浜での仕事があるけれど、
良いことは祝わないと(BYフィッシュ哲学)
ってことでがんばって唄って、朝マックして舞浜へ向かった。

ショー間がマジ眠かった。
目薬を挿しまくって、カフェインを飲んでショーをした。
どれだけ眠くても、ショーが始まると眠気がスぅーっと消えていくから不思議なものだ。

そんなわけで、眠いから僕はもうねる。



yousys0609 at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月27日

新宿センチュリーハイアット3

c4a708e1.jpgでの仕事でした。

今回はマジシャン聖寿の紹介で僕と南海子の三人でテーブルを周らせていただいた。

聖寿はステージやっていて、
久しぶりに聖寿のステージを見たけれど、
本当、マジ上手い。
作りこまれ具合に惚れ惚れするね。

でも、これを自分がやりたいかというと別の問題。
ま、今の状況じゃ負け犬の遠吠えに似た感じになっちゃうけどね。
上手いんだから仕方がない。

普通プロはこんなこと書いちゃ駄目なんだろうけど、
おかげで、より一層自分のやりたい演技をがんばろうと思ったのも事実。

実は今日の3人はテンヨーの実演販売をしていたときの仲間だったりする。
やっぱりあの経験はちょっと特殊なんだろうと思った。

今日の写真は、営業終わりに南海子ちゃんと撮った一枚。
新宿の駅で変な帽子をかぶって撮ってみた。
アホっぽくて結構好きです。

南海子ちゃんは、現在かなり売れっ子のマジシャンで、結構忙しくしているらしい
実際、実力あるなーと思う。
将来が楽しみな子です。
がんばってね南海子。

ついでに道楽者の先輩を助けてくれると嬉しいな・・・・


yousys0609 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こんなところでやってます 

2005年11月23日

新横浜国際ホテルにて4

ブライダルの仕事でした。
勤労感謝の日に労働している紙磨呂です。
まあ、今月はたくさん遊んだからいいけどね。

今までの経験だとこういったブライダルっていうのは、
時間がかつかつで、パフォーマーとしては時間との戦い
みたいな感じがあったのですが、
僕の出番の時点ですでに1時間押しというすさまじい
進行遅れでした。
挙句には、「もう最終組だから押しまくっちゃっていいですよ」
てな雰囲気だった。

そのぶん、式は盛り上がったようでなにより。
お幸せをお祈りしてます。

そんなわけで、今日の予約を入れておいた
フォーサイトのイベントに参加できなかった。


MASAOさんの演技が見られると思って楽しみにしていたんだけどな。


だから、打ち上げの飲み会だけ参加させていただきに五反田へ向かった。
ゆうきさんや庄司さんとは、久しぶりにお会いさせていただいたのですが、
相変わらず、暖かく迎えてくれて嬉しかった。

このフォーサイトとの付き合いが一番長く、気楽な気がする。
学生時代に初めて習いにスクールがここで、
それからブランクはあったものの、現在までだから、
僕のマジックの見せ方や考え方はこのお二人から
たくさんいただいていると思う。

そんなわけで色々と演技を見てもらい駄目だししてもらった。
コインズ・アクロス(コインの飛行)を見ていただいたときに、
ゆうきさんが基本技法だけで、
すごく綺麗に不思議に説得力をもって演じてくれた。

基本だけであんなに不思議になるなんて、
一生懸命難しいのを練習していた自分が悲しくなったと同時に、
基本の大切さを改めてたたきつけられた気がした。


やっぱ、すげえ人だ。


次回の発表会は3月だそうです。
次は是非参加したい。


yousys0609 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こんなところでやってます 

2005年11月20日

秋葉原2日目4

昨日に引き続き今日も秋葉原へ行くことになった。
いろいろと周り、何故か電気都市で飛び出る絵本を買った。
これ↓

不思議の国のアリス



これはやばい。
本当にすごいです。
英語訳版だったのですが、
え!こんな値段でいいの?って思いました。

ここからムービーで飛び出し具合をみることが出来ます。
すんごい飛び出るから是非みてみて!!

まあ、いろいろとあってご飯を食べて、
車に乗り帰宅する予定だったのですが、
ここで群馬のM氏がご乱心です。

冗談で「んじゃ、千葉のT.I女史の所へでも行きますか」
みたいなことを言ったら実行に移された。
僕の家は東京の西なのにそのまま千葉の方へ、拉致られました。
しかもみんなIさんの連絡先がわからないのに、
アポなしで突撃です。

そんなわけで、久しぶりにI女史に会う。
元気そうでなによりだが、きっと驚いただろうな。
なにせ、僕だってびっくりだ。

Iさんとは少しだけ話をしてお別れした。
そんなこんなで、二日間のボージョレ祭りは終わった。
先週は箱根に行ったが、
遊んでばっかりだね。まあリフレッシュです。
でも一番驚いたのは、箱根へ行ったときよりも
秋葉原いった二日間の方が散財したという事実でした。

さあ、明日は何をしよう。

yousys0609 at 22:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月19日

秋葉原へ4

075369a0.JPG舞浜が終わって、
秋葉原へ向かった。

大学の先輩のMさんと友のK平とボージョレ解禁を祝うという趣旨だったのだけれど、何故か「メイド喫茶に行ってみよう」が目的になっていた。

そんなわけで、
老舗らしいここへ行ってみた。

本当にお店の前に人が並んでいて、
TVで見たとおりで嬉しかった。

だが、今日はイベントの日だったらしく、
メイドの格好をした人が一人もいなかった。

残念。


だけど、その事実が変なテンションのスイッチを入れちゃったみたいだ。
その後、メイド喫茶と呼ばれるところを5件だったかな?ハシゴした
一時間に一杯コーヒーを飲みに喫茶店に入っている計算だけど、
こんな馬鹿さ加減が結構好き。

でも基本的にメイド喫茶って言っても、
ウェイトレスがメイドの格好をしているだけで、
普通の喫茶店なんだね。
てのが、いろいろ周ったあとの感想。

振りかえてみると、確かにその老舗といわれたところだけは、
雰囲気が違っていた気がする。
てか、秋葉原ってのは、別にサテンに入らなくても、
普通に街中でメイドの格好をした人がチラシを配っていた。
すげー街だと思った。

今日の写真は、妹系カフェと呼ばれるところで取った写真。
ここだけは、普通と違っていて、
入った瞬間に「お帰りなさい、お兄ちゃん」とかなり恥ずかしい感じの接客をしてくれた。
ここが一番、秋葉原に来る前にイメージしていたメイド喫茶に近いかな?
だって恥ずかしすぎで、店員さんの顔をちゃんと見ることが出来なかったもんね。

一応、妹系というジャンルがあるようで、
ここだけが、店員さんがキャラを演じていた。
もうね。いい年になったとは思うけど、
ここは想像以上に心のゆれ幅が大きかった。

箱根で闇を見たときもそうだけど、
心がゆれる経験をもっともっと経験したいと思った。

興味のある方は話のネタにで、一度行ってみると面白いと思います。
正直楽しかったです。かなりね。

そんなボージョレ解禁祭でした。





yousys0609 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

フラッシュペーパー事件

今日楽屋でフラッシュペーパーを乾かしていた。
フラッシュペーパーというのは、
よくマジシャンがステージで紙に火をつけると
一瞬で燃え上がり、鳩やシルクが出てくる演技をやっているけれど、
そのときに燃やす紙がフラッシュペーパーというもの。

ティッシュの大きさぐらいで一枚300円〜500円もする
驚きのマジックアイテム。
特徴は、一瞬で燃えて燃えカスが残らない。
あれは実は危険なもので、
注文すると水で湿らせた状態で届く。

んで、それを舞浜の楽屋の中で
ドライヤーを使って乾かしていたわけだ。

そしたら↓


発火した・・・・

火気厳禁のはずの楽屋が一瞬赤く染まった。
4枚並べて乾かしていたので、全てに引火してしまった。
楽屋のみんなの空気が完全に止まった。

1200円分が目的を果たすことなく消えてしまった・・・


本気で焦ったし、驚いた。
運がよかったのはサイレンが鳴らなかったこと。
あれが鳴っていたら、間違いなく
僕の首は飛んでいた。

でもね。
やっぱりマジシャンは目立たなきゃいけないと思うのです。
そんなわけでついたあだ名が『放火犯』
こんな目立ち方はしたくないものだ。

乾かすときにドライヤーを使っている方は気をつけてね。

yousys0609 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月17日

オモシロキ コトナキ世ヲ オモシロク4


単純に、「戦争」を許すほどに重要な理由など、

この世の中に、存在するのか?





腐ったジジイをぶっ飛ばして、
日本をもっと面白い国にしよう。

そんな過激な文句から始まる本だった。
コンセプトは、
年寄りのやることに不満があるんだったら、もう俺たちが政治家になっちゃおう。
そのための無一文、無経験、コネナシから20代で政治家になり、今も活躍する7人の肉声と
プータローからでも当選できるシンプル&パワフルな選挙ガイドが書かれています。


一番初めの言葉は、
久しぶりにストレートに心に刺さった言葉だった。
高橋歩の本は、いつもシンプルでわかりやすい。
政治というものを考えさせられる本だった。


オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク




ついでにハートを熱くしたい人は、

Adventure Life ?愛する人と、自由な人生を?


がお勧め、
情熱だけで、お店をだして、出版社を作った20代の話が書かれています。
どれでもいいから、一度読んでほしい。

yousys0609 at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月16日

猛き者2

45ba91d5.jpg今日はすし常で練習をしたあと、人に誘われボクシングを見に行ってきた。
初の後楽園ホールでした。
ついでにボクシングを生でみるのも初めてです。
なので、ついでにラクーアのイルミネーションと東京ドームを周って見てきた。

ホールの中に入ってみるとすでに試合が始まっており、
漫画でみた通りの世界が広がっていました。
何か時代が一昔前というか、場末な感じの空間で、
雰囲気は剣道の試合をちょっとガラを悪くした感じの雰囲気で、
ちょっと独特です。

やはりメインイベントに近づくにつれて上手い人が出てきて、
『はじめの一歩』でみたようなテクニックや動きががんがん見れた。

はじめてみたラウンドガールもかなりセクシーな格好で、
黒の水着で、連れが女性だったのでちょっと目のやり場にお兄さんは困った。

1R1分9秒KOという試合があったのだが、
数ヶ月積み重ねてきたものが、
一分で終わってしまうという現実が可哀想だった。

単純に勝ち負けが決められてしまう場所。
そんな不思議な空間だった。

yousys0609 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月15日

郡(こおり)シルクへ3

048002c4.jpg今日は舞浜の後に、郡シルクに行って
ファウンテンシルクというシルクが噴水のように、
手からあふれて出てくるマジックのためのシルクを購入してきた。

上手くいくかはわからないが、
現在では炎のイメージで演技を想像している。

イメージタイトルは焔(ほむら)
こういうのは伝わらなくても、
自分の中でそれを意識していることが重要。
来月までに間に合うか?それが一番の問題。

シルクを買った後は、
給食当番というお店に連れと行く。
このお店は、小学校の時の給食がコンセプトのお店で、
今日の写真は、僕が頼んだメニューの写真。
夕食に食べるには少し物足りないけど、
まあ、こんなのもたまにはいい。

ついでに、
書店をぶらついたら、ナカムラの本が出ていたので購入した。
相変わらずに、素朴な内容で少しづつ楽しんで生きたいと思う。

326の雨のちレインボー―元気になれる31の言葉


yousys0609 at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)