2006年06月

2006年06月29日

8月10日出場します。

日テレのゼロスタ広場にて8月9日(水)〜16日(水)の8日間をかけて行われる。
第4回 日テレ ART DAIDOGEI グランプリに出場します。

昨日、書類審査の通過通知が来ました。
僕の審査の出番は8月10日の12時〜12時30までです。
細かいディティールを直して完成度を上げてきたいと思います。
お時間のある方はよろしくお願いいたします。

あて、充電を兼ねて、金沢に帰ってきます。
以前書いたの50回忌ためです。
雰囲気だけでも癒されてきます。

yousys0609 at 15:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年06月28日

スペイン敗退2

残念です。
せめて最後のプレーを見たかった。
もっと地上波でお願いしたいところ。
ビデオに撮った方かしてください。
お願いします。

yousys0609 at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月27日

10月10日に3

0cda2165.jpgお知らせです。
10月10日に日本奇術協会主催の月一イベント
マジック・オブ・マジックに出演します。
マジックを趣味とする、もしくは関係者が集まるところでやるのはこれが初めてです。
さて、紙磨呂の演技はどう受け取られるのかな?

今日は久しぶりにすし常のマジック練習会に参加する。
新しい手順を少しづつ考えていて、のべシルクの使い方を黙々と研究してみた。
持って側転するといい感じです。
いろいろな可能性があるなーと実感。
新しい演技は、まだイメージ段階で形になるのはまだまだかかりそう。
年内に80〜90%まですすめば、いいかな?
まだまだ技術、道具、知識含めて足りないものがいっぱいある。

さらにネット経由でお話がきて、
7月13日に南青山にあるカフェで演技をすることになりました。
紙磨呂のコンセプトに近いお話で、よいデータが取れそうです。
楽しみです。
こちらももう少し詳しい情報がわかりましたら、こちらでお知らせします。




yousys0609 at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月26日

またサッカー話で申し訳ない。3

4cff9490.jpgどうしても欲しいものがあって、本当はクールになったほうが、効率がいいんだろうけれど、それがどうしても欲しいゆえに、いい年なのにマジになってしまう。
勝利への熱意ってそういうことなんだね。
そんな感じです。


もうニュースで知っている方もいるかもしれませんが、
ポルトガル対オランダ戦、目が離せない試合でした。
昨日は知り合いのマイムライブを観に行って、それからイングランド戦、ポルトガル戦を観に地元のBSのある居酒屋を周った。(地上波で頼みたいところ)

チェコは負けましたが、紙磨呂はポルトガルとスペインを応援しています。
周りにはこの国のファンが多いので、きっと体格的にも日本人好みのプレーをしてくれるチームなんだと思います。

本当に観に行った価値がありました。
前半はお互いのウリをしっかりとだした内容だったのですが、
後半は大荒れ、
オランダ選手がドロップボールをポルトガルに返さずにドリブルで切り込んだ辺りからヴォルテージMAX。
久しぶりにサッカーで乱闘になりそうな試合をみました。

だって両チームあわせてイエローカードが16枚退場者4人

9対9で試合しているんですよ。
しかもレッドカードをもらうと次の試合が出られないので、次に対戦するイングランドはかなりウハウハで見ていたと思います。

それでも両チームとも本当に熱くて、
次の試合のことよりも、とりあえずこの試合、
この相手にだけは負けたくない
そんな雰囲気の漂う試合でした。
意地ってやつです。
今日の写真は、そんな怒り心頭のフィーゴ君。
このあと相手にヘッドバットをかましてイエローカードをいただきます。
お茶目なやつでした。

次の試合は、デコを含め主力が何人か出ることが出来ません。
本当、頑張って欲しい。
下の写真は、退場になったデコ(ポルトガル)とファンブロンクホルスト(オランダ)

仲良しじゃん


←仲良しじゃん





追伸
マイムのライブは刺激になりました。
すごく成長の可能性を含んだカンパニーですね。
また機会があったらお邪魔します。
ありがとうございました。

yousys0609 at 07:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月25日

インターネットってすごい

a2dfd00f.jpgあらためて、そう思わされます。
四年前には出来てなかったけれど、今回になって出来たことの一つだと思う。

サッカー全試合のハイライトが公式HPからみることができます。
見逃した試合はここでチェック。


yousys0609 at 07:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年06月23日

サムライ・ブルー3

e3aaef0e.jpg日本負けてしまいましたね。個人的にはチェコの予選敗退もショックでした。
ネェドベド・・・・

話は変わって、今、舞浜の仕事が休暇中で、完全に休もうとマジックの仕事も入れていないのですが、このままだと身体がなまってしまうと思い、昨日から走り始めました。
いきなり一時間ほど走ってきました。
30分間ひたすら走り続け、30分かけて来た道を帰っていくというコースです。
30分もかけると意外と遠くまでいけるもので、実際に自分の足で次々と新しい景色が通り過ぎていくというのは、楽しいものでした。

そんなわけで、今日は恐ろしいほどの筋肉痛です。
両足太ももがやばい
両足が「慣れない事をいきなりするんじゃねーよ!」と猛抗議です。

いやー、ショーをしているので、身体動かしている方だと思っていたけれど
使っている筋肉が違いますね。
階段下りるだけで一苦労です。
今まで10分の往復ランニングなどはたまにやっていたのですが、
合計1時間の壁は厚かった。

明日も雨が降らなければ走る予定です。
続かないかもね。でも明日は走ると思います。
今日の写真は、走り終わって休憩がてらに撮った写真
この上では紫陽花が綺麗に咲いてました。

yousys0609 at 04:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年06月22日

写真いただきました。4

80fca778.jpgデザインフェスタに来てくれた友達から写真をいただきました。
ほんのちょぴりご紹介。

Kyo、Kojiありがとう。
雰囲気でてるよー。嬉しいです。
クリックすると大きくなります。


リングと丸めた紙が動くマジック

リング紙球






髪ハネてますね(笑)
紙玉が指の間でたゆたっています。







そしてこれ↓

炎














紙のバラに命が吹き込まれた瞬間。
露光の照準が火にあってしまい、こうなったとのことですが、
ちょっとお気に入りです。
ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの絵みたいでしょ!!
     

ラトゥール








《ヨセフの夢》 







yousys0609 at 18:51|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2006年06月18日

赤羽のドトール

d146b67b.jpgいま、休憩中
赤羽のドトールには、写真のようなモニュメント・テーブルが店内ににある
ちょっとお気に入りだ


yousys0609 at 18:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年06月17日

つれづれと3

259bb3ac.jpgもうすぐ舞浜がおやすみになるので、来週から実家の金沢に帰ってそれから少し適当にどこか周ろうかと考えていたのだけど、一昨日に親からTELがきて、文衛門さん?だったかなの五十回忌で親族会があるので7月1日に絶対帰ってこいとの指令が飛ぶ。
付き合いの長い友達はわかると思うけれど、基本的に我が家はびっくりするぐらい放任個人主義なので、こういう風にTELでオファーが来る時は、それだけで拒否できない用件だったりする。

ちなみにどれぐらい放任個人主義かというと、
東京に兄弟が一人いるのに、東京であったことは一度もなかったり、
(だから情報としては知っているけれど東京で確認したことはないのです)
さらに驚いたのは、

ある日、実家に帰ったら、おじさんになってました・・・・・
(子供が生まれた時ぐらい連絡しましょう!!)

それから帰るたびに、子供が増えてたりして最近慣れてきましたが、
そんな家が連絡してくるなんてよほどの事でしょう!?
んでも、そういうあらかじめわかっていることは、もっと早くにいって欲しい。
もうこちらは、それように予定を空けているのだから・・・
というか、五十回忌ってどうなの?
軽く生まれてないです。いくら法事でもそこまで強制力もつイベントですか?
一応、僕のおじいさんらしい(名前初耳)。

そんなわけで、来週に実家に帰ると途中に東京に帰ってこなければならなく不経済すぎるので、どこかへ旅行に行こうかと思っているのですが、ふと思うと、どこへ行ったもんだか悩むわけです。
パスポートも切れてるしね。
国内だと、逆に色々と面倒だと思う(高いしね)。
こういうときに海外へ行くという選択肢があると、行くだけで非日常になるからお手軽なんだと気付く。

だいたいGWが終わってこの時期に精神的な落ち目がくるので、去年からこの時期は絶対どこか旅をしようと決めたのに、いきなり頓挫しそうです。
雨の似合う場所の情報募集します。
さて、来週どうしよう。

そういえば、サッカーでチェコがガーナに負けた。
アメリカとの試合をみて、今回チェコはかなりいいんじゃないかと思っていたんだけど、次はイタリアとの戦いなので、へたすると予選敗退もありえる感じでちょっとショック。
身体能力が全体的に違うんだろうね。
動きやパスの意図なんかは、前戦アメリカと同じなんだけど、
いつもなら通るはずパスが、なにか通らないみたいな感じだった。

同じく今日のポルトガル戦でのクリスチャン・ロナウドがPKを決めた時の、座って天に吠えたガッツポーズがなにか目頭がぐっときた。
なんでかサッカーで得点決めた時の喜びの表し方が、よくジーンとくる。
あの叫ばずにはいられない、走らずにはいられない喜びの表し方が好きなんだろうな。
不思議な涙ポイントです。

今日の写真は、先輩と新宿で待ち合わせたときにアルタ前で、パフォーマンスしていた人を撮ったもの。
全然エンターテイメントではなかったけれど、すんごくインパクトがあって面白かった。
みんな笑っていたけれど、しっかりとファンの子からさらに間をおいて輪が出来ていた。
これもみんなどこか揺さぶられたからなんだと思う。
こういうインパクトも面白い。

yousys0609 at 05:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年06月16日

マイム観劇 「KAMEN」3

99289c69.jpg

マイムの大御所、清水きよしさんの舞台、『KAMEN』を観てきました。
忘れないうちに覚書を。
感想としては、行って良かったなーと思える舞台でした。
本当、久しぶりにこの人の指導を受けてみたいと思える舞台でした。

この舞台『KAMEN』(仮面)は
「能の伝統的な技法によって創られた二種類の仮面が動きに連れて、泣き、笑い、怒る。」(チラシより)
と、6つ作品すべてに面をつけて演じるのです。
今日の写真はそのチラシを撮ったもの。

僕は一度、ヴェネツィアン・マスクをつけてパフォーマンスを演じてみたことがあり、
そのときに感じたのは、
自分はそれまで、いかに表情という情報に頼って演技をしていたのだろう。
ということでした。
もちろん表情というのも、表現の中では大切なものなのですが、
マスクをつけると当たり前ですが、表情が変化しないので、
驚くほど伝わらなくなって、あたふたした覚えがあります。
そんな経験があったので、今回の舞台はすごく楽しみでした。

そして舞台は、その期待を裏切らない作品と体験でした。
あの存在感(写真はこちら)
よくある言い回しで、申し訳ないのですが、
お面の表情は変わらないはずなのに、本当に笑ったり、悲しんだりするのです。
さらに笑わせる芝居だったのが、
所為ひとつで瞬間的に哀しみのシーンになったりして、
瞬間的にここまで雰囲気が変わるものなのかと驚きました。

もちろんある程度の方法論もあるのだろうけれど、
身体での表現ということにたいしての意識が大きく芽生えました。
もっと勉強することがみえました。
まだまだいっぱいです。
こういうさらなる高みというか、もっと上を知ることができる瞬間って好きです。

あとお面という素材のパワー、これも再認識。
ふと、あこがれました。
紙磨呂のスタイルをいつまで続けるかわからないけれど、
しわなどで年齢をメイクで隠せなくなってきたら、
白塗りの代わりに面をつけて演じたいなーと思いました。
もちろんそれまでに、面に負けないぐらいに身体を使えるようにしておかないといけないんですが。

今回みたマイムは、クラシックな技術がしっかりしていないと表現できないと思うのです。(もちろん大ベテランなんですけど)
日々、新しい表現形態や、新しいショー、新しい見せ方などなど、
たくさんの新しい試みの情報が入ってきますが、
それだけを追うのではなくて、
同時にクラシックといわれる歴史のふるいを受けてきたモノをみて吸収していくことが大切なんだと深く思いました。
そして、単純にベテランの長くやってきている人の演技は、説得力が違うなとも。

ゴールはないってのはわかっているけれど、本当にまだまだだね。

yousys0609 at 01:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)