2008年11月

2008年11月30日

いちょうまつり

ff2120ff.jpg今日は途中から風が強かったです。
写真は演技を始める前の雰囲気。
久しぶりにChikiと一緒のイベントでした。
という訳で、Chikiが写っています。Chikiを探せ!!

今日もたくさんのお写真いただきました。
ありがとうございます。


keiきれいです。

yousys0609 at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月29日

石川寺の18代目

0af89143.jpg結婚式、無事に終わりました

出席者の約半数が坊主でさらにそのほとんどが略式の袈裟をつけている
というなかなか見れない結婚式でした

締めの挨拶で18代目という言葉が出た
なかなか重い言葉だと思う

二人で仲良くがんばってくれ
おめでとう

次は遊びに行くよ
これからもよろしくな!


yousys0609 at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月28日

明日は

大学一年からの友達で
(どちらかと言うと劣等生同士)
実家は曹洞宗のお寺で長男で
一緒に補講を受けたり
ノートを回してもらったり
代返したり
新宿から八王子まで、
酒を飲みながら仮装して歩いたり
(大学の学園祭行事)
お互いそれぞれのサークルの代表で
学園祭をしきったり、
人が少ないので手伝ってもらったり
やつは日本史で僕は考古学で
なのに考古ゼミの飲み会にいたり
ふつうに飲んだり
日韓ワールドカップは渋谷に暴れにいって
お互い卒業したら
僕はマジックへ、
やつはセスナの免許を取りにアメリカへ
さらにその後は永平寺へ一年間の修行へ
(この話はマジ受ける)
そして頭は、いまでは綺麗な坊主頭


そんな思い出いっぱいの
友人の結婚式です

彼もついに寺を継ぎ始め
お嫁さんをもらいます
てか、子供もいます

そんななまぐさ坊主をマジックと
友人として祝いに
山形を日帰で行ってきます

片道四時間
さあ、寝るぜい

待ってろよ


yousys0609 at 23:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年11月27日

忘れもの

仕事が終わって友人と
会話しながら帰っていた

だいぶたってから
携帯と財布と定期を
楽屋に忘れたことに気づく


一人小走りで楽屋に帰る


この世界は僕には少し生きづらい


yousys0609 at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

世界で三枚目のラ・トゥール





sssss先日、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールっぽい絵が、
『リトルマーメイド』に出てくるって、書いたけれど

調べてみたら、そのまんまでした!!


この絵は、世界で2枚存在しているので、
この海に沈んでいるものを数えると
3枚目だね。


こういう風に感覚で思ったことがリアルに正解だったりすると
「お、自分すげぇーじゃん!!」ってちょっと嬉しい。









efff一瞬、こっちかとも思ったんだけれどね。
どちらも『マグダラのマリア』です
両方とも炎を見つめながら自省をしているので、
もしかしたら、この後のストーリーへの自省を促しているのかもしれない
強引な発想だけどね

yousys0609 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月26日

強さ

1d732013.jpg←先日の武蔵工業大学のときの写真です。
二人のスタッフの方によくしていただいて、
楽しく演じることができました。

二人とも1年生で、なんか若さが嬉しかったです。
もう一度、大学通いたいなーって少し思いましたね。











29db5443.jpg仕事が終わって帰りに渋谷駅で乗り換えようと歩いていると
圧倒的な色彩が、目に入った。
岡本太郎の『明日の神話』でした。
ここに移動したんだね。これを観るのは日テレのゼロスタ広場以来で2回目。
やっぱりすごい芸術と言うのは力がある。
イベントじゃなくてもみんなの目を引かずにはいられない強さを持った壁画だと再認識しました。
本当に強い! 
みんなみてるし、自然と写メってました。
なんか力が湧いてくる気がします

京王井の頭線からJRへの連絡通路の中にあります。
本当にずーっとあるといい。そう思わずにはいられないすばらしい作品です。



yousys0609 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

たどり着くところは同じ。

僕の今のパフォーマンスが、ある種、演技であるとするならば
その演技理論は、マイムによるところが大きい。
そしてマイムの中でも、僕の先生である藍さんの理論であるといえる。
そこにさらに、自分の観てきたもの、取り入れて来たものが付随する感じだろう。

いま日本には、インプロだったり、ポーリッシュマイム、
ルコックやドゥクルーなど、
海外の理論がたくさん入ってきている。

そのどれもが魅力的で、何を学ぶべきかを迷ったりする。
何が正しのか?ってね。
でも、現在のエンターテイメントを含む舞台世界の中心を欧米とするならば、
いま、遠く離れた島国に入ってきている理論なんて、
有意義かもしれないけれど、スタンダードにしか過ぎないのかなって思う。
日本では珍しいのかもしれないけれど、
世界を目指すなら、
日本でほぼ純粋培養されたともいえるマイムのポテンシャルを追求するほうが
最短距離なんではないのか?と思う。ってのがいまの僕のスタンス。
日本のマイム(というか僕の習っている藍さん理論)が
テクニックと型、様式美、重心と地面の関係と感情によるのは
きっと能や歌舞伎などの日本の古典芸能とのありかたと無関係ではないだろう。
ドゥクルーなども、いろいろ学んで自分で理論を確立して
一代でシステム化しただけで、考えてみれば、
今自分が習っている理論が将来的に、そうなる可能性だってあるわけだ。
結局、いま自分が正しいと思うものを選択するしかないんだよね。
だから悩む。。。

てなことを、先日のあつぎに出演したときに、
大先輩の芸人さんである、ちゅうさん相談したら、
まあ、いろいろあるけれど、


「結局、みんな、目指してたどり着くところは一緒だからね」


と言われた。
そう言われたときに、心が軽くなった。
そうだよね。
そこへの道が何通りもあるだけの話なんだよね。
さすがに先輩の言うことは違う。
理論が重要じゃなくて、そこを目指していくことが重要なんだわ。
そんな当たり前のことに気づいたおいらでした。
気をつけようと思う。

yousys0609 at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月25日

過ぎゆく秋に

争いはいつも 失うばかりで
悲しみはいつも僕を強くする

人のすることがとても目について
自分のことは何も知らなくて

変わらない 誰もみんな自分がいつも正しくて
すればいい それをいつも
君が決めたことだから


寂しがり屋が
たぶん正しくて
嘘つきだらけの
またこの町で


争いはいつも 失うばかりで
悲しみはいつも僕を強くする


JUN SKY WALKER(S)
『ガラスの街』より


別になんかあったわけではない
季節にマッチしただけ


yousys0609 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月23日

なつかしい〜

a97c9ae9.jpg今日は武蔵工業大学の学園祭にての大道芸

控え室は
←ここ

やっぱ大学と言えばこの机だよね!


yousys0609 at 09:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年11月22日

いちょう祭→パブリックシアター

d8b8d6b8.jpg去年に引き続き神宮外苑のいちょう祭りで大道芸をしてきました
久しぶりにTOMIさんと同じ現場でした

てかね。
いちょう満開(っていうのかな?)
いちょう並木通りが、
すげー綺麗でした
みんな自然と写真撮っていましたね
携帯じゃとらえきれないのが残念です
3連休にお時間のある方は是非に神宮外苑へ
かなりオススメです

夜は、世田谷パブリックシアターさんから舞台講座のご招待を受けたので
勉強と興味半分で行ってきました
初めて関係者チケットの場所に並ぶことが出来て嬉しかった
白いサラリーマンと剣玉師も来ていた
シアターの中に能舞台が造られていて、とても美しかった

内容は歌舞伎のお囃子さんが開く舞台講座
歌舞伎の鳴り物と立ち回りが軽く説明されていて
締めは日本舞踊の『浦島』という演目

まさにすれいやーずの為にあるかのような講座だった
特にちんどんの豆には、なんとか見せたかったなー
お互い仕事がかぶったのが残念

思えば11月はすごく色々な物を観に行ったなー

お金も結構使ったね。間違いなく
でも舞台と展覧会は出会いだから
もしかしたら、いま、僕の一番求めている答えやヒントがそこにあるのかもしれないと思ってしまうので
無理してでも行っちゃうんだよね
きっとこういう生活をずっと続けて行くのだろう

嫌いじゃないね
僕は自分を感性を高めてくれるものへの欲求がすごくある
なんて他力本願なんだろう(笑)

そんなことを散りゆく秋に思った
あとは初台のオペラシティでやっている蜷川実花を観に行ったら今月はおしまいかな
それにしても、いちょう並木はよかった


yousys0609 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)